SS投稿掲示板




No.29266の一覧
[0] クララ一直線・セカンド (レギオス 再構成) 【完結】[武芸者](2013/07/10 16:04)
[1] プロローグ 始まり[武芸者](2012/11/01 08:50)
[2] 第1話 学園生活[武芸者](2011/08/11 09:04)
[3] 第2話 入学式[武芸者](2012/05/22 07:12)
[4] 外伝 とある夜[武芸者](2011/09/30 10:15)
[5] 第3話 第十八小隊[武芸者](2011/08/11 09:17)
[6] 第4話 眩しい日常[武芸者](2011/08/11 09:07)
[7] 第5話 第十八小隊の初陣[武芸者](2011/08/11 09:08)
[8] 第6話 汚染獣[武芸者](2011/08/11 09:16)
[9] 第7話 波乱の後に……[武芸者](2012/05/22 07:10)
[10] 第8話 セカンド[武芸者](2011/08/11 22:19)
[11] 第9話 都市警[武芸者](2011/09/30 13:50)
[12] 第10話 一蹴[武芸者](2011/09/30 13:26)
[13] 第11話 一時の平穏[武芸者](2011/11/06 21:28)
[14] 第12話 廃都[武芸者](2012/02/02 09:21)
[15] 第13話 ガハルド[武芸者](2012/05/23 20:58)
[16] 第14話 けじめ[武芸者](2012/06/12 06:49)
[17] 第十五話 目覚めぬ姫[武芸者](2012/11/01 08:21)
[18] 第十六話 病[武芸者](2013/01/19 00:22)
[19] 第十七話 狂気[武芸者](2013/02/17 08:02)
[20] 第十八話 天剣授受者と姫 (完結)[武芸者](2013/07/11 10:07)
[21] クララ一直線・サード!?[武芸者](2015/08/04 17:25)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[29266] 第6話 汚染獣
Name: 武芸者◆8a2ce1c4 ID:d980e6b9 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/08/11 09:16
「状況は?」

カリアンを筆頭とした生徒会役員幹部、そして武芸科を取り仕切る武芸長のヴァンゼが会議室に集まり、真剣な表情で論議を交わしていた。
その内容は現在、ツェルニに起こっている異変についてだ。

「ツェルニは陥没した地面に足の三割を取られて、身動きが不可能な状態です」

「脱出は?」

「ええ……通常時ならば独力での脱出は可能ですが、現在は……その、取り付かれていますので」

都市が身動きの出来ないこの状況。それを狙ったかのように取り付くもの、汚染獣。
絶望的な状況の中、カリアンはヴァンゼに視線を向ける。

「生徒の避難は?」

「都市警を中心にシェルターへの誘導を行っているが、混乱している」

「仕方ないでしょう。実戦の経験者など、殆どいない」

学園都市なんて言うが、この都市は学生故に未熟者の集まりなのだ。武芸者とは言え汚染獣との戦闘を経験したことがある者はほとんど存在しない。
そもそも汚染獣との遭遇は非常に稀であり、しかもツェルニには備えがない。このパニックも当然のことだった。

「全武芸科生徒の錬金鋼の安全装置の解除を。各小隊の隊員をすぐに集めてきてください。彼らには中心になってもらわねば」

カリアンの指示に、武芸長のヴァンゼは頷く。頷くが……やや青ざめた表情で、カリアンに問いかけた。

「できると思うか?」

「できなければ死ぬだけです」

その言葉に、カリアンは冷たく言い放つ。だけど、覆しようの無い真実。

「ツェルニで生きる私達全員が、全ての人の……いや、自分自身の未来のために、自らの立場に沿った行動を取ってください」

カリアンの冷たく迫力のある言葉に、その場にいる全員が黙って頷いた。




































「いましたか?」

「いませんねぇ。一体、どこにいるんでしょう?」

レイフォンとクラリーベルは夜の街並みを疾走し、ある人物を探していた。その人物とは第十八小隊隊員のフェリ・ロスだ。
汚染獣の襲撃という危機。そのために小隊員が招集されることになったが、念威繰者である彼女が姿を現さない。
そのために現在、レイフォンとクラリーベルはフェリを捜し回っていた。

