SS投稿掲示板




No.35488の一覧
[0] 【ワンピース・TS転生】鴉は海に夢を馳せる【東方project】[きな粉餅](2012/10/13 22:52)
[1] 第一話 テンプレじゃなくって王道って言った方がなんかカッコイイ[きな粉餅](2012/11/23 15:25)
[2] 第二話 海上ぶらり二人旅~序盤は緊張感ないね~[きな粉餅](2012/11/23 17:13)
[3] 第三話 二人の夢、一人の生き様[きな粉餅](2012/11/23 23:40)
[4] 第四話 三人揃えば文殊の知恵って言うけど馬鹿三人集まってもうるさいだけ[きな粉餅](2012/10/14 15:08)
[5] 第五話 別れと新たな島、あと本気で航海の心配[きな粉餅](2012/10/17 07:34)
[6] 第六話 自由なのと常識にとらわれないことは紙一重[きな粉餅](2012/10/28 15:02)
[7] 第七話 暴走(意味深)と航海士、まぁまだ重要じゃないけどね[きな粉餅](2012/10/17 07:36)
[8] 第八話 さくせん>気楽に行こうぜ[きな粉餅](2012/10/24 06:42)
[9] 第九話 ちょっと目覚めてきたかもしれない[きな粉餅](2012/10/24 06:41)
[10] 第十話 誇りと夢と自由と、いるかもしれない神様と[きな粉餅](2012/10/24 06:40)
[11] 第十一話 活躍が欲しい…俺今メインキャラなのに表舞台に立てないって…[きな粉餅](2012/10/27 00:07)
[12] 第十二話 本当に眠いと首って持ち上がらないよね[きな粉餅](2012/10/31 15:54)
[13] 第十三話 海の半分を渡る船と『三人目』の仲間[きな粉餅](2012/10/28 13:19)
[14] 第十四話 やりたかっただけなんだ、すまない。仏の(ry[きな粉餅](2012/10/31 15:49)
[15] 第十五話 カラスって近くで見ると可愛いんだね、初めて知った[きな粉餅](2012/10/31 16:44)
[16] 番外part1 刃九郎と我が仲間[きな粉餅](2012/11/04 10:24)
[17] 第十六話 自分の思考がジブンのしこうがじぶ んが[きな粉餅](2012/11/04 11:00)
[18] 第十七話 一匹鴉[きな粉餅](2012/11/04 15:25)
[19] 第十八話 世界はさ…厳しいよな、俺に[きな粉餅](2012/11/05 22:39)
[20] 第十九話 私怨と名上げと召喚…いやなんでもない[きな粉餅](2012/11/13 20:33)
[21] 第二十話 俺TUEEは無いと言ったな、アレは嘘だ[きな粉餅](2012/11/24 15:19)
[22] 第二十一話 その男の名はニック[きな粉餅](2012/11/22 18:20)
[23] 第二十二話 念願の船奪還大作戦![きな粉餅](2012/11/23 20:28)
[24] 第二十三話 道に迷うとなんか一周回って楽しくなってくる[きな粉餅](2012/11/24 15:59)
[26] 第二十四話 さぁ真の海賊団の結成だ[きな粉餅](2012/11/30 05:40)
[27] 第二十五話 幼女と少女の違いとアウトとセーフの境界を誰か教えてください[きな粉餅](2012/12/15 14:45)
[28] 第二十六話 『気に入らない』[きな粉餅](2012/12/30 10:28)
[29] 第二十七話 男子三日会わざれば刮目して一ヶ月くらい会わないと「お前だれ?」ってなる[きな粉餅](2013/01/20 17:34)
[30] 第二十八話 遠くを目指す前に中継地点を決めとかないと大体やる気が無くなる[きな粉餅](2013/03/26 22:25)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[35488] 第二十話 俺TUEEは無いと言ったな、アレは嘘だ
Name: きな粉餅◆264e7e68 ID:fbc467fd 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/11/24 15:19
HEYトム!最近気づいたんだけど空を飛んでいるとき刃九郎が何も話しかけてくれなくて寂しいんだよ!
なんだってマイク?それは君が話しかけてないからさ!
と言う訳で刃九郎とおしゃべりしようと思ったんだけどね、さっきから名前を読んでるのに反応してくれないんだなこれが。
ご主人様悲しいよ、反抗期早すぎ笑えないお願いだから少しは反応してくださいマジで寂しいです。
もしかして今になってつけられた名前が中二病くさい事に気づいたというのか…!
しかし寡黙でクールな雰囲気を漂わせるダンディな刃九郎にクロとか可愛らしい名前は似合わないと思うし…。
いや名前関係ないよね…関係ないよね?だいたい俺のセンスじゃないし!
おーい刃九郎ー?ルックアットミー…プリーズ…。
ほらちょっとでいいからさ…その前に向いてる顔をこっちに向けてください…。

もう、泣いてもいいですか?
まて俺刃九郎に何をした?例のケムリン攻略大作戦か?でも名をあげるよー!みたいなこと事前に言ったし…。
たぶんそれには刃九郎を怒らせるようなものはないから…呆れた?
ま、まさか…。
これが…『カリスマ不足』だというのか!?
うううう嘘だッ!ありえない断じてありえない!
俺にカリスマがないなどと、そのようなことがあろうはずがございません!
だってカリスマって大妖怪ならスキルとして持ってるはずだろう!
イコールあややの体を持つ俺にだって…!
カリスマ…DIO様とかおぜう様とか蟲の王とかバーン様とかヒトラーとか?



