SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 第 10 話 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/12/22 07:23




あの後、クラピカとレオリオに彼らのターゲットの情報を教え、
高橋良助はあの場を脱することができた。

ちなみにクラピカとレオリオのターゲットは、
それぞれ『ソミー』と『ポンズ』であった。
ソミーは原作においてトンパと組んで、レオリオのプレートを奪おうとした猿使い。
ポンズは原作と同じくレオリオのターゲットであった、
蜂や毒物を使う帽子を被った女性だ。
良助という異分子を含んでいるが、それほど原作の流れに変化はないようである。

今はまだ……。




第10話 『熊ーーーーー!!!』




(うしゃーーーーーー!!
 ようやく!!見つけたぜーーー!!
 トンパーーーーー!!)

木の枝の影に隠れる高橋良助の視線の先に居る丸く太った中年の男性。
試験開始四日目の昼、良助はようやく再びトンパを発見した。
木を素早く降り、今度こそ見失わないように慎重にトンパを追跡していく。

(次は絶対に逃さないぜ!!)

クラピカとレオリオと別れてからも、
良助は再び木の上から通り過ぎる受験生を見つけるという作戦を続行し続けた。

だが良助はあれから全く受験生を見つけることができないでいた。
そもそもこの広い島で他の受験生に会う確率などそう高くはない。
クラピカとレオリオを見つけられただけでも運が良かったのだ。
待てども待てども一向に人が現れる気配がない。
痺れを切らして、待機場所を変えることもあったが結局は同じ事であった。

クラピカたちと別れてから40時間以上経過した。
そして残り期間は今日を含めてあと4日。
いい加減作戦を変えたほうがいいかもしれない。
そう考え始めた頃であった。
トンパが姿を見せたのだ!

千載一遇のチャンス!
もうおそらく次の機会はあるまい。
これを逃せばトンパのプレートは奪えない。

(思い出せ!! あの日々を!!
 俺の人生最大の潜入任務。
 失敗すれば命が失われるという
 危険な潜入を俺は乗り越えたじゃないか!!
 あの時に比べれば軽いものさ。
 敵も一人しか居ない!
 やれる!! 俺はやれる!!)

と、小学校の頃に銭湯の女風呂に覗きに行った時のことを思い出す高橋良助。
考える内容はともかく、その足取り、身のこなし、
その行動全てが冷戦時代の工作員のように慎重であった。
ちなみに命が失われるとは、社会的な意味である。

ともかくそうしてトンパの尾行は始まった。




しかし如何に良助が上手く気配を消そうと、トンパがスキを見せるかどうかは別問題。
どれだけ待ってもトンパはまったく油断しなかった。

寝るときは必ず木の上で寝て、周囲に数々の罠を仕掛けるのを忘れない。
眠り自体もごく浅く、ちょっとした物音でも目を覚ました。
休憩も、身を隠すことができ見晴らしが良いという
自分に有利な場所でしか行わなかった。
時々まるで尾行を撒くかのように、木に登ったり、物陰に隠れて移動したりした。

良助が不意打ちする隙などまったくない。
むしろ着いて行くだけで精一杯だ。

こんな極限状態の尾行が六日目の夕方まで続いた。
つまり丸二日間以上の時間がかかったのである。
その間、良助は満足できる睡眠も休息も取ることができなかった。
丸二日の徹夜で動きっぱなし。
元の世界ではこれだけでも大変な苦行である。

トンパがあと少しでも速く移動していたら、
トンパがあと少しでも少なく休憩していたら、
トンパがあと少しでも短く睡眠していたら、
良助は尾行を続けることができなかっただろう。
目の前に目標があり続けたからこそ、何とか意思を保つことができた。
本当にギリギリの状態で綱渡りのような追跡だったのだ。

だがそれも限りがある。

(ちくしょーーーー!!
 ぜんぜん、トンパ油断しネェよ!!
 トンマの癖にナマイキだ!!
 あーーーー!!
 もうやだなーーー!!
 疲れたよーー。眠いよーーー)

体力的にも精神的にも良助は限界に近づいていた。
夕方時、ゼビル島も薄っすらと暗くなっている。

(くっそ。
 もう日が落ちちゃうのか)

できれば良助は夜になる前に片をつけたかった。
夜の闇は不意打ちの時に有利にもなるが、追われる者にとっても有利である。
相手の姿は見えづらくなり、こちらの歩く音が響きやすくなる。
尾行はかなりやりづらい。
良助はもう心身ともに限界だった。
もはや目蓋が落ちるのを我慢するだけでもつらかった。

これ以上、尾行を続行することは不可能だ。
そう思い始めた時、チャンスは突如良助の元に舞い込んだ!!!

「う、うわぁああああああああああ!!!」
「……!?」

突然の悲鳴に、良助は今にも落ちそうになる目蓋をこじ開けた。
トンパは居なかった。

いや正確に言うと良助の視界の中にトンパは居なかった。
ではどこに行ったのかというと。

「畜生!!罠か!!」

大地から2メートル上の位置にトンパの頭があった。
トンパは何者かの罠に嵌り、太い木の枝に
括り付けられた鉄の鎖に左足をとられ吊るされていた。

ありえないぐらいの奇跡。
絶好のチャンス!
良助は頭から眠気が飛んでいくのを感じた。

「くくくくく……」

思わず口から笑みが出るのを抑えきれない。
良助はあくまで元の世界では一般大学生だった男だ。
いくら松岡修三ばりの根性があっても、いくらノリと勢いで色々誤魔化しても、
二日間もずっと誰かを尾行すると言うのは辛すぎた。

