SS投稿掲示板




No.4384の一覧
[0] 腕白関白(完結)[そる](2012/02/28 05:16)
[1] 腕白関白~賤ヶ岳前哨戦~[そる](2008/10/08 23:23)
[2] 腕白関白~賤ヶ岳本戦~[そる](2008/10/09 19:43)
[3] 腕白関白~旗を折れ~[そる](2008/10/09 21:07)
[4] 腕白関白~閑話休題~[そる](2008/10/10 21:47)
[5] 腕白関白~大坂城~[そる](2008/10/13 03:32)
[6] 腕白関白~小牧・長久手の戦い~[そる](2008/10/15 20:31)
[7] 腕白関白~来国俊対蜻蛉切~[そる](2008/10/17 00:46)
[8] 腕白関白~小牧・長久手始末記~[そる](2008/10/17 20:22)
[9] 腕白関白~四国征伐と論功行賞~[そる](2008/10/18 06:22)
[10] 腕白関白~九州征伐準備~[そる](2008/10/19 05:56)
[11] 腕白関白~九州征伐~[そる](2008/10/21 21:09)
[12] 腕白関白~閑話休題その弐~[そる](2008/10/21 23:53)
[13] 腕白関白~内政と婚姻~[そる](2008/10/22 21:57)
[14] 腕白関白~小田原征伐準備~[そる](2008/10/23 21:27)
[15] 腕白関白~小田原包囲~[そる](2008/10/24 22:24)
[16] 腕白関白~風魔調略と奥羽の竜~[そる](2008/10/25 17:25)
[17] 腕白関白~小田原包囲中盤戦~[そる](2008/10/26 17:57)
[18] 腕白関白~忍城攻略戦~[そる](2008/10/27 21:40)
[19] 腕白関白~関東始末~[そる](2008/10/28 20:22)
[20] 腕白関白~側室~[そる](2008/10/29 21:13)
[21] 腕白関白~閑話休題その参~[そる](2008/10/30 20:01)
[22] 腕白関白~関白~[そる](2008/11/02 02:43)
[23] 腕白関白~朝鮮出兵準備~[そる](2008/11/02 02:42)
[24] 腕白関白~文禄の役~[そる](2008/11/03 04:24)
[25] 腕白関白~運命の子~[そる](2008/11/04 20:04)
[26] 腕白関白~それぞれの策動~[そる](2008/11/05 19:35)
[27] 腕白関白~夢のまた夢~[そる](2008/11/06 19:35)
[28] 腕白関白~忠義の形~[そる](2008/11/07 19:16)
[29] 腕白関白~翻る弔いの旗~[そる](2008/11/08 21:24)
[30] 腕白関白~断罪の時~[そる](2008/11/09 05:53)
[31] 腕白関白~遠き時代の果て~[そる](2008/11/10 01:25)
[32] 腕白関白~あとがきに候~[そる](2008/11/10 01:27)
[33] 腕白関白~蛇足の外伝~[そる](2008/11/10 21:49)
[34] 腕白関白~現代Wiki風豊臣秀次~[そる](2008/11/13 22:10)
[35] 腕白関白~外伝:立花~[そる](2008/11/30 06:38)
[36] 腕白関白~外伝:未来への贈り物~[そる](2008/12/09 22:44)
[37] 外伝~豊臣家模様1:秀勝~[そる](2011/12/25 04:05)
[38] 外伝~豊臣家模様2:秀秋~[そる](2011/12/25 04:05)
[39] 外伝~豊臣家模様3・秀頼~[そる](2013/04/30 05:46)
[40] 外伝~豊臣家模様4・稲姫~[そる](2013/04/30 05:46)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4384] 腕白関白~閑話休題その参~
Name: そる◆388a5b68 ID:f6eb2928 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/10/30 20:01
秀次は甲斐姫を伴って奥州へと出発した。
仕置内容はすでに決定しており、検地などは石田三成が主として担当することになっている。
また、従わぬ者が現れて戦闘になったとしても、直江に任せればいいや、と気楽に構えていた。
徳川や大小の大名からの兵を合わせて四万。小田原征伐で余った兵糧と金、鉄砲と国崩し2門を持って奥州へと入る。
作業は順調に進んでいった。
時折、融通が利かずに揉めそうになる三成を「いーじゃん、それで」「真面目か、お前は」「細かいこと言うなよ、禿るぞ」とからかいながら。


