SS投稿掲示板




No.31760の一覧
[0] なでしこっ! (いぬかみっ!二次創作)[闘牙王](2012/05/06 11:39)
[1] 第一話 「啓太となでしこ」 前編[闘牙王](2012/02/29 03:14)
[2] 第二話 「啓太となでしこ」 後編[闘牙王](2012/02/29 18:22)
[3] 第三話 「啓太のある夕刻」[闘牙王](2012/03/03 18:36)
[4] 第零話 「ボーイ・ミーツ・ドッグ」 前編[闘牙王](2012/03/04 08:24)
[5] 第零話 「ボーイ・ミーツ・ドッグ」 後編[闘牙王](2012/03/04 17:58)
[6] 第四話 「犬寺狂死曲」[闘牙王](2012/03/08 08:29)
[7] 第五話 「小さな犬神の冒険」 前編[闘牙王](2012/03/09 18:17)
[8] 第六話 「小さな犬神の冒険」 中編[闘牙王](2012/03/16 19:36)
[9] 第七話 「小さな犬神の冒険」 後編[闘牙王](2012/03/19 21:11)
[10] 第八話 「なでしこのある一日」[闘牙王](2012/03/21 12:06)
[11] 第零話 「ドッグ・ミーツ・ボーイ」 前編[闘牙王](2012/03/23 19:19)
[12] 第零話 「ドッグ・ミーツ・ボーイ」 後編[闘牙王](2012/03/24 08:20)
[13] 第九話 「SNOW WHITE」 前編[闘牙王](2012/03/27 08:52)
[14] 第十話 「SNOW WHITE」 中編[闘牙王](2012/03/29 08:40)
[15] 第十一話 「SNOW WHITE」 後編[闘牙王](2012/04/02 17:34)
[16] 第十二話 「しゃっふる」 前編[闘牙王](2012/04/04 09:01)
[17] 第十三話 「しゃっふる」 中編[闘牙王](2012/04/09 13:21)
[18] 第十四話 「しゃっふる」 後編[闘牙王](2012/04/10 22:01)
[19] 第十五話 「落ちこぼれの犬神使いの奮闘記」 前編[闘牙王](2012/04/13 14:51)
[20] 第十六話 「落ちこぼれの犬神使いの奮闘記」 中編[闘牙王](2012/04/17 09:57)
[21] 第十七話 「落ちこぼれの犬神使いの奮闘記」 後編[闘牙王](2012/04/19 22:55)
[22] 第十八話 「結び目の呪い」[闘牙王](2012/04/20 09:48)
[23] 第十九話 「時が止まった少女」[闘牙王](2012/04/24 17:31)
[24] 第二十話 「絶望の宴」[闘牙王](2012/04/25 21:39)
[25] 第二十一話 「破邪顕正」[闘牙王](2012/04/26 20:24)
[26] 第二十二話 「けいたっ!」[闘牙王](2012/04/29 09:43)
[27] 第二十三話 「なでしこっ!」[闘牙王](2012/05/01 19:30)
[28] 最終話 「いぬかみっ!」[闘牙王](2012/05/01 18:52)
[29] 【第二部】 第一話 「なでしこショック」[闘牙王](2012/05/04 14:48)
[30] 【第二部】 第二話 「たゆねパニック」[闘牙王](2012/05/07 09:16)
[31] 【第二部】 第三話 「いまさよアタック」[闘牙王](2012/05/10 17:35)
[32] 【第二部】 第四話 「ともはねアダルト」[闘牙王](2012/05/13 18:54)
[33] 【第二部】 第五話 「けいたデスティニー」[闘牙王](2012/05/16 11:51)
[34] 【第二部】 第六話 「りすたーと」[闘牙王](2012/05/18 15:43)
[41] 【第二部】 第七話 「ごきょうやアンニュイ」[闘牙王](2012/05/27 11:04)
[42] 【第二部】 第八話 「ボーイ・ミーツ・フォックス」 前編[闘牙王](2012/05/27 11:21)
[43] 【第二部】 第九話 「ボーイ・ミーツ・フォックス」 中編[闘牙王](2012/05/28 06:25)
[44] 【第二部】 第十話 「ボーイ・ミーツ・フォックス」 後編[闘牙王](2012/06/05 06:13)
[45] 【第二部】 第十一話 「川平家の新たな日常」 〈表〉[闘牙王](2012/06/10 00:17)
[46] 【第二部】 第十二話 「川平家の新たな日常」 〈裏〉[闘牙王](2012/06/10 12:33)
[47] 【第二部】 第十三話 「どっぐ ばーさす ふぉっくす」[闘牙王](2012/06/11 14:36)
[48] 【第二部】 第十四話 「啓太と薫」 前編[闘牙王](2012/06/13 19:40)
[49] 【第二部】 第十五話 「啓太と薫」 後編[闘牙王](2012/06/28 15:49)
[50] 【第二部】 第十六話 「カウントダウン」 前編[闘牙王](2012/07/06 01:40)
[51] 【第二部】 第十七話 「カウントダウン」 後編[闘牙王](2012/09/17 06:04)
[52] 【第二部】 第十八話 「妖狐と犬神」 前編[闘牙王](2012/09/21 18:53)
[53] 【第二部】 第十九話 「妖狐と犬神」 中編[闘牙王](2012/10/09 04:44)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31760] 第二十一話 「破邪顕正」
Name: 闘牙王◆53d8d844 ID:e8e89e5e 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/04/26 20:24
『ねえ、どうしてわたしにはパパもママもいないの?』

