SS投稿掲示板




No.42107の一覧
[0] (TVアニメシャーロット)Charlotte SS 乙坂有宇の記憶力がずば抜けていたら[ 幸せな二次創作](2021/08/31 05:41)
[1]  プロローグ 異常な記憶力、異質な力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2018/02/01 19:43)
[2]  第一回 僕が正義だ。[ 幸せな二次創作。](2016/08/27 13:55)
[3]  第二回 幸せになるための努力[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:46)
[4]  第三回 断裁予告[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 00:24)
[5]  第四回 この世は金だ![ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:24)
[6]  第五回 情報と憶測[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:30)
[7]  第六回 その為ならプライドだって捨てられる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:28)
[8]  第七回 星ノ海学園[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:50)
[9]  第八回 神になることもできる[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 01:59)
[10]  セカンドプロローグ なにがなんだか分からない.....。[ 幸せな二次創作。](2016/11/13 02:02)
[11]  第一回 誰かの声[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:37)
[12]  第二回 違う過去の世界[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 05:58)
[13]  第三回 さようなら、白柳さん。[ 幸せな二次創作。](2016/08/16 06:25)
[16]  第四回 万有引力の法則[ 幸せな二次創作。](2017/02/01 08:08)
[17]  第五回 他人の不幸と自分の幸せ[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:16)
[18]  第六回 Re[ 幸せな二次創作。](2018/11/20 05:39)
[19]  第七回 くそ、ぶん殴ってやりたい。[ 幸せな二次創作](2018/11/20 05:49)
[20]  第八回 怒りのアッパーあァァアアァアァァ![ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:13)
[21]  第九回 よし、悪は燃そう!。[ 幸せな二次創作。](2016/09/24 08:05)
[22]  第十回 プロデューサー私はてめぇを殺したい。[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:40)
[23]  第十一回 あ、赤い....[ 幸せな二次創作。](2016/08/20 13:42)
[24]  第十二回 知らぬ能力 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/09/17 08:15)
[25]  サードプロローグ テロリストの少女[幸せな二次創作](2016/10/20 00:37)
[26]  第一回 助け船だと思った? 残念! それ泥舟ですー![ 幸せな二次創作。](2016/10/20 01:02)
[27]  第二回 視線 [訂正][幸せな二次創作。](2016/10/20 01:14)
[28]  第三回 とある任務という名の襲来 [ 幸せな二次創作。](2016/10/23 02:49)
[30]  番外編 迷子のテロリストの少女と黒髪のターゲット[ 幸せな二次創作。](2016/09/02 13:56)
[31]  第四回 テスト勉強と一時の恥[ 幸せな二次創作。](2016/10/23 03:09)
[32]  第五回 クソッ! 舐めていた! 僕は学園創設者のことを完全に侮っていた。[ 幸せな二次創作。](2016/11/01 09:17)
[33]  第六回 詰んでいた現状 [訂正版][ 幸せな二次創作。](2016/10/23 04:04)
[34]  第七回 コードカンニング 反逆の乙坂 [ 幸せな二次創作。](2016/10/30 02:47)
[35]  第八回 期末テスト[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 02:50)
[36]  第九回 成り行きに任せる[ 幸せな二次創作。](2016/10/24 03:13)
[37]  第十回 誰かに認めてもらいたくて[ 幸せな二次創作。](2016/10/29 11:18)
[38]  番外編 佐藤美保の監視報告[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 03:32)
[39]  乙坂隼翼(学園創設者様)の困惑[ 幸せな二次創作。](2016/11/04 02:56)
[41]  第十一回 惨めになってたまるかぁ !!![ 幸せな二次創作。](2016/11/22 03:23)
[42]  第十二回 プロ入り間違いなしの高校球児だと[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:25)
[43]  第十三回 誰にでも投げられるナックルの魔法[ 幸せな二次創作。](2016/11/17 12:42)
[44]  第十四回 試合開始[ 幸せな二次創作。](2016/11/24 15:45)
[45]  第十五回 刹那的スイング[ 幸せな二次創作。](2016/11/28 15:30)
[46]  第十六回 2[ 幸せな二次創作。](2021/12/29 04:40)
[47] 第十七回 今どんな気分だ?[幸せな二次創作](2021/09/28 02:38)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[42107]  プロローグ 異常な記憶力、異質な力 [訂正版]
Name:  幸せな二次創作。◆0adc3949 ID:159db371 前を表示する / 次を表示する
Date: 2018/02/01 19:43
 僕、乙坂有宇にはずっと小さい頃から疑問に思っていた事がある。

