SS投稿掲示板




No.365の一覧
[0] FF7:名無しのNANA-[M](2009/05/07 09:38)
[1] Re:FF7:名無しのNANA-パニック幼女こんにちは+初めてのFF7関係者こんにちは[M](2007/03/17 06:51)
[2] Re[2]:FF7:名無しのNANA-BCキャラたちこんにちは+優しい人との別れこんにちは[M](2007/03/17 07:13)
[3] FF7:名無しのNANA-知らないイノチこんにちは+急展開が続く日々よこんにちは[M](2007/03/18 07:12)
[4] FF7:名無しのNANA-濃厚な一日よこんにちは-1-[M](2007/03/19 09:05)
[5] FF7:名無しのNANA-濃厚な一日よこんにちは-2-[M](2007/03/19 09:16)
[6] FF7:名無しのNANA-マテリア四粒こんにちは[M](2007/04/01 04:47)
[7] FF7:名無しのNANA-ほーじょーせんせ、こんにちは[M](2007/04/01 05:12)
[8] FF7:名無しのNANA-マジジェノバさんこんにちは[M](2007/04/04 15:40)
[9] FF7:名無しのNANA-強い人こんにちは[M](2007/04/04 15:46)
[10] FF7:名無しのNANA-副社長こんにちは[M](2007/04/04 16:46)
[11] FF7:名無しのNANA-変わり往くモノへのプレゼント:J[M](2007/04/04 16:59)
[12] FF7:名無しのNANA-変わり往くモノへのプレゼント:H[M](2007/04/07 16:54)
[13] FF7:名無しのNANA-蜂蜜色のお友達[M](2007/04/07 17:08)
[14] FF7:名無しのNANA-はじまるまえの、おわり[M](2007/04/07 17:30)
[15] FF7:名無しのNANA-はじまり[M](2007/04/07 18:47)
[16] FF7:名無しのNANA-私の主人公は私。[M](2007/04/07 19:10)
[17] FF7:名無しのNANA-ロマンは男だけのものじゃない[M](2007/04/07 19:27)
[18] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのいち[M](2007/05/18 18:21)
[19] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのに[M](2007/05/19 08:29)
[20] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのさん[M](2007/05/30 18:57)
[21] FF7:名無しのNANA-戦勝そのよん+(ぷらすっ!) 苦労人のばらっど[M](2008/03/01 22:59)
[22] FF7:名無しのNANA-スタートダッシュは二個目のランプ点灯直後で[M](2008/06/09 17:56)
[23] FF7:名無しのNANA-( )<オリキャラ最強話ですね、わかります[M](2009/03/10 21:19)
[24] FF7:名無しのNANA-「成れの果て」 ナレノハテ[M](2009/03/10 23:19)
[25] FF7:名無しのNANA- 南国少女p…ナナちゃん[M](2009/04/24 19:30)
[26] FF7:名無しのNANA- ゴールドソーサーの大株主[M](2009/05/07 09:38)
[27] FF7:名無しのNANA-ゴンガガ猿の里帰り[M](2009/05/08 16:51)
[28] FF7:名無しのNANA-PTメンバーは三人まで?何言ってるんすかwフルボッコっすよ?wwww[M](2010/02/04 22:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[365] FF7:名無しのNANA-マジジェノバさんこんにちは
Name: M 前を表示する / 次を表示する
Date: 2007/04/04 15:40
響きあう星のこえ


薄緑色のひかりが


私をやさしく包み込む


この星は何よりもやさしかった






目の前に出されたホカホカココア。それを見つめたまま口を開く。
「ナナちゃんじっけんだい?」
「うむ」
あっさり頷く目の前の宝条先生。
「え、ちょwww」
やべ、思わずつっこんじゃった。
「なにかね?早くココアをのみなさい」
「ナナちゃん、そのマイペースさに。せんせぇにこいごころをいだきそうです」
「…コッ!?…申し訳ないが、想定の範囲外の反応にこちらはどうやって反応すればいいのかわからないな」
「ようじょのいうことを、まにうけちゃだめですよ」
「それもそうだな」
「そうですよ」
「そうだな」
「うん」
「ウム」
「…。(なんなのこの空気。)」
青年研究員は、空気を吸っているだけでげっそりとした顔をしていた。


