SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 第 13 話 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/12/22 07:24



『ハンター免許証(ライセンス)』

ハンター資格試験に合格した者だけに発行される、
自分自身がハンターであることを証明するカードだ。
カード自体は偽造防止の最新技術が施されている以外は
特に変わったところはない地味なものだ。

だがその効力は絶大!!
このカードを持っているだけで以下のような特権が得られる。

・入国禁止国の約90%に入ることができる
・立入禁止地域の75%まで入ることができる
・公的施設の95%をタダで利用できる
・電脳ページをタダで閲覧できる。
・銀行から一流企業並みに融資を受けられる
・ビザなしで無期限滞在が可能となる
・ハンターサイト『狩人の酒場』にアクセス可能となる
・特定条件下での殺人が罪に問われない

ちなみにこれでも一部だけである。

このハンター証を持っているだけでその人物は羨望と畏怖をもって見られ、
一生不自由なく暮らすことができるようなる。
売れば人生7回遊んで暮らせるぐらいの金が手に入る。
それだけにこのハンター証を狙うものは後を絶たない。
ハンターの5分の1が1年以内にハンター証を失うと言う。
新人ハンターの最初の試練はこのカードを守りきることと言えよう。

「以上です。
 説明をおわります」

といった内容の説明がネテロの秘書らしき人物によってされていた。




第13話 『どうぞお気軽にご来店ください』




説明を聞いているのは8人。
ゴン、レオリオ、クラピカ、ハンゾー、ポックル、
ヒソカ、ギタラクル、そして高橋良助。
皆、ハンター資格試験の合格者である。

最終試験を受けていた残りの二人、キルアとボドロはともに不合格である。
ギタラクル(イルミ)との対戦の後、キルアがボドロを殺したのだ。
これもまた原作どおりの流れである。

「あとはあなた方次第です。
 試練を乗り越えて自身の力を信じて夢に向かって前進してください。
 ここにいる8名を新しくハンターとして認定いたします!」

こうして秘書からの説明は終わり、ハンター資格試験は正式に終了した。




解散となり、それぞれ説明会場を離れる資格取得者たち。

そんな中……。

「キタ━━━
 (゚∀゚)━
  ( ゚∀)━
   (  ゚)━
    (  )━
     (゚  )━
      (∀゚ )━
       (゚∀゚)━━━!!!!」

叫びながら地面を転がりまわり、自身の喜びを表す男がいた。

「うしゃらーーーー!!
 ひっひひひひひ!!
 俺は天才じゃぁあああ!!
 天才なんじゃぁああ!!!」

両手を広げ、天を仰ぐ。
ホテルの廊下に声が響き渡る。

「おらぁああああ!!
 見よ!! ハンター試験に合格したこの肉体美!!」

そう言うとボロボロになっている上着をビリビリと切り裂いて、上半身裸になった。
何が肉体美なのか。
ごく一般的な大学生らしい貧相な身体である。

「長年、夢に見てきたハンター証!!
 遂に……遂に……
 獲ったどーーーーーーーー!!!!」

だがそんなの関係ねーと言わんばかりに、天に貧相な腕を突き上げた。
その目からは滝のように涙が流れている。
そしてボソリと呟く。

「…これまで来るまでに色々なことがあったよな……」

涙を流す良助、その脳裏にはこれまでの思い出が次々と走馬灯のように蘇る。

自分自身の夢を適えるために故郷に置いてきた幼馴染の女の子。
試験会場行きの船の中で出会った謎の美女。
その美女と次々とハンター試験の難関を乗り越えたこと。
ハンター試験の試験管との禁じられた恋。
かつての恋人との命がけの戦い。
謎の美女の告白、そして悲劇と永遠の別れ。
様々なものを失いつつも良助はハンター試験を……。

って何を考えているんだこの男は……。
一つも本当のことを思い出していない!
純度100%捏造の思い出である。
というかそもそも、ハンター試験にはノリと勢いで参加しただけだろ!!

