SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 第 14 話 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/17 22:23




「君はもう少し冒険したほうがいいな」
「……なんですか、教授?
 藪から棒に」

大学のとある研究室に二人の男が居た。

1人は初老の男。
この研究室の主であるこの大学の教授だ。
ただの教授ではなく、学科長も務めている。
教授会での地位もかなり高い。

もう1人は研究室で唯一の二年生。
二年生の彼は大学入学当初からこの研究室に通っている学生であった。
研究室でも彼より学年が下の人間はいない。
名は高橋良助といった。

「冒険したほうがいいって、一体何の話ですか?」

良助が怪訝そうな顔をして教授に尋ねる。
一方、なんのことか分からないという良助に、教授のほうは呆れ顔であった。

「色々だよ。
 君は頭の回転が速いし、記憶力も抜群だ。
 でもね……」

無精ひげの生える顎を親指で掻きながら、教授は言葉を続けた。

「なんというか、やることなすこと穴が無さ過ぎる」

教授のその言葉に良助はますます訳がわからないといった表情を浮かべる。

「例えばだ、この間受け取ってレポート」
「あれに何か間違ったところでもありました?」
「いいや。
 何一つ間違ったところなんて無かったよ。
 完璧な論理性と整合性。
 計算のミスも、論理の矛盾も何一つ無かった。
 誤字脱字だってもちろんない」

そういって一区切りつけると、一度ため息をついて教授は言った。

「だが結論が凡庸だった。
 つまらない結論だったと言っても良い」

教授は本当に困ったといった表情を浮かべる。

対する良助の表情には不機嫌な色が見え隠れしている。
つまらないと言われて少なからずカチンと来たようだ。

「でも教授、俺の知識でしっかりした論理性と整合性を
 持ったレポートを書くには、あれが限界ですよ。
 つまらないと言われても困ります」

語尾の強い良助の言葉に教授は口元を僅かに歪める。

「極論を恐れずに言えば、
 私は学生に論理性や整合性などと言った物は求めていないんだよ」
「そ、それはありえませんよ、教授!」
「まぁ、聞け」

強く出る良助を諌め、教授は近くにあった椅子を引き寄せそれに座った。

「お前の完璧なレポートに足りなかったものがある。
 それは多少の矛盾やミスは恐れずに、
 新しい結論や発見を導こうとする勇気と挑戦心だよ」

勇気と挑戦心という言葉を聞き、「うっ」と身を固まらせる良助。
教授は彼にかまわず話を続ける。

「我々研究者には徹底した論理性や整合性が求められるのは確かだ。
 妄想や机上の空論じゃ、話にならない。
 如何なる論文も理論とデータによる証明が必要となる。
 だがな。良く聞け。良助君。
 それだけじゃ科学の進歩や発展はありえないんだ」

しっかりと言いたいことを伝えようと良助の瞳を見て話をする教授。

「失敗は成功の母という言葉は知っているな。
 ありきたりな言葉だがこれが大事なんだ。
 我々は常に失敗を恐れずに前進しなければならん。
 金脈も試しに掘ってみなければ見つけることはできん」

教授の強い視線と言葉を受け良助の目は揺れている。

「論理や整合性といったものはな。
 新しい発見やアイディアが見つかった後に必要なんだ。
 発見した金脈を、完成された金鉱へと変えるための技術なんだ。
 時には既存の常識を破壊する勇気も必要になる」

その瞳には不安や恐怖、怯えといった様々な感情が漂っている。

「良助君。
 君の論理力と整理力といった何かをまとめ、完全なものにする力は素晴らしい。
 それは私が保証する。だけどな……」

気付けば良助は下唇を噛み締めていた。
まるでこれから言われることがわかっているかのように。

「それでは研究者として二流。
 勇気と挑戦心がないものは一流になれん。
 アイディアを出す誰かの手足としてしか、働けない人間になるしかないぞ。
 研究という分野以外でもな」

結局はそれか……と良助は心の中で呟いた。
そんなことは自分でも分かってるのだ。
勇気や挑戦といったものが自分に最も足りないのだと。
それさえあれば、自分はもっと伸びるのだと。

(それでも……俺は……)

一週間後、研究室の名簿の中に『高橋良助』の文字はなかった。










「ふぁあ~。よく寝た」

男は大きな欠伸と共に目を覚ました。




第14話 『金とヒソカだけが友達さ~♪』




ゆったりとした高級そうな寝巻き、キングサイズの広々としたベッド、
装飾に凝った豪華な寝室。
いずれも一般人では手が届かないような豪華な代物だ。
それらを見るだけで男がどれだけ裕福かということがわかる。