じゃ、ココアでもいただきましょうかね。
カップを持ち上げると、隣の研究員のお兄さんが驚愕のまなざしでこちらを見ていた。
「飲むの!?」
はい。小さく頷く。
「想定の範囲外だ」
予想外?…宝条そふとばんくもb(禁則事項です)ぜろえーん!(実質0円じゃなかったみたいね、アレ)






Song dedicated to you
FF7:名無しのNANA- マジジェノバさんこんにちは




ぽてぽてとおなかを叩く。おいしいココアでございました。
「おなかがぽかぽかします」
「フム、興奮剤の類は普通に効くようだな」
「主任ッ子供に何飲ませてんですかァ!?」
私と宝条先生が首だけ研究員に向ける。
「興奮剤」
「いかりみなぎるのね~」
「君も!そんなあっさりしてないで少しは嫌がってよ!」
「だって、ちょっとげんきになってきただけだもん」
ここあおいしかったのー!のごきげんそうにしていれば、お兄さんは「ああもう!」と叫びながら頭を撫でてきた。








-宝条-
賢い子供。一を聞けば十を知る、なんてものを初めて目の前で見た気分だった。それほどまでに、少女は賢かった。
何故自分を実験対象にするのか。そして、理由を聞き頷く。
幼い外見とその仕草、そして時折深く考え込む姿、とても既視感があるその行動。
ああ、彼女は。  あれに似ている。


勝手に細まる自分の目をこっけいだと笑いながら、顎を摘みうつむき思考に落ちる少女を眺めていると、衝動的な熱が昇る。
「このいきものを」「このいきものを」「このいきものを」


「 つ く り か え て し ま え 」






「…グッ…」
「宝条のおじちゃま、どぉしたの?」
白衣の胸元を硬く握り締め、さらに猫背を丸めた宝条先生を見上げる。その視線の先の先生には、びっしりと脂汗が浮かんでいて
瞼を硬く閉じている。
「ねえ、どうしたの?おじちゃま」
彼は、近寄ろうとした私を制するように、掌を私の前に突きつけた。
「申し訳…ないね、少々研究の疲れが出たようだ。……後日お父上経由で何らかの連絡はさせていただこう。君、彼女を
送って生きたまえ…」
「え、あ。ハイ!…さあナナちゃん、主任もそういってるし、帰ろうか。大丈夫、直ぐに主任はよくなるから」
研究員のお兄さんも、どこか不安そうな顔で宝条先生を一瞥すると、直ぐに頷いて私の手を取った。


なにか、おかしい…?


漠然とした違和感を持ち、青年と手をつなぐ。主任室を出ようとし、振り向いた瞬間。体を硬くしていた男が、むくりと背を伸ばした。


「少々、待ちなさい…是非君に見せたいものがある」
なんだろう、なんだろう。違和感がさらに心の中で膨らんでいく。
ちょっとマッドなまなざし見えていた眼鏡ごしのおちゃめな目元は、蛍光灯の照り返しで白く反射して見えない。
いつの間にか緩んでいた青年との手を、細ばった男の手に奪われ、私はふらふらと彼の後をついていった。


まるで、どろどろに溶けた鏡の中を歩いているようだった。
自分の手を取り歩く男が、本当に今まで話していた宝条先生だとは思えなかった。
私の視覚は、猫背ですたすたと歩き、私に歩調を合わせる男の姿を捉えている。
しかし、私の心は。揺らぎ、ぶれ、霞みを繰り返す、謎の生き物-宝条-を想像し、捉えていた。
これは本当に宝条博士なんだろうか。




少し歩き、研究室の一角へとやってくる。視線の先には半球体に似た丸いドーム。
その扉の上部に取り付けられた窓から、薄桃紫のような不思議な輝きがもれている。
これは、もしかすると。もしかするかもしれない。
これは           JENOVA