「フェリさんが念威繰者としての道に疑問を持ってるのはわかりますが、今回は状況が状況ですからね」

「そうですね。犠牲者も出さずに、1匹残らず汚染獣を殲滅するならフェリ先輩の協力が不可欠です」

汚染獣を倒すだけなら、レイフォンとクラリーベルだけで十分だった。
特にレイフォンはクラリーベル(王家)の護衛と言うことで天剣の持ち出しを許可されており、そのために老生体だって倒す自信がある。だが、今回の状況は目の前の汚染獣をただ倒せばいいというわけではない。
襲ってきたのは汚染獣は幼生体。数は多いが、汚染獣としては最も弱い部類に入る雑魚だ。
天剣授受者、リンテンスによって鋼糸の技を教わったレイフォンなら、例え万の数がいようと容易に殲滅できる相手だ。ならそうすればいいと思うが、そういうわけにはいかない理由がある。相手が幼生体と言うことは近くに母体、雌性体の汚染獣がいるということだ。その母体である汚染獣が非常に厄介である。
出産のために瀕死となった母体に危険はないが、子供である幼生体の汚染獣を全て殺すと母体が救援を呼ぶのだ。天剣授受者であり、老生体すら屠る自信のあるレイフォンだが、避けれる戦いは避けたかった。
そのためにフェリの協力が必要だった。幼生体を1匹残らず殲滅し、母体を発見するために念威繰者としてのフェリの探査能力が必要なのだ。
レイフォンは跳躍し、高い建物の上に立つ。内力系活剄で視力を強化し、辺りを見渡した。
すると闇に染まる街並みでも目立つ、1人の少女を発見した。白銀の髪、雪のように白い肌をした美少女。捜し人であるフェリ・ロスだ。

「見つけました」

地上にいたクラリーベルに一言告げ、レイフォンはフェリの元へ向かう。
武芸者の跳躍で一飛びの場所にフェリはおり、レイフォンはフェリの前に着地した。僅かに遅れてクラリーベルも到着する。

「隊長とクララですか。どうしたんですか……って、聞くだけ野暮な話ですね」

緊急事態だというのにフェリは慌てず、何も感じていないような無表情でベンチに腰掛けていた。
だが、彼女が何を考え、何を想っているのかはありありと伺えた。それは嫌悪。レイフォン達が自分の前に現れた理由を理解し、内心では明らかな拒絶を感じている。

「私に……念威を使えって言うんですね?」

だからだろう、フェリの言葉はどこか刺々しかった。

「さっき、兄にも言われました。緊急事態だから念威を使えって……何故ですか?何故、私に念威を使わせようとするんですか?」

第十八小隊のことを居心地が良いと思った。第十七小隊のように訓練を強制されることはない。だが、それでも念威を使うことが嫌だった。
念威繰者としての道を歩むのが嫌だ。緊急事態とはいえ、その念威の才能を利用されるのが嫌だ。我侭を言い、子供のように駄々をこねている場合ではないということはわかっている。
だが、それでもフェリは念威を使うことを戸惑ってしまう。

「私はこんな才能なんていらなかった……誰かが欲しいのならあげたいくらいです。そんなものを私に使わせたいんですか?」

「でも、使わないと誰かが死にます。正直、幼生体は何千体、何万体来ようとどうとでもなる相手です。倒すだけなら、殲滅するだけなら簡単なんです。ですが数が多すぎます。僕とクララじゃ念威のサポートがなければ手が足りないほどに。被害を出さずに汚染獣を殲滅するには、どうしてもフェリ先輩の協力が必要なんです」

