SS投稿掲示板




No.36852の一覧
[0] 【チラシの裏から】リリカルなのは 管理局員奮闘記[お月見](2013/03/21 03:14)
[1] プロローグ[お月見](2013/03/07 08:27)
[2] 《第一部》 第一話[お月見](2013/03/19 11:31)
[3] 第二話[お月見](2013/03/19 11:32)
[4] 第三話[お月見](2013/03/19 11:23)
[5] 第四話[お月見](2013/03/09 20:02)
[6] 第五話[お月見](2013/03/09 19:42)
[7] 第六話[お月見](2013/03/07 08:12)
[8] 第七話[お月見](2013/03/07 01:33)
[9] 第八話[お月見](2013/03/05 19:01)
[10] 第九話[お月見](2013/03/07 01:03)
[11] 第十話[お月見](2013/03/09 20:01)
[12] 第十一話[お月見](2013/03/07 23:37)
[13] 第十二話[お月見](2013/03/10 07:20)
[14] 第十三話[お月見](2013/03/08 23:46)
[15] 第十四話[お月見](2013/03/10 13:10)
[16] 《第二部》第十五話[お月見](2013/03/10 13:38)
[17] 第十六話[お月見](2013/03/12 11:05)
[18] 第十七話[お月見](2013/03/12 11:05)
[19] 第十八話[お月見](2013/03/14 05:11)
[20] 第十九話[お月見](2013/03/19 11:30)
[21] 第二十話[お月見](2013/03/15 15:48)
[22] 第二十一話[お月見](2013/03/16 19:13)
[23] 第二十二話[お月見](2013/03/16 19:13)
[24] 第二十三話[お月見](2013/03/17 20:23)
[26] 第二十四話[お月見](2013/03/19 11:25)
[27] 第二十五話[お月見](2013/03/20 08:49)
[28] 第二十六話[お月見](2013/03/20 21:05)
[29] 第二十七話[お月見](2013/03/21 03:11)
[30] 第二十八話[お月見](2013/03/21 21:34)
[31] 第二十九話[お月見](2013/03/22 16:36)
[32] ≪第三部≫ 第三十話[お月見](2013/03/23 22:34)
[33] 第三十一話[お月見](2013/03/24 23:26)
[34] 第三十ニ話[お月見](2013/03/27 19:48)
[35] 第三十三話[お月見](2013/03/30 13:49)
[36] 第三十四話[お月見](2013/04/01 02:29)
[37] 第三十五話[お月見](2013/04/03 14:52)
[38] 第三十六話[お月見](2013/04/04 01:47)
[39] 第三十七話[お月見](2013/04/05 05:22)
[40] 第三十八話[お月見](2013/04/05 18:57)
[41] 第三十九話[お月見](2013/04/07 06:21)
[42] 第四十話[お月見](2013/04/09 18:20)
[43] 第四十一話[お月見](2013/04/10 04:00)
[44] 第四十二話[お月見](2013/04/13 05:57)
[45] 第四十三話[お月見](2013/04/14 05:29)
[46] 第四十四話[お月見](2013/04/14 19:10)
[47] 第四十五話[お月見](2013/04/15 05:21)
[48] 《第四部》 第四十六話[お月見](2013/04/16 01:49)
[49] 第四十七話[お月見](2013/04/16 19:03)
[50] 第四十八話[お月見](2013/04/16 18:55)
[51] 第四十九話[お月見](2013/04/17 06:37)