津島は中日本最大の港であり、商業の街である。
堺や京の豪商が大店を開いており、あらゆる物が流通している。
津島級一番艦は平時は輸送船として堺との間を行き来しており、商人の物資をも運んでいた。
これは船員をガレオン船の操舵に慣れさせるために常に航海させる必要があったからである。
秀次が奥州へと出発したその日も、京から津田宗休が自分の持ち船で津島を訪れていた。
「しもうたな、秀次様は出発した後か」
津田宗休が舌打ちしながら船を降りてくる。すでに津島の店の手代や番頭が迎えに来ていた。
「昨日、奥州へと出発なされました」
番台が降りてきた宗休に答える。
「ちゃんと玉薬渡したやろな?」
「それはもう。飛騨の林業への参入の許可を貰っております」
「よしゃよしゃ。さっそく人をやって風間様に挨拶しておかんとな」
風魔小太郎、現風間家当主は秀次に言われた通り、林業に力を入れていた。
自分たち忍びの庭として山間部は適しているが、飛騨はその国土のほとんどが山である。
林業に注力すれば大きな利益になることは理解していた。
津田宗休や今井宗休などの豪商は津島と堺を結ぶ航路を使って大儲けしていた。
さらに徳政令禁止が敷かれているこの秀次領では金貸し業も大きな収益を上げている。
最も、余りにも高利な者や悪質な者には容赦なく罰が降るが。
ちなみにこの徳政令禁止は秀次の領土の商人から金を借りた他の大名にまで及ぶ。
勝手に踏み倒そうとしても訴えがあれば秀次自ら「この時代には自己破産なんてねーんだよ!」と訳の分からない言葉で返済を迫るという。
「秀次様の発案で関東の江戸、ちゅーところに新たに大きな港が出来るそうじゃ。
 わしらも今から江戸の開発に関わって関東へも商売を伸ばさないとあかんぞ、番頭さん」
「はい。すでに江戸への船を用意しておりますゆえ、手代の者を連れて私が行って参ります」
うんうん、とうなづきながら津田宗休は津島の街へと入っていった。
相変わらず、津島の街の活気は凄いの。堺以上かもしれぬぞ、と周囲の者に言いながら。
この街では腕のいい職人にはいくらでも仕事が舞い込む。秀次は津島を一大工業都市として作っており、この街では職人は手厚く保護されていた。
港ではあちらこちらで荷の積み下ろしが行われており、造船所では忙しく職人達が働いている。
「秀次様は津島級で北は奥羽から南は薩摩までを結んで商売する気らしいからの。
 乗り遅れないようにせんとな。この街はまだまだ伸びるで」


秀次の国の足軽にはきちんとした給金が払われている。
他の国にない制度としては秀次が決めた「遺族年金制度」がある。
これは戦に行った先で戦死した場合、本来支払われるはずだった給金の十倍が遺族に支払われる、という制度である。
この制度のおかげで秀次の国の足軽の集まりは非常によかった。
さらに秀次は伊賀者と風魔を絶えず領内を巡回させている。
不正に私腹を肥やす代官や役人を見つけると、すぐに報告され成敗されるのだ。
税の安さと相まって農民からの支持が高い理由である。
領民と商人と職人の支持さえあれば国は豊かになり勝手に軍事力もつくってものよ! と力説した秀次の政策は今のところ大当たりと言えた。


風魔小太郎は秀次より授かった密命を果たすべく暗躍していた。
腕利きの忍を選抜し、くのいちを淀城の奥へと潜ませることに腐心する。
「淀君の男関係を探れ」
それが主君からの密命であった。
関白の側室に間男がいるというのであろうか? 疑問はあったがありえぬ話でもない。
風魔は秀吉の経歴を知っている。数多くの女性を囲ってきたが、今まで子が出来たことがない。
長浜城主時代に子が生まれ死亡したとの話もあるが、はたして秀吉の子であったのか定かではない。
関白様には子種がないのか? そう考えるほうが自然であろう。
すると鶴松君は? 確かに慎重に調べる必要がある。
風間家として一国持ちの大名にまでしてくれた秀次の頼みとあれば、風魔忍軍は命をかけることができる。
調査だけで絶対に手を出すな、と仰せつかっているのでまずは入念に調査しなければなるまい。
幸い秀吉は子飼いの忍はいない。が、黒田配下の忍や真田忍者などが障害にならないとも限らない。
それに半蔵の伊賀者に知られるわけにも行かない。
伊賀者は風魔が国持ち大名になったことを羨んでいるだろう。自分達も家臣団として認められたいと思っているはず。
小太郎は考える。秀次様は忍の技術は大名に取り立ててでも欲しいものだ、と仰った。
伊賀者は領主は秀次様だが自分達の上に立つ者が徳川の者であることに不満を抱き始めている。
半蔵が徳川家に仕えていなければ、風魔の立場は自分達のものではなかったか? と。
伊賀の動きにも注意しながら動く必要がありそうだ。
飛騨一国を任されたこと、必ず忠義にて報いなければ。


