SS投稿掲示板




No.37979の一覧
[0] 水色の星A2(灼眼のシャナ)[水虫](2013/07/02 17:26)
[1] 7-1・『禊げぬ罪』[水虫](2014/02/23 06:26)
[2] 7-2・『悠かなる伴侶』[水虫](2014/03/04 08:15)
[3] 7-3・『莫夜凱』[水虫](2014/03/04 08:19)
[4] 7-4・『恋と欲望のプールサイド』[水虫](2014/03/17 21:45)
[5] 7-5・『父の帰還』[水虫](2014/04/18 17:31)
[6] 7-6・『錯綜』[水虫](2014/05/16 19:26)
[7] 7-☆・『天使の運命』[水虫](2014/05/17 18:28)
[8] 8-1・『新学期』[水虫](2014/08/05 18:14)
[9] 8-2・『白の爪痕』[水虫](2014/09/06 06:23)
[10] 8-3・『都喰らい』[水虫](2014/12/20 11:21)
[11] 8-4・『清秋祭、来たる』[水虫](2015/03/17 17:57)
[12] 8-5・『サンドリヨンのヘカテー』[水虫](2015/03/18 18:28)
[13] 8-6・『戯睡郷』[水虫](2015/03/22 13:54)
[14] 8-7・『革正団』[水虫](2015/03/31 06:03)
[15] 8-8・『ヘカテーVSメア』[水虫](2015/04/03 19:56)
[16] 8-9・『銀の正体』[水虫](2015/04/08 10:49)
[17] 8-10・『血塗れの蛇姫』[水虫](2015/04/12 11:05)
[18] 8-11・『敖の立像』[水虫](2015/04/16 11:14)
[19] 8-☆・『大命の王道を』[水虫](2015/04/21 11:21)
[20] 9-1・『残された者達』[水虫](2015/04/28 06:20)
[21] 9-2・『大地の四神』[水虫](2015/05/04 15:50)
[22] 9-3・『神の代行者』[水虫](2015/05/06 16:21)
[23] 9-4・『それでも私は』[水虫](2015/05/10 20:15)
[24] 9-5・『震威の結い手』[水虫](2015/05/21 10:22)
[25] 9-6・『紅蓮を継ぐ者』[水虫](2015/05/26 06:14)
[26] 9-7・『祭基礼創』[水虫](2015/05/29 20:24)
[27] 9-8・『二つの旅立ち』[水虫](2015/06/07 18:56)
[28] 9ー9・『開戦』[水虫](2015/12/14 21:18)
[29] 9ー10・『デカラビア』[水虫](2015/12/30 17:53)
[30] 9ー11・『初陣』[水虫](2015/12/30 18:05)
[31] 9ー12・『黄金の獅子』[水虫](2016/01/05 21:40)
[32] 9ー13・『取り引き』[水虫](2016/01/14 12:13)
[33] 9ー14・『シャナVSプルソン』[水虫](2016/01/22 19:57)
[34] 9ー15・『VSフェコルー』[水虫](2016/01/28 12:25)
[36] 9ー16・『両界の狭間へ』[水虫](2016/02/03 16:33)
[37] 9ー17・『狭間の死闘』[水虫](2016/02/14 16:34)
[38] 9ー18・『ラーミア』[水虫](2016/02/17 16:57)
[39] 9ー19・『神の帰還』[水虫](2016/03/04 17:21)
[40] 9ー20・『黒の再会』[水虫](2016/04/05 19:18)
[41] 9ー21・『楽園』[水虫](2016/05/05 17:43)
[42] 9-22・『退路』[水虫](2016/08/15 04:59)
[43] 9-23・『崩壊』[水虫](2016/08/18 06:34)
[44] 9-24・『ワガママ』[水虫](2016/08/22 23:16)
[45] 9-☆・『麗しの酒盃』[水虫](2016/11/13 20:07)
[46] ☆-1・『覚悟と後悔』[水虫](2017/01/03 19:49)
[47] ☆-2・『緋色の空』[水虫](2017/04/14 04:33)
[48] ☆-3・『ただ隣を歩く敵として』[水虫](2017/06/14 19:23)
[49] ☆-4・『仮面の奥の』[水虫](2017/07/24 12:18)
[50] ☆-5・『悠二という名』[水虫](2017/10/30 13:05)
[51] ☆-6・『魔王の花嫁』[水虫](2018/03/09 12:56)
[52] ☆-7・『楽園の卵』[水虫](2018/08/12 18:45)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[37979] 水色の星A2(灼眼のシャナ)
Name: 水虫◆21adcc7c ID:f62a324b 次を表示する
Date: 2013/07/02 17:26
 
