SS投稿掲示板




No.4285の一覧
[0] 逃亡奮闘記 (戦国ランス)[さくら](2010/02/09 17:04)
[1] 第一話[さくら](2008/10/14 08:51)
[2] 第二話[さくら](2009/12/08 15:47)
[3] 第三話[さくら](2008/10/22 13:09)
[4] 第四話[さくら](2008/10/22 13:12)
[5] 第五話[さくら](2008/10/30 10:08)
[6] 第六話[さくら](2008/11/04 21:19)
[7] 第七話[さくら](2008/11/17 17:09)
[8] 第八話[さくら](2009/03/30 09:35)
[9] 番外編[さくら](2009/04/06 09:11)
[10] 第九話[さくら](2009/09/23 18:11)
[11] 第十話[さくら](2009/09/26 17:07)
[12] 第十一話[さくら](2009/09/26 17:09)
[13] 第十二話[さくら](2009/09/28 17:26)
[14] 第十三話[さくら](2009/10/02 16:43)
[15] 第十四話[さくら](2009/10/05 23:23)
[16] 第十五話[さくら](2009/10/12 16:30)
[17] 第十六話[さくら](2009/10/13 17:55)
[18] 第十七話[さくら](2009/10/18 16:37)
[19] 第十八話[さくら](2009/10/21 21:01)
[20] 第十九話[さくら](2009/10/25 17:12)
[21] 第二十話[さくら](2009/11/01 00:57)
[22] 第二十一話[さくら](2009/11/08 07:52)
[23] 番外編2[さくら](2009/11/08 07:52)
[24] 第二十二話[さくら](2010/12/27 00:37)
[25] 第二十三話[さくら](2009/11/24 18:28)
[26] 第二十四話[さくら](2009/12/05 18:28)
[28] 第二十五話【改訂版】[さくら](2009/12/08 22:42)
[29] 第二十六話[さくら](2009/12/15 16:04)
[30] 第二十七話[さくら](2009/12/23 16:14)
[31] 最終話[さくら](2009/12/29 13:34)
[32] 第二部 プロローグ[さくら](2010/02/03 16:51)
[33] 第一話[さくら](2010/01/31 22:08)
[34] 第二話[さくら](2010/02/09 17:11)
[35] 第三話[さくら](2010/02/09 17:02)
[36] 第四話[さくら](2010/02/19 16:18)
[37] 第五話[さくら](2010/03/09 17:22)
[38] 第六話[さくら](2010/03/14 21:28)
[39] 第七話[さくら](2010/03/15 22:01)
[40] 第八話[さくら](2010/04/20 17:35)
[41] 第九話[さくら](2010/05/02 18:42)
[42] 第十話[さくら](2010/05/02 20:11)
[43] 第十一話【改】[さくら](2010/06/07 17:32)
[44] 第十二話[さくら](2010/06/18 16:08)
[45] 幕間1[さくら](2010/06/20 18:49)
[46] 番外編3[さくら](2010/07/25 15:35)
[47] 第三部 プロローグ[さくら](2010/08/11 16:23)
[49] 第一話【追加補足版】[さくら](2010/08/11 23:13)
[50] 第二話[さくら](2010/08/28 17:45)
[51] 第三話[さくら](2010/08/28 17:44)
[52] 第四話[さくら](2010/10/05 16:56)
[53] 第五話[さくら](2010/11/08 16:03)
[54] 第六話[さくら](2010/11/08 15:53)
[55] 第七話[さくら](2010/11/12 17:16)
[56] 番外編4[さくら](2010/12/04 18:51)
[57] 第八話[さくら](2010/12/18 18:26)
[58] 第九話[さくら](2010/12/27 00:35)
[59] ぼくのかんがえた、すごい厨ニ病なゆうすけ[さくら](2010/12/27 00:18)
[60] ぼくのかんがえた、すごい厨ニ病なゆうすけ(ふぁいなる)[さくら](2011/01/05 16:39)
[61] 第十話[さくら](2011/01/05 16:35)
[62] 第十一話[さくら](2011/05/12 18:09)
[63] 第十二話[さくら](2011/04/28 17:23)
[64] 第十三話[さくら](2011/04/28 17:24)
[65] 第十四話[さくら](2011/05/13 09:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4285] 第十話
Name: さくら◆206c40be ID:70f93ce2 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/01/05 16:35
「どこかの世界で俺が大変な事になっている気がする」

