SS投稿掲示板




No.4768の一覧
[0] ロードス島電鉄 (現実→ロードス島伝説)[ひのまる](2009/07/11 17:28)
[1] 序章 進め!未来の超英雄[ひのまる](2009/07/11 17:26)
[2] 01 ロードス島へようこそ[ひのまる](2009/01/10 22:15)
[3] 02 食卓にエールを[ひのまる](2009/01/10 22:15)
[4] 03 どらドラ[ひのまる](2009/01/10 22:17)
[5] 04 僕たちには勇気が足りない[ひのまる](2009/01/10 22:17)
[6] 05 戦場のヴァルキュリア[ひのまる](2009/03/01 16:09)
[7] 06 これが私の生きる道[ひのまる](2009/01/10 22:18)
[8] 07 Bの悲劇[ひのまる](2009/01/10 22:18)
[9] 08 バカの壁[ひのまる](2009/01/10 22:19)
[10] 09 僕の小規模な失敗[ひのまる](2009/01/10 22:19)
[11] 10 隠し砦の4悪人[ひのまる](2009/01/10 22:20)
[12] 11 死に至る病[ひのまる](2009/01/10 22:20)
[13] 12 夜空ノムコウ[ひのまる](2009/01/10 22:20)
[14] 13 ベイビー・ステップ[ひのまる](2009/02/19 20:04)
[15] 14 はじめの一歩[ひのまる](2009/01/10 22:21)
[16] 15 僕たちの失敗[ひのまる](2009/01/10 22:21)
[17] 16 傷だらけの栄光?[ひのまる](2009/01/10 22:22)
[18] EXTRA ミッション・インポッシブル[ひのまる](2009/01/10 22:22)
[19] RE-BIRTH ハクション魔神王[ひのまる](2009/01/10 22:23)
[20] 17 命短し、恋せよ乙女[ひのまる](2009/03/18 15:29)
[21] 18 気分はもう戦争[ひのまる](2009/01/19 17:26)
[22] 19 どなどな[ひのまる](2009/01/19 17:27)
[23] 20 屍鬼[ひのまる](2009/01/25 20:11)
[24] 21 残酷な神が支配する[ひのまる](2009/01/25 20:12)
[25] 22 ベルセルク[ひのまる](2009/02/19 20:05)
[26] 23 ライオンキング[ひのまる](2009/02/06 17:10)
[27] 24 激突─DUEL─[ひのまる](2009/02/06 17:11)
[28] 25 ブレイブストーリー[ひのまる](2009/02/13 17:12)
[29] 26 ビューティフルネーム[ひのまる](2009/02/19 20:06)
[30] 27 うたわれるもの[ひのまる](2009/03/07 16:27)
[31] REACT 我が青春のアルカディア[ひのまる](2009/03/14 15:31)
[32] RF 新牧場物語[ひのまる](2009/04/18 18:53)
[33] 28 少年期の終わり[ひのまる](2009/03/18 15:29)
[34] 29 ああ、勇者さま[ひのまる](2009/03/28 13:11)
[35] 30 陽あたり良好[ひのまる](2009/04/12 21:01)
[36] 31 呪縛の島の魔法戦士[ひのまる](2009/04/12 21:02)
[37] 32 ドキドキ魔女審判[ひのまる](2009/04/12 21:02)
[38] 33 Q.E.D.─証明終了─[ひのまる](2009/05/13 16:16)
[39] 34 GO WEST![ひのまる](2009/05/17 10:11)
[40] SUPPLEMENT オリジナル登場人物データ、他[ひのまる](2009/06/06 17:06)
[41] 35 山賊たちの狂詩曲[ひのまる](2009/05/23 19:44)
[42] 36 尋問遊戯[ひのまる](2009/06/06 17:07)
[43] 37 ドリーム・クラブ[ひのまる](2009/06/06 17:07)
[44] 38 笑っていいとも[ひのまる](2009/06/20 18:26)
[45] 39 電鉄の勇者の伝説[ひのまる](2009/06/27 17:57)
[46] DICTIONARY 幻想用語の基礎知識 第一版[ひのまる](2009/07/11 17:27)
[47] RE-BIRTH02 今日からマの付く自由業[ひのまる](2009/07/18 17:58)
[48] RE-BIRTH03 なまえのないかいぶつ[ひのまる](2009/07/18 17:59)
[49] 40 絶望[ひのまる](2009/08/18 19:06)
[50] 41 神々の山嶺[ひのまる](2009/09/01 17:06)
[51] 42 マイ・フェア・レディ[ひのまる](2009/09/01 17:07)
[52] FINAL THE SPIRITS M@STER SASSICAIA[ひのまる](2010/09/18 21:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4768] 17 命短し、恋せよ乙女
Name: ひのまる◆8c32c418 ID:ab74ed03 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/03/18 15:29
 激しい雨が大地を叩いていた。