 はじめまして、或いはお久しぶりです。
 本作品はライトノベル『灼眼のシャナ』の二次創作で、以前に私が書いた完結済の『水色の星』という作品をリメイクした『水色の星A』の続編に当たります。
 なので、本作を読む前に『水色の星A』の方を先に読んで頂けると嬉しく思います。
 原作とは設定を改変している部分も幾つかございますが、予めご了承下さい。
 
 
 
 
 
 
 この世の歩いて行けない隣には、紅世と呼ばれるもう一つの世界がある。
 太古の昔、隣に住まう紅世の徒はこの世という世界を見つけ、渡り来た。
 しかし彼らは、本来ならば居てはならない『隣』の住人。己だけではこの世に留まる事さえ出来ない。
 故に彼らは……人間を喰らう。己に近しい意志を持つモノから、この世に在る為の根源……存在の力を奪う為に。
 だが、在る筈の人間の欠落はこの世を歪ませ、いつしか両界の破滅を齎らす。それを危惧した紅世の王たちは、人間の器に力を預けて同胞を討つ使命の剣……フレイムヘイズを生み出した。
 同胞殺しの目を逃れる為に、徒は歪みを和らげる道具を編み出す。
 その名は、トーチ。
 喰らった人間の存在の残滓を使って作られる代替品。それは急激な欠落を和らげる為に居場所に残り、少しずつ薄れて、いつしか消える。誰の記憶に残る事も無い。
 
「……………」
 
 日本の御崎市という街に住む少年・坂井悠二も、そのトーチの一つだった。
 だが、只のトーチというわけでもない。身体の中に宝具を蔵する特別なトーチ・『ミステス』だ。
 彼の宝具は『零時迷子』、毎夜零時に失った力を回復させる永久機関。その恩恵によって、悠二は消滅の運命を免れている。
 
「……悠二」
 
 部屋のドアをノックして、一人の少女が入って来る。
 水色の髪と瞳を持つ小柄な女の子。彼女の名は“頂の座”ヘカテー。紅世真正の神より生まれた眷属の一人である。
 
「そろそろ時間です」
 
「……うん、行こう」
 
 ヘカテーとの出会いが悠二の日常を変え、因果の齎らす幾つもの戦いを彼女と一緒に乗り越えて来た。
 積み重ねた結果は、今も少年の日常と非日常に繋がっている。
 
「わざわざ見送る必要もないと思うのですが」
 
「……かもね」
 
 二人で階段を降りる。
 会話する悠二の声は暗く、段差を踏む足取りは重い。
 少しでも顔に出さないようにと努めながら、玄関で靴を穿く。
 
「……………」
 
 自分が人間ではない事、掛け替えの無い日常から取り残される事に恐怖しながら、それでも悠二は襲い来る脅威と戦って来た。自分と、自分の大切なものを守る為に。
 それなのに―――
 
「(僕は………)」
 
 扉を開いて外へと踏み出す、苦悩を越えて怯えすら見せる少年を……
 
「グッモーニン! 今日も爽やかな朝ですなぁ♪」
 
 太陽のように笑う少女が、出迎えた。
 
 ―――その胸に一つ、人ならざるモノの灯火が揺れている。
 
 
 
