SS投稿掲示板




No.4285の一覧
[0] 逃亡奮闘記 (戦国ランス)[さくら](2010/02/09 17:04)
[1] 第一話[さくら](2008/10/14 08:51)
[2] 第二話[さくら](2009/12/08 15:47)
[3] 第三話[さくら](2008/10/22 13:09)
[4] 第四話[さくら](2008/10/22 13:12)
[5] 第五話[さくら](2008/10/30 10:08)
[6] 第六話[さくら](2008/11/04 21:19)
[7] 第七話[さくら](2008/11/17 17:09)
[8] 第八話[さくら](2009/03/30 09:35)
[9] 番外編[さくら](2009/04/06 09:11)
[10] 第九話[さくら](2009/09/23 18:11)
[11] 第十話[さくら](2009/09/26 17:07)
[12] 第十一話[さくら](2009/09/26 17:09)
[13] 第十二話[さくら](2009/09/28 17:26)
[14] 第十三話[さくら](2009/10/02 16:43)
[15] 第十四話[さくら](2009/10/05 23:23)
[16] 第十五話[さくら](2009/10/12 16:30)
[17] 第十六話[さくら](2009/10/13 17:55)
[18] 第十七話[さくら](2009/10/18 16:37)
[19] 第十八話[さくら](2009/10/21 21:01)
[20] 第十九話[さくら](2009/10/25 17:12)
[21] 第二十話[さくら](2009/11/01 00:57)
[22] 第二十一話[さくら](2009/11/08 07:52)
[23] 番外編2[さくら](2009/11/08 07:52)
[24] 第二十二話[さくら](2010/12/27 00:37)
[25] 第二十三話[さくら](2009/11/24 18:28)
[26] 第二十四話[さくら](2009/12/05 18:28)
[28] 第二十五話【改訂版】[さくら](2009/12/08 22:42)
[29] 第二十六話[さくら](2009/12/15 16:04)
[30] 第二十七話[さくら](2009/12/23 16:14)
[31] 最終話[さくら](2009/12/29 13:34)
[32] 第二部 プロローグ[さくら](2010/02/03 16:51)
[33] 第一話[さくら](2010/01/31 22:08)
[34] 第二話[さくら](2010/02/09 17:11)
[35] 第三話[さくら](2010/02/09 17:02)
[36] 第四話[さくら](2010/02/19 16:18)
[37] 第五話[さくら](2010/03/09 17:22)
[38] 第六話[さくら](2010/03/14 21:28)
[39] 第七話[さくら](2010/03/15 22:01)
[40] 第八話[さくら](2010/04/20 17:35)
[41] 第九話[さくら](2010/05/02 18:42)
[42] 第十話[さくら](2010/05/02 20:11)
[43] 第十一話【改】[さくら](2010/06/07 17:32)
[44] 第十二話[さくら](2010/06/18 16:08)
[45] 幕間1[さくら](2010/06/20 18:49)
[46] 番外編3[さくら](2010/07/25 15:35)
[47] 第三部 プロローグ[さくら](2010/08/11 16:23)
[49] 第一話【追加補足版】[さくら](2010/08/11 23:13)
[50] 第二話[さくら](2010/08/28 17:45)
[51] 第三話[さくら](2010/08/28 17:44)
[52] 第四話[さくら](2010/10/05 16:56)
[53] 第五話[さくら](2010/11/08 16:03)
[54] 第六話[さくら](2010/11/08 15:53)
[55] 第七話[さくら](2010/11/12 17:16)
[56] 番外編4[さくら](2010/12/04 18:51)
[57] 第八話[さくら](2010/12/18 18:26)
[58] 第九話[さくら](2010/12/27 00:35)
[59] ぼくのかんがえた、すごい厨ニ病なゆうすけ[さくら](2010/12/27 00:18)
[60] ぼくのかんがえた、すごい厨ニ病なゆうすけ(ふぁいなる)[さくら](2011/01/05 16:39)
[61] 第十話[さくら](2011/01/05 16:35)
[62] 第十一話[さくら](2011/05/12 18:09)
[63] 第十二話[さくら](2011/04/28 17:23)
[64] 第十三話[さくら](2011/04/28 17:24)
[65] 第十四話[さくら](2011/05/13 09:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4285] 第六話
Name: さくら◆16c0be82 ID:a000fec5 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/14 21:28
俺は幸か不幸かのどちらかと言えば幸なのだろう。

