SS投稿掲示板




No.42107の一覧
[0] (TVアニメシャーロット)Charlotte SS 乙坂有宇の記憶力がずば抜けていたら[ 幸せな二次創作](2021/08/31 05:41)
[1]  プロローグ 異常な記憶力、異質な力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2018/02/01 19:43)
[2]  第一回 僕が正義だ。[ 幸せな二次創作。](2016/08/27 13:55)
[3]  第二回 幸せになるための努力[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:46)
[4]  第三回 断裁予告[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 00:24)
[5]  第四回 この世は金だ![ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:24)
[6]  第五回 情報と憶測[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:30)
[7]  第六回 その為ならプライドだって捨てられる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:28)
[8]  第七回 星ノ海学園[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:50)
[9]  第八回 神になることもできる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:59)
[10]  セカンドプロローグ なにがなんだか分からない.....。[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 02:02)
[11]  第一回 誰かの声[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:37)
[12]  第二回 違う過去の世界[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:58)
[13]  第三回 さようなら、白柳さん。[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:25)
[16]  第四回 万有引力の法則[ 幸せな二次創作。](2017/02/01 08:08)
[17]  第五回 他人の不幸と自分の幸せ[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:16)
[18]  第六回 Re[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:39)
[19]  第七回 くそ、ぶん殴ってやりたい。[ 幸せな二次創作](2018/11/20 05:49)
[20]  第八回 怒りのアッパーあァァアアァアァァ![ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:13)
[21]  第九回 よし、悪は燃そう!。[ 幸せな二次創作。](2016/09/24 08:05)
[22]  第十回 プロデューサー私はてめぇを殺したい。[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:40)
[23]  第十一回 あ、赤い....[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:42)
[24]  第十二回 知らぬ能力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/09/17 08:15)
[25]  サードプロローグ テロリストの少女[幸せな二次創作](2016/10/20 00:37)
[26]  第一回 助け船だと思った? 残念! それ泥舟ですー![ 幸せな二次創作。](2016/10/20 01:02)
[27]  第二回 視線 [訂正][幸せな二次創作。](2016/10/20 01:14)
[28]  第三回 とある任務という名の襲来 [ 幸せな二次創作。](2016/10/23 02:49)
[30]  番外編 迷子のテロリストの少女と黒髪のターゲット[ 幸せな二次創作。](2016/09/02 13:56)
[31]  第四回 テスト勉強と一時の恥[ 幸せな二次創作。](2016/10/23 03:09)
[32]  第五回 クソッ! 舐めていた! 僕は学園創設者のことを完全に侮っていた。[ 幸せな二次創作。](2016/11/01 09:17)
[33]  第六回 詰んでいた現状 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/10/23 04:04)
[34]  第七回 コードカンニング 反逆の乙坂 [ 幸せな二次創作。](2016/10/30 02:47)
[35]  第八回 期末テスト[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 02:50)
[36]  第九回 成り行きに任せる[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 03:13)
[37]  第十回 誰かに認めてもらいたくて[ 幸せな二次創作。](2016/10/29 11:18)
[38]  番外編 佐藤美保の監視報告[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 03:32)
[39]  乙坂隼翼(学園創設者様)の困惑[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 02:56)
[41]  第十一回 惨めになってたまるかぁ !!![ 幸せな二次創作。](2016/11/22 03:23)
[42]  第十二回 プロ入り間違いなしの高校球児だと[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:25)
[43]  第十三回 誰にでも投げられるナックルの魔法[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:42)
[44]  第十四回 試合開始[ 幸せな二次創作。](2016/11/24 15:45)
[45]  第十五回 刹那的スイング[ 幸せな二次創作。](2016/11/28 15:30)
[46]  第十六回 2[ 幸せな二次創作。](2021/12/29 04:40)
[47] 第十七回 今どんな気分だ?[幸せな二次創作](2021/09/28 02:38)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[42107]  第二回 違う過去の世界
Name:  幸せな二次創作。◆0adc3949 ID:159db371 前を表示する / 次を表示する
Date: 2016/08/16 05:58
 「ただいま......」