 一つは、幼い頃に読んだ本の内容をあれからかなりの歳月がたったにも関わらず逆さまから一字一句言えるほどの異常な記憶力にたいして。

 そしてもう一つは、何故自分は自分でしかなく、他人ではないのだろうというもの。

 我思う故に我ありとは昔の哲学者の言葉だったけど、僕は我ではなく、他人を思ってみた。

              あの人も僕なのではないかと。




 他人を思う、そんな事を何時も思いながら過ごしていると、ある日の僕は、他人になっていた。

 簡単に言えば乗り移りだ。だけどこの能力は視界にいる人間にしか使えないし、乗り移れる時間は五秒。

 しかも、乗り移っている間は僕の体は無意識状態になっていて、慣れないうちはよく怪我をすることもあった。


 時間も短いし、視界にいる人間にしか乗り移れないから邪なことには使えない。学校で女子に乗り移ってあれやこれやしたい。なんて、淫らな考えが過るような年頃に発現したので、頑張って乗り移れる時間を増やせないか試したりしたのは今では恥ずかしい思い出である。結局、増えなかったけどな!


 五秒しか乗り移れないという理由から、僕のやれることといえば、精々気に入らない不良連中に乗り移り、その仲間にスクリューブローを全力でレバーに叩き込む。そんな腹いせくらいにしか使えない能力だった。


 だが、人間の閃きとは唐突にやってくるものだ! この異能力を存分に発揮できるアイディアを僕は思い付いた!

 それも僕だからこそできる事である。

 それがなにか、教えてやろう。






 頭のいい連中に乗り移ってテストの答案の解答を暗記すれば学年一位も夢じゃないんじゃね....だ!


 幼い頃に読んだ本を逆さまから読み上げることのできるような記憶力だ。この異能力を使えば楽にできてしまう気がする。

 カンニングなんてしなくても、記憶力がいいのだから教科書を暗記すればいいじゃないかというやつもいるだろうが、少なくとも異能に目覚めた時点の僕はそんな面倒な事を進んでしようなんてことは微塵も思わなかった。


 まぁそんな訳で、僕はテストで直ぐ様そのアイデアを実行に移した。

 頭のいい連中に乗り移りまくり、そいつらのテストの解答を完璧に記憶、自分の体に意識を戻されてから、信憑性の高い答えを自分の答案用紙に記入していき、そして、僕は全教科ほぼ満点という記録を叩き出して、中学生活で初めて学年一位の座を手に入れのだった。


 当然、成績の急上昇にカンニングを疑う教師が出てきて、再テストをさせてきた。だが、僕には意味の無いことなんだよ! 馬·鹿·共·目!


 僕は一度見たものや聞いたものを絶対に忘れることはない。目の前で同じテストの問題をすらすらと解いたら教師陣が僕を疑うことは無くなった。元々、暗記系の科目ではいい点をとっていたのがよかったのかもしれない。


 だが、一人、厄介なやつがいた。校長だ。頭が禿で舞台に立つとき照明で禿頭がピカチュウと光る太ったあのプライドの高いと有名な校長だ!


