SS投稿掲示板




No.42107の一覧
[0] (TVアニメシャーロット)Charlotte SS 乙坂有宇の記憶力がずば抜けていたら[ 幸せな二次創作](2021/08/31 05:41)
[1]  プロローグ 異常な記憶力、異質な力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2018/02/01 19:43)
[2]  第一回 僕が正義だ。[ 幸せな二次創作。](2016/08/27 13:55)
[3]  第二回 幸せになるための努力[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:46)
[4]  第三回 断裁予告[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 00:24)
[5]  第四回 この世は金だ![ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:24)
[6]  第五回 情報と憶測[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:30)
[7]  第六回 その為ならプライドだって捨てられる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:28)
[8]  第七回 星ノ海学園[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:50)
[9]  第八回 神になることもできる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:59)
[10]  セカンドプロローグ なにがなんだか分からない.....。[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 02:02)
[11]  第一回 誰かの声[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:37)
[12]  第二回 違う過去の世界[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:58)
[13]  第三回 さようなら、白柳さん。[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:25)
[16]  第四回 万有引力の法則[ 幸せな二次創作。](2017/02/01 08:08)
[17]  第五回 他人の不幸と自分の幸せ[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:16)
[18]  第六回 Re[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:39)
[19]  第七回 くそ、ぶん殴ってやりたい。[ 幸せな二次創作](2018/11/20 05:49)
[20]  第八回 怒りのアッパーあァァアアァアァァ![ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:13)
[21]  第九回 よし、悪は燃そう!。[ 幸せな二次創作。](2016/09/24 08:05)
[22]  第十回 プロデューサー私はてめぇを殺したい。[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:40)
[23]  第十一回 あ、赤い....[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:42)
[24]  第十二回 知らぬ能力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/09/17 08:15)
[25]  サードプロローグ テロリストの少女[幸せな二次創作](2016/10/20 00:37)
[26]  第一回 助け船だと思った? 残念! それ泥舟ですー![ 幸せな二次創作。](2016/10/20 01:02)
[27]  第二回 視線 [訂正][幸せな二次創作。](2016/10/20 01:14)
[28]  第三回 とある任務という名の襲来 [ 幸せな二次創作。](2016/10/23 02:49)
[30]  番外編 迷子のテロリストの少女と黒髪のターゲット[ 幸せな二次創作。](2016/09/02 13:56)
[31]  第四回 テスト勉強と一時の恥[ 幸せな二次創作。](2016/10/23 03:09)
[32]  第五回 クソッ! 舐めていた! 僕は学園創設者のことを完全に侮っていた。[ 幸せな二次創作。](2016/11/01 09:17)
[33]  第六回 詰んでいた現状 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/10/23 04:04)
[34]  第七回 コードカンニング 反逆の乙坂 [ 幸せな二次創作。](2016/10/30 02:47)
[35]  第八回 期末テスト[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 02:50)
[36]  第九回 成り行きに任せる[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 03:13)
[37]  第十回 誰かに認めてもらいたくて[ 幸せな二次創作。](2016/10/29 11:18)
[38]  番外編 佐藤美保の監視報告[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 03:32)
[39]  乙坂隼翼(学園創設者様)の困惑[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 02:56)
[41]  第十一回 惨めになってたまるかぁ !!![ 幸せな二次創作。](2016/11/22 03:23)
[42]  第十二回 プロ入り間違いなしの高校球児だと[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:25)
[43]  第十三回 誰にでも投げられるナックルの魔法[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:42)
[44]  第十四回 試合開始[ 幸せな二次創作。](2016/11/24 15:45)
[45]  第十五回 刹那的スイング[ 幸せな二次創作。](2016/11/28 15:30)
[46]  第十六回 2[ 幸せな二次創作。](2016/12/01 02:35)
[47] 第十七回 今どんな気分だ?[幸せな二次創作](2021/09/28 02:38)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[42107]  サードプロローグ テロリストの少女
Name: 幸せな二次創作◆0adc3949 ID:159db371 前を表示する / 次を表示する
Date: 2016/10/20 00:37
 アメリカ合衆国のとある研究所は今、テロリストに襲撃を受けていた。