「主任、申し訳ありません。出向している第2セクターの班長から連絡です」
そのとき、人差し指と親指だけを立てた「電話」のジェスチャーをした研究員が後ろから声を掛けてきた。
顔を少し歪めた宝条先生は、直ぐに振り向いて声を掛ける。
「…わかった、直ぐ行く。 すまないね、少々待っていてくれたまえ。ここから動かないように」
「はぁーい」
私は良い子な返事を返すと、向き直ってジェノバが収まっているであろうドームを見上げた。


「JENOVA(じぇーのーば)」


その声に反応したのか、呼び出した研究員と去ろうとしていた宝条先生が振り返る。
「ああ、それが気になるのか?よい感覚をしている、…それは人類が見つけた宝だよ」
にたり、と顔を歪めて笑い、頷くと、そのまま研究員と壁の向こうに去っていった。
やっぱり、違和感を感じる。漠然とした違和感。ぽこぽことウィルスのように私の心を疑心で満たしていく。


そんなことを知らずに、私のはるか頭上に位置するジェノバの丸い窓は、薄桃紫色の光をこぼしていた。
小さな自分の手をドームに当てる。瞬間、ピリッとした静電気のような、不思議な衝撃が体を満たしていく。


え?


なに?


さびしいの?
そっか。


うん。…え、ちょ。それなんてエロゲ?あ、ごめんエロゲなんてわからないよね。
簡単にいうとね、人間の男性、一部女性もいるけど。の性欲と精神を擬似的に満たせる娯楽。


OK、把握した。トニーひでぇ。


そりゃさ、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いっていうけど…私のその生き物のうち一つなんだけど。
いや、マジマジ。超マジ。そう。


やっぱりかー、あの違和感。




「少々遅れてしまった、すまないね。あと、ロビーにいる君の保護者にも連絡を取ったが…ナナ君?」
「ん、んにゃ?」
早足でこちらへ戻ってきた宝条先生の声に、覚醒する。
私はジェノバのドームに寄りかかるように、半分うとうとしていた状態だった。
体を離そうとすると、再びぱりぱりとした衝撃が体を覆う。
宝条先生から見えないようにうつむき、小さく笑い、ドアの丸窓を見上げる。
「ひゃ!?」
いつの間にか近づいてきた宝条先生は、私を抱き上げた。細く筋張った腕からは想像できないほどの力で、
軽々と私を抱き上げる。そして、桃紫色の光が湛える窓の向こうには。
いびつな人の形を模した、首の無い生き物の体が収まっていた。


「彼女が、ジェノバだ」
「じぇのばおばちゃま?」
「おば…そうだな」
「おくびがないのね、いたい?」
「さあな、彼女に痛覚はあるのだろうがね…」
「いたそうだねぇ、なおしてあげられないの?」
「こいつの息子が首を持っていってしまったんだよ、直せないな」
「かわいそうね」
「…かわいそう、か」
強化ガラスらしい丸窓に掌を当てると、先ほどよりも強い衝撃が体に走る。宝条先生にはわからないらしい。


大丈夫、きっとまた来るから。
さびしいなんていわないで。
ねえ、ほら、呼んであげる。
だから泣かないで、痛みに負けないで、寂しさに負けないで。
貴方は    存在を       んだから。それはきっと   。
ね?ジェノバ叔母様?




「もう!遅いですよナナちゃん!宝条先生さんも、もう外が真っ暗じゃないですか!!」
「ご、ごめんなさぁい~」
「む、申し訳ない…」
天然家政婦さんは、宝条先生にも強かったです。 まる。
こころのかぞくが、ふえました。




-----------------------------------------------------------
後書き: ほんのちょっぴりシリアス交じり、でもふいんk(何故k(ry)が持続しないのがナナちゃんクオリティ。
     ジェノバとリンクするって凄く珍しい設定だと自分でも思いつつも、このままいきますよ。Mです。(挨拶の長さに磨きが
     掛かってきました)

     ここから、いえ、このジェノバ、宝条との邂逅にて、物語は本来のFF7から外れていきます。
     後々の章の冒頭で説明する予定でしたが、こちらでもちょろりと説明を。

     原初のワルモノさんはガスト博士になっています。あとネタバレギリギリですが「元々宝条はマッド志向だけれど
     人非人ではなかった」という設定をカマせていただきます。
      これからもSDU:名無しのNANAをヨロシクお願いします。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027281045913696