 空をひっくり返した様に雨が降っていた。
 痛い位に叩き付けてくる激しい雨に外套など気休めにしかならず、瞬く間に服を通り越して下着までずぶ濡れになってしまう。髪の毛などもべったりと頬に張り付いて非常に鬱陶しい。体温があっという間に奪われていき、すぐに寒気すら感じ始めた。
 しかし、そんなことなど全く気が付いていないかの様に、豪雨の中、シュリヒテは無言で立ちつくす。頼りなく肩を落とし、雨に煙るその様はまるで幽鬼の様にはっきりとしない。
「シュー」
 思わずといった風に声をかける。そうしなければ、いまにもこの世界から消え失せてしまいそう。それほどに、その背中は弱々しく儚げで、頼りなかった。
 ゆっくりと振り向いたシュリヒテの顔には表情の一つも浮かんでおらず、のっぺりとした能面の様。しかし、その内心までが表情にふさわしい無感動であるとは限らない。いや、おそらくはその真逆。様々な感情がこの天候以上に激しくうごめいているに違いない。
 シュリヒテは焦点の定まらないぼんやりとした視線を彷徨わせたまま、ゆっくりと唇を動かす。
「……俺は、魔神と戦うよ」
 発した言葉は淡々とした口調でなされ。
 感情がまるで込められおらず。
 しかし、それが──


 シュリヒテ・シュタインヘイガーの、魔神に対する宣戦布告だった。


 ロードス島電鉄
  017 命短し、恋せよ乙女


 それは、運命的な出会いだった。
 まるで奇跡のようなボーイミーツガール。


 いい加減17年も生きてくると、色々と現実という奴が見えてくる。
 白馬に乗った王子様なんて珍妙な生き物が自分の前に現れて愛を囁いてくれる。
 そんなおとぎ話を信じられる程に子供ではいられない。
 現実はもっと散文的で、夢も希望もない──とまでは行かないが、色々シビアでなかなか都合良く行かないモノである。
 そんな風に考えられるくらいに、大人になった。


 生まれたのはアラニア北部の村。何処にでもあるような取り立て特徴もない田舎町。村人全員があたりまえに顔見知りで、毎日がほとんど変化のないままに過ぎていく退屈きわまりない場所。
 そこで、自分が結構な器量よしであるらしいと気が付いたのは、長じるに従って村の男連中にちやほやされ出しての事。独身の若者はともかく、妻子持ちまでがいるのはどうだろうと思いはしたが、綺麗だ可愛いと褒められれば悪い気はしないし、家業を考えるならば、それはすばらしく幸いなことだった。
 家業は宿屋。母親を早くになくした為、子供の頃から色々と父親の手伝いをしてきた。
 田舎町に宿屋?、需要はあるのか?
 なんて疑問を抱くかも知れないが、そこはそれ、この辺りは祝福の街道、なんて宿屋家業には素敵すぎる道が通っている。
 北のターバ村、マーファ本神殿に続く道は、毎年、大勢の既婚未婚のカップルが巡礼に利用する。
 マーファ神は大地母神──農耕の守護者であると同時に、結婚の守護者でもある。となれば、その聖地で祝福を受けたいと願うカップルは少なくない。
 だから暖かくなってきた春先なんかの巡礼向きの季節には、千客万来。それこそシーツの乾く間もないくらいに回転率が高い。──年若い乙女としては、色々刺激が強すぎるのが難点だったが。
 それ以外の季節にも、王都アランの三つ星レストランで修行をしてきた父親の料理の腕が良いこともあって、村人達の憩いの場として宿屋一階の酒場は繁盛している。
 あと、そこの素敵な看板娘の存在も忘れてはいけない。──自分のことだけど。もっと子供の頃から給仕として父親のお手伝いをしてきたから、人あしらいにだって慣れたもの。最近胸も大きくなってきたし、アダモで一番綺麗でスタイルが良いのは自分だってどうどうと胸を張れる。これはうぬぼれじゃなくて、アダモ小町、なんて呼ばれているくらいだから客観的な事実。最近ではお客さんの半分くらいのお目当ては料理よりこちらみたいだし。ちやほやされて褒められて、口説かれるのは悪い気分じゃない。自分が魅力的だって確認できるわけだし。……ただ酔っぱらいにおしりを触られたりするのは、正直勘弁して欲しいと思うけど。


