SS投稿掲示板




No.4384の一覧
[0] 腕白関白(完結)[そる](2012/02/28 05:16)
[1] 腕白関白~賤ヶ岳前哨戦~[そる](2008/10/08 23:23)
[2] 腕白関白~賤ヶ岳本戦~[そる](2008/10/09 19:43)
[3] 腕白関白~旗を折れ~[そる](2008/10/09 21:07)
[4] 腕白関白~閑話休題~[そる](2008/10/10 21:47)
[5] 腕白関白~大坂城~[そる](2008/10/13 03:32)
[6] 腕白関白~小牧・長久手の戦い~[そる](2008/10/15 20:31)
[7] 腕白関白~来国俊対蜻蛉切~[そる](2008/10/17 00:46)
[8] 腕白関白~小牧・長久手始末記~[そる](2008/10/17 20:22)
[9] 腕白関白~四国征伐と論功行賞~[そる](2008/10/18 06:22)
[10] 腕白関白~九州征伐準備~[そる](2008/10/19 05:56)
[11] 腕白関白~九州征伐~[そる](2008/10/21 21:09)
[12] 腕白関白~閑話休題その弐~[そる](2008/10/21 23:53)
[13] 腕白関白~内政と婚姻~[そる](2008/10/22 21:57)
[14] 腕白関白~小田原征伐準備~[そる](2008/10/23 21:27)
[15] 腕白関白~小田原包囲~[そる](2008/10/24 22:24)
[16] 腕白関白~風魔調略と奥羽の竜~[そる](2008/10/25 17:25)
[17] 腕白関白~小田原包囲中盤戦~[そる](2008/10/26 17:57)
[18] 腕白関白~忍城攻略戦~[そる](2008/10/27 21:40)
[19] 腕白関白~関東始末~[そる](2008/10/28 20:22)
[20] 腕白関白~側室~[そる](2008/10/29 21:13)
[21] 腕白関白~閑話休題その参~[そる](2008/10/30 20:01)
[22] 腕白関白~関白~[そる](2008/11/02 02:43)
[23] 腕白関白~朝鮮出兵準備~[そる](2008/11/02 02:42)
[24] 腕白関白~文禄の役~[そる](2008/11/03 04:24)
[25] 腕白関白~運命の子~[そる](2008/11/04 20:04)
[26] 腕白関白~それぞれの策動~[そる](2008/11/05 19:35)
[27] 腕白関白~夢のまた夢~[そる](2008/11/06 19:35)
[28] 腕白関白~忠義の形~[そる](2008/11/07 19:16)
[29] 腕白関白~翻る弔いの旗~[そる](2008/11/08 21:24)
[30] 腕白関白~断罪の時~[そる](2008/11/09 05:53)
[31] 腕白関白~遠き時代の果て~[そる](2008/11/10 01:25)
[32] 腕白関白~あとがきに候~[そる](2008/11/10 01:27)
[33] 腕白関白~蛇足の外伝~[そる](2008/11/10 21:49)
[34] 腕白関白~現代Wiki風豊臣秀次~[そる](2008/11/13 22:10)
[35] 腕白関白~外伝:立花~[そる](2008/11/30 06:38)
[36] 腕白関白~外伝:未来への贈り物~[そる](2008/12/09 22:44)
[37] 外伝~豊臣家模様1:秀勝~[そる](2011/12/25 04:05)
[38] 外伝~豊臣家模様2:秀秋~[そる](2011/12/25 04:05)
[39] 外伝~豊臣家模様3・秀頼~[そる](2013/04/30 05:46)
[40] 外伝~豊臣家模様4・稲姫~[そる](2013/04/30 05:46)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4384] 腕白関白~風魔調略と奥羽の竜~
Name: そる◆388a5b68 ID:f6eb2928 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/10/25 17:25
四月。完全に小田原を包囲し、その周囲に屋敷やら書院やら茶室やら城やらを豊臣方が建てまくっている。
遊女が歓楽街を開き、商人が市に店を出して兵たちは長い対陣にも飽きることがない。
糧食は消費できないほど積みあがっており、小田原城へはときおり適当に挑発してみる程度である。
そんな中、服部半蔵が必死になって接触した風魔が秀次と極秘に会談を持った。