 「あ、有宇お兄ちゃんお帰りなさいなのですぅ!」

 僕が前に住んでいた家の中に入ると玄関先に歩未が出迎えてくれる。これで確実に僕が過去にいることが証明される。手の込んだドッキリという可能性はなくなった。高城が嘘をいっている可能性もまだ残っていたからな。この家に置かれた家具や机などが引っ越し前の状態であることと歩未の服装が僕が生徒会と接触した日と同じものだということを目にすれば自分が過去にいるのだと確信できた。

 歩未は僕が僕を出迎えるとそして必然的に僕がずぶ濡れなことに気づく、どう言い訳しよう。

 「て、有宇お兄ちゃんそんなに何でずぶ濡れなの!」

 「嗚呼、実は道中大事なプリントを見ていたら風に飛ばされて川に流されてしまってな、それを取りに行ったらスッ転んでこの様だよ」

 あまりにもあり得ない言い訳だったが絶対にないとは言いきれまい。歩未は「それは大変なのですぅ。早くお風呂に入ってくだされ!」とずぶ濡れの僕をお風呂に入るとように促す。というか今ので信じたのか.......。あまりにも純粋で人を疑うことを知らなさすぎる歩未は将来へんな男に引っ掛からないか心配だ。

 「嗚呼、入ってくるよ」僕は直ぐにバスルームへいき、冷えきった体を湯船に沈め、暖めた。

 風呂から上がると歩未がオムライスを作る用意をしている。卵に、ご飯、ケチャップ少々にそして.......ピザソース。あの甘いオムライスは何か久しぶりな気がする。友利が死んだあの後の夕食も無理やり食べたが直ぐに吐きそうになって歩未にバレない様に吐くが大変だった。その後は食欲がないといってあまり食べていなかったのだ。

 だが、今この時間では友利は生きている。もう、気分が悪くなることもないだろう。だってこの世界では友利は死んでいないんだから。

 ふと思った、未来のあの世界では今、僕の体はどうなっているのか。この時間の乙坂有宇と入れ替わったのか。それとも意識不明になっているのか。考えても僕には確認のしようのないことなので諦めよう。


 「歩未、僕も手伝うよ」

 「え、有宇お兄ちゃん手伝ってくれるの?」

 歩未は僕が料理の手伝いをするというと少し驚いた顔をする。白柳さんの事故の後の僕は手伝っていなかったのだろうか?。

 「何か変だったか?」

 「いえ、でも有宇お兄ちゃんが料理を手伝ってくれるって言うの久しぶりだから、ちょっとびっくりしただけなのですぅ」

 「.......」

 この世界の僕は歩未の手伝いをしていないのか。白柳さんの事故の後には手伝い始めているはずだけど、もしかするとこの世界の乙坂有宇と僕の価値観やものの見方、感性そのものが違ったのかもしれない。

 「だけど、大丈夫なのですか?。有宇お兄ちゃん久しぶりだから上手く出来るかな? 」

 「大丈夫。失敗しそうになったら歩未がフォローしてくれるだろ? 」

 「分かったのですぅ。このあゆに有宇お兄ちゃんのアシストはお任せあれ!」

 元気よくそう言う歩未の頼もしさといったら.......。しかし、僕が失敗することはないだろう。ここの所は歩未の手伝いをしっかりしていたし料理スキルは現在進行形で上達中だぜ!。

  ........と、思っていたが甘かった。

 「嗚呼!、有宇お兄ちゃん黄身に殻が」

 「なにっ!」

 僕が卵の片手わりに失敗した...だと。

 「有宇お兄ちゃん、ケチャップとピザソースの順番が間違っているのですぅ!」

 「しまった! つい拒絶反応が! 」

 拒絶もなにも僕はそこまで嫌いじゃないはずなんだけどな。

 その後もケチャップを多くご飯にかけてしまったり、オムレツをぐしゃっとしたものにしてしまったりと何故か失敗が何とか完成した。

 「「完成!」」

 完成オムレツの形は少し、おかしい。トマトケチャップの量を多めにしたライスは真っ赤、ピザソースの甘さを確実に押さえているだろう。しかし、この僕が失敗するなんて.......くそ、意識がこの世界で覚めてから色々とおかしい。僕が自分のこの体に馴染んでいないのか?。