 校長は僕が答えを覚えているのではと疑っていた。ある日の放課後、校長は僕を校長室に呼び出して、僕の苦手とする物理の再テストをさせてきた。他の教師達の時と同じようにすれば問題ないと思って座ったが最後、テストの問題の内容は全くの別物で僕には解くことができない。


 僕は焦った。このままではカンニングがバレてしまうと。しかし、校長のミスで何とか切り抜けることができたのだ。


 「どうした。まさか解けないのか?。答えはこの机の上にあるからカンニングはできない。乙坂君、カンニングをしていないと証明したいなら早く解きなさい.....」

 それを聞いて時、僕は俯いてテストに集中するふりをしていた。シャープペンを持つ手が震える。校長から見れば問題を解けないことに困り焦っているようにでも見えていただろう。校長はそんな僕を見て自分はやはり正しかったとでも思ったのかうっすらと卑しい笑みすら浮かべる始末だった。

 だが、その時、僕は焦っていたわけでも困っていたわけでもない。笑いを堪えるのに必死なだけだったのだ。

 わ、笑うな! ぜ、ぜ、絶対に笑っちゃダメだ!


 そう自分に何度も言い聞かせる。笑えば不自然に思われる。僕は深呼吸をすることで笑いを堪えきった。

 校長、あなたは、僕にあたえてはいけない情報をあたえてしまった。あなたの机の上にテストの答えがあるという情報が僕の耳に入らなければ、校長の考えが正しいと証明され、僕はカンニング魔というレッテルを貼り付けられていたことだろう。

 でも......あんたが座る椅子の前に存在するその机の上に、今解いている問題の答えがあるというなら話は別だ....!


 僕は直ぐ様、校長に乗り移り、机の上に置かれている紙を見る。確かに今、解いているテストの答えだった。

 僕はその答えを四秒で脳に焼き付け、残りの一秒でその紙を元の位置に戻すと同時に自分の体に戻った。

 自分の体に意識が戻った時思っていたことは 勝った! という確信だった。今この状況を作り出し僕を絶望の崖っぷちに立たせた憎むべき校長に対してだ僕は勝ったんだ。

 僕は深い静かな勝利のため息を吐くと机にのるテスト用紙を見ていた顔を上げ相変わらず薄ら笑いをしている校長を見た。

 僕が乗り移っている間は乗り移っている人間の意識はない。つまり校長は僕が答えを見たのにも気づけなかったということ。そのことに思わず口の端を吊り上げてフッと笑った。

 「?」

 校長はそれを見て一瞬首を傾げた。危ない危ない、少しでも怪しまれるのはよくないじゃないか。今はカンニングをしていないと僕がこの大人に示す時間なのだ。だから僕がカンニングをしていないと証明してやろう。僕がカンニングをしていないことの証人となるのは僕に疑いをかけた校長自身だ。

 僕はシャープペンを確りと持ち、ひとつめの解答を埋めた。そして次々に問題の答えを覚えている通りに記憶しているままに記入していき、最後の問題を解き終えると、回答用紙を校長の座る仰々しいデスクにバシッと叩きつけるように渡した。

 「解きました。 .....どうしました? 早く採点をしてください校長先生」

 僕が急に問題を一気に解いたことに茫然としていた校長は僕の言葉ではっとなると近くの鉛筆立てに立ててあった赤ペンで採点を始めた。

 結果は言うまでもない。


 「ぜ、全問正解だ.....ばかな」

 「これで僕がカンニングなんてしていなかったとご理解いただけましたか」

 「くっ.....ああ、疑って、すまなかった」


 校長は悔しそうに頭を下げる。 誠意なんて全く感じれない謝罪。実にくだらん!

 こいつは僕を窮地に追い込み、問題を変えたテストに四苦八苦する姿を窺って、追い込まれる様を楽しんでいたのだ! その事を僕が赦すわけがないし、上っ面な謝罪を貰っても嬉しくもなんともない。 

 だが、思っていることをそのまま言っても意味がない。説教をくらうだけ....。

 その時の僕は心の広い乙坂有宇だった誰がどんなことをしようとも許せる人間だった。そう思いこんで校長を許した。もちろん表面上だ。本心では許す気なんぞまったくないのである。

 「校長先生、誰にでも間違う時はありますよ。それに、今日の事は仕方ないことですし....。それじゃ、僕は妹を家で待たせているので帰りますね。失礼しました」

 僕はそう言うと校長室から退出し、その後すぐに、自分のクラスの教室に鞄を取りに行った。その後、再び、校長室に足を運ぶ。

 先程言ったが、あえて、もう一度言おう! 表面上で許せど、本心では僕は校長の仕打ちをゆるすつもりなんて微塵もなかった。

 やつは僕が苦しむ姿を嘲笑った。窮地に立たせた。それだけで万死に値する!