それが小さな頃のわたしの口癖、疑問だった。どうして自分には父も母もいないのか。周りの友達にはみんないるのに、どうしてわたしだけ。でもそれにセバスチャンは困ったように誤魔化すだけ。それがずっと不思議だった。でもすぐに、大きくになるにつれてその疑問もなくなった。

わたしの、新堂家の人間の逃れられない運命を知ったあの日から。

初めからそれを信じていたわけではない。そんなお伽噺、いや、悪い冗談のような話があるわけがない。そう言い聞かせていた。だがそれが間違いなく真実だと思い知らされた。

誕生日の度に現れるアイツ。その姿、存在、力によって。恐怖を植え付けられる自分。自分を救うために戦いを挑み、敗れ、傷ついていく人々。それを見るのが辛かった。自分が傷つくのはまだいい。怖いけど、辛いけど何とか我慢できる。でも他人が、自分に近しい人が傷つくのは耐えられない。

だからわたしに友達はいない。いるのはこの腕の中にある、くまのぬいぐるみだけ。いつも自分と一緒にいてくれた、わたしのたった一人の友達。

でも怖い。どんなに言い聞かせても、あきらめようとしても、死ぬことが怖いのを誤魔化すことができない。誕生日のたびにまるで十三階段を登って行くかのような感覚に。

どうして母はわたしを生んだんだろう。わたしがこんな思いをすることを、誰よりも分かっていたはずなのに、どうして。新堂家を途絶えさせないため? そんなことのためにわたしは生まれてきたの? でも答えてくれる人はもう誰もいない。 わたし、生まれてきてよかったのかな……?


『死にたい』


それが彼女の、新堂ケイの口癖。生きることに絶望した、あきらめの言葉。


だがそれは違う。その言葉の本当の意味。ケイですら気づいていないその答え。


少女はその心の叫びを乗せ、歌い続ける。誰ひとり届くことのない、自らの本当の願いを抱きながら――――――





朝日がまばゆい光が次第に夜の闇を照らし始めている中、一人の少女が屋敷の中を、いや屋敷であった跡を歩いている。それはなでしこ。なでしこは沈んだ表情を見せながら、どこかあてもなくその惨状を歩いて行く。かつてのきらびやかな、優雅な屋敷の面影はどこにもない。ただの廃墟と化してしまった屋敷。まるでミサイルでも落ちてしまったかのような惨状。それが死神の力だった。