「……私だって、我侭言えない状況なことくらいはわかっています。それでも、利用されるのは嫌なんです。どうしても嫌なんです」

フェリは頑なに拒み続け、決して首を縦に振ろうとはしなかった。
そんな彼女に向け、レイフォンは深々と頭を下げる。天剣授受者と呼ばれ、圧倒的な実力を持つレイフォンだったが、フェリを動かすためにできることはそれだけだった。

「誰も死なせたくないんです。この都市で知り合ったみんなを、メイシェンやナルキ、ミィフィ達を危険な目に遭わせたくないんです。護りたいんです。だから……力を貸してください」

独自の夢を持ち、学園都市を訪れた少女達。彼女達と接し、仲良くなったことでレイフォンには護りたいと言う気持ちが芽生えていた。
彼女達の輝かしい未来を、こんなところで潰えさせたりはしたくなかった。
素直に護りたいと思う。天剣授受者だから、武芸者だからと言う理由を抜きにして、レイフォンはこの都市でできた大切な人達を護りたかった。

「絶対に護ってみせます。この都市を、メイシェン達を、そしてフェリ先輩も護ってみせます。だから……」

それには当然フェリも含まれる。仲良くなった者達、大切な空間、居場所。第十八小隊と言う存在。
生徒会長、カリアンの陰謀によって結成された第十八小隊。当初は嫌々と隊長を務めていたレイフォンだが、それが今ではかけがえのない存在になっている気がする。
エリートなんて名詞は要らない。ただ、友人達と他愛のない話ができる場所を手に入れられたことで十分だった。
クラリーベルの暴走に振り回されながらも、共に腕を磨いていく。
ナルキの愚痴を聞き、それに相槌を打ちながら苦笑を浮かべる
先輩であるフェリとの接し方に戸惑いながらも、それでも少しずつ仲良くなっていく。
騒動を持ち込むミィフィに呆れながらも、それを楽しいとすら思っていた。
メイシェンは訓練後、毎日のようにお菓子の差し入れをしてくれた。
その日常が大切だった。そんな毎日を失いたくなかった。だから護りたい。汚染獣を退け、変わらぬ日々を過ごしたかった。

「お願いします」

「……あなたはどうしようもないお人好しです」

頭を下げたままのレイフォンに、フェリは呆れたように言う。
ため息の音が聞こえ、そして次にそれとは異なる音が聞こえた。フェリの錬金鋼が起動される音だ。
それを聞き、レイフォンは顔を上げる。

「私は何をすればいいんですか?」

淡々と問いかけてくるフェリに、レイフォンはもう一度頭を下げた。
フェリは恥ずかしそうにそっぽを向き、頬を赤く染めていた。














「まさか、天剣授受者であるレイフォン様が頭を下げるとは思いませんでした」

「軽蔑しましたか?」

「いいえ、むしろ惚れ直してしまいそうな勢いです」

フェリと別れたレイフォンとクラリーベルは、ある場所を目指して再び疾走していた。
並みの武芸者では到底追いつけない速度で走っているというのに、レイフォンとクラリーベルには談笑する余裕すらあった。

「天剣授受者の方々は我が強いと言いますか、プライドが高い方が多いので、少し意外だとは思いましたけど」

「まぁ、それは確かに……」

確かに一部の者を除き、他の天剣授受者だったらレイフォンのように頭を下げてお願いをするなんてことはできなかっただろう。
安っぽいプライドや地位に興味を持たないレイフォンだからこその選択と言える。

「ですが、現状では最善の手だったと思います」

「そうですね」

『無駄話をしている暇があったらもっと急いでください。既に兄に話を通して、必要なものは準備させています』

何より優秀な念威繰者、フェリの協力を取り付けることができた。この場に彼女の姿がなくとも、レイフォン達の周囲をあるものが飛び回っている。念威繰者の扱う探査子だ。これによって周囲の情報を解析し、または通信機として使うことができる。
今回もそのような使い方、通信機として扱われており、レイフォン達にはフェリの声が届けられた。