 そんな概ね平穏な毎日が続いてきた。これから先も続いていくと思っていた。どこか遠くの国で魔神王なんて物騒な代物が復活した、なんて噂を行商人のお客さんに聞かされたりもしたけど、同じように思っていた。今日の次には変わり映えのない明日が来て、明日の次にもまた変わり映えのない日が来る。そのまた次の日も──そんな風に考えていた。
 せいぜい、大きな変化と言えば、そろそろまじめに結婚を考え始める時期だって事くらい。白馬の王子様には期待できないから、村の中で見繕わなくちゃならない。正直、誰もこれも気乗りがしない。どいつもこいつも山出しの田舎もの。よりどりみどりでも、これはあんまりだと思うが、こんな田舎町だから仕方がない。そんな風に諦観もしていた。
 その毎日が急変したのは、魔神王なるものの噂を聞いて幾ばくも経たないうち。
 何だかどこそこの村が魔神に襲われた、なんて話がちょくちょく入ってくるようになって。お友達と物騒だね、なんて、それでも人ごとで話をしていたら、村の近くの古い砦跡におかしな生き物がいた、なんて話が持ち上がった。
 その日から、目に見えて、村の雰囲気が変わった。
 村長さんをはじめとする大人達は深刻な顔をして相談しているし。マーファ本神殿や領主様へ助けを求める人が送られた。冒険者を雇おうか、なんて話も出て、町内会費の臨時徴収なんかも行われたのは最近家計を預かるようになったこの身には結構な痛手。ちょうど村を訪れていたごろつきみたいな冒険者が雇われて、うちを常宿とした。──正直、この人達柄が悪いし下品だしお尻触るから勘弁して欲しいのだけど。
 そして数日は何事もなく過ぎた。だけど、深刻さの度合いはますます高まっていた。
 村一番の狩人──この人にも何度か口説かれた──が件の砦跡に偵察に赴き、帰ってこなかった。
 領主様の返事はなく、自分たちは見捨てられたと大人達が嘆き、何のために税を払っているんだと怒っていた。
 そんな最中のマーファ本神殿が人をくれるという話に、大人達は顔を輝かせた。久々に明るい話題で、その日はお客さんも気持ちが良い表情でお酒を飲んでくれたので、私も嬉しかった。──お尻触られるのは勘弁だけど。
 そんな日々に、その人は──私の運命の人は現れた。


 正直、最初はあんまりその人に目は行かなかった。
 最初に目が行ったのは、その連れ、エルフの娘。
 ありえない、あんなのアリ?、それが初見の印象。
 綺麗なさらさらの金髪。優美なカーブを描く細い眉毛。ちょっと目尻の上がった大きくて青い瞳。すっと筋の通った形の良いお鼻。小振りで可愛らしい桜色の唇。そう言った最高のパーツが、卵形の小さな顔に絶妙の配置で並べられた、ものすごい美少女。さすがは人外の妖精。幻想的としか言い様が無い程の現実離れした美貌。同じ女として、完全に敗北した。シャッポを脱ぎました。堅牢な城塞に竹槍で突撃かますくらいの、どうしようもない彼我の戦力差。アダモ小町と威張ったところで、所詮自分はちょっと小綺麗なだけの田舎の小娘。しかるべき大きさの街に行けば、平凡よりもちょっとマシ、と言う程度の場所で埋もれてしまう、その程度。そんな、知りたくもなかった現実って奴を目の前に突き付けられた。本物の美少女って奴はこういうレベル。自分がうんとお洒落しても、絶対に手の届かない高みに存在するんだって思い知らされた。
 しかもエルフ。奴ら、ほとんど不老不死。私がこれから年老いていくというのに、このエルフ娘は永遠に若いままなのだ。そんなの絶対にずるいと思う。
 ──まあ、胸はこちらの完勝だけど。
 色々むかついたけど、それでも客商売。尻をなでられてもニコニコ笑いながら接客してきた経験は伊達じゃない。良い笑顔を顔に貼り付けて接客。出来たら、永遠の若さを保つ秘訣、なんてものを教えてもらえたら嬉しいなあ、と言う下心もあったり。
 それから、ようやく連れに視線が行った。
 1人は魔法使いみたいで、暗色の野暮ったいローブ姿。ちょっと不健康そうな顔色をしているので好みじゃない。
 1人はドワーフで、これはもう、その時点で攻略対象外。
 そして、もう1人、この人が運命の人だった。金髪巻き毛、整った顔。どこかの騎士崩れか?、立派な鎧を飾る紋章には深いバッテン印──不名誉印が刻まれていた。
 4人は何か深刻な表情で話をしていた。嘆いたり感動したり、何だか忙しい。途中、魔法使いがレアな焼き鳥、なんて変な注文をしていたけど、魔法使いなんて生き物は偏屈で変人だって相場が決まっているから気にしてもしょうがない。
 そんなおかしな闖入者はいたモノの、その日はこのまま平和に終わる。
 そんな風に考えた所で、それがいかに甘い考えかを思い知らされた。
 よその世界の出来事だって信じて疑わなかった魔神の襲来、なんてものが、この村にもやってきたのだ。