[52] 第五十話[お月見](2013/04/20 18:56)
[53] 第五十一話[お月見](2013/04/20 18:57)
[54] 第五十二話[お月見](2013/07/21 11:10)
[55] 第五十三話[お月見](2013/04/22 05:19)
[56] 第五十四話[お月見](2013/04/23 06:50)
[57] 第五十五話[お月見](2013/04/27 02:11)
[58] 第五十六話[お月見](2013/04/29 11:25)
[59] 第五十七話[お月見](2013/05/01 12:10)
[60] 第五十八話[お月見](2013/05/07 17:51)
[61] 第五十九話[お月見](2013/06/24 05:12)
[62] 第六十話[お月見](2013/06/24 05:11)
[63] 第六十一話[お月見](2013/07/01 01:22)
[64] 第六十二話[お月見](2013/07/07 04:12)
[65] 第六十三話[お月見](2013/07/18 03:57)
[66] 《第五部》 第六十四話[お月見](2013/07/21 11:08)
[67] 第六十五話[お月見](2013/07/27 04:18)
[68] 第六十六話[お月見](2013/08/05 14:38)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[36852] 第二十四話
Name: お月見◆31209bc4 ID:2a54bc87 前を表示する / 次を表示する
Date: 2013/03/19 11:25
 ミーティアによる加速を生かして、オレは体を地面スレスレまで伏せた状態で相手の懐に潜り込む。
 相手がこちらを迎撃しようと、体を動かすが、オレはそれより速く体を跳ね上げ、右手に持ったカーテナも同時に振り上げる。
 相手を縦に切り裂く攻撃だが、体を僅かに横にずらしただけで避けられてしまう。
 オレは僅かな時間差で左手のカーテナを突きだす。回避の直後では流石に避けられまい。そう思っていた。
 だが、相手はその場にしゃがみこむ事でオレの左手の突きを避ける。同時に、起き上がる勢いを使って、オレの腹部を殴ってくる。
 拙いと思った時にはとんでもない衝撃が腹部に襲いかかってくる。咄嗟に後ろに飛んだが、威力を殺しきれなかった。
 相手との距離が開く。
 スピードはミーティアがある分、オレの方が上。しかし、攻撃が経験によって読まれ、避けられている。
 単調な攻撃では効かない。次の次を予想して攻撃しなければ当たりはしない。
 オレはそう判断し、先手を打つ為に一歩踏み出す。
 スピードのあるオレは先手の優位がある。それは絶対的なアドバンテージだ。だが、それはいとも簡単に崩された。
 相手が一歩前に踏み込んできたのだ。直線的な突撃に突撃を被せてきた。
 ミーティアの加速を生かした突きを放とうとしていたオレは、予想外の間合いの変化に調整を余儀なくされる。これで先手の優位は消え、オレは相手に合わせる後手に回ってしまった。
 それでも今更止まれない為、オレは右手のカーテナを突きだす。
 相手は余裕を持ってオレの左手側に回りこんでくる。そう仕向けたのだから当然だ。今の突きは敢えて、相手の左手側を狙った。そうすればオレの左側に避けるしか選択肢はないからだ。
 オレは左手のカーテナを真横に振りぬきつつ、突いた右手のカーテナも真横の振る。
 左右からの挟み撃ち。打つ手は二つ。上か下だ。
 下ならば蹴りで、上ならばミーティアによる体当たりを仕掛ける。
 ここまでは思い通りだ。
 だが、次の瞬間、相手はオレの予想を超えた。
 ミーティアの加速には二種類ある。体全体を加速する全体加速と、腕や足など、各部位を加速する部位加速だ。
 今は両腕とも部位加速をしていた。それは圧倒的なスピードを誇り、同時に威力も備えていた。
 相手はその手を掴んでいた。両方だ。
 無手の相手に高圧縮魔力刃を受け止める手段は無いと思っていたオレにはそれは衝撃的な光景だった。確かに手首や塚は魔力刃ではないが、加速魔法で加速している腕を掴むなど、人間業じゃない。