 「く、くるなぁ!!!」

 けたたましく鳴り響く警報。そして痛苦と恐怖からの悲鳴がこの場を支配している。

 白衣をきている科学者の男は目の前の自分を殺そうとする相手に叫びながら、銃を向ける。科学者が日常品として銃を持っているのはおかしいと思う知れない、だが、この特殊能力者研究所内では全ての科学者がハンドガンを持ち歩くのは当たり前だ。彼らが研究しているモルモット、少年、少女達の特殊な力の中には人の命を奪えるものも存在するわけだから護身用として銃を持っているである。

 自分に銃口を向けられても、テロリストの一人であるまだ十五の少歳の短い白髪の少女は、驚くことも、脅えることもしない。ただ無表情である。いや、分かりにくいが呆れた表情をしている。自分には無意味なことなににと。


 「し、死ね! 」


 パンッ!と乾いた発砲音が一回、科学者はこれでテロリストは死んだと思った。思わず口の端を吊り上げ、ざまぁみろと嘯こうとしたがそれは中断される。

 笑っていた口の端がピクリと凝固した。眼前で起きていることに目を見開く。

 撃った相手は死んでいなかったのだ。


 発砲により少女に向かったはずの銃弾は少女の目の前で回転しながら止まっていた。物理法則を無視した現象、これを引き起こせるのは自分達が研究している特殊能力者以外にいない。

 少女が手をゆっくりと振り落とすと、銃弾は跡形もなく消滅した。


 「な、能力者か! 」

 科学者は、殺したと思って安心して下ろしていた銃をすぐに構え直す。が、遅い、その構えの僅かな時を使い、白髪の少女は一瞬で科学者との距離をつめている。

 科学者の男は引き金に手をかける。その間ゼロコンマ八秒。

 だが、その科学者の男の胸にそっと手が添えられていた。


 「凍れ」

 たった一言が科学者の男の耳に触れた。

 胸元に感じた一瞬の冷気、なんだとそれを見れば、華奢な掌に触れられ、完全に凍る自分の胸部。

 先程、銃弾を防いだ能力とは別の能力。一瞬で全てを凍らせる。さしずめ『氷結』といったところだろう。


 「な、んで、二つも......」

 科学者の男の疑問は当然である。基本的に能力者は一つの能力しかもっていない。派生の能力はあっても全く別の能力を複数宿しているということは今までに前例がないのだ。


 しかし目の前に、二つもの能力を使用している能力が存在している。

 パキッ....ピキッ..。

 冷気によって凍らされた胸元の氷が速度をまし面積を増やす。それは皮膚の中まで、細胞までもを凍らせ、ついに男の心臓まで到達する。

 そして、数々の非道な実験を繰り返してきた、ある科学者の男の心臓は凍った。

 「ばけもの.....め」

 手から落ちる、鈍い光を放つ一丁の銃。今の言葉が男の最後の言葉になった。

 それを聞いた、少女コーピアは男に一瞥をくれただけでなにも言い返すことはない。

 ただ、思うのだ。能力者の人間に非人道的なことを平気な顔でできていた。あんた達の方が化け物だと。



 警報と自分達の敵である科学者の悲鳴を聞きながら、彼女は組織の仲間の決めた合流地点へと余裕を持って向かう。道中、この施設に雇われた警備員がアサルトライフルで数百発の銃弾を撃ち込んでくるが、そのすべてを先程の科学者の男の銃弾と同じように能力で防ぎ、そのすべてを氷付けにした。

 短めの白髪を靡かせ、淡々と敵を殺す。このテロリストの少女コーピアは複製の能力者だ。今まで有力な能力者を持つものにであっては複製してきた彼女は人類最強のテロリストといえる。そんな彼女にしてみれば、今、ここにいる敵兵なだそこらにある石ころにすぎない。簡単に一蹴できる。


