SS投稿掲示板




No.365の一覧
[0] FF7:名無しのNANA-[M](2009/05/07 09:38)
[1] Re:FF7:名無しのNANA-パニック幼女こんにちは+初めてのFF7関係者こんにちは[M](2007/03/17 06:51)
[2] Re[2]:FF7:名無しのNANA-BCキャラたちこんにちは+優しい人との別れこんにちは[M](2007/03/17 07:13)
[3] FF7:名無しのNANA-知らないイノチこんにちは+急展開が続く日々よこんにちは[M](2007/03/18 07:12)
[4] FF7:名無しのNANA-濃厚な一日よこんにちは-1-[M](2007/03/19 09:05)
[5] FF7:名無しのNANA-濃厚な一日よこんにちは-2-[M](2007/03/19 09:16)
[6] FF7:名無しのNANA-マテリア四粒こんにちは[M](2007/04/01 04:47)
[7] FF7:名無しのNANA-ほーじょーせんせ、こんにちは[M](2007/04/01 05:12)
[8] FF7:名無しのNANA-マジジェノバさんこんにちは[M](2007/04/04 15:40)
[9] FF7:名無しのNANA-強い人こんにちは[M](2007/04/04 15:46)
[10] FF7:名無しのNANA-副社長こんにちは[M](2007/04/04 16:46)
[11] FF7:名無しのNANA-変わり往くモノへのプレゼント:J[M](2007/04/04 16:59)
[12] FF7:名無しのNANA-変わり往くモノへのプレゼント:H[M](2007/04/07 16:54)
[13] FF7:名無しのNANA-蜂蜜色のお友達[M](2007/04/07 17:08)
[14] FF7:名無しのNANA-はじまるまえの、おわり[M](2007/04/07 17:30)
[15] FF7:名無しのNANA-はじまり[M](2007/04/07 18:47)
[16] FF7:名無しのNANA-私の主人公は私。[M](2007/04/07 19:10)
[17] FF7:名無しのNANA-ロマンは男だけのものじゃない[M](2007/04/07 19:27)
[18] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのいち[M](2007/05/18 18:21)
[19] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのに[M](2007/05/19 08:29)
[20] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのさん[M](2007/05/30 18:57)
[21] FF7:名無しのNANA-戦勝そのよん+(ぷらすっ!) 苦労人のばらっど[M](2008/03/01 22:59)
[22] FF7:名無しのNANA-スタートダッシュは二個目のランプ点灯直後で[M](2008/06/09 17:56)
[23] FF7:名無しのNANA-( )<オリキャラ最強話ですね、わかります[M](2009/03/10 21:19)
[24] FF7:名無しのNANA-「成れの果て」 ナレノハテ[M](2009/03/10 23:19)
[25] FF7:名無しのNANA- 南国少女p…ナナちゃん[M](2009/04/24 19:30)
[26] FF7:名無しのNANA- ゴールドソーサーの大株主[M](2009/05/07 09:38)
[27] FF7:名無しのNANA-ゴンガガ猿の里帰り[M](2009/05/08 16:51)
[28] FF7:名無しのNANA-PTメンバーは三人まで?何言ってるんすかwフルボッコっすよ?wwww[M](2010/02/04 22:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[365] FF7:名無しのNANA-強い人こんにちは
Name: M 前を表示する / 次を表示する
Date: 2007/04/04 15:46
夢を追い続けて


勇気(つよさ)をなくして


誰よりも愚かになることを


自分に科した強くて弱い男(ひと)






航空力学の本に、重力の本。子供が見るような星座神話の絵本から、こちらの世界の遠い遠い遥か彼方に霞む
星雲達の写真集。天(そら)の先への夢が凝縮したような空間が目の前に広がっていた。
「おや、お嬢ちゃんは何処の子かな?ここにこれるって事は、結構上の子だろう?お父さんは?」
「……」


目の前の、知性あふれる笑顔に私は絶句するしかなくて。
私を見つめる眼差しは、酷く憔悴していた。思慮深そうな瞳は眼鏡の奥で静かに揺らぐ。
小さな小さな資料室の隅で、申し訳程度に資料を載せられる小さな背の高い机に本を積み上げ。
ハードカバーの本を画板代わりに、書類の裏を計算用紙にして、なんらかの数式とメモを書きなぐっていた。
巨大な花弁のように足元に散乱するその書類の裏には、数式と数字と。ロケットと燃料などと走り書きされた文字。


