SS投稿掲示板




No.4285の一覧
[0] 逃亡奮闘記 (戦国ランス)[さくら](2010/02/09 17:04)
[1] 第一話[さくら](2008/10/14 08:51)
[2] 第二話[さくら](2009/12/08 15:47)
[3] 第三話[さくら](2008/10/22 13:09)
[4] 第四話[さくら](2008/10/22 13:12)
[5] 第五話[さくら](2008/10/30 10:08)
[6] 第六話[さくら](2008/11/04 21:19)
[7] 第七話[さくら](2008/11/17 17:09)
[8] 第八話[さくら](2009/03/30 09:35)
[9] 番外編[さくら](2009/04/06 09:11)
[10] 第九話[さくら](2009/09/23 18:11)
[11] 第十話[さくら](2009/09/26 17:07)
[12] 第十一話[さくら](2009/09/26 17:09)
[13] 第十二話[さくら](2009/09/28 17:26)
[14] 第十三話[さくら](2009/10/02 16:43)
[15] 第十四話[さくら](2009/10/05 23:23)
[16] 第十五話[さくら](2009/10/12 16:30)
[17] 第十六話[さくら](2009/10/13 17:55)
[18] 第十七話[さくら](2009/10/18 16:37)
[19] 第十八話[さくら](2009/10/21 21:01)
[20] 第十九話[さくら](2009/10/25 17:12)
[21] 第二十話[さくら](2009/11/01 00:57)
[22] 第二十一話[さくら](2009/11/08 07:52)
[23] 番外編2[さくら](2009/11/08 07:52)
[24] 第二十二話[さくら](2010/12/27 00:37)
[25] 第二十三話[さくら](2009/11/24 18:28)
[26] 第二十四話[さくら](2009/12/05 18:28)
[28] 第二十五話【改訂版】[さくら](2009/12/08 22:42)
[29] 第二十六話[さくら](2009/12/15 16:04)
[30] 第二十七話[さくら](2009/12/23 16:14)
[31] 最終話[さくら](2009/12/29 13:34)
[32] 第二部 プロローグ[さくら](2010/02/03 16:51)
[33] 第一話[さくら](2010/01/31 22:08)
[34] 第二話[さくら](2010/02/09 17:11)
[35] 第三話[さくら](2010/02/09 17:02)
[36] 第四話[さくら](2010/02/19 16:18)
[37] 第五話[さくら](2010/03/09 17:22)
[38] 第六話[さくら](2010/03/14 21:28)
[39] 第七話[さくら](2010/03/15 22:01)
[40] 第八話[さくら](2010/04/20 17:35)
[41] 第九話[さくら](2010/05/02 18:42)
[42] 第十話[さくら](2010/05/02 20:11)
[43] 第十一話【改】[さくら](2010/06/07 17:32)
[44] 第十二話[さくら](2010/06/18 16:08)
[45] 幕間1[さくら](2010/06/20 18:49)
[46] 番外編3[さくら](2010/07/25 15:35)
[47] 第三部 プロローグ[さくら](2010/08/11 16:23)
[49] 第一話【追加補足版】[さくら](2010/08/11 23:13)
[50] 第二話[さくら](2010/08/28 17:45)
[51] 第三話[さくら](2010/08/28 17:44)
[52] 第四話[さくら](2010/10/05 16:56)
[53] 第五話[さくら](2010/11/08 16:03)
[54] 第六話[さくら](2010/11/08 15:53)
[55] 第七話[さくら](2010/11/12 17:16)
[56] 番外編4[さくら](2010/12/04 18:51)
[57] 第八話[さくら](2010/12/18 18:26)
[58] 第九話[さくら](2010/12/27 00:35)
[59] ぼくのかんがえた、すごい厨ニ病なゆうすけ[さくら](2010/12/27 00:18)
[60] ぼくのかんがえた、すごい厨ニ病なゆうすけ(ふぁいなる)[さくら](2011/01/05 16:39)
[61] 第十話[さくら](2011/01/05 16:35)
[62] 第十一話[さくら](2011/05/12 18:09)
[63] 第十二話[さくら](2011/04/28 17:23)
[64] 第十三話[さくら](2011/04/28 17:24)
[65] 第十四話[さくら](2011/05/13 09:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4285] 第一話【追加補足版】
Name: さくら◆c075b749 ID:d686609c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/11 23:13
前略おふくろ様、親父、我が妹真美、そしてペットのジョン(犬)。
異世界で元気にお過ごしでしょうか?