だがそれだけの力を行使したにもかかわらず自分たちは誰ひとり命を落としていない。それは今日が、いや昨日がケイの誕生日ではなかったから。その契約によって死神は誰ひとり命を奪うことはなかった。つまり、この惨状でさえあの死神にとっては手加減をしたものだったということ。

今、新堂ケイとたゆね、ともはねはこの場にはいない。

新堂ケイは死神が去った後、啓太に何かを言い残した後、去って行ってしまった。まるで自分たちを巻き込まないように。

たゆねとともはねは既に天地開闢医局へと連れて行かれた。事態を察知したはけによって。恐らくは大きな怪我もなかったので大丈夫だろう。

啓太は廃墟と化した屋敷の二階で一人佇んでいた。まるで何かを考え込んでいるかのように。なでしこはそんな啓太に掛ける言葉を持たなかった。いや、言葉を掛けることなどできるはずもなかった。今の自分にそんな資格などあるはずもないのだから。

そしてなでしこはその人物を見つける。そこには


「おお、なでしこさん、どこに行かれていたのですか?」

ボロボロのタキシード姿で何故かダンベルを使ってトレーニングをしているセバスチャンの姿があった。

「セバスチャンさん、一体何を……?」
「トレーニングです。日課になっておりましてな。はははは!」

困惑気味ななでしこの問いにセバスチャンはどこか楽しそうに笑いながら答える。だがそれが何かを誤魔化すような、無理をしているものだということは誰の目にも明らかだった。

「セバスチャンさん……」

なでしこはどこか目を伏しながらも、そんな痛々しい姿を見ながらもあえてその言葉を告げようとする。

そんなことをしてもあの死神には勝てないと。

その絶対に覆すことのできない真理、現実を。


「……いいんですよ、なでしこさん……わたしも分かっています。自分では例え命を捨てたとしてもアイツに勝てないことは……」

なでしこの気遣いに感謝しながらもセバスチャンはその言葉を口にする。自分では勝てないと。その事実を、現実を知っている、分かっているのだと。その言葉と姿になでしこの目が見開かれる。

「それなら……どうして……?」

知らずそんな疑問を口にしていた。いや、聞かなければならないと、今、自分はその理由を知らなければならない。そんな確信めいた何かがなでしこを突き動かす。そんななでしこの戸惑い、姿に気づくことなくセバスチャンは口にする。


「自分はもう……臆病者になるのは嫌なのですよ……」


それは告解、いや懺悔だった。犯してはならない間違いを犯してしまった自分への、そしてかつて救うことができなかった少女への。

二十年前、プロレスラーだったセバスチャンは新堂家に雇われた。かつての新堂家の当主、新堂ケイの母を守るために。セバスチャンには自信があった。自らの強さに。それを以て死神など一蹴してみせると。だがそれは無残に終わりを告げる。

戦うことすらできないまま。恐怖を、手足を何度も折られる痛みを流しこまれ、悶絶することしかできなかった。いや、これだけならまだよかった。ただの臆病者だと、罵られるだけで済んだだろう。だがセバスチャンは犯していけない、許されない罪を犯してしまう。それは


『汝はこの娘を守る者か? そうならば殺す、違うのなら生かしてやろう』


悪魔の、死神の囁き。決して耳を傾けてはいけない、禁断の二択。


セバスチャンは選ぶ、いや選ばざるを得なかった。その選択を誰が責めることができるだろうか。だがセバスチャン自身がそれを許すことができなかった。もしこの時、守ろうとしたケイの母に、少女に恨みを言われていればどんなによかったか、だが


『いいんですよ』


それが少女がセバスチャンに掛けた言葉。自らの死がそこまで迫っているにも関わらず、笑いながら、まだたった二十歳の少女はそう言ってセバスチャンを許した。心から、気にすることはないと、優しく。