「なんか夢を見た気がすんにゃ~」

だがそれとは対照的に男の顔は庶民的でだらしのないものだった。
いくら寝起きとはいえ、まったく男と周りにあるものがつりあっていない。

「腹減ったにゃ~」

男はベッドの横にある電話の受話器をとる。

「グッドォモーーニンッグ☆
 えーと、ルームサービス?
 お願いだけど、朝飯持ってきてくれる~?
 うん、すぐすぐ~。
 じゃ、よろぴく~」

どうやら話の内容を聞く限り、ここはどこかのホテルのようだ。

「よっこらせっくす」

さりげなく下ネタを混ぜつつ、男はベッドから抜け寝室を出る。
隣の部屋はリビングだろうか。
丸いテーブルを中心に、部屋には様々な家具が置かれている。
そしてそれらの家具もまた豪華で高級なものばかりだ。

男はソファに座り、リモコンでテレビの電源をつけた。
テレビでは朝のニュース番組が放映されている。
ソファでくつろぎながらボーとテレビを見る男。

しばらくそうやって時間を潰していると、ドアがコンコンとノックされた。

「朝食を持ってまいりました」

10分も経たずに朝食が運ばれてきた。
おそらく男が泊まっているこの部屋は最高級のスウィートルームか何かだろう。
でなければこれほどサービスが良いはずがない。

「ほいほい。
 サンキュー」

ドアを開けルームサービスを迎え入れる男。
運ばれたトレイに乗っている料理は朝食とは思えないほど豪勢なものであった。
朝からこんなに食べて胃がもたれないのだろうか。

「うっひーー、うまそーー。
 ご苦労さん!!」

男の言葉にルームサービスは頭を下げて言った。

「では失礼いたします。
 高橋良助様」

男の名前は高橋良助。
現実世界からハンター×ハンターの世界にやってきた異邦人である。
彼はハンター試験が終わってからずっと、贅沢三昧の生活を送っていた。




試験合格直後にハンター免許証を売っぱらった良助。
手に入れたのは30億ジェニーという大金であった。
人生を7回遊んで暮らせるという表現は少々誇張が含まれているとは思うが、
人生1回分なら問題なく遊べる金額である。

銀行口座も何もない良助はこの金額を現金で受け取ることとなった。
積み上げれば30メートルに達する大金である。
それを見たとき良助は……。

「YATTA! YATTA! YATTA! YATTA!
 異世界トリップ~♪ 試験合格~♪
 札束さえあればいい~♪
 Everybody say やった-♪」

突然はっぱ隊の歌と踊りをしだしたという。
どうやら大量の札束を見て、とっくに壊れていた頭が
更にかわいそうなことになってしまったらしい。
そろそろ病院に行ったほうがいいかもしれない。

しかしそれはともかく、これだけの現金だ。
重量的にも防犯的にも持ち歩くのは止めたほうがいいだろう。

そこで銀行口座を開き、この大量の金を預けたいところであるが、
元はこの世界の住人でない良助、戸籍も身分証明書もない。
これでは銀行口座を開くことができないし、
それ以外にも色々と問題になりそうである。

しかしそこはお金パワー。
金は払うから何とかしてくれと貴重品買い取り店の店主に言い、
良助はカウンターにポンッと3000万ほど置いた。




そして5時間後……
そこには銀行通帳を持って元気に走り回る良助の姿が!!

「もう異世界トリップなんてしないよ」

それにしてもこの男、ノリノリである




ということがあってからずっと、良助は豪勢に遊びまくった!
いままでの人生では考えられないほど金を使いまくった。

飛行船をチャーターしての世界旅行。
毎日の高級ホテル暮らし。
朝昼夕、食事は全て高級料理。
衣類はフロアごと全部買い上げる。
キャバクラでドンペリを開けるのは日常茶飯事。

「ふははははは!
 余は満足じゃ!!!!
 ふははははははははははは!!!」

もう……なんていうか、これでもかっていうほどの頭の悪い金持ちの見本である。
ちなみに高橋良助の貯金残高は約8億ジェニー。
なんともう既に22億もの金を使ってしまったのだ!
普段金を使わない人間ほど大量の金を持つと金銭感覚が狂ってしまい、
ブレーキがかけられなくなってしまう。
まぁこの男の場合、元から頭がおかしいが。