確かに色々とあった。
左腕はなくなるし、わけわからん呪い憑きになったし。
あげくの果てには主人公であるランスと戦場でガチバトルだ。正直勘弁して欲しい。

そんな『不幸だ!!』と叫びたくなる事も多々あったけど、俺は今生きている。
普通なら開始一日目にして野垂れ死んでしまったり、夜盗に襲われてゲームオーバーも充分ありえる。
というかそっちの可能性のが断然高かったというのが今になるとわかった。

俺の幸、それは人との良縁だろう。
太郎君との出会い、浅井朝倉の人々との出会い…発禁堕山はどっちかわかんねw
彼等、彼女達との出会いがあったからこそ、俺は今こうして元気に生きている。

いわば良縁スキルとでもいうのだろうか。
普通なら死んでいたり、どうしようもない状況でも選択肢を与えられる。

例えば学園物とかが代表的だろう。
可愛い幼馴染が文句をいいつつ毎朝おこしに来たり、美人の生徒会長が何かと絡んでくる。
更には担任の教師と過去に家庭教師で師弟の関係にあったりもする始末。

俺は声を大にして言いたい。
そんな世界どこにもねーよと。現実見ろよプギャーwwってな。
とまぁ、過去の俺なら言うだろう。いや、今でも言うね。

しかしながらまぁ――――――――

「ふむ……君か。魔人ザビエルの事について話がしたいというのは」

――――――実際こうやって、すんなりと天志教の大僧正・性眼と謁見できているわけで。

「はい」

それでいいのか天志教。
大僧正フットワーク軽すぎだろ。仕事がないのかとツッコミたいが、仕事はあるに違いない。
だって日本と同じくらい大きいJAPANの国教の大僧正。忙しくないはずがないのだから。

これは後から聞いた話なのだが、さんかく達と月餅の法の確認をするための時間だったから時間をとれたらしい。
普段彼が一定の場所に留まっている事はなく、天志教の本拠地にいない事もしばしば。
やはり重要な時に必要な相手と出会えるという事は運がいいのだろう。

顔に大きく刺青が入り、切れ長の目と揺ぎ無い意思を思わせる顔立ち。
性眼はランスや元就とは全く違う、静かな威圧感を感じさせる男だった。
ザビエルは歴代天志教の大僧正の中で最弱と評したが、とてもそうは思えない。

だがその威圧感は今、はっきりと抑えられていた。
お茶こそ出されないものの、部屋は人払いされていて俺と性眼以外には誰もいない。
大僧正を一人にしてもいいのかとも思うが、この大僧正の戦闘力は天志教で一番高い。
俺程度のポンコツが襲いかかっても一瞬で首を跳ねられるのがオチだから何も問題はないのだ。

これは本当にありがたい。
俺がこれから話すことはJAPANを揺るがす話なのだから。
話を最後まで聞いてもらわない事には始まらないのだ。

「お話します。俺の知る魔人ザビエルの全てを」

ここで俺の話を単なる法螺話だと思われても織田との講和と違って被害は出ない。
だが、未来で。これから遠くない未来で想像も出きないほどの被害が出てしまう。
その被害の中には俺はもちろん、浅井朝倉の人々も入っている。

「魔人ザビエルは今、復活しようとしています」

出来る事はしておかないと―――俺にはそれを許容できないのだから。



天志教。
JAPANという大陸から離れた陸地において国教とされる宗教である。
冠婚葬祭は全てこの天志教が取り仕切っている。

その教団は性質上全国各地に信者がいるため、幾つもの支部がある。
全国の妖怪征伐を担う北条家とは協力しあってJAPANの秩序を守っていた。
そしてその教団のトップであるのが祐輔の話を聞いている大僧正の性眼なのである。

性眼が本部であるなにわにいたのは本当に偶然だった。
天志教にはJAPANの秩序を守るという表の顔とは別にもう一つの顔がある。
それは幹部クラスしか知らないものの、この裏の顔のほうが本来はメインなのだ。