「えと…森本、殿? どうかされましたか? 外は寒いですし、中へどそうぞ」

「あ、すみません」

緊張のあまり何処かで電波を受信した祐輔だった。



針のむしろ、とでも言うのだろうか。

「………」
「………」

祐輔からすれば気まずい別れ方をして最後。
雪からすれば救国の英雄に無礼をし、恩を仇で返した相手。
両者がちゃんと面と面で向かい合い、座り会ったら押し黙ってしまうのは必然なのかもしれない。

(き、気まずい)

祐輔、言われてもいないのに正座である。
相手を伺おうにも目を伏せているため雪の顔が見えない。
だって気まずいし。祐輔はヘタレだった。

(ええい、ままよっ!)

永遠に続くと思われたが、沈黙に耐えられなかったのは祐輔だった。
意を決して祐輔は震える声で雪に話しかけた。

「そ、その。雪姫様、お体は大丈夫でしょうか?
典医の話によれば、特に異常はないらしいですが…」

「えっ、ええ。森本様には何から何までお世話になってしまいました。
本当に、何から何まで…」

「やや、元気ならそれでいいんですよ!」

良かった、良かったと照れを隠すように笑う祐輔。
その笑顔から雪の心に亀裂が走り、優しい言葉の圧力に押し潰されそうになる。

「…一つ、お聞きしてもよろしいですか?」

「は、はい。何でも聞いて下さい。
えと、俺も聞きたい事があるんで。先にどうぞ」

もう耐えられない。
雪は自分から進んで、あの話題を切り出す事にした。



「どうして、森本殿は何も私に仰らないのですか?
あのように酷い仕打ちをした私に。自分が救った国から追い出した私に」



カチリ、と何処かで歯車が回り始めた。
噛み合っていなかった歯車が噛み合い、くるくると回り始める。
止まっていた時間が動く。二人の時間が今、動き出す。



俺の内心は汗でダラダラだ。
畜生、ガッデム。アーメン、ハレルヤ、ピーナッツバターだ。
何を言っているか自分でも良くわからないが、混乱しているのだけは確かだ。

「な、何故それを?」

浅井朝倉で、俺は浅井朝倉に見切りをつけて逃げ出したという風になっているはずだ。
というかそういう風に取り計らってくれるよう、義景様にお願いしたはず。

雪姫様の表情から、誤魔化し切るのは無理。
ここで『そんな事はなかった。君の勘違いではないかね?(キリッ』とかやったら場が凍りつくのは確かだ。
険しい表情で俺の疑問に答えるべく、雪姫様は硬い口調で続けた。

「発禁堕山という、あの修行僧から、聞きました。
森本殿が浅井朝倉を救うため、呪いを自らすすんで受け入れたと。
そしてこれは一郎兄様から。停戦に持ち込めた武器をもたらしたのは森本殿だと」

あ、あの天狗鼻の野郎!! 全部ばらしやがった!!
人がせっかく身を引いたというのに、後になってかき回しやがって。
今度会ったらとっちめてやる。嘘、もうあんな危険人物二度と会いたくない。

「答えを、お聞かせくださいませんか。どんなお言葉でも謹んで受け入れます。
浅井朝倉の姫という、私の立場は忘れて下さい」

言い終えるときゅっと口を固く結び、こちらを見つめる雪姫様。
こんな展開想像もつかなかったせいか、全く何を言っていいのかわからない。
…とりあえず、表向きの理由だけでも言っておくか。