 淡々と淡々と敵を殺し続けて、殺して殺した先には能力者の人権が約束された未来がまっている。

 そう信じて今日もコーピアは能力者を使い実験をしていた研究所を一つ潰した。


 解放された能力者は壊れて何も反応を示さないものもいれば、助けがきたと安心した表情の者もいる。皆子供だ。能力を持つことのできるのは思春期の過ぎていないものだけなのだから当たり前だが、こんな子供相手に人体実験を繰り返す奴等(科学者)やはり殺すしかない。全て殺さなければまた同じことが起きるそうコーピアの組織は考え、今まで幾つもの能力者研究所を破壊し科学者達を殺している。それが彼らの正義だった。




 科学者の施設をまた新たにひとつ潰した今日、帰還した組織のアジトでコーピアは軽い睡眠を取っていた。


 そして、あやふやな空間を漂う。


 夢だ。自分は今、夢を見ているんだ。


 それもただの夢ではない。この現実と夢の狭間を漂う感覚は複製した能力の一つの予知夢が発動している。


 予知夢は睡眠の際に夢を見たときに、1/2の確率で発動する能力だ。この能力の的中率は百パーセント。

 何時かの国家のお偉いさんの手の者たちの襲撃を予知した時は跳び跳ねたものだ。そして、今見ている予知はコーピアにとって、これまでもっとも最悪の予知夢だった。



 コーピア達は◎月○日のその日、アジトの一室で、テロにより科学者から救いだした能力者達のデータを整理していた。能力者である少年少女達は大抵、金の為に売られ研究材料にされる。故に救いだした能力者達に居場所はない。だから同じテロリストになることを救い出された能力者は強要される。渋る者も当然いるが、その数よりもテロリストになることを同意する者のほうが多い。

 その理由は先程も言ったように科学者から解放されても帰るあてがないことと、自分を売った者の元へ帰れないことを理解しているからだろう。渋る者もその事を聞けばテロリストになるしかないと理解し仲間になる。仲間には食料も寝床の用意が約束されている。なるだけで生きていける環境が約束されるのだ。死と隣り合わせということ以外はメリットありまくりだろう。


 さて、自分がもっている能力を口にさせ、実際に使わせて、その結果を纏めたものが今整理しているデータ、資料である。

 「何か、目ぼしい能力者はいたかい?.....」

 資料を見ているコーピアに訊ねたのは、灰色の髪青年。青年である彼は少年時代、氷結という能力を持っていた少年だったが、その能力は今もう彼の中からは消滅している。


 「とくに、珍しい能力はない......と思うよ? 」

 灰色髪の青年、テロリストを束ねるボスに敬語も使わずに、コーピアは言った。灰色髪の青年、クロムはそうかというと、コーピアにいつの間にか入れていたコーヒーをさしだし、円テーブルのコーピアの正面の椅子に座った。

 「と、言うことは今回は複製することはしないのか.....」

 クロムの言葉にコーピアは頷くと、円テーブルに隅におき、カップを口に運び、コーヒーを少し飲んで、カップをテーブルに置く。

 「この資料にのっている能力者の子達は、皆、人を傷つけない能力で、日常のどこかには役にたつだろうけど、その能力は私には必要ないよ.......むしろ邪魔にしかならない」

 「邪魔って.....いや、まぁいいか。それより、コーピア、君お昼はまだだよね。あさからずっと資料ばかり読んでいたし、何も食べていないんじゃない?」

 クロムに言われて、そういえば今日はまだ何も食べていなかったと言うことに気づくコーピア。その反応でクロムはやっぱり食べていなかったのかと仕事への集中力に感心半分、呆れ半分だ。

