SS投稿掲示板




No.42107の一覧
[0] (TVアニメシャーロット)Charlotte SS 乙坂有宇の記憶力がずば抜けていたら[ 幸せな二次創作](2021/08/31 05:41)
[1]  プロローグ 異常な記憶力、異質な力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2018/02/01 19:43)
[2]  第一回 僕が正義だ。[ 幸せな二次創作。](2016/08/27 13:55)
[3]  第二回 幸せになるための努力[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:46)
[4]  第三回 断裁予告[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 00:24)
[5]  第四回 この世は金だ![ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:24)
[6]  第五回 情報と憶測[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:30)
[7]  第六回 その為ならプライドだって捨てられる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:28)
[8]  第七回 星ノ海学園[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:50)
[9]  第八回 神になることもできる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:59)
[10]  セカンドプロローグ なにがなんだか分からない.....。[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 02:02)
[11]  第一回 誰かの声[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:37)
[12]  第二回 違う過去の世界[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:58)
[13]  第三回 さようなら、白柳さん。[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:25)
[16]  第四回 万有引力の法則[ 幸せな二次創作。](2017/02/01 08:08)
[17]  第五回 他人の不幸と自分の幸せ[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:16)
[18]  第六回 Re[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:39)
[19]  第七回 くそ、ぶん殴ってやりたい。[ 幸せな二次創作](2018/11/20 05:49)
[20]  第八回 怒りのアッパーあァァアアァアァァ![ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:13)
[21]  第九回 よし、悪は燃そう!。[ 幸せな二次創作。](2016/09/24 08:05)
[22]  第十回 プロデューサー私はてめぇを殺したい。[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:40)
[23]  第十一回 あ、赤い....[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:42)
[24]  第十二回 知らぬ能力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/09/17 08:15)
[25]  サードプロローグ テロリストの少女[幸せな二次創作](2016/10/20 00:37)
[26]  第一回 助け船だと思った? 残念! それ泥舟ですー![ 幸せな二次創作。](2016/10/20 01:02)
[27]  第二回 視線 [訂正][幸せな二次創作。](2016/10/20 01:14)
[28]  第三回 とある任務という名の襲来 [ 幸せな二次創作。](2016/10/23 02:49)
[30]  番外編 迷子のテロリストの少女と黒髪のターゲット[ 幸せな二次創作。](2016/09/02 13:56)
[31]  第四回 テスト勉強と一時の恥[ 幸せな二次創作。](2016/10/23 03:09)
[32]  第五回 クソッ! 舐めていた! 僕は学園創設者のことを完全に侮っていた。[ 幸せな二次創作。](2016/11/01 09:17)
[33]  第六回 詰んでいた現状 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/10/23 04:04)
[34]  第七回 コードカンニング 反逆の乙坂 [ 幸せな二次創作。](2016/10/30 02:47)
[35]  第八回 期末テスト[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 02:50)
[36]  第九回 成り行きに任せる[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 03:13)
[37]  第十回 誰かに認めてもらいたくて[ 幸せな二次創作。](2016/10/29 11:18)
[38]  番外編 佐藤美保の監視報告[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 03:32)
[39]  乙坂隼翼(学園創設者様)の困惑[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 02:56)
[41]  第十一回 惨めになってたまるかぁ !!![ 幸せな二次創作。](2016/11/22 03:23)
[42]  第十二回 プロ入り間違いなしの高校球児だと[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:25)
[43]  第十三回 誰にでも投げられるナックルの魔法[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:42)
[44]  第十四回 試合開始[ 幸せな二次創作。](2016/11/24 15:45)
[45]  第十五回 刹那的スイング[ 幸せな二次創作。](2016/11/28 15:30)
[46]  第十六回 2[ 幸せな二次創作。](2021/12/29 04:40)
[47] 第十七回 今どんな気分だ?[幸せな二次創作](2021/09/28 02:38)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[42107]  第九回 成り行きに任せる
Name:  幸せな二次創作。◆0adc3949 ID:159db371 前を表示する / 次を表示する
Date: 2016/10/24 03:13
 期末テストがテストが終了した翌日の昼休み、期末テストの結果がはりだされた。

 テスト結果が張り出されたその場には自分達の成績を気にするものがいて、当然僕もその場所にいた。同じクラスの友利、高城、黒羽もいる。というか高城と黒羽はとなりにいる。