初めまして、羽柴秀次だ。
「風魔小太郎にございます。以後、お見知りおきを」
うん、つーかでかいなぁ・・・。現代人よりでっかいぞ、こいつ・・・。
さて、風魔小太郎。俺に仕えてくれる気はあるかな?
「お聞きしてもよろしいですかな?」
なんでも聞いてくれ。答えられることなら答えるぞ。
「一万五千石、とのことですが正気ですかな?
 我らは忍。日陰者ですぞ?」
俺に取っては、侍も忍者も同価値だがな~。
戦にも経済にも外交にも・・・情報がないと負けるんだよ。その情報を集めるには、忍が一番いい。
そう思わないか?
「忍の使い方を理解なされておる・・・北条にあなたがいれば、我らを無為に過ごさせはしなかったでしょうに。
 しかし、忍の者が大封を得て反発を買うのでは? 我らは足軽以下の扱いしか受けておりませぬゆえ」
有能な奴には、有能な技能を発揮するだけの条件を整えてやるのが俺の仕事だ!
つか、領地を渡しておけば後は俺がなんもしなくてもいいからな! これは戦国時代のいいとこだ!
反発っつーなら、俺なんて農民の子だが?
「・・・我ら風魔一族、北条の元では敵に焼き働きをする夜盗崩れ程度の扱いでござった。
 その我らを、一万五千石という高禄で、養うとあなたは仰る」
おう、俺の直轄地はあまりまくってるからな! ほとんど人任せにしたいけど、それをやると田中吉政が怒るし・・・。
そうそう、風魔じゃなくて風間家って名前で俺の家臣に入ってくれ。風魔、じゃさすがに領民が怖がるかもしれんから。
「家・・・我ら、風魔に、家を・・・家名を頂けると・・・」
一応、一万石超えて大名になるから、関白様に頼んで官位の内諾も貰っといたぞ。
従四位下按察使だ。
諸国の民情などを巡回視察した官、らしいからいいかなーって。
「か、官位! わ、我ら風魔が朝廷の臣として認められると!」
まあ、大名だし。
「この風魔小太郎、いや、風魔忍軍全て、秀次様に永久の忠誠を!」
えーと、喜んで貰えたみたいで何より・・・。
ま、まあこれで優秀な密偵や情報機関が作れた、と。
死亡フラグを折るためには、とにかく考えられるだけの戦力を集めないと・・・もしかしたら、こいつなら茶々を暗殺できるかも知れんし。
やんないけどね、今の所。何が起こるかわからんし。


秀吉は秀次からの報告により風魔小太郎を新規に召抱えたと聞いて大笑いした。
あの甥はやることが突拍子もなくて面白い! 北条の忍を頭領ごと寝返らせるとはな!
これで北条はさらに追い詰められただろう。対陣している我らの糧食を焼き払うなど、撹乱の仕事ができる集団を丸ごと失ったのだ。
いや、失っただけではない。風魔なら城の構造や食料庫の場所も全て知っている。
今頃、氏直も顔を青くしておることだろうて・・・。


この時代の忍は待遇が悪い。
武士とは比べ物にならず、足軽以下の扱いを受ける者がほとんどであった。
それが突然、大名になり官位まで宣下された。
彼ら忍にしてみれば、人以下だった存在から一気に主人が大名となり自分達も武士階級として認められた。
風魔はこの先、「秀次のためならば敵陣に潜入して中で爆死する」と言われるほどの狂信的な忠誠を秀次に捧げていく。


小田原を囲む陣には当然徳川家康もいる。
自分の屋敷で家康は物思いにふけっていた。
徳川が天下を取るためには、手段は一つしかない。
関白秀吉が死ぬまではおとなしく忠誠を尽くし、その間に力を蓄える。
もはや秀吉に戦で勝つことは不可能。ならば勝つ方法はただ一つ。
寿命しかない。
世継ぎの鶴松はそのころ何歳になっているだろうか? おそらく、まだ元服しておるまい。
いや、たとえ元服していたとしても、自分に勝てるほどの才覚はあるまい。ならば隙はある。
今はひっそりとその隙を探ることだ・・・。
秀吉が執心している淀君。泣き信長公の姪だが、あれは富と権力が欲しい典型の女・・・秀吉が死去すれば必ず自らが子を使って権力を握ろうとする・・・。
そして、自分に従っていない者・・・譜代の家臣や尾張者を遠ざけるはず・・・そうすれば、北政所はどう動くか。
北政所は聡明な女性だが、情に厚い。自分が育ててきた、例えば加藤清正らを見捨てることはしないはず。
豊臣の生母として実権を握ろうとする女に対抗するには、北政所はただ一人に囁けばよい。淀をどうにかしろ、と。
そう、羽柴秀次。あの若者を動かせばほとんどの大名は動くだろう。
やはり、あの若者が鍵・・・あの若者を徳川寄りに取り込むためには、北政所にも接近しておく必要がある。
・・・小松姫とは仲睦まじくやっているそうだが、それだけで徳川に協力するほど甘い男でもあるまい。
さらに秀次殿の心を得るために手を考えねば・・・。