「なっ!?」
「驚いてる暇があるのか?」

 オレは言われて掴まれた腕を振りほどこうとするが、それよりも一瞬だけ早く、相手の蹴りがオレの腹部を捉える。
 バリアジャケット越しでも衝撃が伝わる。ダメージはそこまでじゃないが、肺から空気が逃げていく。
 今すぐ大きく息を吸いたい所だったが、相手はそれを許してなどくれない。
 オレは歯を食いしばって、掴まれた両手を振りほどいて、後ろへ飛ぶ。
 オレが一瞬前に居た位置に蹴りが飛んでくる。
 間一髪。
 だが、今がチャンスでもある。オレは再度地面を蹴って、相手との距離を縮める。
 今度は左右へステップを踏み、相手の目線をかく乱した後に、僅かに出来た相手の死角へ回り込む。
 相手の右腕の下。そこに飛び込んだオレは、迷わずカーテナを振りぬく。
 完璧なタイミングだった筈だが、それはギリギリで避けられる。
 オレは左右のカーテナを横、縦、前後に振っていく。時には緩急を使い、時には蹴りを交えた連続攻撃だったが、そのすべてをギリギリで避けられた。わざとギリギリで避けているんだ。
 こんな筈じゃない。
 そう叫びたかった。実際、もう少し通用すると思っていた。オレの管理局での経験がこうまで通用しないなんて。
 オレは連続攻撃を止めて、大きく後ろへジャンプする。距離を自分から開ける。
 せめて一太刀を入れる。
 既に左右のカーテナとミーティアの併用で魔力は底を尽きかけている。おまけにたびたび食らった打撃のせいで、体力も奪われている。
 これが最後のチャンス。
 オレはそう思い、最高加速で相手の懐へ潜り込むとして、体に悪寒が走るのを感じた。
 ヤバい。そう思ったオレは、咄嗟に両手のカーテナを体の前に持ってくる。
 瞬間。何かが横に走った。
 何が起きたかは見えなかった。けれど理解はできた。
 相手が腰に差してあったデバイスを引きぬいたのだ。
 理解と同時にカーテナから伸びた魔力刃が上下に真っ二つになり、砕けた。
 高圧縮の魔力刃を斬ったのだ。
 もしも防御していなかったらと思うとぞっとする。そして、自慢の剣がいとも簡単に壊された事はかなりショックだった。

「勘が良いじゃねぇか。そこだけは進歩だな。まぁお粗末な戦い方や、最後は特攻って所は変わってないがな」

 呆れたような、嘆くようなため息を吐いて、未だに色を保っている茶色い髪の大柄な老人がそう呟く。
 この人はベルカ自治領の端の山にある小屋に住んでいる元管理局員。
 オレの師匠であるヨーゼフ・カーターだ。



◆◆◆



 新暦71年10月20日。

 クラナガンで起きたデイビス・バッツ出没事件。
 十二年前の再来かとも思われたが、陸士110部隊と休暇中の魔導師の活躍により、犠牲者はゼロで解決。
 陸士110部隊が出した報告書はそんな感じだ。
 休暇中の魔導師を調べれば、はやてだと分かるが、調べなければわからない。つまり、本部は見て見ぬふりをした。
 まぁわざわざ本局から地上に指揮官研修中のエース魔導師の手を借りましたなど、本部の威信を貶める事を掘り起こす馬鹿もいないか。
 とはいえ、これでは全くはやてに旨みが無い。働き損と言える。そうは思ってはいないだろうが。
 だから、はやては、協力の報酬として一つ部隊長に頼み事していた。
 それは、自分が部隊を作る上でのバックアップをしてほしいと言うものだった。
 ようは、反対する声を抑えて欲しいと言うお願いだ。
 既に前払いで協力して貰っている部隊長がそれを断れる訳もなく、我らが部隊長ははやての夢を支援する事を決めた。
 と言っても、それは先の話。少なくともはやてが指揮官研修を終わるまでは実現することはない夢だ。だからオレたちの部隊が特別忙しくなる訳はない。
 そう思っていた。
 どうやら、デイビス・バッツを逮捕した事で本部の高官達は、今更ながら、陸士110部隊がかなり使える部隊だと認識したようで、色々と面倒事を押しつけてきた。
 おかげで、九月につぶれてしまった休暇の申請が通ったのは一カ月以上後の今日になった。
 ちなみに、九月十五日にオレは誕生日を迎え、十五歳になったのだが、本当はその日を休みにする筈だった。事件が立て込みすぎて無理だったが。
 はやてはオレの誕生日に合わせて休みを取る予定だったらしく、オレが休みを取れないと分かると、珍しく怒り気味だった。はやての予定では、ヴォルケンリッターを紹介する予定だったらしい。それはまたいずれ機会がある時にと言って宥めるのに、結構苦労した。
 そんなわけで、一年に一度の誕生日すら仕事だったオレは、全く予定のない日に休暇をもらう事になった。
 いつもならば久しぶりの休日とばかりに遊びに行くか、のんびり過ごすかだが、今回はちょっとばかし違う。
 休日の今日。足を向けたのはミッドチルダのベルカ自治領。
 ここにはオレの師匠であるヨーゼフ・カーターが隠居してる。現役時代、教会騎士、犯罪者問わず、ベルカの関係者を叩き伏せていた男がベルカ自治領で隠居とは、どういう皮肉だと思いつつも、オレは師匠を訪ねてきていた。
 数年間、全く連絡を取ってない。というか取れなかったが、自分の場所だけは移動する度にヴァリアントに知らせていた為、こうして会いに来る事が出来た。
 約五年前に陸士訓練校に入る事を決めたオレは、師匠の教えを最後までは受けていない。その時は前線で早くから戦う事が強くなる事につながると思っていたが、実際は違った。師匠はオレを引きとめる事はしなかったが、それはおそらく、こうやって会いに来る事を予想していたからだろう。
 いつか壁にぶつかるぞ。そう言った師匠にオレは大丈夫ですと自信満々に言ったが、今思えばとても恥ずかしい。消し去りたい記憶だ。
 ため息を吐きながら山道を歩いていると、大きめの山小屋が見えてくる。
 地図を見る限り、あの山小屋がそうだろう。
 そう思ったオレは久しぶりの師匠との再会に胸を弾ませた。
 のだが。
 そんなオレの気持ちを裏切るようにヴァリアントがいきなり喋り出した。