 「.......すまない歩未、色々と失敗したが何とかお前のおかげでオムライスを作ることができた」

 「誰にでも失敗はあるのでござる。それに有宇お兄ちゃんは久しぶりに作ったんだからしかたないよそれよりも早く食べよ!」

 妹の兄を気遣う心に申し訳なさとありがたみを感じながら、歩未と一緒にオムライスを食べ始める。何時もの甘すぎると言えるオムライスは、何時ものように甘すぎる感じはなく、ピザソースは程よい隠し味になっていた。

 見た目はあれだが美味しい.....。歩未はピザソースの量が足りない気がするけど、これも美味しいかもしれないといってくれたのでまぁいいだろう。

 オムライスを食べている最中歩未が何かを思い出したような顔をし僕に話しかけてくる。

 「そういえば有宇お兄ちゃん、おじさんから聞いたのですが、星ノ海学園に特待生として転入することになるって聞きました本当でなのしょうか!」

 「......ああ、まぁ、本当だ」

 「おお!。家計が助かりますぅ!。それとおじさんがお祝いに美味しいものを送ってくれるそうですぅ」

 歩未はスプーンを皿の上におき、嬉しそうにしながら両手を広げるように開開させる。おじさんからの送りものを僕は知っている。何故、全て金さんラーメンなんだ!。せめてメロンとか少し高いものがよかった!。

 オムライスを食べ終え、食器を洗い終えると、僕は自分のテーブルの上にあるパソコンの電源を入れようとする。この世界の僕が株をしているかを確認するためだ。歩未の手伝いをしていなかったことといい、生徒会に無様に捕まったことといい、この世界の僕は幸せになる努力をすると決めて辿って来たもをしていない可能性があったからだ。だが、丁度その時そスマートフォンのメールを受信したメロディがなった。陽野森高校の生徒からだろうか。僕のメールアドレスが陽野森高校の誰かから漏れたのか知らない生徒からのメールが入ったりするのだ。いつかの一年二組の杉本なる女子にもメールアドレスは教えてなかったのにメールが届いたりしたからな。一体今度はどんなやつだ。

 僕は一度ため息を吐くとメールのファイルを開く。

 「ッッ!!!!」

 バタリッ。

 「有宇お兄ちゃん! どうしたの! 」

 僕はメールの差出人の名前を見て、座っていた机の椅子の上から思わずおち、落としたスマートフォンから仰け反るように離れる。手は震え、呼吸は荒くなり、頭が恐怖で真っ白になる。

 どういうことだ。どういうことだどういうことだどういうことだどういうことだどういうことだ。同じ思考がぐるぐるまわる。

 何で、何で、何で、何で、何で、こうも僕の知っている世界と違うんだ.........。

 「有宇お兄ちゃん大丈夫! 顔真っ白だよ! 」

 歩未が心配する声が聞こえてきて少しだけ、本当に少しだけだが、落ち着く。だが手の震えはとまらない。

 「大丈夫だ......。歩未、頼みがあるんだ.......そのスマートフォンに表示されているメールの差出人を教えてくれないか.....」

 僕の声は震えていた。まるで悪魔に魂を抜かれそうになっているようにか細い声になっている。歩未は「うん」と心配そうな顔をしたまま落ちていたスマートフォンにゆっくり近づき、拾うと、メールの差出人を見る。

 「えっと?.......しら、......やなぎ?で読み方あってるかな....?」

 思わず唾をグビリッと飲み込む。心臓が破裂してしまうのではないかと思うほどに高速で脈をうつ。なのに体温は上がることはない逆に温度は誰かに奪われるように低くなり、唇も小刻みに震えだす。未知なる事態にたいしての恐怖が僕の全身を蝕んでいた。