「それは恩があるから、ですよ。
俺は最初、山の中で拾われましたよね? あれは本当に助かったんです。
行くあてもなく、路銀もゼロ。言わばそのまま野垂れ死ぬか、盗賊に身をやつすしかありませんでした」

言った事は事実だ。
足利から追われる太郎君を連れてでは尚更の事。
浅井朝倉の城で拾ってくれなければ、俺の命はあそこで尽きていたに違いない。

「その浅井朝倉が滅びようとしていた。
俺はいても立ってもいられませんでした。
俺に出来ること。ここで恩返しをしなくては。その一念でした」

一番の理由は雪姫様を救いたかったから。
だけれどそれだけの理由で、ここまで身を削って戦に望んだわけじゃない。
確かに俺の中には浅井朝倉に恩返しをしたいという気持ちがあったのだから。

全部本当ではないが、嘘ではない。
今までの経験から、人を信用させるテクニックは全て使った。
これで俺の本心に気づかないでくれたらいいんだが…雪姫様は今、どんな顔をしているのだろうか。

それに恩を着せるようにして、もしそういう関係になっても俺は俺を許せない。
俺はそんな下衆になるつもりはない。

断じて言うが、俺は人から感情の機微に疎いと言われる事がある。
しかしこの時の雪姫様の表情から読み取った感情は間違いじゃないだろう。
どうして、どうして―――雪姫様は、こんな顔をしているのだろうか。

言うなれば絶望と罪悪感、贖罪を求める罪人のような。
様々な自責の念をごちゃまぜにしてしまったような表情をしている。
ひょっとして、俺に二度と許さない、顔を見せるなと言った事を気にしているのだろうか。

「えと、その、もし俺にした事を気にされているんでしたら、忘れて下さい。
今言ったように、俺は浅井朝倉に多大な恩があります。今でも返しきれないくらいの」

あはははと自分でも苦笑いだと思う、乾いた笑いを浮かべながら手を振ってアピールする。
失恋の傷は未だ完全に癒えてはいない。けれどこうやって誤魔化せるくらいには風化している。

「あ、そういえば」

雪姫様は毛利に何か用事があって来たのだった。
もう既に てる殿に報告しているかもしれないが、一応訊ねておいたほうがいいだろう。
俺は出来るだけにこやかに笑いながら、雪姫様に要件を訪ねようとした。

「雪姫様は、どうして毛利に―――――」

来たのですか、と問おうとしたのだが。
何故か正面に座っていた雪姫様に勢い良く抱きつかれてしまった。

え? なに? どっきり? 俺ここで死ぬの? 
ちょ、寝間着だからか服が薄いんですけど。何か柔らかい感触が胸板に当たってるんですけど。
あわわわわわわわわわ、なんか凄い良い匂いがするんですけど!?

「やめて、下さい…っ。そのような優しい言葉をかけないで…っ!」



事実を知っていると語った。
真実を語ってくれと願った。
立場に遠慮をしなくていいと言った。

これで臆する事なく、彼は本音をぶつけてくるだろう。
覚悟は出来ている。今までぶつけられた事のないような汚い言葉でも、罵倒でも受け入れよう。
それが彼の当然の権利で、私の義務なのだから。

「それは恩があるから、ですよ。
俺は最初、山の中で拾われましたよね? あれは本当に助かったんです。
行くあてもなく、路銀もゼロ。言わばそのまま野垂れ死ぬか、盗賊に身をやつすしかありませんでした」

だが祐輔は雪を責める事をしなかった。
祐輔の優しい嘘が雪の心を深く傷つける。

「その浅井朝倉が滅びようとしていた。
俺はいても立ってもいられませんでした。
俺に出来ること。ここで恩返しをしなくては。その一念でした」

そんなはずがない。そんな言葉を聞きたいわけではない。
祐輔がした功績はその程度で収まるはずがない。また、本来収めて良いはずがない。
個人だけの戦に対する功績で言うなれば、あの軍神に勝るとも劣らないだろう。