カリスマ…カリスマってなんだ…!人を惹きつける魅力みたいなもんだっけ!?
くっ…俺にあるわけがない…!冗談抜きでヤバい!
このままだと俺の唯一の癒し要素がゴーアウェイ!この広い海で一人きりとか俺絶対死ぬ!
『死因:寂しさ』とかになる!俺のメンタルマジうさぎ並!
草食系とかマジ勘弁!一体どうすれば…!



『アヤ様、船が見えました…どうやら海賊船のようです』

「…うむ、ご苦労」

『…アヤ様?一体どうなされましたか?』

とっさに受け答えしたら頭の心配された!?
カ…カリスマ!もっと俺にカリスマを!人生で使うカリスマを全てここで絞り出して…!
俺の人生で使うカリスマなんてなかったか!どうする!どうするよ俺!
ままままだ慌てるような時間じゃもう目の前に海賊船いるじゃないですかやだー!
ええい!こうなったらこの海賊との戦いで絶対的強者の余裕を…!








































余裕の刃九郎無双だ、火力が違いますよ。

うん俺が暴れると海賊船ぶっこわしかねないもんね、自重自重。
いや結構軽く殴ったんだよ?マスト折ってそのまま彼方に飛んでくってどうよ?
ごめん何とか海賊団の船長、あんたの無駄にでかい図体と胸毛とボロボロのアロハシャツは忘れない。
たぶん死んで…いや今のは死んだかも…、部下達も刃九郎に海にボッシュートされたし。
一味揃って海の藻屑…せめてグルメな海王類に食されることを祈っておこうか。
しかし最近の俺バイオレンスに染まってきたな、いかんいかん俺は常識人のはずだ。
きっとあれだ、肉食系のゾオンの実食ったら凶暴になるとかいう理論だ。
それで妖怪と化した俺は伝説の超バイオレンスになったのか、そうだきっとそうだ。
この際だからついでに告白すると、ヨークシティ出て現在二日目で潰した船は八隻になります。
寝泊まりも全部そこらで済ましてる、睡眠薬のお陰で体調もバッチリだぜ。
それにしてもひどい有様だな…。
いやー結構でかい船だったんだけどね、クリークにはおよばないけどさ。
俺がふざけて団扇振り回しただけでいまや木片がアートを象ったなにかだからね、うん。
刃九郎にも『私がやりますので…』とか言われちゃったよ、もうやだ。
あー人類滅びないかなー。
ごろごろだらだらいい気分、働かずに貪る惰眠がうまい。
あ、新聞あるじゃん。
結構野蛮そうな海賊団だったのに、船長が人間とゴリラの合成獣だったし。
ああ見えて意外と知的だったのかな、たぶんそれはないから暇つぶし見たいなものかな。
ていうか俺ここの文字なぜか読めるんだよね、ご都合主義ワロス。
流石にこれはあややの恩恵ではないだろ…ないだろ?
まぁそんなどうでもいいことは置いといて、新聞チェックチェック。
ていうか新聞には興味ないから新聞に挟まってる…いくつかあるな。
手配書手配書…。

















俺の手配書あったァー!!イエーッ!
来たんじゃない俺の時代!?ま、待て落ち着け俺!冷静になれ俺!
クールになれ…よし落ち着いたすごく落ち着いた。
まさか一発で出るとはな…正直あと二つ三つは海軍基地襲わないといけないかと思ってたし。
スモーカー大佐マジ乙、お前のことは(恨みと共に)忘れない。
いかんいかん落ち着きすぎた、俺の手配書俺の手配書…。
えーとどれどれ…。

























″旋風のアヤ 懸賞金四千五百万ベリー″

























…お、おお。
思ったより格好良いいな…旋風か、懸賞金上がったら竜巻とかにならないかな。
いやーこれで俺も島に顔出しゃ誰もが手配書と俺を二度見する有名人ってわけだ。
しかも四千五百万ってかなりだよな、スモーカー倒しただけでそんなにいくもんなのかね。
本部大佐だからか?まぁいいけど、ていうかしょっぱなからルフィ船長越えちゃったよ。
うーん俺の…ていうかあややのクールに駆け抜ける横顔がベリーナイス。
というかこの写真いつ撮られたんだ?刃九郎ちょっと写ってるけど画質荒いな。
遠くからとったのか?だがそれでも俺が気づかないとは…すごいカメラマンだ。
あ、カメラといえば地面に這いつくばってるスモーカーさん記念にパシャッてもよかったかな。
まぁ流石に俺もそこまで外道ではない…いやいや外道どころか紳士ですしおすし。
さーて手配書で有名人になったことだしグランドラインで仲間集めしようかね。
あとあややの体で悪魔の実食べれるかとか刃九郎に悪魔の実とかも面白そうだね。
うっし…まずは山目指そう!山登りはお手の物!天狗だし!










