 「今朝、作ったスープが大鍋の中に残っていたけど、早くしないと部下の皆が全て食べてしまうかもしれない、どうする?」

 「うーん、もう、少しで読み終わりそうだから、あとでいくよ、リーダーは先に行ってて」

 クロムはそれを聞き、分かったけど早くこいよ。と、言うとその場を去った。

 場面が一気に過ぎていく。夢だからそう言うこともあるだろう。




 何か聞こえる。凄く煩くて危険をしらせる音響。警報だ。


 今なっている警報は何者かがアジトに侵入してきたとつげるもので、人気のない場所に存在するこの建物に入ってきたと言うことは科学者サイドの人間の可能性が高い。コーピアは最低限の武装を、対人ナイフを片手に持つと侵入者を撃退すべく、警報の合間に聞こえるアナウンスが指示する場所へと向かった。



 アナウンスが指示した、場所は一階のFとなずけられたエリアで、謂わば、この建物の正面玄関だ。そこに一分弱で到着した。


 「 ッ! 」

 まず匂ったのは蒸せるような香り。この臭いは何時も嗅いでいる赤黒い液体のものだ。自分達が敵を殺した後に残るもの。

 そして、コーピアは見た。


 地獄が広がっている様子を。広々としたこの空間は、床も壁も真っ赤な鮮血で赤く染まり、仲間の能力者の死体が大量に転がっていた。手には銃器が握られていたが、そのほとんどが木っ端微塵に破壊されている。


 死体、死体、死体、死体が花畑の花のように大量に赤い液体を流して咲いている。その中心に悠然と立つのは黒髪の少年。コーピアより少し上だと思われる少年だ。容姿からして日本人だろう。ただ、組織内に日本人はいない。つまりその少年はテロ組織の仲間ではない。うっすらと笑みを浮かべ、直ぐに無表情になりはぁと重い息を吐いた。

 悪魔だ。そう思うほどに目の前にいる敵が恐ろしくてならない。今まで何人も殺してきたが体の底から恐怖を感じた事はなかった。


 「あなたが殺したの? 私の仲間を....皆を」

 声が震える。本能が言っている。対峙すれば死ぬ。数多くの有力な能力者達から複製した能力を総動員しても勝てないとそう確かに確信していた。


 死体の中心にたつ、真っ黒なコートを纏っている少年はコーピアへゆっくりと振り向くと、何かをした。だが、コーピアは何か異常を感じたわけではない。ただ一瞬、何かをしたような気がした。



 「ああ、殺した。 あんたら見たいな奴は他人を不幸にする。 テロは悪さ......他人を巻き込む偽善者を僕が裁いた。ただ、それだけだ」

 コーピアは相手がなれないはずの英語で流暢に話している間に、先手必勝で複製した能力、『氷結』を使い、相手の足元を氷づけにしうとしたが、なにも、起こらなかった。


 「え、なんで......」

 「無駄だ。あんたの能力は僕が全て略奪した。もう使えない」

 「略奪...!? 」


 そのままの意味でとれば相手から能力を奪う能力だろう。そしてそれは現実だ。自分の能力が発動しなかった。

 能力者の天敵、コーピアの能力も大概だが、この男の能力はそれすらも大きく勝る。理不尽の体現だろう。


 「それにしても、僕以外にも複数の能力を保有しているなんて驚いたなぁ。でも、おかげで複製した能力共々僕のものになった。でも、目的のものは結局なしか.......歩未まだ生き返らせれないよ」

 黒髪の少年は全てに苦しみ、全てに悲しそうにしていた。この世の理不尽を恨むかのような表情も混ざってぐちゃぐちゃだ。

 「ああああああぁぁぁああ!!! 」

 雄叫びを上げコーピアは乗り込んできて、仲間を皆を殺した少年に突っ込む。自棄だ。勝てる訳がない。それでも、自分に与えられた仲間の死というものに怒りを感じられずにはいられない。

 殺す。

 だが、衝動だけで感情的に行動したところで理不尽な力の差は埋まらない。コーピアは次の瞬間には四肢を失い、死んでしまった。






 「うぁぁあああッ!!!!!」

 「ッ!。どうしたコーピア」

 「クロム、ここは......?」

 「アジトのお前と俺の部屋だ」


 クロムの言葉をきき、辺りを見渡すと見知った部屋が広がっている。自分は今ベットの上で寝ていたのか。どうやら、先程までのものは予知夢だったらしい。それも今までのなかで一番最悪の予知だ。