家康が自らの思考に沈み、少し考えが飛躍してきてしまっていたころ、鍵と思われる若者、秀次は。
ようやく到着した稲に往来で抱きついて、一緒に来た立花宗茂の妻立花誾千代に蹴り倒されていた。


「まったく、百万石以上を持つ大名とあろうお方が往来であのような・・・」
すんません、誾千代姉さん・・・。
「稲が恥ずかしい思いをするでしょうが! 少しは考えなさい!」
「誾千代様、もうよいですから・・・」
つーか、稲が恥ずかしい思いをするのはいけなくて、俺が皆の前で蹴り倒されるのはいいのかよ・・・ごめんなさい、反省してます。
しかし誾千代姉さんまで来るとは・・・。
「夫に呼ばれたのです。大体、稲一人じゃ不安でしょうが。仮にも戦場なのですよ」
そ、そうですね。
まあ、誾千代姉さんもなんだかんだ言って宗茂とよろしくやるために来たわけですよね!
「殺しますよ?」
すいませんすいません。
「では私は一応亭主の元へ顔を出しに行きますが、く・れ・ぐ・れ・も! 羽目を外し過ぎないように! 
 わかりましたね、秀次様!」
はっ! 御意にございます!


「誾千代様は私が心配で一緒に来てくださったのですよ」
わかってるって、稲。
相変わらず二人は姉妹みたいだなぁ。
「ええ、頼りになる姉だと思っております」
頼りになりすぎるけどな! 可児才蔵に「かなりの腕前ですな、誾千代様の薙刀は・・・」とか言われるってどんだけだよ!
「ふふ、秀次様も元気そうで何よりです。やはり、逢えないのは寂しいですね。
 便りが来たときは本当にうれしかったです」
稲~! なんて可愛いんだ!
じゃあ早速その寂しさを俺が埋めてあげ・・・「羽目を外すなと言いましたよね?」・・・すいません、障子の隙間から凄いプレッシャー感じるので自重します。


一応、夜まで我慢することにした秀次は、稲と共に来た領地からの報告を受け取ることにした。
ただ対陣して日々遊んでいればいいものではないのである。


ふむ、風魔からの情報では奥羽の伊達政宗は来るのを先延ばしにしているらしいが・・・結局は来ることになるだろう、って書いてるな。
領地から来た手紙に津島級三番艦を送り出しました、と書いてあったから予定通りに伊達政宗が来るまでに着くな。
奥羽の独眼竜・・・伊達政宗。俺の死亡フラグクラッシュのためにも是非とも懇意にしておかねばならん。
実力や交易以外にも、最悪奥州まで逃げるってことも考えないとね!
そのためにも、あの独眼竜のハートをキャッチ大作戦だ!
それはそれとして、領地からの報告では津島級四番艦と五番艦の製造も始まったし。
小田原が終わったら造船所を拡大しよう。津島級は役に立つ。俺が逃げないと行けない時とか。
国崩しの生産もなんとかなりそうだし、改造も職人達が頑張ってるらしいからどうにかなるかな?
関が原があるかどうかわからんけど、戦力は増強しておかんと・・・淀君が小細工しても正面からは攻めれない程度には!
そのためにはこの長い対陣が行われる小田原で色んな大名と親しくなっておかんといかんな。
一応、三成も失敗するよりはここに残したほうがいいと思ったけど、本人が武功に飢えてるからなぁ。
必死の形相で忍城を落とします! なんて懇願されたからつい許可したけど、どうなることやら。