『相棒。気をつけろ。あいつが普通の再会をする筈がない』
「……そう言えばそうだな」
『いつ襲われてもいいように準備しとけ。隠居して暇を持て余してるジジイだ。何してくるか分かんないぞ』
「よく分かってるじゃないか。ヴァリアント。流石は俺の元相棒だな」

 オレは後ろから聞こえてきた覚えのある声に背筋を伸ばす。
 そして、そんな事をしてる場合じゃない事に気づく。

「ヴァリアント!! セットアップ!!」
『はいよ。死ぬなよ。相棒』

 バリアジャケットが装着された瞬間、オレは思いっきり殴られた。



◆◆◆



「で? どの面下げて会いに来た?」

 師匠は山小屋の近くにある大きめの石に腰かけると、オレに向かってそう言った。
 オレは師匠の前で立ったまま答える。

「自分が弱い事を理解しました……。それと」
「強さが必要になったか?」

 オレの言葉を師匠が取る。
 ヴァリアントに自分の居場所を伝えていたのなら、ヴァリアントにオレの現状も聞いているのだろう。
 師匠は石も上で胡坐をかくと、オレに向かって言い放った。

「お前がどうなろうと知った事じゃない。だが、八神はやてが関わっているのなら別だ」
「ええ。オレもはやてが関わってなかったら、師匠には会いに来ません。命が幾つあっても足りませんから」
「何がはやてだ。一丁前に騎士になったつもりか? 馬鹿弟子が」
「……そのつもりでした。師匠に闇の書の事件を聞く度に、オレは心のどこかで可哀そうな夜天の王を助ける騎士なんだ。あなたが守れない代わりにオレが守るんだ。そう……思っていました。けれど違いました。オレにそんな器はない」

 言っていると悲しくなるし、空しくなる。
 地上の英雄、ヨーゼフ・カーターの弟子になった時点で、オレは選ばれたのだと思っていた。
 思いさえあれば、力は師匠がくれるのだと思っていた。強くなると言う意志さえあれば、強くなれるのだと思っていた。
 子供だった。今よりもずっと。
 だから与えられたモノを自分の力だと思った。半端な力を無敵だと思っていた。

「ああ。お前にそんな器はない。いや、この世界にそうあれる人間なんていやしない。夜天の王、八神はやての騎士はヴォルケンリッターのみだ。だが、お前は自分もそうなれる思っていた。その思いが純粋だからお前に力をやった。もしかしたらそうなれるかもと俺も思った。けれど、お前は違った。五年前、お前は八神はやてを守る騎士になる道を捨てて、多くの人間を守る道を選んだ。今日まで俺と修行じていれば、ヴォルケンリッターにも負けない騎士になる可能性もあったというのに」
「すみません……」
「別にいい。俺は元々人に教える柄じゃない。思い通りにならなくても、俺の意志をお前は継いでいる。それだけで良しとするさ。過去を見ても何も戻ってはこないからな。正直、今のお前をヴォルケンリッタークラスまで引き上げるのは難しい。だが、やってみなくちゃわからんのもまた事実だ」