 「クロム、私見た! 略奪の能力者一人が数ヶ月後に、この組織を滅ぼしに......皆を殺しに」


  コーピアの要領の得ない言葉をクロム瞬時に理解する。


 「予知夢か。それしても略奪だと.....能力を奪えるとでも言うのか....そいつの顔や名前は」

 「顔は日本人、名前はわからないけど、あれは早く始末しないと不味い.....この組織が一日で皆殺しにさせられた。 私もこ、殺されて」

 「一日.....だと。 」

 コーピアは体を震わせる。全身は悪夢(未来)を見たせいで汗だくで、焦点も合わない。先程の死ぬという感覚の恐怖がまだ残っているのだ。これから未来で自分自身に起こること死を


 この組織の数は能力者と元能力は含め、合計四百人以上がいる。設備も揃っている。それがたった一人に一日で殲滅された?!。コーピアの予知が外れたことはないつまりは、それは必ず起こる。勿論、変えることもできるだろうが.........。

 クロムは少しの間考えると口を開く。震えるコーピアは一瞥する。それは何の感情も抱いていない冷徹な目。


 「コーピア、そいつがこの組織の場所にたどり着いた以上、能力者を見つけることのできる能力があるということが予想される。ここはそう簡単に見つかる場所じゃないしな。だから、逃走したところで見つかり同じ未来を辿る可能性が高い。やられる前に殺るしかない。今の話が未来ならコーピア、お前だけが頼りだ。日本へ行け! そしてその略奪を殺すぞ」


 「でもアレは....」

 本物のモンスターだ。完全に狂っていた。あっという間に殺された。


 「やれるな? やらないと皆死ぬんだ。敵に殺されるそうなんだろ? 」

 「殺される.....死ぬ。 だめ....でもさ」


 コーピアは仲間の死ぬ所を見たくはない。殺されるのも見たくはない。しかしあれは悪魔だ。対峙すれば未来と同じ結末死か見えない。

 「コーピア。そいつがどんな化け物か知らないが動かないと未来を変えられない。それとも今お前が口にしたのはただの夢か? 」

 夢ではない。コーピアが見たのは今まで何度も助けられた予知夢だ。必ず起こる未来だ。だからあの凄惨な未来は変えなければならない。

 そして、コーピアは覚悟を決めた。


 「分かったよ。クロム.....行くよ日本に。情報を集めないとね」

 淡々と呟く。 変えなければ死ぬ。だから変る。恐怖だとか感情にまかせても意味はない。無為に時間を潰すだけだ。 - だから動く。



 こうして、運命の歯車は動き出す。一人の少年が背負った運命歯車がくるくると狂狂と。












----------------------------------------------------------------------------------------------------



 後書き

 今回のChalrotteの二次創作は三人称で執筆させていただきました。ついに物語に深くか関わるであろうオリキャラの登場ですね。

 この話から徐々に本当に僅かですが物語に変化が訪れます。原作に沿って物語を執筆はしていきますが、多分何処かで、いや、今もうすでに支離滅裂なストーリーが始まっていると思ってしまう私です。

 誤字、脱字の訂正、描写の変更は、追々やっていきます。もしかしたら、このストーリーを大幅変更する可能性もありますが生暖かい目で見てやってください。


 それにしても、自分の技量不足と知識不足、会話センス、構成力は壊滅的ですね。描写や、感覚表現、情景だとか、は努力しだいで何とかなるのかもしれないですけど、他は絶望的かもしれません。

 小学三年生にちょっと毛が生えた程度の頭なのは本当に何をするにしても困ります。身体だけは大人になって頭は子供というこの矛盾。.........勉強しよ。もう二次創作を書いている場合じゃないぜマジで。........それではさようなら。



                                       終わり。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023338079452515