「すいません、急ぎます」

『早くしてください。前線では既に戦闘が始まっています』

フェリに急かされ、レイフォンとクラリーベルは更に速度を上げる。
向かうのはこの都市の長、カリアンの待つ生徒会棟。その正面入り口では、フェリによって連絡を受けていたナルキが待ち受けていた。

「レイとん!クララ!」

「遅くなってごめん」

まずは謝罪。フェリを捜していたとはいえ、隊長である自分が隊員を待たせてしまった。フェリの話では既に戦闘が始まっており、小隊が中心となって戦っていると言う話だ。明らかに出遅れてしまっている。
だが、ナルキはそのことについてはまったく怒っていなかった。いや、むしろそんな余裕などないというのが正しい。
ナルキは震えていた。恐怖に表情を歪ませ、心細そうにレイフォンに問いかけてくる。そんな彼女からは、いつものように姉御肌的な気質を感じ取ることはできなかった。

「……あたし達、大丈夫なのか?本当にこの都市を護れるのか?」

汚染獣という脅威。ナルキはそれと、小隊員という立場で戦わなくてはならない。
人類の共通の敵である汚染獣。今までに戦った経験はないが、その名を聞くだけで身の毛がよだつほどに恐ろしい。
それなのに自分は、小隊員として戦えるのか?
それ以前に武芸者として都市民を、親友達を護れるのか?
ナルキは不安を感じていた。

「メイやミィを死なせたくない……戦わなくちゃいけないと言う事はわかっている……だけど、怖いんだ……体の震えが止まらない……なぁ、レイと……」

「大丈夫」

彼女は辛そうに心境を吐露していく。だが、それ以上は言わせない。聞きたくなかったし、何よりそんなことを言う必要はなかった。
レイフォンは微笑み、ナルキに言い聞かせるように言う。

「メイシェンやミィフィを絶対に死なせたりはしない。もちろん、ナルキだって。僕が護ってみせる。クララやフェリ先輩と一緒に。だから大丈夫」

「レイ、とん……」

優しく、どこまでも力強い言葉。その言葉を向けられ、ナルキは僅かに安堵の表情を浮かべていた。しかし、同時に孤独感を感じてしまう。
レイフォンとクラリーベル、そしてフェリ。この3人はナルキを除いた第十八小隊のメンバーだ。それはつまり、第十八小隊の隊員であるナルキは戦力として数えられていないと言うことだ。
レイフォンとクラリーベルの実力がずば抜けていることは知っていた。同じ隊で、共に訓練してきたナルキだからこそ嫌と言うほどに理解している。まさに次元が違うのだ。
そしてフェリ。彼女の念威がどれほどのものなのかは知らないが、ナルキの遥か高みにいるレイフォンとクラリーベルがこうも太鼓判を押すのだ。普通であるはずがない。
1人だけ戦力になれないうことに疎外感を覚え、無力な自分に腹が立つ。悔しさのあまり、ナルキは奥歯を噛み締めた。
だが、それを決して表に出すことはなく、ナルキは別の感情で悔しさを塗り潰し、レイフォンに懇願した。