私を伺っていた人は、小さく苦笑すると掌に飴玉を二粒乗せて、もう一方を口に含んだ。
「美味しいキャンディがあるんだ、少々一休みしようと思ったところでね。いっしょにキャンディでおやつの時間を
付き合ってくれるかね」
私は握らされた飴玉を、さらにつよくつよく握って。
目の前の男性に頷いた。


「むむ、これは私の好きなチョコバナナキャンディだ。…こんなおじさんがキャンディ大好きなのは、おかしいかな?」
照れたようにこめかみを掻く人に、私は首を振って否定した。「ありがとう」と彼は小さく笑って、唐突に掌を打つ。


「私としたことが、小さなレディにご挨拶がまだだったね。 私の名前は、パルマー」






Song dedicated to you
FF7:名無しのNANA- 強い人こんにちは




互いに口の中で飴玉を転がして、口を動かすたびにカチカチと飴玉が歯を鳴らす音がする。
床に散らばった書類と、決して少なくは無い天(そら)の本。私はパルマー小父様(さっきの雰囲気は本当に「小父様」だった)
の片づけを手伝っていた。大抵ハードカバーなのでメチャ重い。
「どうしても、諦め切れなくてね。自分でも女々しいとは思っているのだよ」
「そんなことない、ナナちゃんもお空大好き!」
「おや、そういってくれるとうれしいね。ナナちゃんが大きくなるころには私はいないだろうけど
ロケット村のアイツが…。私の志よりも高いところを見つめている人がいるから、きっと彼がやり遂げてくれるだろう」
狭い狭い資料室の中で、パルマー小父様の視線は遠い遠い空を見つめていた。









今日も元気だ薬が美味い。こんにちはナナです。
先日ジェノバ小母様とうっかりリンクしてしまいました、イワユル テレパッスィー というヤツです。


あれな、トニーひでぇ。


ごめんごめん、トニーって言われてもだれだか判んないよね?あのね、トニーってね。まだジェノバが地上で活動してたときの
小母様ブチのめしてくれた元夫だって。


理由が「浮気したときの喧嘩で浮いたこめかみの青筋が尋常じゃないからこいつ人間じゃねぇ」だって。こいつバカだ。
小母様泣いてるぞ。


それもあるし、掘り返されて、「モウヤダー!ホカノオホシサマノトコロイク! こんなDV種族やってらんね」ってなってたら、
掘り起こしたときにドリル使われてたみたいでハラワタぶちまけるわ背面の残りのボディは引きちぎられるわ
速攻体刻まれるわ問答無用で培養液に浸されるわ魔晄に浸されるわ勝手に息子は出来るわ息子は勘違い電波系
に進化してクビチョンパしてくれるわ今はマジマッパ(裸)だわ。ウッカリ起きようもんならさらに身の危険を感じたそうです。
ふんだりけったり、人間マジ罪深ぇ。


そりゃ人間(古代種含)恨むわな!
や、うらんでいいです。人間代表として土下座します。
宝条先生のところに、先日以降ちょくちょくお邪魔してる際に、その理由聞いてマジ土下座したら研究員に見つかって
アタマがおかしくなったのかと真剣に検査された。


元々、私は元の世界にいるときから彼女に憐憫の情を抱いていた。
隕石みたいに落ちてきた。まあ、これによってライフストリームドバドバだったんだよね?でも、それって
普通の隕石だったとしてもドバドバしちゃうよね?
まあこれはしょうがない。星が「マジいてぇ」って泣いちゃうのもしょうがない。
あと、隕石落ちてきたんだからウカツに近づくなよ。宇宙からウィルス運んでくるんだぞ、隕石は。
だから滅びるんだよセトラ、バーカバーカ!! カッ!(親指を勢いよく下に向けた効果音)


このあたりで私は他の人と考え方が違うらしい。

で、だ。小母様が言うには「勝手に自分の身内と勘違いして、セトラの里に連れてかれた」らしい。
オイオイオイオイ、本編のイファルナさんのビデオとまったく違うな!
そして勝手に病気になって、勝手に勘違いして怒って、封印されたと。
しかもこの星に落ちてきたのは不慮の事故だそうで。


本編と違ェェエエエエ!!
【空に帰りたい…人は嫌い…】
まじほんとごめんなさい。
【でも、貴方は…好き?】
疑問系?でも嬉しい!