 
「結局、一番肝心な教授には逃げられちゃったんだよねぇ……」
 
 平井ゆかり。
 高校に入ってから仲良くなった、今では誰より近しい坂井悠二の親友である。
 その少女の世界は……ほんの半日前まで、日常の側にあった。
 頭の両端で小さく結んだ焦げ茶色の長い髪も、爛々と輝く紫の瞳も、眩しいばかりの笑顔も変わらない。
 しかしその胸には……トーチの証たる灯火が燃えている。
 
「あの状況で贅沢は言えません。“壊刃”を倒せただけでも幸運と思わなければ」
 
 ある切っ掛けで悠二とヘカテーの真実を知った平井は、彼らを拒まず、受け入れ、それどころか自分から積極的に紅世に関わろうとした。悠二が何度言っても意志を曲げず、時には危険を冒して。
 そして遂に、先の戦いで悲劇は起きた。
 
「どちらにせよ、悠二の炎を見られた以上、おじ様は遠からずまた現れます」
 
 “探耽求究”ダンタリオン教授の実験と、それに雇われた殺し屋“壊刃”サブラクとの死闘。
 その激しい戦いの最中、宝具によって戦場を見張っていた平井が、敵の凶刃に倒れたのだ。……だが、敵が仕掛けたのは攻撃のみ。それで平井がトーチになる事など無い。
 
「……だったら、それまでに出来る準備はしとかないとね」
 
 平井をトーチに変えたのは、徒ではなく……他でもない、ここにいる坂井悠二だった。
 瀕死の彼女の傍に居た悠二は、死別の間際、少女との別離を受け入れられず……その身をトーチへと変化させたのだ。
 
「あ、もう来てる」
 
 結果として、平井ゆかりという存在は今もここに残っている。……しかし、その身は既に人間ではない。本来なら迎える事が出来た筈の『人間として死ぬ事』すら、もはや不可能。
 悠二は己の弱さから、平井を自分と同じ道に引き摺り込んでしまった。……いや、正確には、同じですらない。
 
「はよー、坂井、ヘカテーちゃん。あと……」
 
 ミステスには、二つの種類が存在する。
 一つは『旅する宝の蔵』と呼ばれる、世界中の器を無作為に転移する宝具が偶々入っているだけの……自身は通常のトーチと変わらないミステス。
 もう一つは、高性能な下僕……燐子を造れない徒が宝具を核に造る、“戦闘用のミステス”。
 喰われた人間の残滓である通常のミステスと、戦う事を前提に造られる戦闘用のミステスでは構成原理が異なる。
 戦闘用のミステスは、その人間から過去、現在、未来に広がる世界への影響力……運命という名の器を焼き払い、その器に外れた者としての存在の力を満たされて完成する。
 内に蔵するモノに違いはあれど、これはフレイムヘイズと同じ構造である。……故に、そこに居た人間の代替物として造られる通常のトーチとは違い、その身は完全にこの世から欠落する。
 悠二は前者、平井は……後者だ。
 
「平井さん……だったよね?」
 
「おうよっ、ちなみに前は“ちゃん”付けで呼んでたから、その方向でヨロシク」
 
 ここにいる二人の少年、佐藤啓作と田中栄太も、ほんの半日前まで平井ゆかりの事を友人だと認識していた。
 彼らはわけあって『この世の真実』を知っている数少ない人間だったが、それでも今……彼らは、平井を“友人だったらしい少女”としか認識出来ていない。異能者らにそうだと告げられて、実感の無いまま適応しようとしているだけだ。
 例外は、悠二やヘカテーを含めた異能者と……
 
「平井さん、昨日はシャナちゃんの家に泊まったんだって?」
 
「うん、今日メリーさんも連れて来ようと思ったんだけど、起きたらもうバイトに出ててさ」
 
 歪んだ世界を均す自在法『調律』の中核となっていた、同じく世界の真実を知る友人、池速人のみ。
 この取り返しのつかない現状に、悠二は無言で唇を噛み締める。
 
「(平井さんは、僕のせいで……)」
 
 この事態を、悠二は想定していなかった。それどころか、あの時の悠二は錯乱状態にあった。
 正気に帰った時には、手元にあった大剣型宝具を中核に、少女を戦闘用のミステスに変えていたのだ。
 もっとも、通常のトーチなら許されるというわけでもないし、あのまま彼女の死を見届ければ良かったかと訊かれれば……悠二には答えられない。
 解っているのは、もう変える事の出来ない残酷な現実だけだ。
 