「頼む……メイ達を護ってくれ」

「もちろん」

レイフォンは頷く。しかし、彼にはナルキの心の奥底を、彼女の悔しさに気づくことはできなかった。









ほとんどの者が初めて経験する汚染獣戦。相手は最弱の存在、幼生体だったがそれでも未熟者の武芸者達にとっては強敵だった。
単身ではそれほどの脅威はない。あの巨体と硬い甲殻は厄介だが、それでも何とか打破することができた。
問題なのは数だ。数百、または千を越える汚染獣の大群。今までにそれなりの数の汚染獣を倒したはずだが、数が減っているようにはまったく見えない。
次第に数に押され、津波のように迫ってくる汚染獣の脅威。その脅威に心折られ、絶望する学生武芸者達。己の無力さを知り、都市を護る力すらないことに憤怒する。だが、どれだけ無力さを知ろうと、憤怒しようと、彼らにできることは何もなかった。
彼らでは都市を護れない。彼らでは人を護ることができない。誰もが諦めていた、絶望していた。この都市は滅ぶだろうと悟り、護れなかったことに後悔の念を抱く。
だが、この都市にはいるのだ。都市を護れる者が、圧倒的な実力を持つ武芸者が、あの槍殻都市グレンダンで最強の一角となった少年と、同都市で上位の実力を持つ少女。その2人が、優秀な念威繰者のサポートを受けて戦場に立つ。

「は……?」

誰かが間の抜けたような声を上げた。軍隊のように進軍してくる汚染獣を襲った異変。その光景が信じられず、思わず声が上がっていた。
数多もの汚染獣が足を止め、その場を動かなくなる。一体何が起こったのだろうと理解する暇もなく、汚染獣が倒されていく。
汚染獣の体がズレ、斜めに崩れ落ちていく。不可視の刃らしきものが汚染獣を切り裂き、粉砕していく。
飛び散る汚染獣の体液と臓物。その光景に顔を顰める学生武芸者達だったが、それよりも、今まで自分達が苦戦していた相手がこうもあっさりと倒されていく光景の方が気になった。

「一体、誰が……」

既に汚染獣の群れの一角が狩り尽くされ、一部分だけ空白地帯が生まれる。まるでそれを待っていたかのように、周囲を飛び回る念威端子から声が響いた。

『これより、汚染獣駆逐の最終作戦に入ります。全武芸科生徒の諸君、私の合図と共に防衛柵の後方に退避』

声はこの都市の長、生徒会長カリアンのものだった。
そしてこの合図は、絶望的だった戦局が一変し、汚染獣との戦闘が終結する合図でもあった。












「さすがだね、レイフォン君。私では無理だったのだけど、まさか君がフェリを説得するとは」

「その話は後で。今は汚染獣を殲滅します」

レイフォンの姿は生徒会棟の天辺にあった。この都市で一番高く、ツェルニの都市旗が高々と掲げられている場所。そこで念異端子越しでの会話を打ち切り、レイフォンは錬金鋼の操作に集中する。
レイフォンの振るう武器、それは天剣。王家の護衛を務めることで例外的に持ち出すのを許されたグレンダン最高の錬金鋼。
レイフォンの天剣はその名の通り剣の形状をしていたが、今は先の部分が、剣身がなかった。
いや、実際にはある。ただ、それがあまりにも細すぎて見えないだけだ。

鋼糸。それがレイフォンの使っている武器の名前。
剄の設定を二つ作り、状況によって使い分けるのがレイフォンの戦闘スタイルだ。鋼糸とはレイフォンのそのスタイルのひとつであり、剣身となる部分を幾多にも分裂させ、細く、長い、糸のような形状へと変化する。
それらを操り、都市の中心から隅々にいる汚染獣を切り裂いていたのだ。レイフォンの技量、そして優秀な念威繰者であるフェリのサポートがあってこその芸当。
レイフォンは都市の中心にいながら、実際に自分の目で見えているかのように汚染獣を殲滅していく。汚染獣は急速に数を減らしていた。

「フェリ先輩、クララの方はどうですか?」

『……え、あ、ああ、すいません。少しボーっとしてました』

「それは構いませんので、クララはどうしていますか?」

片手間で汚染獣を駆逐しつつ、レイフォンはフェリに問いかけた。
問われたフェリはレイフォンの巻き起こす衝撃的な光景に唖然としていたが、すぐに我に返ってレイフォンの問いに答えた。