その裏の顔とは『魔人ザビエル復活の阻止』。
そもそも天志教の母体となった組織はそれのみをするのが仕事だったのである。
それがいつのまにか人とのしがらみで様々な仕事が増えていった。

この日も性眼は武田と上杉に調停を勧めにいく予定だったのだ。
しかしその前に性眼はまんまるやしかくと月餅の法についての法術に確認しなければいけない。
そう思ってなにわに留まっていたのだが――――

そこで耳に入ったのが魔人ザビエルについて伝えたい事があるという男の話だ。
普段なら性眼の耳に入る事はない。全国各地を飛び回る性眼へと耳に入れる必要はない。
馬鹿の戯言として処理され、性眼に取次がれる事はなかった。

今回の祐輔にしても普段ならば性眼に判断を仰いだりしない。
だが祐輔の対応をしたのがたまたま上部の人間で、祐輔が各地の大名へ天志教が瓢箪を預けている事を知っていたのに引っかかったのだ。
その人間は瓢箪の内部にザビエルが封じられている事を知っている数少ない人間の一人だった。

各地の力のある大名に天志教は瓢箪を天志教との友好の証として渡してある。
だがその大名でさえ瓢箪の内部に封印されたザビエルの欠片が入っている事は知らされていない。
そしてその事実を知っている以上、門前払いをするわけにもいかなくなった。

その人間から取次ぐかどうかの判断を受けた性眼は予定を遅らせて祐輔と面会する事に決める。
なにも性眼本人が面会する必要はない。だが性眼はその生真面目な性格から自分で応対する事を選んだのだった。

「俄には信じがたいな」

そして性眼は今、己の選択が正解であったと半ば確信している。
それほどまでに目の前にいる祐輔から伝えられた情報を重大な物だった。

「残念ですが事実です。既に使徒の覚醒は始まり、目覚めようとしています。
疑われるのであれば…そうですね、瓢箪の確認を。必ずどこか一つは割れています」

「…………」

性眼から見た祐輔という男の印象は若い、という物。
まだ齢も20を超えたかそこそこといったもので性眼の半分も生きていない。名の知れた者ではなく、また誰かの紹介でもない。
そんな人間の言う事を一々間に受けていては国や教団を動かせない。

「それは確かなのか。また確かだとしてもどうやってそれを知った。
聞けば君は自分の名以外名乗れないという。それを信じろと?」

「信じて下さい、と言うしか俺にはありません」

祐輔の返答を聞き、通常であれば話はこれまでとして性眼は時間の浪費を嘆いただろう。
だがしかし――――祐輔は別だ。

「俺の持っている情報の精度、情報量。そこから判断して下さい」

性眼が祐輔の話を聞いて何故正解だと判断したかの理由。
それは祐輔が持っている情報の正確性と危険性の高さからだ。

情報量と情報の精度。
祐輔は己の話を信じてもらうために下地となる設定を全て性眼に語った。
魔人ザビエルの存在、使徒の数と各々の性質、本体を8つに分けて封印した事、二度に渡る使徒の出現と終焉まで……とにかく、自分の知る限り全てを。
そしてそれらの情報は代々天志教の大僧正に伝えられている事実と全て符号している。

情報の出所を祐輔は語らない。
それこそ天志教の全てと言ってもいいほどの事を祐輔は知っている。
性眼は祐輔がどうやって知り得たか問い詰める必要がある。が、それよりも先にすべき事があった。

(最近ざわつきを感じていたが、よもや魔人復活の予兆とは思わなかった。
いや、これは言い訳か。月餅の法の法術の確認をしようとするあたり、薄々感づいてはいたのか)

それは魔人ザビエルをどうやってこれ以上蔓延らせないかと対策を取ること。
性眼はとにかく祐輔の話を聞いて『動く』事を決めていた。

魔人が復活しようとしているのなら、これ以上瓢箪が割れるのを防がなければいけない。
月餅の法も不完全な状態であれば犠牲を払う事なく発動させ、魔人を再封印することも可能。
ただちに全国の瓢箪を持っている大名に使いを出して確認をとらなければいけない。