そんなこんなで、今日も小母様と親交を深めるために神羅ビルへ参ったわけですが。
持ち前の猫かぶりが発動。「ナナちゃんいつもあそびにきてるから、なにかごようじない?ナナができることなら
なんでもするよ。じっけんいがい」(最後の言葉いったら先生チッって言った、チッって言った!)と言ったら、
容赦なく、本がどっさり載った大きなカートと脚立を渡されました。…ホント、容赦ねぇ。






そして開けた資料室のドア。そこに、その人がいた。
ゲームの中では常に笑えて、愚かな存在でしかなかった人が。
「ぱるまーのおじちゃまは、おそらがすきなの?」
「ああ、だーいすきだよ!このミッドガルでは星空はあまり見えないんだけれどね。少し郊外に出れば満点の星空
が見渡せるんだ。そんな星の海に行ってみたいと、ずーっとずーっと小さいころから思っていたんだ」
パルマー小父様の書類を片付けたあと、私の仕事に取り掛かっていく。脚立に昇らなければ届かないものは、
変わりに小父様が担当。
きらきらとした眼差しで空への思いを語る小父様は、ゲームで見た姿とはまったく別方向の性格だった。


会話が無くなって、静かに本を差し込む音だけが部屋に満ちた。
静かな空間を切り裂いて、パルマー小父様が口を開く。
「…君は、いま。なにか夢があるかね?」
「ゆめ?」
「ああ、大きな大きな。夢」
「…ゆめ…」


…ある、あるよ。         帰りたい。
もう寂しさとか、そういうもんじゃなくて、私の生きていた場所に帰りたい。
こっちのパパや家政婦さんを殺したら帰れるよ、って言われたら流石に怒るけど、悩んで悩んで悩みきって
私は彼らを手に掛けるだろうね。
悲しみに満ちた私の顔を見て、パルマー小父様が慌てて手を振った。


「な、無くたっていいんだよ? きっと見つかるさ。お嫁さんや、ケーキやさんや、お花屋さんとか…」
私の表情を、「夢が無くて泣きそうになっている子供」と勘違いしたみたいだ。やさしい人だなぁ。
「君には無限の可能性がある、…だが、私はダメだね。すぐに諦めてしまおうとする…」
肩を竦め、直ぐに落とす。その仕草が本当に落ち込んでいて、思わず顔を覗き込む。
「どうしたの?」
「…私はね、かつての仲間にとんでもなく深い絶望を与えてしまったのだよ。
…愚かでいること。そしてその絶望に対する嘲笑と侮蔑を受け止めていこうと。
彼らがまた夢を見て、あの場所へ行けるように。くだらない価値観や、罵詈雑言は私が受ければいい。
再び彼らが羽ばたけるように。それが私が今実行し続けている夢なのだよ。…でも、やはり…
いろいろ言われると堪えるね」
傾き始めた夕日が小さな窓から差し込んで、床に一筋、オレンジ色の光の柱が出来る。
寂しさを感じさせる表情で、笑って。私もちょっとこまった笑顔を浮かべて、二人で本をしまい続けた。



不器用だから、こういう夢しかないし。こういう行動しかとれないのさ。 そう笑っていたパルマー。
何日かして、私は再び彼を見る機会があった。けれど、その場にいた彼は不器用で聡明なあの
資料室の彼ではなかった。


「うひょひょひょ!今日の紅茶に入れる高級蜂蜜が手に入ったんだよ!」

愚かな彼と、ゲームでは存在しない、聡明な彼。私は再度、この世界に「生きている人々」が
存在していることを感じた。

-----------------------------------------------------------
後書き: どうも、Mです。(今回は短い挨拶)
電源が逝ったり、電源を自力で付け替えたりして大変でした。
さて、今回はパルマー中心(若干ジェノバ)という形でお送りさせていただきました。
ジェノバとパルマーの変わりよう…というか、主人公サイドからは「まったく見ることはないだろう」
話となっていきました。

ゲームでの彼らとのギャップは激しくなり、ナナもその認識を新たにしていきます。
さて、次はあの人に会わせようかしらウフフ



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026582002639771