現在も世界旅行真っ最中の高橋良助。
彼が成金でいられる時間は残り少ない。
しかし肝心の本人はそんなこと露とも知らず、
のんきに朝食を食べてテレビを見ていた。

「ありゃりゃ、またか……」

残念なことがあったとばかりに眉を軽く歪める良助。
テレビに映っているのは最近話題になっている事件のことである。

『奇病? 殺人?
 次々と起きる謎の衰弱死!!』

画面の左上に表示されているテロップがそれだ。

被害者が皆一様に衰弱して死んでいるというとても奇妙な事件である。
衰弱といっても別に神経がどうにかなったわけではない。
便宜上、衰弱と呼んでいるに過ぎない。

もっと厳密に言うと、被害者の死因は全身疲労による心停止である。
つまり心臓が停止してしまうほど、疲労してしまったために死んだということだ。
これは本当に奇怪なことである。
普通は心臓が動かなくなるほど疲労することなどということはありえない。

また、この事件にはこれ以外にもいくつかおかしなところがある。

まずは被害者が各地に散らばっているということ。
これが伝染病などの病気の類であるのならば、
一つの土地だけで事件が起こるはずである。
であるのに、この事件では被害者が世界中でポツポツと見つかっている。
であるならば伝染病の線は薄い。

次は事件が起きるのが周期的だということだ。
前の事件から約一週間ほど経つとまた新しい犠牲者がでると言った具合だ。
これほど定期的に犠牲者が出るのならば、
当然、人為的な犯行であるという線も出てくる。
だが現代において、人間をこのような形で殺す方法は見つかっていない。

病気なのか、殺人事件なのか、
それともそれ以外の何かなのか……。
定期的に起きるこの奇怪な事件はマスコミの良いネタとなり、
視聴者に好奇と恐怖を提供していた。

喜ぶマスコミとは対照的に、警察は事件の捜査に苦労していた。
世界中で事件が起きているため、各国の警察同士の連携が
うまくいっていないのも原因だろう。

テレビでは近いうちに各国から正式にハンター協会に
調査と事件解決の依頼がされるのではないかと話をしている。

「ま、こういう時こそ、国境に縛られないハンターの出番だよなぁ。
 いやぁ~、ハンター様々だZE!! ありがたい!」

まるで他人事のように話す良助。
まぁそれも当然か。
この男がハンターでいた期間など一時間にも満たない。

とここでテレビの話題が変わる。
今度はうって変わって明るい話題である。
画面に映るのは人々の集まりとその賑わい具合。
どうやら祭りか何かをやっているらしい。

「いいねぇ~。いいねぇ~。
 やっぱり楽しいのが一番さ☆
 それにしてもどんな祭りなんだろ?」

良助の疑問に応えるように
タイミングよくテレビのレポーターが出てくる。
おそらくこの祭りの話をするのだろう。

「どれどれ~?」

『みなさん!
 見てくださいこの人だかり!!
 彼らは皆ある理由で集まっているのです!』

レポーターがそういうと画面が切り替わり、様々な人の一言一言が次々に画面に映る。

『僕は掘り出し物ですかネェ。
 いいものが安く変えたりするんで』
『美術品には目がないんですよー』
『家の蔵からいらない物全部もってきました。
 売れるといいんですけどね~』

再びレポーターが画面に写る。

『さぁ、もうおわかりですね!!』

そしてにこやかにレポーターが大きな声で言う。

『いよいよ明日から
 ヨークシンドリームオークションが
 始まるんです!!』

「ふーん。
 オークションねぇ~。
 楽しそうだにゃ~……」

……。

「ってぇええええ!!!??
 ヨークシンのオークション!???
 明日からかよ!!」

日々遊んで暮らしていたせいで、日付感覚が完璧に失われていた良助。
ここに来てようやく自分が半年以上遊んで、ばっかりだったということに気付いた。

「やっべーーー!!
 ヒソカとの約束もあるからなーーー!!
 えーーっと、ヨークシンまでは……」

パソコンで現地までの移動時間を調べる良助。

「飛行船で丸1日!!
 もう直ぐに出なきゃだめじゃん!!」

即効で飛行船をチャーターし、荷物をまとめ、
ホテルをチェックアウトをし、屋上に出る。
このホテルでは屋上で飛行船に乗り降りすることができた。

30分もしない内に到着した飛行船に颯爽と乗り込む良助。

「よっしゃぁああああああああ!!
 いざ行かん!!
 天才! 高橋良助様の新たな冒険!!
 名づけて……『高橋クエスト~旅団湯けむり大量殺人事件~(ポロリもあるよ!!)』
 待ってろよ!!!
 マチ!! シズク!! パクノダ!!
 お前らは俺の嫁ーーー!!!!」

相変わらずの意味不明な叫びを上げる良助を乗せ、
太陽のもと飛行船がヨークシンへと向かっていく。

果たしてヨークシンで良助をまっているものは何なのか?




天空闘技場もその他もろもろもすっ飛ばし!!

幻影旅団編!!

はじまりはじまり!!




つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023130893707275