「えと、その、もし俺にした事を気にされているんでしたら、忘れて下さい。
今言ったように、俺には浅井朝倉に多大な恩があります。今でも返しきれないくらいの」

やめてくれ。やめろ。
心が悲鳴を上げる。祐輔が優しい嘘をつくたび、雪の心は軋みを上げる。
これが罰というのなら余りにも残酷すぎる。

最初に謝ってしまえば良かったのだ。
それが正しいか、祐輔に受け入れられるかは別として。
だがその機会は逃してしまった。祐輔に罵倒されるという未来以外考えていなかったせいで。

頭の中が狂いそうになるほどの感情の唸り。
祐輔の何処か困ったような苦笑い、雪に対して罪悪感を感じ無いようにという配慮。
それらを雪は荒れ狂う感情の中呆然と見つめ、限界を迎えた。

「やめて、下さい…っ。そのような優しい言葉をかけないで…っ!」

そんな言葉をかけられていい女ではない。
国を救い、人を救い、未来を救った男にした仕打ち。
毎晩のように夢を見た時期もあった。

「どうして、怒らないのですか!? 憎まないのですか!? 私が、憎くないのですかっ。
貴方は呪い憑きになって、助けた国から追い出され、またそれを誰も止めようとしない!
自分の保身を考え、戦の火種となりかねない貴方を追い出した国の姫なのですよ!?」

ついに爆発した感情。
雪は何よりも罰が欲しかった。
因果応報。義を捨てた自分に対して。

「え、あ、あの、え、その…と、取り敢えず、落ち着きましょう。
浅井朝倉が大変な時期だったのはわかりますし、それに俺は自分から国を出たんですよ?
だから雪姫様や一郎様、ましてや義景様に恨みなんてありません」

またしても祐輔は優しい嘘をつく。
雪は知っている。父である義景から聞いたのだ。
震災から復興しつつある国を守るため、祐輔を国から追放したのだと。

「それに私は貴方に酷い事をしました!
助けに来てくれた貴方に対して、下劣な暴言をはいてしまいました。
だというのに貴方は私を少しも恨まないというのですかっ!?」

「と、取り敢えず落ち着いて…って、ゆゆゆゆゆ、雪姫様!
き、着物が、着物がはだけてます! は、ははは早く直して下さい!?
くそっ、不能な癖に、こういう時だけに限ってこういう事が起こる!」

なおも詰め寄る雪だが、興奮するあまり寝間着がはだけてしまう。
もう就寝するつもりだったので寝間着の下は何一つ着けていない。そのため初雪のような白い柔肌がそこかしろから覗いている。
至近距離でそれを見た祐輔は顔を真っ赤にして目を閉じた。

だが雪は祐輔が目を閉じる前、その瞳を見ていた。
照れに交じる情欲。隠しきれない雄としての感情を感じ取る。
雪を見る目に僅かにだが、祐輔は情欲してしまったのだ。

若い男なのだから、女性の裸に興味があるのは当然の事。
雪もそんな視線を向けられたのは始めてではないし、いつもなら軽く受け流す。
だがこの状況と雪の感情において、これは間違った結果を生む。

そうか。この方法なら。

「森本殿、このような私に価値があるとは思えませんし、それで贖罪が出来るとは思いません。
ですがもし森本殿さえよければ、この身体、自由にして下さって構いません」

雪は何をして祐輔に償えばいいのか方法がまるでわからなかった。
だが祐輔が少しでも自分に女を見ているのだとしたら、この身を抱いて少しでも憂さを晴らしてもらおう。
今まで守り通してきた純潔も祐輔に守られた物。

祐輔と密着したまま、雪はするりと衣服を脱ぐ。
その月明かりに照らし出された幻想的な身体に、祐輔は絶句して息を呑んだ。



いったい なにが おきて いるのか わからない

急展開すぎて俺の頭は追いつかない。
急に雪姫様が興奮して叫びだしたかと思うと、抱きつかれた。
しかも現在進行中で服を脱いで、俺の服を脱がそうと胸元をまさぐっている。

ちなみに俺はいつの間にか押し倒されたらしい。
俺が下で雪姫様がその上に覆いかぶさっているのが、現状だ。

え、どうすればいいの? 行けばいいの? イクとこまで行っちゃうよ?
もう俺も成人しているし、条例や法律には引っかからないからね? やっちゃうよ?
例え不能でも、いくらでも楽しめるからね? 知識だけなら自信あるからね?

