SS投稿掲示板




No.365の一覧
[0] FF7:名無しのNANA-[M](2009/05/07 09:38)
[1] Re:FF7:名無しのNANA-パニック幼女こんにちは+初めてのFF7関係者こんにちは[M](2007/03/17 06:51)
[2] Re[2]:FF7:名無しのNANA-BCキャラたちこんにちは+優しい人との別れこんにちは[M](2007/03/17 07:13)
[3] FF7:名無しのNANA-知らないイノチこんにちは+急展開が続く日々よこんにちは[M](2007/03/18 07:12)
[4] FF7:名無しのNANA-濃厚な一日よこんにちは-1-[M](2007/03/19 09:05)
[5] FF7:名無しのNANA-濃厚な一日よこんにちは-2-[M](2007/03/19 09:16)
[6] FF7:名無しのNANA-マテリア四粒こんにちは[M](2007/04/01 04:47)
[7] FF7:名無しのNANA-ほーじょーせんせ、こんにちは[M](2007/04/01 05:12)
[8] FF7:名無しのNANA-マジジェノバさんこんにちは[M](2007/04/04 15:40)
[9] FF7:名無しのNANA-強い人こんにちは[M](2007/04/04 15:46)
[10] FF7:名無しのNANA-副社長こんにちは[M](2007/04/04 16:46)
[11] FF7:名無しのNANA-変わり往くモノへのプレゼント:J[M](2007/04/04 16:59)
[12] FF7:名無しのNANA-変わり往くモノへのプレゼント:H[M](2007/04/07 16:54)
[13] FF7:名無しのNANA-蜂蜜色のお友達[M](2007/04/07 17:08)
[14] FF7:名無しのNANA-はじまるまえの、おわり[M](2007/04/07 17:30)
[15] FF7:名無しのNANA-はじまり[M](2007/04/07 18:47)
[16] FF7:名無しのNANA-私の主人公は私。[M](2007/04/07 19:10)
[17] FF7:名無しのNANA-ロマンは男だけのものじゃない[M](2007/04/07 19:27)
[18] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのいち[M](2007/05/18 18:21)
[19] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのに[M](2007/05/19 08:29)
[20] FF7:名無しのNANA-戦略的撤退という名の勝ち戦 そのさん[M](2007/05/30 18:57)
[21] FF7:名無しのNANA-戦勝そのよん+(ぷらすっ!) 苦労人のばらっど[M](2008/03/01 22:59)
[22] FF7:名無しのNANA-スタートダッシュは二個目のランプ点灯直後で[M](2008/06/09 17:56)
[23] FF7:名無しのNANA-( )<オリキャラ最強話ですね、わかります[M](2009/03/10 21:19)
[24] FF7:名無しのNANA-「成れの果て」 ナレノハテ[M](2009/03/10 23:19)
[25] FF7:名無しのNANA- 南国少女p…ナナちゃん[M](2009/04/24 19:30)
[26] FF7:名無しのNANA- ゴールドソーサーの大株主[M](2009/05/07 09:38)
[27] FF7:名無しのNANA-ゴンガガ猿の里帰り[M](2009/05/08 16:51)
[28] FF7:名無しのNANA-PTメンバーは三人まで?何言ってるんすかwフルボッコっすよ?wwww[M](2010/02/04 22:21)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[365] FF7:名無しのNANA-私の主人公は私。
Name: M 前を表示する / 次を表示する
Date: 2007/04/07 19:10






「おねえさん、おねえさん」
「あら、なあに?」
「おはなをいただけますか?おばさまにかっていきますの。えぇと、むらさきっぽいものか…うすピンクのおはな。ございませんか?」
「ちょうど、コスモスがあるわよ、綺麗な桃紫色の。フィルムとリボンで束にして。100ギルだけど…」
「ほんとう?じゃあ、ひとつくださいまし」
「はい、ありがとう」
「“またね”おねえさん!」
「ばいばーい」



「うふふ、かーわいい」
ピンク色の上品なワンピースを翻して走っていく小さな女の子。ほっぺたはリンゴみたいに赤くって、この辺りでもめずらしいくらい
深い深い真っ黒な髪の毛。
その子がすれ違う人たちが振り返っていく。コスモスを、抱いて走る女の子なんて、可愛くてたまらないものね?
「今日のお客さん、いいひとばっかりな気がするなぁ」
あんな可愛い子が、一人目のお客様だもの。きっとそう。







「…仲間一人つれて歩かずに、一人でどうにかできるって暴走する人。私、好きじゃないな」
少女は胸に抱いた花束をそっと顔によせ、その足をさらに急がせた。「彼ら」の動向を親友と眺めるために。
「嫌いじゃないけど…うん、好きじゃない。誰かを頼ったっていいのに」


それは、魔晄炉が輝きはじける一時間前のこと。













Song dedicated to you
FF7:名無しのNANA- 私の主人公は私。













「クラウド」


呼び止める声に振り返る。
「ねえ、約束…忘れちゃったんだ?」
鈍色にさび付いた記憶が、掘り返されてゆく。
星空のしたの語らい。もう、遠い過去のこと。



だが、冷たい瞳の青年はただ。目の前の幼馴染を見つめるだけだった。
魔晄炉から放出された、熱風に晒された頬は張っていて、窓から流れ込む少し淀んだ夜の風が心地良く撫でる。
ほのかに華やぐ小さな花が、ゆらりとその首を揺らしていた。