祐輔が嘘を言って、天志教を混乱させようとしているのでもそれは同じ。
天志教の内部から情報を漏洩させている者をただちに見つけ、処罰しなければいけない。
秘中の秘を漏らしたのだから数は絞られるが、それら高位の者を処罰するには色々手順を踏む必要がある。

どちらにしろ性眼は動かなければいけない。
まずは祐輔の話の真偽を確かめるため、大名に使いを出す。
使いを出すだけならば祐輔の情報が偽でも徒労となるだけで実害はない。

「信じる材料として使徒の母体となっている人間を教えてくれ。悪いようにはしない。約束しよう」

「すみませんが、万が一の事を考えるとそれは言えません」

「心外だな。こちらを信じろと言っているのに、そちらは信じないのか?」

「信用と信頼は別というでしょう。
性眼様は信頼していますが、『天志教の大僧正』としての性眼様もまた信用しています。
時に非情な判断を下すことも必要なのが天志教の大僧正様ですので」

ふぅと性眼は内心でためいきをつく。
どうやら祐輔という人間は思ったよりも口が固く、頭の悪い男ではないらしい。
たしかに性眼の頭の中では『使徒の母体ごと』封印処理をする選択も含まれていたのだから。

「使徒の魂の侵食を遅らせる法術があるのですか?
それがあるのならば俺も名前を出せます。いくつか条件を出させてもらいますが」

「残念ながら、それはない」

「それでしたら申し訳ないですが…本人にも許可を取っていないので」

性眼の言葉に祐輔は表情を暗くして、ちらりと感情を表に出す。
立場上性眼はさまざまな人間と会い、腹の探り合いを行っている。
その性眼からして今の祐輔の反応は『自然』な、嘘をついていない動作だった。

(今のところ彼は嘘をついていない。こちらを欺いているのであれば、また別だが)

性眼は一つの可能性として祐輔が自分を欺けるほどに狡猾な人間であると考えたが、すぐに否定する。
それほどまでに狡猾になるには若すぎる。内心どう思っているのであれ、嘘か真かの判断くらいは性眼自身出来るつもりだ。

祐輔という人物を信用できるか、否か。
性眼にとってその問いに対しては『保留』としている。

嘘はついていない。だが信頼は出きない。
祐輔は自身の経歴を隠しているし、そして何より性眼は気付いていた。
祐輔の左腕に宿る異形―――存在に対してかけられる『呪い憑き』を。

呪い憑きは死国に送られるべき。
性眼もまたJAPANの民と同じ考えを持っているし、それはJAPANを保つために必要な制度。
元就といった特別な例外を除いて、それは守るべき法律なのだから。

だがこの問題が解決するまでは祐輔を見逃そう。
問題が片付き次第しかるべき手順を踏み、祐輔を死国へと送る。抵抗する場合は残念な事にはなるが。
事の真偽がはっきりするまで天志教に嫌でも滞在してもらうつもりなので、逃がすつもりもない。

「わかった、今すぐに動こう。
すまないが瓢箪の確認が終わるまでここに滞在してもらうことになる」

「それは……いえ、考えれば仕方ない事ですね。わかりました」

「使徒の母体となっている人が心配なのはわかる。
だが魔人さえ再封印できれば使徒は再び眠り、母体は命を脅かされる事はない。そこは安心してくれ」

祐輔からすればちぬが心配だが、だと言って天志教を離れるわけにはいかない。
手配書的な意味でも魔人的な意味でも一番危険な織田はすぐそこにある。
ランスがJAPANから去るまでの間、安心して過ごすためには魔人の有無は付いて離れない問題なのだから。

「場合によっては織田に対して性眼様の名前で要請を出してください。
織田には今魔人殺しの魔剣・カオスを持っている異人がいますから」

織田信長が魔人ザビエルだと祐輔は九割がた思っている。
しかし物事に絶対はない。ゲームでそうだからと言って、現実でもそうだとは限らない。
上杉の地や北条の地で瓢箪が割れ、ザビエルが復活している可能性もないわけではないのだから。