 師匠はそう言うと、腰に差してある大きな棒状のデバイスを取りだす。
 それは良く知っている。オレが持っているカーテナのモデルになったストレージデバイス。

「単一魔法専用ストレージデバイス・ガラティーン。元々、このデバイスは古代魔法の一つ、斬撃魔法ガラティーンを再現する為に俺がグレアムと作ったものだ。使える魔法も一つしかないならば、デバイス名もガラティーンで良いだろうとつけた名だ。安直だがな。それでだ。言いにくいんだが、お前が持っているカーテナはこのガラティーンを再現する為に作ったモノだが、正直、劣化も劣化でな。満足にお前に調整した訳でもないし、俺は練習用くらいにしか思っていなかった」
「……はい?」
「だからだ。とりあえず強くなるとか以前に、そのデバイスをお前用に調整する所から始めるぞって言ってるんだ」

 まさかの新事実だ。カーテナが練習用だったなんて。
 てっきりオレ用にしっかり調整されたデバイスなんだと思っていた。
 部隊のデバイスマスターも構造に驚いていたから、すごいデバイスだと思ってたのに。

「つまり、オレは練習用デバイスで戦っていたと……?」
「まぁそうとも言えるが、正確には自分に向いてないモノで戦ってただな。お前は俺と違って魔力量が少ないし、戦い方も違う。ガラティーンは膨大な魔力を圧縮して防御ごと斬る事を目的とした剣だ。カーテナはそのガラティーンを一応は再現出来ている。ただ、お前用に二本作ったが、魔力の少ないお前への配慮はしてない。つまり、魔力は単純計算で二倍掛かる。修行を続け、ある程度使いこなせるようになったら、デバイスも魔法も改良して、お前用の剣、軽く鋭い双剣を作るつもりでいた」
「何で言ってくれなかったんんですか!? オレがそのせいでどれだけ魔力運用について頭を悩ませたか!」
「だって、お前、管理局入りますって言ってさっさと行っちゃたし。大体、自分でも把握してないような武器で戦おうって言うその心構えが悪いんだよ。魔法もデバイス無しじゃ発動できないモノばかりだし。俺だったらそんな恐ろしい装備で戦場には行かんね」

 このクソジジイ。
 自分で与えておいてなんて口ぶりだ。それを最強の武器だと勘違いしてたオレも悪いが。でもオレは十歳だった。しょうがない。
 大人げないにもほどがある。絶対に修行を途中でやめたのを根に持っていたんだ。じゃなきゃヴァリアントを通して伝える筈だ。

「じゃあ、オレ用のデバイスを作るとしたらどれくらい掛かりますか……?」
「さてねぇ。俺がこいつを作った時はグレアムが一緒だったしな。俺一人だとどんだけ掛かるか分からん。とりあえず設計図はあるが、いかんせん、俺は本職のデバイスマスターじゃないしな。二、三年待て」
「そんなに待てません! また、いつあの三人が襲ってくるかわからないのに! 恥知らずと知っていながら、ここまで来たんです! 師匠なら何とかしてくださいよ!!」
「流石は俺の弟子。言ってる事、無茶苦茶だな。修行をほっぽり出したのはそっちだろうに」

 師匠は呆れたようにそう言うと、よっこらせ。と言って石の上で立ち上がり、そこから軽くジャンプして飛び降りると、小屋へ向かって歩き出す。

「まぁ方法は考えてやる。とりあえず昼飯だ。準備しろ。調達しに行くぞ」
「調達……?」

 オレは首を傾げるが、すぐに理解する。
 ここは基本的に自給自足なんだ。
 オレはそれに気づいて項垂れる。
 昼飯を取りに行く為に会いに来たわけじゃないのに。

『諦めろ。相棒。ペースに飲まれた以上、付き合う以外に道はねぇよ』

 相変わらず、よく自分のパートナーを理解しているデバイスだ。
 オレはため息を吐くと、師匠の背中を追った。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.15296387672424