ここまで着いてきただけでも、
元の世界での良助の体力を考えれば信じられないくらいである。
目の前にトンパと言う目標が居続けたからこそ何とかできたのだろう。
でなければとっくに諦めていた。

「クックックックッ……」

だがもうこれ以上尾行を続ける必要はない。
なぜなら獲物は今、致命的な隙を露にしているからだ。

「クックックック……!!
 クッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」

長い尾行で溜まりに溜まったフラストレーションが
トンパが罠に引っかかったのを切欠に爆発した。
良助はもう何も気にする必要はないと、トンパに近づいていく。

「YO!!YO!!YO!!
 トンパさんよう~~。
 だいーぶ、素敵なお姿じゃないの~。
 えぇ?」
「て、てめぇ!
 なんでここにいやがんだ!!」

突然現れた良助に、トンパは驚愕の表情を浮かべる。
その表情を見て、良助は更に気分が高揚するのを感じた。

「HAHAHAHA!!
 なんでって?なんでだと思う?
 よし!!じゃぁ問題だ!!
 次の三つの選択肢のうち正解はどれでしょうか!?
 ①間抜けでトンマなトンパ君を尾行した!
 ②華麗で美しい天才高橋良助が尾行した!!
 ③良助はターゲットであるトンパを尾行した!!!
 さ~てどれでしょう!!
 1,2,3……はーい!時間切れ!!
 正解は全部でした!!!!!
 イエーイ!!どれ選んでも正解だぜ!!
 やったね、トンパ☆」
「俺がテメェのターゲットかよ!!」

二日間の尾行のストレスが反動となり、テンションがかなり上がっているらしい。

「さーて!!
 これからどうしようかなぁ~!
 どうしようかなぁ~!
 ククク……。
 あー、そういえばそこらへんに
 たくさん石が落ちてるなぁ~」
「!!?」
「確かトンパ君
 石で頭をマッサージされるのが
 好きだったよね?」
「な、なんだと!?
 あれはてめーが!!」
「おーやおーや!
 そんなこと言っても
 い・い・の・な?」
「ぐ……」

というか言動がもう完璧に悪人である。

如何にハンター受験生といえど、
こんな不安定な状態で投げられる石を避けることはできない。
たとえどんなに体が鍛えられていようと大きな石を当たれば怪我をする。
当たり所が悪ければ死に至る。

「ククク!!
 言ってみたかったんだよな~。
 このセリフ!!
 『お前のプレートを置いていけ。さもないと命の保証はない!』
 な~んてね!」
「糞……!! なんでテメェなんかに!!」
「ほ~。
 いいのかな? いいのかな?
 俺っち、なんだか投球練習がしたい気分なんだけど?」
「ぐ……」
「さーてどうするのかにゃ~?
 トンパ君??」
「……」
「さぁさぁ~」
「……」

悔しそうな表情を浮かべて良助を睨むトンパであったが、
最早どうしようもならないと悟ったのか静かに目を閉じて言った。

「わかったよ……。プレートは渡す……」
「Yeah!!
 さっすがトンパ君!!
 話が分かるぜ!!」
「くっ……」
「では早速、プレートを渡したまえ!!」
「あぁ。その代わり命の保証はしてくれよ」
「わかってるわかってるって」

良助は両手を組んで、目をキラキラとさせ、クネクネと腰を動かしている。
いかにもwktkといった感じだ。
トンパにとってはかなり屈辱的だろう。

だが命には変えられないのか、素直にプレートを懐から取出し、
すぐ下の地面に落とした。

「ほら、もってけよ」
「うひゃーーーー!!
 あざーーーーーす!!」

まるで飼い主にボールを投げられた犬のようにプレートに駆けていく良助。
そしてプレートを手に取り……。

「プレート!!ゲットだぜーーー!!」

と高らかに叫んだ。




こうして良助は奇跡に奇跡を重ねて、
四次試験も無事に合格することができたとさ。

めでたしめでたし☆




とは、今回は行かなかった。

良助がプレート片手に叫んだ瞬間、彼が立っていた地面が消えた。

「えぇー!?」

身体を支えるものを無くし、良助の体は地面の底に落ちていく。

「痛てっ!!」

背中を強く打つ良助。
真上には丸い円がぽっかりと空いている。
どこからどうみても『落とし穴』であった。
深さは4メートル以上、直径は1メートル。
幅が狭いので何とか頑張れば昇れそうであるが、
長い尾行で疲れ果てた良助には無理そうであった。

「な、なんでこんなところに落とし穴がーー?」

トンパを嵌めた鎖の罠を作った人物の別の罠だろうか。
だとすれば運が悪い。
まさか受験生二人が、その人物の罠にかかってしまうとは。

「ちくしょーーーー!!!
 トンパこのやろう!!
 ここにも罠あるじゃネェか!!
 プレートを落とす場所はもっと気をつけろ!!
 馬鹿やろう!!!」

プレートを落とした場所が悪いとトンパに対して理不尽なことをいう良助。
それに対してトンパから良助に発された言葉は一つだけ。

「馬鹿が。
 掛かりやがったな」

トンパの嘲りの言葉。
それを聞いた瞬間、良助はトンパが何を言ったのかわからなかった。
だが直ぐにその意味を察する。
いったい誰がこの二つの罠を仕掛けたのかを。

トンパだ。
トンパが二つの罠を仕掛けたのだ。

度重なる奇跡の先にあったのは罠だったのである。




つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025243997573853