ていうか本当にやっちゃっていいの?
俺若干マゾっ気があるから、今のシチュエーションとかマジゴチなんだけど。
据え膳食わぬは男の恥とかっていうし、よくわからない状況だけどやっちゃうよ?

理性に本能がKO勝ちして、本能のまま動く。
未だ健在な片腕で床に手をついて、ぐるりと身体を動かして雪姫様とポジションをチェンジする。
俺が上で、雪姫様が下。月が雲にかかっていて顔は見えないが、暗闇にいても尚白い肌を見てどうしようもなく興奮した。

「森本殿、お願いがあります。
その…私がどれだけ痛がっても、止めないで下さい。出来るだけ乱暴にして下さい」

あ、もう駄目だわ。
もうゴールしちゃってもいいよね?

俺が雪姫様に飛びかかろうとした時に、月が雲から出て窓からさす月の光りが俺達を照らした。

「…………」

震えていた。
さっきまで暗がりだったから気づかなかったが、雪姫様の身体はカタカタと小刻みに震えていた。
手はきゅっと握り締められ、平気そうな顔をしているが瞳には恐れが混じっている。

それを見て、俺の本能に任せた感情は急激に衰えていく。
冷静に考えろ。今までの雪姫様の言動から考えて、これは本当に彼女が望んだ事なのか?
仮に望んだ事だとしても、これは本当に正しい選択なのか? 

一つ、確かめなければいけない。
俺は無言で固く結んだ左腕の包帯を解き、左腕を外気に晒す。
随分と侵食が進んだ猿の手を。

「……っ……」

雪姫様が猿の手に目をやり、その目から感情を読み取る。
それは先ほどよりも強い恐れの感情。そしてわかりやすいように、身体の震えが少し強まった。
……はぁ、俺、何やってるんだ。最悪だな。

「服を着直して、立って下さい」

雪姫様は俺が好きで、俺を誘っているわけじゃない。
そんな事がわからない程に雪姫様の半裸は俺の理性を奪っていった。
それを責めるわけじゃないけど、雪姫様の言葉から雪姫様の真意を悟れなかった自分に腹がたつ。

雪姫様は多分、浅井朝倉としてではなく自分に罪悪感を持っている。
それも爆弾級の。それに彼女は原作通り激情家なのだろう。
原作でランスに向けられていた憎悪が罪悪感に向けられたとしたら、この思いつめようもわかるかもしれない。

このままやれば18禁まで行っただろう。
しかしその行為は、今までの俺の行動を全て否定しているような物だ。
それにこんな方法で雪姫様とイケナイ関係になっても、一生後悔する。

「……そう…です、か……。
そう、ですよね………私に、は…そんな価値も…ありません」

俺の言葉を拒絶と取ったのか、雪姫様の目から光りが失われていく。
ひょっとして彼女の心は本当にイッパイイッパイで、限界なのかもしれない。
それは水が張り詰められていた水瓶に、今の一言が雫となって溢れさせたのかもしれない。

このままでは壊れてしまう、と俺は直感で思った。
そんな事は厭だ、認めない。認めてやらない。
俺は俺のせいで、俺が愛した人を壊させるつもりはない。

「そうではありません、お願いですから顔を上げて下さい。
いや、違う! 雪、顔をあげろ! そしてちゃんと俺を見ろ!!」

項垂れていた雪姫様の腕を掴み、キスしそうになるほどに顔を近づけ、魂に刻み付けるように大声で雪姫様に語りかける。

「いいか? 俺は、俺の意思で、俺のために浅井朝倉に手を貸した。
もしそれで雪が罪悪感を感じているのならふざけるな! 俺を馬鹿にするな!
行動や、意思、結果は、俺だけの物だ! 誰のせいでもないし、誰のせいにするつもりもない!!」