秀次は秀次なりに色々と考えている中、時は進んでいく。
稲と久しぶりの閨を楽しんだり、一緒に風呂入ったり、家康に一緒に挨拶に行ったり、ついでに忠勝にも挨拶に行ったり。
そうこうしている内に、五月も中旬に差し掛かろうとしていた。
ついに、奥羽から独眼竜、伊達政宗がやってきた。
白装束で秀吉に面会して会津領没収だけで許された政宗。
その後の対陣中、政宗は小田原近くの港に秀次から招かれる。


羽柴秀次・・・豊臣秀吉の甥、かぁ。
えらく風変わりなお人らしいから逢ってみたかったもんよ。
招きとは嬉しいねぇ。しっかり観察させて貰おうかい・・・。
しかし、なんで港かねぇ?


傲岸不遜な考えを腹の中に持ちつつ、秀次の家臣に案内されて港へ入る政宗。
港に入った政宗は、そこで動きを止められた。
こ・・・こいつは・・・南蛮船!
でけぇ、俺が見てきた船なんぞ相手じゃねぇほど!
そう、港には津島級三番艦が泊まっていたのだ。
「よう、奥羽の独眼竜。羽柴秀次だ」
船の前にいた若者が声をかけてきた。
慌てて下馬する政宗。
「伊達政宗。お招きに預かり恐悦至極」
「まあ、固い挨拶はいいよ。奥羽とはこれから交易や何やで仲良くしてきたいと思ってるんだ。
 ついては、お近づきの印としてこの船貰ってくれ」


・・・今、この人は何を言った?
貰う、何を? 船、船は目の前にある。
この南蛮船か!


「い、いやぁ、ちょっと待ってくだせぃ。その、いきなり過ぎて何が何やら・・・」
混乱する政宗。
「んー、奥羽とは交易したいし、北の方とは俺も付き合いがまったく無くてさ。
 伊達殿なら今後色々とお互いの利益になりそうな付き合いができると思って。この船、いい船だぞ?」
「そ、そりゃぁ、くれるってんなら是非貰いたいシロモノだけどよ・・・」
政宗の眼は港に入ってきた時から津島級に釘付けだ。
「政宗殿は結構派手好みって聞いたからな。気に入ってくれると思ったよ。
 そうそう、帆はちょっと凝ってみたんだ。おーい、帆を下ろしてくれ!」
その声でメインマストから帆が下ろされる。
風を受けて膨らんだ帆には、巨大な刺繍がなされていた。
「こ、こいつは・・・すげぇ!」
そこに描かれていたのは、黄金の鷲。
金刺繍で帆一面に今にも飛び立つ寸前、といった風の黄金の鷲が描かれていた。


まいった・・・まいっちまった・・・。
俺は、この船にまいっちまった!
今まで、秀吉を油断させておいて天下を狙おうとか考えていたが、甘かった!
この秀次って人は、俺とは器が違う! こんなすげぇ船にこんなすげぇ帆を張る人だとは!
これが俺の船になる、と思うと歓喜が込み上げてきて抑えきれねぇ!
俺は、この秀次って人の大きさにもまいっちまったんだ!


夢見心地で船を見上げる政宗。それを見て秀次は「計算通り」と新世界の神っぽい笑いを浮かべた。

これで伊達との繋がりは完璧よ! 俺が排除されそうになったら他の津島級で奥羽まで逃げれる算段はついた!
仙台と言えばゴールデンイーグルス。やはり黄金の鷲を描いたのは正解だったな・・・安易な発想だったがうまく行くもんだ。
最初は網で焼いてる牛タンをでっかく描こうとか思ったが、さすがにやめて良かった・・・。
それにしても、この津島級、ガレオン船は色々役に立つ。
四番艦は毛利に、五番艦も誰かに上げて逃げる場所を増やしておくか・・・。


こうして秀次が政宗をうまく懐柔しているころ。
石田三成は忍城を攻めあぐねており、一つの策を閃く。
「忍城を水攻めにする。備中高松の伝説をこの地に再現してくれよう」
史実では秀吉から指示されて、しぶしぶ行った忍城水攻めだが、どうやら功に焦る余り自分で思いついて実行する気になったようであった。
秀次がそれを知るのはもう少し後の話である。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025418996810913