「天国で見ててくれよ。エカチュリーナ」

誰だよ。
完璧に自分の脳内設定に浸っているようだ。

本当に酷い暴走っぷりである。
いくら嬉しくてもこれはないだろう。

とそこに1人の人物が近づいてくる。
ヒソカである。

「合格できて嬉しいのはわかるけど
 ここ一応一流ホテルだから
 もう少し自重したほうがいいよ」
「フヒヒwwwwサーセンwwww」

ヒソカに一般常識を説かれる高橋良助であった。
それは人として何か間違っているのではないか、良助。




「それでリョウスケは
 これからどうするんだい?」

ひとしきり時間も経ち、常時のテンションに戻った良助に対しヒソカは質問した。

周りにはもう二人以外の受験生は残っていない。
良助がハイテンションになり、いつもよりもウザさ10倍(当人比)になっている間に
皆それぞれ自分の故郷や次の目的地に旅立っていった。
というよりも、この男に関わらないために積極的にこの場を去ったのだろう。
本当に受験生全員から生きる災害のように見られている男である。
ネテロやハンター試験の職員の視線もどことなく厳しい。

さてヒソカの質問であるが、元々大した理由もなくハンター試験に参加した良助、
特に目的があるわけでもないし、こっちの世界に帰る故郷があるわけでもない。
しいて言えば帰る方法を探すことぐらいであろうか。

「うーん、一応目的っぽいものもあるっちゃあるけどね~」

とは言うものの、何だかこの男を見ていると
元の世界に未練・執着があるようにも思えない。
その場その場でなるように生きているように思える。
本当に帰る気あるのだろうか。

「宛てもねーし面倒だから諦めようっかな☆」

っておいおい言ってるそばから簡単に諦めるな。
普通、現実⇒異世界系の主人公は元の世界に戻りたがるものだろ。
話が続かなくなるぞ。

しかしそんなことは関係なく二人の会話は続く。

「んでも、なんでそんなこと聞くのさ?」
「別に大した理由はないよ。
 少し興味があっただけさ」
「ふーん。
 そういうヒソカはどうすんのよ。
 ゴンでも追いかけんの?」
「……へぇ、よくわかったね」

ヒソカの目が鋭く細くなる。
ヒソカとしては良助に対し、ゴンに興味をあるところを見せていないのに、
なぜそのことがわかったのかと疑問に思ったのだろう。

「ふふふふ!!
 なめるなよ!!この良助さまを!!
 天才はなんでもお見通しなのだ!!!」
「……ふーん。
 まぁそういうことにしておくよ」

天才と言うか、本当はただ原作を読んでいるから知っているだけなのだが、
良助は面倒くさかったので誤魔化した。
ヒソカも特に強く追求するつもりはないらしい。

「ともかく、今後の予定はまったく決まってないってことなんだね」
「一応そういうことになりますにゃぁ~」

するとヒソカはニヤリとした笑みを良助に向けた。
優しげな微笑ではない。
悪巧みをする悪党の笑いだ。

「それなら9月1日に
 『ヨークシンシティ』に遊びに来ない?
 『ドリームオークション』があるんだ」

ヨークシンシティ。
ヨルビアン大陸の西にある大きな都市である。

ヒソカの言う9月1日から10日間、この都市で世界最大のオークション、
ヨークシンドリームオークションが開催される。
世界中から珍品・希少品・国宝級の品物が集まり、
それらを目的に世界中の大富豪・資産家もやってくる。
世界で最も金が集まるのがこのヨークシンシティの大競り市である。

というのはあくまでも一般人にとって認識である。
原作を読んでいた良助は誰も知らない情報を知っていた。

『幻影旅団』。

彼らもこの都市にやってくるのだ、地下オークションの宝を求めて。
幻影旅団とマフィアとの間で起こる血みどろの戦い。
クラピカの復讐劇。
その壮絶な状況にゴンたちが関わっていくというのが、原作の流れである。

ある意味、ヨークシンでの十日間は世界で最も危険であるといってよい。
命が欲しいのならば絶対に近寄らないほうがいい。
そんなことは小学生でもわかるというのに……。

「いいよ~☆」

あっさりと承諾した良助。
もちろんマトモな理由があるわけがない。

(うっひーーー!
 旅団編といったら
 原作でも屈指の見所が盛りだくさんじゃん!!
 これは見逃す手はない!!
 楽しみだZEーーーーー!!)