秀次が清洲城を出発して最初の夜。
当然のように甲斐姫は秀次と同じ部屋に入ってきた。
布団に膝をつき、頭を下げる甲斐姫。
「何分、はじめてにて粗相があるかもしれませぬが、よろしくお願い致します」
「ああ~、まあ、そのこちらこそよろしくお願い致します・・・」
その言葉を聴いた甲斐姫が顔を上げる。
「・・・ぷっ」
そして、吹き出した。
まさか、側室に頭を下げるとは。
「なんだよ」
ちょっとふて腐れたように言う秀次。
甲斐姫は笑いを噛み殺して聞いた。
「いえ。ただ、新参の、しかも敗軍の将の娘を側室にして良かったのですか?
 他の重臣の方で娘が側室になっている方はいらっしゃらないのでは?」
あーそのことか、と秀次はなんともないように言った。
「成田殿を厚遇してれば、北条に使えていた奴らも俺のとこに来やすいとは思わないか?
 家臣足りないんだよ、俺。領土だけ増えてもなぁ」
それを聞いて甲斐姫は驚いた。この人は北条の生き残りを召抱えるつもりらしい。
「そういうお考えなのですね」
まーな、名付けて北条ホイホイ! という秀次の言葉には首をかしげる甲斐姫。
「変わったお方ですね・・・」
よく言われる。と笑う秀次。
甲斐姫は自然に秀次に寄りかかった。
この人の側室なら悪くないかもしれない、と思いながら。


奥州についた秀次はあらかじめ申し送っておいた大崎義隆、葛西晴信、和賀忠親、田村宗顕、石川昭光、白河義親に対して蝦夷開発を命じる。
案内役の伊達政宗を責任者として、蝦夷に移ってかの地を開墾せよ、と命じたのだ。
蝦夷にいる先住民達にはその信仰と文化を尊重し、時間をかけて日ノ本の民として取り込むように命じる。
決して武力だけで物事を解決しないように、先住民と争うと後々の禍根となることは間違いない、ときつく言い渡す。
「蝦夷の先には樺太がある。開発すれば蝦夷だけで二百万石にはなる。
 樺太はそれ以上の物がある。おのおの励め。蠣崎氏は本日より松前と名乗れ。開発資金として一万両を用意したので使うように」
そして、秀次は政宗に向き直る。
「先に言っとくが、鉄砲と国崩しは脅しの道具くらいに考えとけよ。先住民と争ったら蝦夷の旨みはかなり減るぞ」
釘を刺す秀次。
「わーってるよ、秀次さんよ。しかし、いいのかよ?」
「何がだ?」
にやりと笑う政宗。
「俺が蝦夷とその先を取ったら、豊臣に弓引くかもしれねぇぜ?」
そういうことを口に出すのがお前のいいとこだ、と思いながら秀次も答える。
「かまわんぞ」
「!!」
「上杉、徳川、俺に勝てると思ったら攻めてきて見ろ」
強気に言い放つ秀次。樺太まで攻略してその地から戦力を抜き出せるようになるまでどんだけかかると思ってんだ、と思いながら。
たぶん、政宗が生きてる間には完成しないさ、お前の王国は。
「へっ、なんかあんたには勝てる気がしねぇのよ。まあ、気張ってやらして貰うぜ。
 先住民と争わずに開拓していきゃいいんだろ?」
よろしく、と秀次に言われて快諾する政宗。どうもまだ見ぬ土地に思いを馳せているようだ。
他の者も平伏して秀次に肯定の意を示した。


秀次は奥州から帰還する。途中、上杉領に泊まる時、直江兼続に挨拶したりしながら清洲に戻る。


稲と甲斐姫はうまくやってるみたいだ。
同じ武家の出だし、どっちも史実じゃ女傑として有名だからなぁ。気が合うのかもしれん。
問題は駒姫だが・・・いや、別に問題はないんだけどね。
さすが九歳、稲と甲斐姫に妹のように可愛がられてるし、俺もお菓子とかあげたら懐かれたし。
でも九歳の女の子を側室として置いてかえるなよ、最上。決まった事とはいえさ・・・。
「ひでつぐさま」
む、どうした駒姫?
「いなさまがお茶をのみましょうとよんでるです」
そうか、じゃあ一緒に行くか。
「はい! いきますです」
くっ、可愛い・・・側室っつーか娘みたいだ。


秀次がそれなりに幸せに暮らしている頃。
大坂城で秀吉は一人、新田肩衝をその手に取って眺めていた。
信長が収集していた茶器の中でも最高の価値を持つ三肩衝。最も、信長は二つまでしか集めることが出来ずに本能寺で散ってしまったが。

新田肩衝を眺めていると信長様の事を思い出す。
「猿、毛利が片付いたら九州じゃ。その後は明・朝鮮をも征服して天竺までも我が手に入れようぞ」
他の人間は誇大妄想だと言うかもしれない。それでも、俺だけは、この秀吉だけは心の底から信じていた。
信長様なら、きっと。誰よりも高く登ると。
秀次の領地で作っている津島級。あれが十隻も完成すれば。
あと二年もあれば・・・そのときは。
「そのときこそ、信長様の遺志を継ぐ時・・・」
他の誰でもない、自分こそが、自分だけが信長の遺志を継げるのだ。
だからこそ、信長様の遺児すら打ち倒してきたのだから。
あの御方の壮大な構想を引き継げるのはこの秀吉だけなのだ・・・。


その眼には、狂信の輝きがあった。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025850057601929