確立は等しく1/8。
どこで魔人が復活していてもおかしくはない。
ただしくは毛利家ではないので、1/8ではなく1/7だが。

「君が何者なのかにも興味はあるが、その情報はありがたい。
ただちに本能寺にいる信長殿に使者を送って要請しよう」

その性眼の言葉があるまで、だが。

「ほん……のう……じ…? のぶながさまはそこにいらっしゃるのですか?」

思わずひらがな発音になってしまうほどに衝撃を受ける祐輔。
それもそのはず。

「先日病が悪化されたと聞き、本能寺での療養を許可したのだ」

本能寺に信長が移動した時点で信長ザビエル化は確定ルートになるのだから。

「しかし魔人殺しの剣、か。
話に聞く聖刀・日光と対になる剣と聞いている。
魔人復活の予兆があった時にJAPANにその一振りがあるとは、これも奇縁か」

性眼が感慨深く呟いているが、祐輔はそれどころではない。
頭の中ではえらいこっちゃと絶賛混乱中なのである。

(やばい、やばいぞ!! 本能寺に移るって、もう4,5個割れてるじゃんか!
まずい、これはまずいぞ…!)

何が一番まずいかと言うと、性眼の対応が遅れるかもしれないという事。
今ザビエルが信長であると知っているのは祐輔のみ。だが今回も同じく情報のソースがない。
原作では性眼が本能寺に乗り込んでいたが、それは信長が魔人だと確信してからの事である。

しかもその原作において弾圧されても遺憾であると使者を送っている。
己を律し、法を遵守し、人の心を守り、民の生活を守る。
それを為すためには性眼は常に慎重に動く必要性があるのである。

天志教弾圧という大義名分があった原作に比べ、今回はない。
お役所仕事で手順を踏んでいるうちに瓢箪が更に割れる危険がある。
瓢箪が一つ割れているのと割れていないのではザビエルの力は天地の差があるのだ。

「性眼様、一刻を争う事態になりました!! 魔人ザビエルは信長です!!」

「なに? 先程までは何者か知れぬと言っていたではないか」

「えーっと…そう、勘です!」

「勘!?」

性眼がツッコミを入れるというレアな現場もスルーし、祐輔はこれからどうすると思考を張り巡らせる。
性眼では致命的に遅くなってしまう。信長がザビエルだという確定情報がない以上、性眼が強攻策を取るとは思えない。
ならば残された手段は一つしかない。

「出来る事なら直接性眼様が本能寺へ行ってください!
 まんまるとさんかく、しかくも一緒に! 月餅の法をお願いします!!」

「なに!? そこまで知っているというのか!?」

「そんな事言ってる暇があるならすぐに三人集めて、本能寺に出来るだけ早く!」

ランス。
天志教以外に唯一魔人を殺す事が出来るランスを頼るしかない。
ランスならば人や習慣のしがらみなく、本能寺へ直接行く事が出来る。

そのためにもまずは信長が魔人であるという確証が欲しい。
祐輔は少し危険を侵す覚悟を決めた。
ザビエルであるという確証さえあればランスはすぐさまにも動くという確信があるから。

「待て! どこに行く!」

「俺は本能寺に今から行ってきますよ。だからそっちも早くお願いします!」

「待つのだ! 本能寺へと使いをたてる。だから落ち着いて―――」

「使いなんて出してる暇はないんですよ!」

ダッと部屋を飛び出す祐輔を制止させようと性眼は怒鳴りつけるが、祐輔は意も介さず飛び出した。
性眼に祐輔を殺すつもりはないので普段のままだが、祐輔は非情に身軽である。
これから武田と北条へと向かうため正装をして身重の性眼では咄嗟に動けなかったため、祐輔を取り逃がしてしまう。

「…っく! 誰ぞ、誰ぞいるか!!」

大声を張り上げる性眼の呼びかけに応じて、少し間をおいてから僧兵が数人現れる。
性眼が人を遠ざけていたのが招集に遅れた原因だ。

「はっ、ここに。如何なされましたか?」

「さきほどここに招いた青年を探せ。
まだ本堂内にいるはずだ。探した後は丁重に部屋に軟禁しておくように」

「かしこまりました」

性眼の命を受けてすぐさまドタバタと廊下を走っていく僧兵。
彼等は僧といっても筋骨隆々の武人であり、祐輔程度なら簡単にボコれる。
だが祐輔は見つけられないだろう。祐輔はこのとき既に鳥を操り、人がいないルートを選びながら本能寺へと向かっていたのだから。

