SS投稿掲示板




No.4384の一覧
[0] 腕白関白(完結)[そる](2012/02/28 05:16)
[1] 腕白関白~賤ヶ岳前哨戦~[そる](2008/10/08 23:23)
[2] 腕白関白~賤ヶ岳本戦~[そる](2008/10/09 19:43)
[3] 腕白関白~旗を折れ~[そる](2008/10/09 21:07)
[4] 腕白関白~閑話休題~[そる](2008/10/10 21:47)
[5] 腕白関白~大坂城~[そる](2008/10/13 03:32)
[6] 腕白関白~小牧・長久手の戦い~[そる](2008/10/15 20:31)
[7] 腕白関白~来国俊対蜻蛉切~[そる](2008/10/17 00:46)
[8] 腕白関白~小牧・長久手始末記~[そる](2008/10/17 20:22)
[9] 腕白関白~四国征伐と論功行賞~[そる](2008/10/18 06:22)
[10] 腕白関白~九州征伐準備~[そる](2008/10/19 05:56)
[11] 腕白関白~九州征伐~[そる](2008/10/21 21:09)
[12] 腕白関白~閑話休題その弐~[そる](2008/10/21 23:53)
[13] 腕白関白~内政と婚姻~[そる](2008/10/22 21:57)
[14] 腕白関白~小田原征伐準備~[そる](2008/10/23 21:27)
[15] 腕白関白~小田原包囲~[そる](2008/10/24 22:24)
[16] 腕白関白~風魔調略と奥羽の竜~[そる](2008/10/25 17:25)
[17] 腕白関白~小田原包囲中盤戦~[そる](2008/10/26 17:57)
[18] 腕白関白~忍城攻略戦~[そる](2008/10/27 21:40)
[19] 腕白関白~関東始末~[そる](2008/10/28 20:22)
[20] 腕白関白~側室~[そる](2008/10/29 21:13)
[21] 腕白関白~閑話休題その参~[そる](2008/10/30 20:01)
[22] 腕白関白~関白~[そる](2008/11/02 02:43)
[23] 腕白関白~朝鮮出兵準備~[そる](2008/11/02 02:42)
[24] 腕白関白~文禄の役~[そる](2008/11/03 04:24)
[25] 腕白関白~運命の子~[そる](2008/11/04 20:04)
[26] 腕白関白~それぞれの策動~[そる](2008/11/05 19:35)
[27] 腕白関白~夢のまた夢~[そる](2008/11/06 19:35)
[28] 腕白関白~忠義の形~[そる](2008/11/07 19:16)
[29] 腕白関白~翻る弔いの旗~[そる](2008/11/08 21:24)
[30] 腕白関白~断罪の時~[そる](2008/11/09 05:53)
[31] 腕白関白~遠き時代の果て~[そる](2008/11/10 01:25)
[32] 腕白関白~あとがきに候~[そる](2008/11/10 01:27)
[33] 腕白関白~蛇足の外伝~[そる](2008/11/10 21:49)
[34] 腕白関白~現代Wiki風豊臣秀次~[そる](2008/11/13 22:10)
[35] 腕白関白~外伝:立花~[そる](2008/11/30 06:38)
[36] 腕白関白~外伝:未来への贈り物~[そる](2008/12/09 22:44)
[37] 外伝~豊臣家模様1:秀勝~[そる](2011/12/25 04:05)
[38] 外伝~豊臣家模様2:秀秋~[そる](2011/12/25 04:05)
[39] 外伝~豊臣家模様3・秀頼~[そる](2013/04/30 05:46)
[40] 外伝~豊臣家模様4・稲姫~[そる](2013/04/30 05:46)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4384] 腕白関白(完結)
Name: そる◆388a5b68 ID:f6eb2928 次を表示する
Date: 2012/02/28 05:16
※この小説は現在改定版を「小説家になろう」には連載中です。




目の前には無数の旗。

眼前に広がる山々には同じく無数の旗が突き出ている・・・あー、勝家のおっさん、気合入ってるなー。
まあ、負けるんだけどね、勝家のおっさんは。
この賤ヶ岳の戦い・・・確か、佐久間盛政が中入りして秀吉がいない間に本陣落とす!って作戦で引き際間違えてやられるんだったよな。
まー、俺も端っこのほうでこそこそしておこう。
別に無理に手柄を狙うつもりもないし・・・周囲はなんか色めきたってるけど、俺は無難にやり過ごそう・・・。



朝、起きたら戦国時代にいた。


いや、びっくりした。昨日までサラリーマンだったのに。零細企業の係長補佐だったのに。
色々葛藤や悩みもあったが・・・どうにもならんもんはどうにもならん。
このまま農民の子として一生を終えるのもいい・・・日本人は土と共に生きる農耕民族なのだ・・・とか思っていたら。
どうも、家族の話を聞いてると雲行きが怪しい。
最初にそう思ったのは、母親の話を聞いてからだ。
「私の弟は、武士になんぞなりおってな・・・」
ほほぅ、俺の叔父さんは武士になってるのか。それは初耳だ。
「言ってなかったかぇ? ほれ、今世間を騒がせとる織田様んとこだ」

何ぃ! 織田とな! この時代の織田っつったら信長! 子孫はフィギアスケーター!
「何をわけのわからんこと言っとる。その、信長様んとこで働いとる」
なんと、叔父は信長の家臣だったのか・・・有名な人ならいいけど、期待できんな。俺の家、ただの農家だし。
「まったく、大人しく畑でも耕してくれていれば・・・今頃お前にも少しは分けてやる田が多かったろうに・・・藤吉郎め」

・・・今、なんておっしゃいましたかな、母上様。

「何がじゃ」
いや、叔父の名前です。
「藤吉郎じゃが?」

・・・・・え? 木下藤吉郎? それってひょっとして猿っぽいっつーか鼠っぽい顔してますかね?

「猿じゃな」

ほほぅ・・・俺の叔父は木下藤吉郎・・・後の豊臣秀吉である・・・って待てぃ!
じゃあ、俺は・・・秀吉の甥! 後の天下人の甥! 天下人の血族ってことは・・・贅沢三昧!

って、ちょっと待て。秀吉の甥?

オーケー。落ち着いて考えよう。ていうか、思い出そう。
秀吉の血縁関係を思い出そう。
伊達に司馬○太郎の小説を全て読破したわけじゃない。
信長の野○も全てやりこんだ男だ。

確か・・・・・

秀長(これは確か異父弟だったはず)
秀秋(これはねねの兄の子だ。後の小早川秀秋)
秀勝(信長の子の一人だ。養子にしてたはず)
秀次(殺生関白とか言われて腹切らされた可哀相な人だw)

秀次は甥だったはず。確か秀吉の姉の息子・・・・。



ああ、俺か。

こいつはお先真っ暗だ。






次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025605201721191