 僕は、成績上位者二十名の名前を見ていく。

 一位 乙坂有宇

 あった。僕の名前だ。僕の名前が一位に書かれていることに同じクラスの生徒達がざわついていた。

 隣で成績上位者欄を見ている黒羽も驚いた顔をしたあと、きらきらとした尊敬の眼差しで僕を見てくる。

 「わぁー! 乙坂さん凄い! 一位ですよ! 」

 「そうだな....」


 カンニングして取った一位を本当に凄いと尊敬の眼差しを向けてきている黒羽。騙しているようで悪いなと少しは思ったが、僕は監視役を騙すために行動をおこしたのだ。自分の身を守る為に....。だから後ろめたさを覚える必要はない。堂々としていよう。


 「まぁ、今回のこれは、普通だよ」

 ホエーほおけている黒羽。ふと、隣にいる高城と、少し離れた場所にいる友利が僕を見ていることに気がついた。

 隣にいる高城になんだ?と聞いた。

 「乙坂さん貴方は.....」

 高城、そして、友利も今回僕がカンニングをしたことをこのテストの結果を見て確信しただろう。

 今の高城の目がそれを物語っている。そう、失望の目。勉強会の意味をぶち壊したものにたいする蔑みの目だ。そこには哀れみも含まれている気がする。

 僕は別にカンニングをしなくとも赤点は回避できた。それは友利も高城も分かっていたはずだ。勉強会のお陰で自力で解いても苦手科目も赤点を回避できていただろう。

 でも、それでは、僕は納得しなかった。さらに、私利私欲のためにカンニングをし一位を取ったのだ。と、今の高城と友利は思っているはず。

 実際は友利、高城とその他の監視者達を欺く為の行動だったのだが、結局、自分の為にしたことなのだ。

 さらに今回のカンニングは色々と教えてくれた友利に対しての裏切りだ。蔑まれてるのは当然。

 さらにその蔑みに含まれた哀れみは、自力で解くことにそして勉強会に意味を見いだせなかったことに対するものだろうか。別に望んでやっていたわけじゃないのだから哀れみなんて向けないでほしい。

 「高城、別に僕がどうしようと僕の勝手だろ? それに今回の任務は達成された何も問題はない」

 「ですが、貴方は! 」

 「高城さん? どうしたんですか? 乙坂さんも....」

 黒羽が僕と高城の不穏な空気察し、心配そうな顔で見てくる。この一連のやりとりを見ていた同じ学年の生徒達も僕らを見ていた。

 あまり騒ぎにはしたくないし、カンニングをしえいることがこんな大勢の場で知れれば僕の沽券にも関わる。カンニングしていたと知るのは監視者達と学園側だけでいい。


 「何でもないよ。一寸な」

 僕は困り顔をする。高城も周りの視線に気づいてあやふやな態度をとって、黒羽に心配させたことを申し訳なさそうにしていた。

 その間に僕は自分のクラスに戻った。教室に戻ると友利は何時もの様に一人でいた。僕よりも先に教室に帰ってきていたことには少し驚いた。あのやり取りを見てなかたのか?。でもさっきまでいたよな?。て、ことは、見てたけど無視したということか。やっぱり他人のことには興味がないらしい。

 友利は音楽プレイヤーで音楽を聞いている。どんな曲を聞いているのだろうと少し気になったが知らなくとも困らない事なので頭の片隅に追いやり、歩未のお手製弁当を食べることにする。

 これで僕がまだ自分の能力に気が付いていないのだとその可能性が高いと監視役は思う。乙坂有宇は自分の能力を相手に五秒間乗り移るものだと思い込んだままだと。そう上の奴に報告してくれるだろう。

 しかし、それと引き換えに生徒会メンバーと険悪になってしまった。友利は兎も角、高城とはかなりぎすぎすした仲になってしまった。

 それに、後ろの席だから、今後、嫌でも顔を合わせることになるんだよなぁ。面倒だなぁ。


 お弁当箱に詰め込まれたオムライスをスプーンで掬う。今日のオムライスのメッセージは『なんとかなる』だ。

 本当に何とかなるだろうか? 黄色の皮と赤いライスを口の中に運ぶ。次の瞬間には強烈なピザソースの甘味が口内を支配していた。

 「あまっ....」


 まぁ、これからは、ただ成り行きに任せていくしかない。歩未の言う通り、きっと、なんとかなるさ。

 


 そして、その翌日のことだ。乙坂有宇を監視していたもの達からの報告を読み、学園創設者達がどういうことだと困惑したのであった。乙坂有宇の思惑通りになったのだ。

 だが、さらに後日、学園に何者かが侵入し、能力者関係の資料を盗まれ、学園創設者とその身近にいるもの達が混乱するはめになるのだがそれはまた別の話。


 ----------------------------------



 次回テスト編終了


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024122953414917