親父とおふくろは健康なので心配していませんが、親父はアルコールを控えていますか?
お医者様から飲むなと言われているのに禁酒している親父の姿が想像できません。
めんどくさいからと避け続け、死ぬ前に盃を交わせなかったのが残念です。

おふくろは趣味のガーデニングに精を出しすぎないように。
熱中症にならないかという事だけが心配です。

真美は俺と一緒で体が弱いので一番心配です。
くれぐれも無理をしすぎないよう、体に気をつけてもらいたいです。
ジョンは最後まで俺に懐きませんでしたね。ふぁっきん。

最後の気がかりは俺の遺書通りにノートPCをちゃんと電子レンジでチンしてくれたかです。
くれぐれも中のブツを親や妹に見られたくないので、弁護士の方お願いしますよ。
いや、ホントマジで。あれ見られたら化けて出るから。

そうそう、ワタクシめは今―――――

「ヒャッッハ―――――!!! パラリラパラリラ!!!」
「チリンチリーン!! チリンチリーン!!(鈴がないので風鈴で代用している)」
「ゲハハハハ!! どけどけーい!! 毛利兵のお通りだーー!!」

―――厳重に縄で縛られ、屈強で世紀末な男達に担がれています。
ああ、嗚呼、アア……どうしてこうなったのでしょうか。

罪状:自転車泥棒
捕まっちゃいました♪

……じーざす・くらいすと!!



どこから説明するも何も、話は簡単な事である
箇条書きで説明するのならば――――

・毛利に入って団子屋で一服していた
・脇に止めていた自転車(盗品)を毛利兵が発見
・ヒャッハー!!←今ここ

こうである。今来た三行である。
祐輔が捕らえられた時にはあくまで捕縛が目的だったので、神速の逃げ足が発動しなかったのだ。
現在祐輔は自分がどこに連れられて行くのかもわからぬまま、男達に担がれている。

補足するなら祐輔の神速の逃げ足の発動条件は色々と細かい。
その中の一つに致死性の脅威、明確な殺意をもたれなければならないという条件がある。
つまり今回のようにただ捕まえるのが目的で命に別状がない場合、神速の逃げ足は発動しないのである。

猿ぐつわは噛まされていないものの、両手両足は完全拘束。
逃げ出せたとしても芋虫のように這って逃げ出すしかない状態である。

「あ、あのー、―――」
「「「毛利!! 毛利!! 俺達毛利!!」」」
「あ、あのですね?だから―――」
「「「ラララ、ラララ、ラララーーーー!!!」」」

(駄目だ、全然聞いてない…)

ぶっちゃけ50%ぐらい祐輔が悪いのだが、それには理由があるのだ。
しかし弁明をしようと思ってもモヒカン達は全く聞く耳を持っていない。
こんな状況にも関わらず意外と余裕があるのは呪い憑きの能力を使えばなんとかなるという楽観視である。

どうしたものかと祐輔は頭を悩ませるも、城まで連れていかれたらちぬの助けでも呼ぶかと考えていた所で――

「火あぶり火あぶり!!」
「フゥーハハハッハハ!! 久々の私刑だぜ!」
「し、死死シシシシシ死しししっし!!!」

どこか城とは違う、処刑場みたいなところに辿りつきました。

「…え?」

これには祐輔、唖然である。
場所には吊るし上げを出来るような鉄製の十字架っぽいのが複数そびえ立っていた。
その十字架っぽいのを中心にぐるりと柵が作られており、市中の者も一体何が行われているかを覗き見る事が出来る。