こうしてハンター試験に続き、ヨークシンシティ行きも
ノリと勢いと好奇心で決めてしまった。
またもあっさりと死亡フラグを立てる良助であった。




「じゃあ!!
 またヨークシンで会おうぜ!!
 ヒソカくーーーん!!」
「うん、またね◆」

良助とヒソカはヨークシンシティの再会を約束し別れた。

「しっかし少し疲れたなぁ。
 久しぶりにどっかで休むかにゃ~」

そう言って、肩を自分で揉みながらホテルの門をくぐる良助。
考えてみれば、こっちの世界に来てから一ヶ月弱、マトモな寝床で寝ていない。
疲れるのも当然と言えよう。

ホテルのある地域がどこにあるか良助にはわからなかったが、
なかなかに発展している土地らしい。
ホテルの外には様々なビルやデパートが立ち並んでいる。

「さーって、どうするかねぇ~。
 ……お」

良助が何かを見つけたようだ。
視線の先には高級料理店の看板がある。
その店がある方向から食欲をそそる良い匂いが漂ってくる。

「ぐ~」

その匂いに食欲が刺激されたのか、良助のお腹の音が大きくなった。

「今日はめでたい日!!
 せっかくだからああいう良い店で料理が食べたいZE!!」

確かに何かいいことがあった日にはちょっと贅沢がしたくなるものである。
だが良助が持っているものはハンター証のみ。
1ジェニーも持っていない。

ハンター試験受験中は試験試験の合間に協会のほうから何かしら料理が
無料で提供されていたので良かった。
だが試験が終わった今、高級料理を食べたりホテルに泊まったりするどころか、
10ジェニーガムや5ジェニーチョコを買うことすらできない。

「うーむ。これは参った。
 くじら島では奇怪な魚を捕まえてギリギリの食生活を送ってたけど……」

いくらなんでも、もうあれはしたくないと思う良助だった。

「こんなことならヒソカくんから少しは金を借りておけば良かったなぁ。
 ……お」

ここで良助がまた何かを見つけたようだ。
視線を向けているのはまたも看板である。
だが、その看板に書かれた内容は……。

『貴重品買い取り店シルバー!!
 金品、宝石、貴金属、美術品、ブランド品、骨董品、ハンター証!
 なんでも買い取ります!!
 即決で現金が欲しい方は
 今すぐいらっしゃいませーーー!!!』

なん……だと……?
今かなり不穏な言葉が含まれていたような気がするが気のせいだろうか。
念のためもう一度、看板の内容を見てみよう。

『貴重品買い取り店シルバー!!
 金品、宝石、貴金属、美術品、ブランド品、骨董品、
 ハンター証!(←ここ注目)
 なんでも買い取ります!!
 即決で現金が欲しい方は
 今すぐいらっしゃいませーーー!!!』

ま、まさか……。

「ハッハッハッハ!
 いやいやいや!!
 ハンター証を売るなんてとんでもない」

爽やかな笑い声をあげ、ハンター証を売ることを否定する良助。

「ハンターはこの世で最も気高い職業!!
 その職業のライセンスを売ることは魂を売ることに等しい!!
 そんなことがこの俺にできるだろうか!!
 いや、できない(反語)」

そう言ってその場から離れようとする良助。

だが、一行に足が動いていない!!

「……売れば人生7回遊んで暮らせる金(ボソ)」

会長秘書の説明を思い出す良助。
そしてその言葉に呼応するかのように……。

「ぐ~」

腹の虫が鳴き声をあげる。
電池の切れた時計のように沈黙する良助。

「はっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!!!」





















売った。




ハンター試験編 『嵐の前が静かだなんて誰が決めたんだ?』 終


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026655912399292