それがセバスチャンの罪。例え少女に許されたのだとしても、誰よりも自分自身が許すことができない、決して消えることない咎。


「あれから自分がずっと許せなかったっ!! 悔しくてっ……悔しくてっ……!! どれだけ鍛えても、何回やってもアイツに敵わないっ!! お嬢様をお守りすることすら……あんなに小さな少女を守ることすらできないっ!! 自分は……自分はっ!!」


慟哭しながら、涙を流し、嗚咽を漏らしながらセバスチャンはその拳を地面へと叩きつける。その手が血に染まりながらも、何度も、何度も。自分の無力さを呪うかのように。そんなセバスチャンの姿をなでしこはただ見つめ続けるだけ。今の自分にはセバスチャンに言葉を掛ける資格など無いのだと、そう悟ったから。


自らの主を守るため。


それがセバスチャンが戦う理由。決して敵わないと分かっていても、命を落とすと分かっていても決してあきらめない心。それは同じだった。自分たち、犬神が持つべき心のあり方、信念と。


その信念に、誇りにたゆねも、あの小さなともはねでさえ従い、立ち向かって行った。恐れを持ちながらも、それを上回る勇気を以て。例えその力が及ばないと知っていても。


だが自分は何もできなかった。いや、『何もしなかった』


自分にはある。あの死神ですら簡単に葬れるような、まさに神のごとき力が。セバスチャンが、これまであの死神に立ち向かって来た、命を奪われてきた者たちがいくら求めても、求めても手に入らなかった、手が届かなかった『力』が自分にはある。


でも、自分は何もしなかった。自分勝手な、本当に自分勝手な理由で。三百年前から続くやらずの戒め。それを破ることができなかった。いや、それは言い訳だ。きっとそれだけであったなら自分は先の戦いで禁を破っていただろう。でも自分には、今の自分にはそれができない。例え命を落とすことになっても。それは恐怖。死神へでもない、戦うことへでもない。たったひとつの、それでも自分がずっと望んでいた、願っていた夢のために。


なでしこは静かに視線を落とす。そこには二つの大切な、かけがえのないものがある。自分が自分である意味。証。それを強く、強く握りしめながら、なでしこは自分たちを照らし出す朝日へと顔を上げるのだった――――――




「啓太様……」


廃墟と化した二階へと一人の青年がまるでいきなり現れたかのように姿を見せる。それは白い着物を着、長い髪をした犬神、はけ。はけはそのまま自らに背中を見せたまま立ち尽くしている啓太へと目を向ける。いつもとは違うタキシードに身を包んでいるものの、それはボロボロで見る影もない。啓太は振り返ることなくどこかへ視線を向けている。啓太が何を見ているのかははけには分からない。その腕にはボロボロになったくまのぬいぐるみの様な物が抱えられている。その光景にはけはどう話を切り出すべきか思案する。だが


「はけか……ともはねとたゆねはどうだった?」
「はい……二人とも大事ありません。今は二人とも眠っています」
「そっか……悪いことしちまったな……」


啓太は振り返らぬまま、ぽつりぽつりと言葉を口にする。そんないつもとは違う啓太の姿にはけは目を奪われる。得も知れない感覚が体を支配する。これは何なのか。まるでそう、津波が来る前の海岸に立っているかのような、そんな感覚。


「申し訳ありません、啓太様……わたしがもっとよく調べていれば……ですが、これは酷い。これはかつて、わたしと宗家が倒した死神を遥かに超える強さです」


それが何なのか答えが出ないまま、はけは改めてその惨状へと目を向ける。そこにはとてもこの世の物とは思えないような規模の破壊の跡があった。その霊力は間違いなくかつて自分が幼い宗家と共に倒した死神を遥かに上回っている。

死神。それは川平家の、犬神にとっての天敵と言っても過言ではない程強力な存在。だがその中でも恐らくはこの死神は群を抜いている。これだけの破壊を行いながらも誰一人殺していない、すなわち手加減するなど。間違いなく自分を遥かに上回る力。これを超える存在をはけは二人しか知らない。今は封印されている大妖狐、そして―――――