更に悪いことに十字架の足元には大量の木炭が積まれていた。
ついでに言うなら十字架は何度も使用されているのか煤で薄汚れている。
そこまでを一瞬にして脳内に視覚情報を叩き込まれた祐輔は呻くようにモヒカンに訊ねた。

「SHI☆KE☆I☆?」

「YEEEEEEES!!! 死刑!! HI☆A☆BU☆RI!!!」

「Oh…」

ここに来てようやく状況のマズさに気づいた祐輔。
このままでは祐輔はこんがりローストの呪い憑きになってしまう。
これはもはや四の五の言ってられないので、即座に神経を集中させる。

「俺はこんなところで死んでられないんだっての…!」

「ぎゃああ!? なんだ!? 何だ!!?」
「痛い痛い痛い痛い!? ちょ、おま、痛い!!」

祐輔は絶叫と共に呪い憑きとしての能力を発動。
そこら辺にいる鳥達が祐輔を担ぎ上げている男と、周囲の兵士たちにくまなく襲いかかる。
ゴロリと地面に落とされた祐輔は痛みに顔を顰めるが、それどころではない。

「玄さん、解いて!! お願い解いて!」

『いや、雀の俺に言われてもな…無理じゃね?』

ここでも祐輔の能力の欠陥が出てしまう。
祐輔が操る事が出来るのはあくまで【その場】にいる効果範囲内の鳥に過ぎない。
玄さんやインテリ雀といった【契約】している鳥とは違い、任意でカラス・雀の選択は出来ないのである。

また効果範囲内の鳥しか操る事はできない。
そのため新たにカラスを呼ぶためにはカラスが祐輔の能力の範囲内に入るのを待つしかないのである。
能力は一長一短。そう上手い話はないのだ。

「諦めたらそこで試合終了って偉い人も言ってたでしょ!!!
頑張って、出来る出来る出来る出来る! 玄さんなら出来る! どうしてそこで諦めるんだよ!!
もうちょっと、すぐそこまで来てる!!」

熱血の男風に祐輔は必死に訴えかけるも、雀に脚を縛っている縄を解けるとは思えない。
呼び出した鳥の中にカラスがいなかったのが祐輔にとって悲劇であった。

「なにやってんだ、お前ら…」

そんな処刑場にきくが訪れたのは数分後の話。
彼等の上司であるきくが自転車泥棒発見の報告を受け、どんな奴が盗んだのかを見に来たのである。
そんな彼女が目にしたのは大量の雀に襲われる部下達と、芋虫のようにゴロゴロ転げまわっている祐輔。
あまりにもカオスな光景にしばしの間、彼女は言葉を失っていた。

「ファイトォォォ!!! イッッッッッッパァァアアアアツ!!!!!」



「…と、以上が事の顛末です」

なんとか祐輔の身はきくによって保証され、無事毛利の城まで到着。
すぐさま毛利一家を城の天守閣に呼び寄せ、魔人討伐の結果を説明した次第である。
しかしながら結末を語る祐輔の顔は険しい。それもそうか。結果として話す限り―――

「つまりだ。魔人は取り逃がし、ちぬの対処法も見つからぬと。そういう事なのだな」

ふぅと息を吐く てるの言う通り、毛利勢からすれば先の戦役で得る物は何も無い。
ちぬの体内にある【使徒】をどうにかするためには方法が二つある。
一つは根本の原因である魔人ザビエルを完全に滅する。そしてもう一つは何らかの方法で封印を強固にする。

後者の方法については全く目処がたっておらず、やるなら前者。
そしてその前者についてどうにかするため祐輔が派遣されていたのだが、結果は見ての通りだ。

「え、と、まぁ、その通り、なんですが……」

てるにそのものズバリを言われ、しどろもどろになる祐輔。
こればかりは祐輔にはどうしようもない。
なんとかしてみると息巻いて見せたのは祐輔なので、ここでの罵倒は身を粉にして受けるつもりだった。