俺の今の感情を全て雪姫様にぶつける。
これはここで決着をつけなければいけない。俺でもわかる。
ここで解決しなければ、俺はおろか雪姫様まで不幸になってしまう。

「それでも雪が罪悪感を感じるっていうなら――――」

「ぁ…」

片腕で雪の身体を抱きしめる。
イヤラシイ思いはない。ムクムクと湧いてくる煩悩にふざけるなと喝を入れる。
俺が出せる最大限に優しい言葉を、雪姫様の耳元で囁いた。

「―――全て、許す。今日ここで、貴女の罪を全て許す」

雪姫様が俺に罪悪感を感じているというのなら、きっとこの言葉は俺以外が言っても効果がないだろう。
だが俺の言葉なら少しは効果があるはずだ。というかないと困る。

「~~~~!」

抱きしめているため表情が見えない雪姫様の身体に大きな震えが走る。
あれ? 何か選択肢を間違えた? 

「ぅ、うう、ぐす、うわああああああああああ」

そう思った瞬間、雪姫様がドンと俺に体重を重ねてきた。
そして大声を出して泣きはじめてしまったのである。
顔を俺の腹に埋めるようにして、手は胸元に添えられている。

え、これ成功? 成功だよね?

「あの、雪姫、様?」

「うぁ、ぐす、ぅう! すみません、ごめんなさい!!
ずっと、ずっと許して欲しかった!! でも貴方はいない、私達が追いだしてしまったから…!
何かしたくとも、私は何も出来なかったのです!」

その態勢のまま、雪姫様は溜まっていた物を全て吐き出して行く。
次々と出てくる謝罪と後悔の言葉。これが今まで、雪姫様が抱えていたものなのだろう。

「どうすれば良かったというのですか? 私は、私は!」

「辛かったですね。でも全て許します。
今日で全ておしまいです。もう何も抱える必要はありません」

「う、ぅううぁぁぁああ、あああ!!」

このまま全部吐き出させてあげよう。
俺はいつまでも泣き止まない雪姫様の頭を右手で撫でながら、いつまでも彼女の話を聴き続けた。
窓から覗く月からは優しい月明かりがさしていた。











■おまけ

「アニキ! アニキ 一体どうしたんですかい!?」
「おい、早くアニキの部屋にいくぞ!!」

いつまでも続く女の泣き声を不審に思ったモヒカン兵A,Bが祐輔の部屋の戸を開く。
彼らは純粋に心配して来たのである。
だが彼等が見た光景というのが。

「ぅ、ぅう、ぅううううう…!」

「はい、大丈夫。大丈夫ですからね」

抱きついている男女。
半裸の女(雪。まだ落ち着いていないし、寝間着を着直していない)
見覚えのある男(祐輔。抱き合いながら、慰めている)

「「し、失礼しました……」」

モヒカン達は気まずい顔をして、そっと戸を閉める。
この時、モヒカン達に気付かなかった祐輔が悪かった。

「あ、アニキが!! 浅井朝倉の姫さんを手篭めにしてたぜ!!」
「さっすがアニキ! 俺達に出来ない事を平気でやってのける! そこに痺れる、憧れる!!」
「しかもヒーヒー言わせて泣かせるなんて、なんて鬼畜なんだ! 痺れる!」

次の日、祐輔の逸話に女泣かしが加わった。

「あれ? けどユウちゃんから、まだ童貞の匂いがするんだけど?」

「ど、どどどどどど童貞ちゃうわっ」






あとがき 
そうだ、これから祐輔のかっこいい時をSITと名付けよう。
S(スーパー)I(イケメン)T(タイム)。
新年明けましておめでとうございます。これは私からのお年玉です。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030784845352173