 正直、この状況で何が出来る、と問われても困る。きっぱり何も出来ない。お尻をなでてくる助平のあしらい方の経験を積んではいても、それが魔神なんて化け物に通用するはずもない。
 だから、目の前で化け物が青年団の1人を叩きつぶした腕を振り上げるのを、恐怖で身をすくめて見上げることしかできなかった。こんな風に人生が終わってしまうのか。ならば、恋の一つもしておけば良かった、等と考えても後の祭り。村の男達はカボチャやジャガイモに見えて、なかなかお相手としてふさわしく感じられなくて、ついぞそう言った感情とは無縁でここまで来てしまった。そうでなくとも、あいつら酔うとお尻触るし。でも、今ではそれは大後悔。こんな風に死んでしまうのであれば、一度くらい経験しておけば良かった。お隣の新婚のお姉さんの話や宿泊客の様子を見るに、恋愛の先のアレって相当気持ちいいみたいだし。せめて一度、否、一度目は痛いらしいからもう少し回数を経験してみたかった。
 しかし、死は訪れなかった。
 見れば、私を殺そうとしていた絶対の死は、開きにされて転がっていた。
 目の前にあったのは、運命の人のたくましい背中。
 ピンチに颯爽と駆けつけて助けてくれるヒーロー。そんな、おとぎ話みたいな存在が目の前にいた。
 思えば、この瞬間にやられてしまったのだ。これが恋。胸のどきどきが止まらない。──おしっこ漏らして、非常に絵にならない状態だったけど、これは運命の出会いなのだ。最高にして最良のボーイミーツガール。ここから素敵な恋物語が始まった。


 彼は、ものすごく強かった。何でも、村の自警団を軽く一蹴した魔神達をほとんど1人でやっつけてしまったらしい。件のエルフ娘も大活躍したみたいだけど、これは眉唾物。話を聞けば後ろで偉そうにしてただけらしいし。その話を持ってきたのは村の男だってあたりも信用できない。きっとあの美貌にやられて目がくらんで高評価をしているに違いない。一番活躍したのは彼に決まっているのだから。
 彼の活躍は大評判。村の娘は目の色変えて彼の気を惹こうとする。
 もちろん、こっちだって負けていられない。女は度胸と気合いを入れて、念入りにお洒落をして、とびっきりの勇気を出して告白。
 天にも昇る気持ちって、きっとこういう事を言うのだろう。
 そのまま、初めての経験。ちょっと性急すぎると思わないでもなかった。けれど、夕べは死にかけた。彼がいればそうそうそんなピンチにはならないと思うけど、それでも、先送りして心残りを持ったままで死ぬ、なんて事になったら目も当てられない。彼も喜んでくれたし。
 その後エルフ娘に出会ったら、ものすごく焼き餅を焼いてきて溜飲がぐっと下がった。どちらが綺麗かと問われると、残念ながらエルフ娘の方が上だけど、女としてはこちらの勝ち。彼はもう、私のものなのだ。エルフ娘の最終的にそう認めてくれたみたい。潔い。意外に良い奴かも知れない。
 その後、彼らはマーファの愛娘、ニース様と一緒に、砦に巣くう化け物退治に出かけた。ニース様もすごい綺麗な人だからちょっと嫉妬。悔しいけど、あのエルフ娘とニース様が並ぶと、すごく絵になる。まあ、彼は私のことを綺麗だと言ってくれるからいいのだけど。
 そしてその一方で、こちらは村を捨ててマーファ本神殿でごやっかいになることになった。魔神の襲撃で人が──それも、若者を中心に男の大半が死んでしまって、どうにも立ちゆかなくなってしまったのだ。大荷物を抱えてマーファ神殿へ向かう村人の表情は沈んでいる。こちらもTPOを考えて神妙な顔をしているけど、心の中は実は浮き立ってたりする。これが恋。恋はパワー。世界がバラ色に見えていた。
 彼は英雄で、これから名をなしていくことは確実。そうすれば、鎧の不名誉印が削られる日だって遠くないだろう。お家を再興する彼。その彼の横に妻として立つのは誰か、もちろん決まっている。
 そんなバラ色の未来を夢見ていた。


 だから、今の状況は絶対に夢。
 今の自分の運勢は最高。良いことばかりが続いて悪い事なんて起こりっこない。
 ああ、もしかしたら、これは、私と彼を更に深く結びつけようとする神様の粋な計らいかも知れない。この絶体絶命なピンチに、再び颯爽と彼が現れて助けてくれる。そう、きっとそうに決まっているのだ。でも神様も分かってない。そんなイベントをわざわざ追加しなくても、私は彼にぞっこんなのに……


 ……もちろん、現実は彼女が考えるよりももっと、残酷に出来ていた。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025535106658936