「そこのお前、待て」

「っは! 他に何か御用が?」

「本能寺にいる信長殿に使いをたてる。すぐさま鈴明を呼べ。すぐにだ」

鈴明とはそれなりに高い地位を持っている僧侶である。
祐輔は存在はおろか、言動も怪しい。挙句の果てに名門織田の当主を魔人だという始末。怪しすぎる。
だがその言動は捨て置くにはあまりにも危険なものだった。

万が一に備えて使者を出す事を決めた性眼はすぐさままんまる達の下へと向かう。
必要であればすぐさま動けるように。天志教の勤めを果たす時が来たのかもしれないのだ。

「願わくば、何事もない事を…」

役目を果たす事は恐れる事も怖くもない。
だが以前の闘いで出た被害を思うと、そう願わずにはいられない性眼だった。

「彼奴を再び世に出すことなど、あってはならぬ」

性眼は己の武器である鎌を握り、部屋を出た。



――――同時刻・織田国境周辺

見目麗しい町娘が一人、街道をてくてくと歩いていた。
町娘というにはあまりに幼く、そして美しかった。
手で触れば折れてしまいそうな儚さは周囲の視線をひくため、その町娘は深く帽子をかぶって目を俯かせている。

人並み外れた美しさ。
それはそのはず。身なりこそ町娘の姿をしているが、その実織田の姫、香その人だった。
彼女はお供の者の連れずに一人こっそりと抜け出していた。

何故彼女が一人でこうして本能寺に向かっているのかというと、兄である信長に会うため。
香は何度も何度も兄である信長に面会を求めた。しかし返ってきたのは心配ない、来るなという返事のみ。
それは3Gや乱丸、勝家が口添えをしても同じ結果だった。

(兄上…)

香は悲しかった。
あんなにも優しかった兄上が、ある時を境に急に冷たくなってしまった。
しかも本能寺で療養するため向かう直前に使徒に襲われたと聞いた。

聞いたというのも人づてである。
信長本人からは香に何の相談もなく、話もなく本能寺へと行ってしまった。
いくらなんでもあんまりじゃないか。

(私、怒ってるんですからね)

胸中の言葉とは裏腹に、香の顔はくしゃっと泣き出してしまいそうになる。
言葉で何と言おうと、香は信長が大好きなのだ。嫌えるはずがない。
だからこうして信長に断られようと、返事を撥ねのけて一人本能寺へと向かっているのである。

今ランスや勝家、乱丸達は巫女機関との最後の闘いへと遠征中だ。
城には光秀や3Gしかおらず、最後の戦を前にしたどさくさに紛れて一人抜け出してきたのである。
誰にも言わず一人こっそりと。誰かに言えば引き止められてしまうから。

実際には忍者が裏から護衛しているのだが、香は気付く事はなかった。
彼等は香専属の護衛忍者隊であり、常に影から香を見守っている。
彼女たちは香を抜け出したのは知っているが、行き先が本能寺だと感づいていたので特に行動を起こさなかった。

天志教の庇護下にあるなにわはとても穏やかで治安のいい土地だ。
敵国の人間がいるとは万に一つもないし、山賊が出たとしても自分たちで対処できる。
そのため香に贔屓目がる彼女たちは香を信長に会わせてあげようと思ったのだ。

幼い香の脚でも整備された街道を通れば半日で本能寺につく。
今からでは日が暮れてしまうが、それは本能寺で兄妹水入らずで過ごせばいい。
当然彼女たちは3Gからこっぴどく怒られるだろうが…まぁそれもいいかと彼女たちは考えていた。

一人てくてくと歩く香の後を密かに見守るくノ一達、
彼女たちの一団は確実に一歩一歩本能寺へと近づいていた。
香とくノ一達を待ち受ける未来を何もしらずに………。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025620937347412