鴉は海に夢を馳せる
第二十話 俺TUEEは無いと言ったな、アレは嘘だ

























































すっごい嵐で前が見えない!グランドラインの入り口やべー!
風の膜作って雨を弾くようにはしてるけどそれでも羽根が濡れる位の雨ってすごいな。
あの灯台の光がなかったら確実に迷ってたわ、目印になる物なんにもないし。
山は暗すぎて見えないし、これ船で行くとなると本当に勇気がいるな。
どうせ空飛べるんだからおとなしくカームベルトから入っときゃあよかったぜ。
失敗したな…いやまあ別に多少濡れるだけだしいいけどさ、ちと寂しい気持ちになるね。
本来なら皆と夢を打ち明けあう筈だったんだがな…ああもう未練タラタラだな俺。
いいもん別に寂しくないもん平気だもん、俺には刃九郎がいるもん。
あ、今刃九郎は濡れないように俺の腕の中にいます。
抱えられてます、文句は言わせません遠慮も却下しました。
この冷たい嵐を抜けるにはお前のぬくもりが必要なんや…精神面的な意味で。
あーもふもふ、もふもふ刃九郎かわいいよ刃九郎かわいいよクンカクンカはぁはぁ。
ふぅ…。
しっかしこれ風の膜作れるのはいいんだけどあんまりスピード出すと壊れちゃうんだよな…まだまだ風を使いこなせてないか。
もうちょっと細かい風の管理をできるようになるといいんだけどね、いろいろと。


















見えた…アレが、えーと…ダウンアッパーブイストームじゃなくて…。
ノックストリームだっけ?打ち上げる波見たいな奴。
oh...本当に川が山登ってる、常識に囚われない幻想郷でも自然がそんな物理法則無視したりしないよ?
まぁ悪魔の実とかもう完全に生物学無視してるけどさ、まぁこの世界は面白不思議力学でなりたってるってことでFAっと。
いやー本来ならここで(ry。
まぁそんな事愚痴ってても仕方ないし、さっさと山に登っちゃいますかね。
猿田彦…ではないか、案内する人もいないしね。
あー一刻も早くこの嵐から抜けたい、雨嫌い湿気嫌いナメクジとか大嫌い。
でも俺雨男だったんだよね…しかも今の気質は風雨だしね…。
はぁ…憂鬱だわ。




ノックストリームはあっさりスルー、まぁ飛んでるから海流とか関係ないし。
あとはノックストリームに沿って川を登るだけの簡単な道筋です。
んでもってやって参りました山頂、見えたぞグランドライン!
このあややより、新の強者の歴史が始まるのだ!世紀末海賊伝説あややの拳!
まぁあややの速度で殴ったら確かにお前はもう死んでいるとかできそうだね。
さーて…いやー本当にワクワクしてきた、なんか知らないところにいるとドキドキするよね。
廃墟とか、古い街並みの所とか…しかもここはお宝なんかが本当にあるからね!
本当の大冒険だぜ!お宝だぜ!そして原作キャラとかストーリーだZE!
テンション上がってきた、しかも俺の行動が原作に歪みを起こしたりもするかもしれないんだぜ!?
ヒャッハー原作破壊だーみたいな!いや多分しないけどさ、一部を除いて。
さて、嵐も過ぎ去り…でっかい山みたいなのが前方に見えますね。
何を隠そうラブーンです、いや本当にでかいな。
深海をこんなでかいのが泳いでるのか…なんか深海とか宇宙とかにも夢があるよね。
まぁラブーンはスルーで、悲しいけどここで介入しちゃうとアラバスタ編からダメになっちゃうんだよね…。
んじゃま、島探そう島。
あのイガラムさんとかビビちゃんとかいる島以外の島見つけよう、ログポースも欲しいし。
















































えーと…ロッカーアイランド?変な名前だな。
島としてはそこそこでかい、ナミさんの島くらいかな?実際見てないけど街が数個あるからそのくらいだと思う。
けっこう自然豊かだね、四割くらいが緑の山で一割が平地の森、五割が川って感じ。
街の雰囲気は…どうだろ、なんか港がある街が一つと後は住宅街と農地みたい。
グランドライン一発目の街が地味だった…死にたくはない。
まぁ見たところ港町が一番デカくって人通りも多くて賑わってるんで、そっちいこうかな…。



げっ、街の真ん中にある白くてデカい建物ってもしかしなくっても海軍本部?
まーそうっスよね、海賊が集まるグランドラインの玄関みたいな島に海軍基地が無い方がおかしいですよね。
うわー面倒なことにならなきゃいいけど…。
まずは飯と睡眠薬の補充かな…あと刃九郎用にタオル見たいなのが欲しいな。
っていうか刃九郎抱きっぱなしなの忘れてた…あ、刃九郎寝てる。
可愛い奴め、まぁ寝かせといてあげようか。
んじゃま、美味しそうな飯屋でも探しますかな。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024158954620361