空気が圧縮される音と、同時にドアが開く。常にオフホワイトやグレー、メタリックという味気ないその研究室。
最近は「女性職員から逆セクハラに遭うんだがどうすればいい…?」と幼女相手に切々と愚痴を言う主任がいる。
…いいじゃん、されるうちが華だよ?随分とナイスミドルになったね、小父様。だけど隈が取れないのはどういうことだ。


「おお、来たか」
「おっじさま!こーんにちは♪」
「あら、ちっちゃな魔女さんじゃないの」
小父様と向かい合い、私に麗しい真珠色の背中を向けていた真っ赤なドレスの女性が振り返る。
「わ!スカーレットおねえちゃま!どうしたの?ひさしぶりぃ~!」

本当に久しぶりだ、前に会ったのは三ヶ月くらい前。とりあえずお疲れ様の意味で胸に抱いたコスモスを一輪、
束から抜き取ってスカーレットお姉さまに手渡す。お、ちょっとほっぺたが赤くなったぞ?なんだか可愛いなコノッ!

「うふふ、コスモスなんて何年ぶりかしら…」
「おねえちゃまはコスモス、好き?」
「可憐そうにみえて強かに増えまくるところとか」
「いえてるぅ!」

小学校のころ、理科?かなんかで種もらって花壇に植えたんだよねー。あんまりにも綺麗だからウチに種持ち帰ったらさ。
年毎に庭がコスモスだらけになってくの。抜いても抜いても減りゃしねぇ。
奥さん。コスモスは意外と強いですよ!これが噂の種割れですね!?しかし種も種運命も見たことがありません!
えーと、ブルーコスモスって何。


「ま、それはともかくとしてぇ。…おねえちゃまとしては、かんわいーい妹分にプレゼントを持ってきただけだったり?」

え!?プレゼント!?何!?何!?

「ッジャーン!」

お姉さまがラメラメのポーチから取り出したのは…クリームピンク色に塗装された2インチリボルバー。しかも二丁。
うっわ…。

「かっわいい~!!」
「でっしょでしょ~ぉ?でもSAはまだ早いと思って、DAにしてみたのよ」
「…?でぃーえー?」
「ああ、ごめんなさい?ダブルアクションって言ってね…ほら、カートゥーン(アニメ)でよくあるやつよ。
撃鉄引かなくても打てるヤツ」
「あー、あー」

アレか。パム、と両手を胸の前で合わせる。

「ま、それについての講義はまたおいおい…ってことで。はい。プレゼント」
「ありがとうおねえちゃま!…あれ?」

手渡された二丁の銃。そして私の疑問の声。目の前のお姉さまの顔がニッタァ~と緩む。おお、会話からおいてきぼりの小父様が引いてる。

「軽い…でしょ?」
「うん、ずっしりはするけど…拳銃ってこんなに軽いの?」
「ンなわけないじゃなーい? それはね、プティ・ソルシエールさんのための銃なの」
「…私のため?」
「ここ、良く見て御覧なさい」
「?」

流石に銃を自分に向けるのは怖い。なので銃口を自分から背けて、前方向から銃を見る。れんこんさんこんにちは。

「あれ?」
ん…?んー…?ん?
「おねえちゃま、これって…」
「ンッフフフーv そうでーす弾が入ってるように見せかけてるだけでーす」


ええええええええええええええええええええええ だめじゃん。






ただ、小走りするだけでフワフワと翻るスカートの中に、二丁のリボルバーを収めた少女が、研究所の中の小さなドームへと駆け寄る。
「小母様!」
【ああ、ナナ、ナナ。どうしましょう、怖い、怖いわ…怖いの…】
「大丈夫、大丈夫だよ。小母様。ナナが助けてあげるから」
【あの子が、あの子が来るわ…私を切り刻んでゆく…!】
「小母様、落ち着いて!私絶対小母様を追いかけるから、小母様を外に解放してあげるから」
【ナナ、ナナ…。怖い、もう、怖くて痛いのはいや…】
「おばさま…」
しかし。テラモエス。喩えるならば上品なお姉さんが恐怖に震えてさめざめと泣いている…こんな感じ。正直萌える。
ナナ…?
「あわわわ…ごめんなさい」
慌ててそっぽを向くと、くすり、と静かに笑う声がした。
【…だいぶ、落ち着きました。ありがとう…「このできごと」は私が外に出るための…ものなのね?】
「そうだよ。だから、少しだけがまんしてね」
そっとドームのガラス窓を撫でて、心の中で微笑む。小母様が安心できるように。
「ね、小母様。私、レッドちゃんに会って来るね。きっとおなかすかせてるかも!」
【そうね、いってらっしゃい。ナナ】
「いってきます。小母様。あ、そうだ。見えるところにこれ、置いとくよ」
口が欠けて、廃棄予定だったメスシリンダーにコスモスを活け、小母様のガラス窓から見えるところに置く。
少しは心が癒されるといいんだけど。
【…? まぁ!綺麗…「おはな」ね?】
「そうだよ、コスモスっていうの。小母様色のお花を買ってきたんだ~」
【ありがとう、ナナ…もう大丈夫…】