「決まりだな」
「うむ、こうなっては異論ない」
「そだねー☆」

しかし、だ。

「…へ?」

意外にも毛利一家の対応は祐輔の考えていた反応と違っていた。
祐輔の報告を残念がったり憤ったりするどころか、逆に生き生きとしている。
これは一体どういう事なのと混乱する祐輔。そんな祐輔を他所に元就が大きく笑い声を上げた。

「ぐわはははははぁはぁはははは!!!
待ぁああつのわァああぁ性ぅにぃいイい、合わねぇエエええェええ!!」

ドン! と大きな音を立てて立ち上がる。
揺れる床。楽しげに笑う三姉妹。未だに一人事情がつかめない祐輔。

「オメェらぁあああ武器をォ持てぇええエ!!」

【了解です親父ぃぃぃいいいいい!!!!】

「おわっ!?」

どこに隠れてた、お前らとツッコミを入れるのも忘れて驚く祐輔。
気づけば天守閣の間にはぞろぞろとモヒカンが集結し、それぞれ雄叫びを上げていた。
え…何コレ? 祐輔の混乱に拍車がかかる。

「みんなー戦好きー?」

【YES!! YES!! YES!! YES!!】

「死ぬのが怖いってカス野郎はいるか!!?」

【NO! NO! NO! NO! NO!】

「うむ! ではこれより!!!」

「天ェン下布ゥウ武ぅううをぉ、はァじめるぅぅううううう!!!!!」

【うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
毛利最強ぅぅぅうううううううう!!YEAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!】

部屋を揺るがす大絶叫。
この日、毛利家は隣接する全ての国に対して宣戦布告をする。
それは魔人サビエルを自ら潰すという、なんとも好戦的な意思表示の現れだった。

「どーしてこうなった! どうーっしてこうなった!?(AA略)」

一人置いていかれた形となった祐輔はもう踊るしかなかった。
踊る阿呆に唖然とする常識人。こうなったら常識人も一緒に踊るかしない。
脳筋とはかくも扱い難い物なのかと、カルチャーギャップを受ける祐輔だった。



「えーっと、つまり……

・今のところ打つ対策がない
・このまま何もしないのは嫌だ。むしろ暇で死ねる
・ならいっそ魔人狩りしねぇ? ついでに他国に攻め入ればいいんじゃね?
・けどちぬの事を考えると…ちぬここに待機させて、興奮させなきゃセフセフ
・ならもういっそ全国制覇しちゃおうぜ!←NEW! 今ここ

という事でいいんですか?」

「うむ! 正しくその通りだ」

打てば響くかのような てるの明瞭とした答えに、祐輔は目眩がした。
待つのは性に合わない。戦狂いが多い毛利家において、人任せほど嫌いな物はない。
これは毛利家の性質をよく考えていなかった祐輔にも責任があった。

「ああ、急に浅井朝倉や種子島に帰りたくなった…」

「む。何か言ったか?」

「ハハハッ、いえいえ、何も言ってないですよ」

思わず本心をつぶやく祐輔だが、余りに小さい声だったのでてるには聞こえなかったようだ。
さてどうしたものか。毛利家の頭脳と言ってもいい てると二人で話し合いの場を持てた祐輔は魔人の特異性について説明する。
頭脳と言っても他の毛利一家の面々に比べて、というだけの消去法の結果だが。

「これは事前に言っていなかった俺にも責任はあるんですが…魔人に通常攻撃は効きません」

「ぬ。それは一体どういう事だ?」

「大陸の人間からすれば皆知っているのですが、魔人には無敵結界という物がありまして。
これがある限り魔人には打撃、裂傷、魔法、全て無効化されます。
この無敵結界を抜けるには伝説の武器、聖刀日光か魔剣カオスでしか不可能なんです」

「ほぅ…それが本当なら、面倒な事だな」

「窒息や衝撃など全てを無効化できるわけではないので、一時的には行動不能にできるとか。
けれどそれは一時的なもので、致命傷は与える事はできません」

全然めんどそうな顔どころか、そんな生き物がいるのかと顔を輝かせる てる。
これは一度戦ってみたいと考えているなと祐輔は頭痛が酷くなるのを感じた。
しかしこれは事前に魔人が無敵結界を持っている事を伝えなかった祐輔の責任である。