「確かに化け物だったぜ……まあ、馬鹿だったけどな……」

「………啓太様?」


はけは思わず聞き返してしまう。先程まで考えていた内容もどこかに吹き飛んでしまった。何故なら啓太の言葉には全く恐れも、恐怖もなかったから。そんなことがあり得るのだろうか。これだけの力を、力の差を見せつけられたというのに。まさに天と地ほどもある絶対の壁を、理不尽を。なのに、なのに、何故―――――


「でも俺、もうあいつに絶対負けるわけにはいかねえんだ……はけ、俺、今、凄く怒ってるんだぜ」


そんな楽しそうな笑みを、ケモノの瞳を見せているのか。


「―――――――」


はけはただその姿に目を奪われていた。いや、見惚れていた。息は止まり、体は震えている。思考が定まらない。まるで獣に戻ってしまったかのように。


その言葉の意味。

啓太は怒っている。死神へ。その理不尽に、その残酷さに、恐怖を、絶望を振りまく存在に。

何よりもそれを倒すことができなかった自分自身に。


瞬間、蘇る。それは記憶。忘れることなどできない、自分にとっての始まりの記憶。


かつて幼い宗家が儀式を行う年齢よりも早く里へと訪れた日。奇しくも今と同じ、友人に取り憑いた死神を倒すために自分たちの力を貸してほしいと助けを求めてきた日。だが犬神達は誰もそれに応えなかった。契約の年齢に達していないこと、何よりも死神という自分たちにとっての天敵が相手。無理のないことだった。だが少女、宗家は恨み事一つ言わずその場を立ち去って行く。

知らずはけはその後を追っていた。それは単純な興味。

『あなたは何故そうまでするのですか?』

何故戦うのか。怖くないのか。どうして友人のためにそこまでするのか。それに


『決まってんだろ、友達のためだ! それが破邪顕正だからだ! オレが胸を張って生きたいからだ! だからだ! 文句あるか!?』


少女は一切の迷いなく、胸を張って、不敵な笑みを見せた。それにはけは目を奪われる、いや見惚れていた。心奪われていた。

『面白い』

この人間は面白い! こんな人間がいるとは! いや、自分はずっとこの時を待っていたのだと!

それがはけが生まれた瞬間、いや生まれ変わった瞬間だった。そして今、自分はそれと同じ光景を、感覚を感じている。

かつての宗家の笑みと、啓太の笑みが重なる。性別も、歳も異なるにも関わらず、間違いなくそれは全く同じもの。いや、それだけではない。

それはまさに原初の記憶。かつて大妖狐によって絶体絶命の危機に陥った時、誰もがあきらめ、絶望し、それでも心の、魂の底から叫びを助けを求めた時、あの方は現れた。

『呼べば来る者』

それが初代、川平慧海。誰かが魂の底から助けを求めた時、彼は必ず現れた。

はけは確信する。啓太が間違いなくその魂を受け継いでいるのだと。啓太がその叫びを、死に魅入られた少女の叫びを感じ取ったのだと。


「……? はけ、お前何で泣いてんだ……?」


啓太はどこかぽかんとした様子ではけへと向き直る。そこには両目から涙を流しているはけの姿があった。だがはけはそのことに気づいていないかのようにただ啓太へと視線を向けている。涙には不釣り合いなどこか誇らしげな笑みを浮かべながら。


「いえ……ただご命令を、そう申し上げたかったのです、啓太様」


そう言いながらはけは膝を突き、首を垂れる。それは忠誠の証。かつての初代、そして宗家以外には決して見せたことのない、心からの忠誠。自らの主足る、そう認めた者にしか見せない姿。


はけは悟る。何故自分がこの方に目をかけていたのか。それは川平の直系だからでも、その容姿がかつての宗家と似ていたからでもない。


そう、全てはこの瞬間のため。



「はけ……お前の命、俺にくれ!!」


はけはただ頭を下げているだけ。もはや言葉は必要ないと。そう告げるかのように。


今、啓太の生まれて初めての本気、命を賭けた戦いの、反撃の狼煙が上がった―――――


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027036190032959