「痛っ!?」
 
 いつしか目に見えて沈痛な顔になっていた悠二の脇腹を、池の肘鉄が打った。
 非難の目で振り返る悠二は、呆れたような半眼を向けられて黙らされる。……確かに、これでは自分の悩みを周りに押し付けているようなものだ。
 
「約束の時間より少し早いけど、これで全員揃いましたね」
 
 ちなみに今は、教授と“壊刃”の襲撃から一夜明けた御崎大橋。その目的は、昨夜の内に街の調律を終えたフレイムヘイズ『儀装の駆り手』カムシンの見送りである。
 同じくフレイムヘイズであるシャナ、ヴィルヘルミナ、マージョリーもまた、この場に集合している。
 そのカムシンは、予想以上の形で巻き込んでしまった池に向き直り、フードを少し深く被り直した。
 
「ああ、今度こそ調律は成功させました。……ですが、昨日の言葉は撤回しなければならないかも知れません」
 
「ふむ、どうもこの地は因果を引き寄せる性質にあるようじゃしな。調律一つで解決するかどうか、もはや儂らにも解らんのじゃよ」
 
 二人で一人の『儀装の駆り手』は、調律の協力を求めるにあたって、池に一つの保障をしていた。
 「歪んだ街を調律すれば、もうこの街に徒は来ない」と。半ば騙された形の池は、怒りもせず静かに首を振る。
 
「……いいんです。誰だって、思い通りになんかならない。フレイムヘイズだって、それは同じだと思います」
 
 たった二日で、池速人の世界は変わった。今はもう、強い者に無責任に縋りつく気にはなれなくなっていた。
 
「カムシンさんは自分の意志で戦ってる。それだけで十分です。僕も……この現実に向き合って生きて行きます」
 
 力強く言い切って、池はカムシンに手を差し出した。カムシンもまた、口元に薄い笑みを浮かべてそれを握る。
 二秒あるかないかという握手が終わり、カムシンの視線はシャナへと移った。
 
「ああ、“天壌の劫火”。我々はこれから、近隣の外界宿を回ってみる事にします」
 
「ふむ、無性に嫌な予感がするのでな」
 
 より正確には、シャナのペンダントに意識を表出させる天罰神アラストールへと。その視線は、横にゆっくりと動いてヴィルヘルミナ、マージョリー、そして悠二に流れる。
 
「“探耽求究”の実験を阻止し、“壊刃”サブラクを討滅した手並みは見事でした。ですが、いつも上手くいくとは限りません」
 
「今回は運が良かっただけという事実を、念頭に置いておいても良いじゃろうな」
 
「言われるまでもないのであります」
 
「って言うか、今回はアンタの調律が利用されたんだろうが」
 
「今から逃げるジジィ共が偉そうに」
 
 その忠告に悠二とマージョリーから手痛い皮肉を返されるも、カムシンは表情一つ変えない。そして、同じ忠告をヘカテーには向けない。
 
「ああ、では、そろそろ行きます」
 
「因果の交叉路でまた逢おう」
 
 必要最低限の事だけ言って、カムシン・ネブハーウは去って行く。
 結局最後まで、悠二は彼の事が好きになれなかった。最初に抱いた印象そのままに、自分の日常を掻き乱していた最古の討ち手が。
 
「さってと、んじゃ、あたし達も行くとしますか!」
 
 どことなく解散の空気が広がる寸前、平井が両手を伸ばして宣言する。
 『どこに?』という一同の視線を受けて……
 
「これから修行篇に突入します!!」
 
 清々しいほど脈絡の無い提案を、自信満々に言い切った。
 
 
 


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.052608966827393