 だから、僕は校長に対して報復する権利がある。 やり返す。徹底的に! 僕のもちいる力を使ってな!


 僕は校長室前にたどりつくと、退出の際に僅かに開けておいたドアの隙間から、僕の解いた回答用紙を納得のいかない様子で見ている校長に乗り移る。

 そして、校長に乗り移った僕は後ろにある、校長室の窓を無駄のない最小限の動きで開けると三階であるここから真下にある花壇から少し離れた、アスファルトに飛び降りた。

 宙に身を投げ出した瞬間、意識が自分の体に戻される。

 そして、直ぐ様、普段人が使わない、非常階段がある場所まで全力疾走し外に出た。

 非常階段から校舎の裏に出て、澄まし顔で校門まで向かっている道中、校長の痛みに悶える絶叫が聞こえた。しかし、足から落ちたから死んではいないだろう。 

 次の日クラスの奴らから知ったが、校長の足は完全粉砕、もう治ることはないらしい。そして飛び降りた当人は何故は飛び降りたのか覚えていないと言っており、精神患者扱いだ。校長が自分で窓から飛び降りる所を見ていた人間がいたらしいし、そう思われて、当然だろう。誰も乗り移られ操られていた、なんて考えない。

「校長が自分で飛び降りた」との証言が多かったからか僕が疑われる事もなかった。

 完全犯罪成立。 僕を窮地にまで追い込んだ仮はしっかり返した! ざまぁみろ! これが、僕に楯突いた結果だ。これは当然の報いで、僕が正義なんだ! 楯突いた奴が悪なのだ! 


 閑話休題。


 さて、あのスカッとした出来事から、そんなこんなで時間がたち、もうすぐ受験シーズンなのだ!

 乗り移り+完全記憶能力という最強の能力を持っているので、当然名門校に進学してやるつもりである。

 だけど、受験では誰が頭がいいのかは分からない。だから僕は幾つもの名高い塾に塾生のふりをして忍び込んだ。

 どの受験生が、どの科目が得意なのかを徹底的にリサーチ。そして、無事、エリート校に首席で入学したのだった。



 桜花が咲き誇る春。この陽野森高校の体育館では新入生を迎える入学式が行われている。

 『では、新入生代表、乙坂有宇君挨拶をお願いします』

 「はい! 」

 新たなる学校の校長に返事を返し僕は立ち上がり、舞台へと向かう。

 その途中、やれイケメンだの、あいつが首席かだの同じ新入生達が騒いでいたが、ああ、そうだとも!。

 眉目秀麗、成績優秀、スポーツ万能。それが僕だ! お前らとはできが違うんだよ!

 マイクの置かれた場所に立ち、辺りを見渡す。下から椅子に座って僕を見上げる生徒に教師達、そして僕は彼らを見下ろす。

 ああ、まるで愚かにも神を崇める人間とそれを見て程度が知れると見下す神のようではないか! どらちらがどっちなのかはいうまでもないだろう......。

 今のこの光景に思わず口の端を吊り上げてしまいそうになるが何とか堪える。


 『本日は私達、新入生の為に、このような盛大な式をあげていただき、誠にありがとうございます! 春の暖かな春の日差しに包まれ、私達は伝統ある陽野森高校の一員となります。明日からの学校生活では学業は勿論、部活動にも全力で取り組み、自分自身を向上させていきたいと思います。本日は誠にありがとうございました! 』

 挨拶が終わると僕はお辞儀をした。それと同時に盛大な拍手の喝采がこの体育館を包み込む。

 ああ、もう無理だ......。「フッ」僕は顔を伏せながら、噛み殺していた笑いを思わず漏らした。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025381088256836