その言葉に頷いて、私は研究室を後にする。さてと、上に居るワンワンなのかよくわからないナマモノに会いにいくかね~。


軽快に階段をタムタムと上がっていくと、「この大食らい!」「俺の給料分の肉が!」「うわっ白衣こげる!こげる!」などの
白衣のユカイな仲間たちの歓声?が聞こえてくる。


「こんにちはー、レッドちゃんにあいにきましたー」
「お?おおナナちゃん。いらっしゃい。アイツなら今食事中だよ」
その場に居た研究員の人がめそめそと「俺の給料が吹っ飛ぶ値段だ…」「グルメ野郎め…」「いつか実験体にしてやる」とか
妖しく笑っていらっしゃる。…レッド、いくらの肉を食べてるんだ…?松坂牛系か?だったら奪って焼いて食べてやる!
ゴクリ。と生唾を飲み込みつつ、円筒状のガラス檻に近づいた。

-そこには元気に走り回るトニーの姿が!-

もとい、おいしくお肉をいただいてるレッド。なんか霜降りなんですけど。視界の端っこに移るお肉屋さんのパッケージ、あれって
高級肉しか扱わないブランド店のじゃん…誰だ贅沢覚えさせたヤツ!責任者でてこーい!あ、小父様か。


私がそちらに目線を向けていると、「ご飯大歓迎」に巻き込まれ、顔をよだれだらけにされた研究員さんが近づいてきた。
「ええ、そうなんスよ。ミキちゃんたちの発案でして。いくらなんでも未確認生物だといっても美味しい食べ物くらい上げなきゃ虐待だ。ということで…」 
「ほら…この間寿退職した子ですよ。それ以来嵌っちゃったらしくて…アレ以外食べないんですよ。…ハァ」
「ほへー…」
「まったく…経費で2/3は落ちるものの、残りを皆で出し合ってるんですよ…。あっこの!ちゃんと骨まで食べないとカルシウムの摂取に
ならんだろうが!食べなさい!」


振り返ると、満足げにうずくまり、尻尾を上下に振る赤いいきもの。お皿の上には綺麗に肉が舐め取られた骨が。
「…ミルクゼリーに粉薬でも混ぜればいいじゃないか」
「そうすりゃお前は食わないだろうが!ったくもう!」
赤い生き物はのっそりと顔を上げると、ぶつくさと研究員さんに言い返す。仕方なさそうに骨をポリポリ齧ってるのは…。


「なんかかわいいな」 犬が前足で骨っこ抱えてアグアグしてるみたいで。


「! ナナ、ナナか!」
「ナナだよう レッドちゃん」
「良く来たな、…どうかしたのか?」
「ううん、どうもしないよ。こっちにきたから、ごあいさつ~」
「そうか」
ガラス越しに笑いあう。
「もう治療検査は終わったらしいじゃないか、早く帰りたいのだが…」
「ちりょうはおわったけど、じっけんきょうりょく(実験協力)はおわってないでしょー?」
「…注射は嫌いだ」
「だいじょうぶ、ナナもきらい」


レッドはゲームとは違い、神羅兵がモンスターと間違えて射殺しかけたところを保護したみたい。
その後、人語をあやつることと、他種の動物には見られないほどの長寿である、ってことから「実験協力」と「治療検査」を受けてる
形になる。らしい。毎日おいしいお肉もらって、適度な運動(屋上で黒ヒョウと遊んでるし)できるし、故郷にはない文献が読める。
注射ぐらいでガタガタ抜かすなっつーの!私と代われ!お肉大好き



ある程度、きゃらきゃらと笑いあいながら話をした。ふと、研究室のモニターに黒煙を上げる魔晄炉を見つける。
「…あした、ここをでなきゃなぁ…」
「どこかいくのか?」
「うん、ちょっとねようじがあるの」
人を雇って、7番街から人を出さなきゃ。…神羅の工事ミスで空気よりも重いガスのガス管が腐食して、ガスが漏れ出してる。
とでも流してもらおうかな…。そしたら家の中に居ても無駄だし、外に出るよね?まあそれ聞いても出て行かない人は知らない
ってことで。


全員を助けることができる。なんてありえないもんなぁ…あー、気分が沈む。
人が死ぬのはやだねぇ…。ホント。



「はぁ~…」とため息をついた私を、レッドがふしぎそうに首をかしげて見ていた。…可愛い。



-----------------------------------------------------------
あとがき:とりあえず本編に入りましたが、ナナちゃんのみ暗躍でございます。

黒い猪突猛進ハリネズミと金色のパートナーも 次回登場予定です。
あと、もう皆さんお気づきでしょうが「ナナの気に入った人たち」以外にはナナはお嬢様口調です。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026581048965454