JAPANは閉鎖的な国である。
大陸から人は流れてくるものの、それは異人として差別される。
サビエルの侵攻以来魔人の恐怖に晒されていないJAPAN人にとって魔人の脅威がまるで認識されていないのだ。

「それにもかかわらず宣戦布告してしまったし…もう引込みつかないですよね。
確かに魔人のいる地域をしらみ潰しに潰す、瓢箪を確保するという考えは間違っていないんですけど」

「それは我々も考えていたところだ。
我が毛利に瓢箪は一つ。他に任せていては瓢箪を割られる可能性があるからな。
ならば我等が瓢箪を回収して管理するのが善策であろう」

はっきり言って毛利元就は魔人と渡り合えるほどの力を持つ化物である。
原作においても無敵結界を持っていたためザビエルには勝てなかったが、三日三晩闘い抜いた戦歴を持つ。
そんな彼の元に瓢箪を集める方法は間違いではない。

間違いではないが、決め手に欠けるのも事実。
もし仮に魔人を発見できたとしても、魔人を打倒する手立てがこちらにはない。
そしてそれは瓢箪を奪いに来た場合にも同じ。奪われるまでに時間は稼げるが、魔人を打倒する事は不可能なのである。

「どうしたものでしょうかね…」

「うむ、我等も無敵結界なる物があるとは知らなかったからな…」

うーんと唸る てると祐輔。
魔人と遭遇したとしても決め手に欠ける現状。
これはどうしたものかと眉間に皺を寄せる二人。

「あ、てるさん。ヒラミレモンありがとうございます。まだ城にヒラミレモンってありますか?」

「………おお! 健太郎殿か。確か台所にあるはずだぞ」

「そうですか、ありがとうございます!」

場所は てるの自室で話し合っていたのだが、そこを通りすがった男が てるに声をかける。
てるの答えに顔を綻ばせて喜び、男はそのまま城の台所へ続く階段へと向かった。

「……んん!?」

健太郎。ヒラミレモン。
その単語を耳にした時、祐輔に電撃走る。

「て、ててててて、てる殿!?
いいいいいい、今の方はどなたですか!?」

「ん? あぁ、健太郎殿か。
大陸からJAPANに来た刀の達人でな。この前行われた武道会で優勝した客将だ。
これから他国に宣戦布告するので、一人でも手だれが必要であるから当家に逗留してもらっている」

「ひょ、ひょひょひょ、ひょっとして、美樹ちゃんて彼女さんいます?」

「ほう、よく分かるな。ひょっとして知り合いか?」

なんてこったいと祐輔はプルプルと震える。
態度を急変させた祐輔を訝しげに見る てるは少し祐輔から距離を取った。
依然としてプルプル震えていた祐輔は限界を超えてついに爆発する。

「確保――――!!! 魔王カップル確保――――!!
そいつを逃がすなーーーーーーー!!!!」

「ぬ、どうしたというのだ。少し落ち着け」

「キターーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
これが落ち着いていられるかっての!!! やっと俺にも運が回ってきたーーーーーーー!!! 
こんなご都合主義的な展開待ってた!! 感動した!! もう健太郎になら抱かれてもイイ!!!」

余りにもな展開に狂喜乱舞する祐輔だが、余りにウザいので てるに殴られ、強制的に黙らされる。
小川健太郎と来水美樹。異世界よりこの大陸へと来た、祐輔と境遇を同じくする者。
魔人の無敵結界を無効化する世界に二つの剣の一つ、聖刀日光の持ち主である。










あとがき

今回は

・毛利、宣戦布告する
・魔王カップル、既に毛利にいた

の二本でございます。
もう魔王カップル祐輔がいない間に毛利にいた事にします。
詳しい経緯とかは次回書きますが、たまには祐輔に優しい世界でもいいよネ!


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028444051742554