 人がトラックに轢かれ、死んだあの瞬間の映像が鮮明に思い出される。この日ほど、自分の異常な記憶力を恨んだことはなかった。

 鮮血が辺りに飛び散り、その血は一番近くにいた僕の頬にも付着した。引きちぎられた腕。ゆっくりとその腕から流れる血液に誰もが唖然としたあの一時の静寂。

 胃の中に入れたばかりのものが逆流してくる感覚を覚える。トイレに駆け込み、出せる限りのものを全て吐き出す。

 消化しきれていない血のような赤い物体。それがさらに僕を形成する意識を揺さぶる。

 あり得ない。生きている。死んでいない。目の前で死んだのに。僕が殺したのに。なんなんだこの世界は、僕が経験したことと違うことが起こっている世界。違う結末を、辿っている世界。......過去。

 友利に星ノ海学園に転入するように言われた場所も違ったし、高城に瞬間移動でぶっ飛ばされた事もなかった。そして、僕の世界では僕が殺してしまった白柳さんも生きている......。

 ........割りきるしかないこの世界は僕の知っている世界とにて非なる世界であると言うことを....。 受け入れるしかない。殺してしまった人物が生きている過去の世界を......。

 「落ち着け.......受け入れろ......」

 自分にそう言い聞かせる。そうだ受け入れるしかない。死んだ人間が生きている過去も、自分の知っている世界ではないことも。

 「有宇お兄ちゃん大丈夫!!」

 歩未が心配してきたらしい。取り敢えず「大丈夫だ」と言い僕は吐いたものを流すと確り掃除をしたあとに出る。

 歩未はそのあとも心配していた。僕は大丈夫としか言うことが出来なかった。だが歩未の心配している通り全然体調はよくなかった。何度も吐きそうになったがその都度我慢した。

 受け入れろ受け入れろ受け入れろ受け入れろ受け入れろ。自分に何度もそういい聞かせる。大丈夫だ。相手は僕が殺した事実を知らないんだ。殺されやしない.....。

 メールの中を一度見たので記憶に残っている。読んだわけではない。その時の画像を鮮明に思いだし、ゆっくりと読む。スマートフォンで直接見るのはなんだか嫌だった。現実を突きつけられているようで..........。

 メール内容は僕が生徒会室に呼び出された後、どうして、校門から逃げるよう必死な表情で出ていったのか。あの後帰ってこなかったのは何故か。そして、忘れた鞄を預かっているから明日の朝、学校で渡すという内容だ。

 そう言えば友利や高城から逃げ帰るように家路についたとき僕は手ぶらだった。やはり、完全には冷静になれていなかったらしい。歩未に言った言い訳もつじつまが会わないじゃないか。何せ僕は鞄を持っていなかったのだから......。歩未がその事に気付かなかったとは思えない。分かっててもあえて気付かなかったふりをしてくれたのかもしれない。本当に何時も気を使わせているな....。

 何時もの就寝時間となり布団に横になる。歩未は心配そうな顔をして「気分が悪くなったら言ってね」と僕を気遣ってくれる。本当に言い妹を僕は持っているな......。

 電気を消し、布団に横になりながら僕は明日の朝のことを考える。白柳さんに会わなければならない鞄を彼女が持っているから。あの鞄は星ノ海学園でも使うからな。だが、それは建前だ。本当にあう理由は別にある。彼女が生きているか否か。それによって僕の今後の動きが変わってくるのだ。

 白柳さんが生きていると言うことは友利に殺してしまった犯人という証拠をとられるという事態が無くなったことになる。友利を排除する理由も証拠も無くなくなったのだ。

 唐突に突きつけられた別の世界の現実。

 僕は彼女が白柳さんが生きている姿を見ないと自分の気持ちに踏ん切りがつけられない気がする。今は兎に角睡眠を少しでもとってもおかないと......。





                      その晩、僕が眠りにつけることはなかった。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025026082992554