『母体の居場所は既にわかっています。クラリーベル・ロンスマイアは予定通り、母体の元へと向かっています。この様子だと到着まで後3分、何の問題もありません』

「そうですか。なら、幼生体は全て倒してしまっても構いませんね」

フェリの言葉に頷き、レイフォンの鋼糸が更に舞い踊る。殺戮を生み出す脅威の乱舞。
汚染獣の数は既に三桁を切り、二桁となっていた。
99,87,72……驚異的スピードで汚染獣は数を減らし、ついには二桁をも切る。こうなってしまえば、後は時間の問題だった。

「うまくやってくださいよ、クララ……」

心配するだけ無駄だとは思った。だが、それでもレイフォンは彼女の身を案じてしまう。
今は戦闘中だとその思考を飛散させると共に、最後の汚染獣がレイフォンの鋼糸によって散っていった。









「どうにかなりませんか?この装備」

『我慢してください』

「う~……」

クラリーベルはフェリの念威端子に先行され、母体の元へと向かっていた。
その身には都市外装備を纏っているが、クラリーベルはどうにもこれが不満らしい。

「通気性が最悪ですね。それに動きにくいです。ああ、グレンダンのものが懐かしい……」

『文句を垂れてないで早く母体の元へ向かってください。レイフォンは既に幼生体を全滅させました』

「さすがですね、レイフォン様は」

フェリの報告に憂鬱だった気持ちが少しだけ軽くなり、クラリーベルは足を速める。
母体は幼生体が全滅してから30分ほどで増援を呼ぶのだ。それまでに倒してしまう自信はあるが、急ぐに越したことはない。

『そこを曲がれば、すぐです』

既に母体の近くに来ていたようだ。クラリーベルはフェリの指示に従って横穴に入り、ついに見つけた。
千を越える幼生体を生み出した汚染獣、母体の姿を。体の三分の二を構成している腹は裂け、円錐のような胴体には殻に守られていない翅が生えている。
幼生に比べればはるかに大きな頭部と複眼が特徴だった。

「レストレーション」

クラリーベルは錬金鋼を復元させ、汚染獣へと歩み寄った。

「生きたいと思う気持ちは一緒でしょうね。死にたくないという気持ちも一緒かもしれません。でも、人間と言うものは贅沢で、それだけでは満足できないんですよ」

汚染獣が人語を理解するとは思えないが、クラリーベルは独り言のように語り掛けた。
それはほんの戯れ。気まぐれとも言う。クラリーベルは意味のないことを汚染獣に言い聞かせるようにポツリポツリとつぶやいていった。

「私はこの都市が気に入っているんです。だからそれを踏み躙られるのが嫌なんです」

汚染された大地に適応し、生きる汚染獣達。本来ならこの世界の王者は、彼等なのだろう。その昔、人間が頂点に立ち、世界そのものの主として振る舞っていたかのように。だが、そんなものなどクラリーベルは知らない、関係がない。自分は自分の生きたいように生き、やりたいようにやる。ただそれだけだ。

「そんなわけなので詫びるつもりはありません。許して欲しいとも言いません。別に恨んでくれても構いません」

更に一歩歩み寄る。クラリーベルの錬金鋼、胡蝶炎翅剣が紅く輝き、地下の暗闇を照らす。
振り上げられたそれは、次の彼女の言葉と共に振り下ろされる。

「さようなら」

鈴の音のように響く美しい声。それと同時に、汚染獣の断末魔が地下に響き渡った。




































「ご苦労様です、クララ」

「はい、お疲れ様です、レイフォン様」

一仕事を終え、レイフォンとクララは互いに互いを労い合う。
今頃学生達は、何故汚染獣が全滅したのか疑問に思っていることだろう。
だが、同時に歓喜しているはずだ。生き残れたことに喜びを感じている者が多数いた。その騒ぎが、レイフォン達にも聞こえてくる。

「それにしても、たかだか幼生体の襲撃でこの騒ぎとは、ツェルニはこんなにもレベルが低いんですね」

「それは違いますよ。ここは学園都市です。きっと、これが普通なんですよ」

「そういうものですかね?」

グレンダンとのレベルの違いを改めて実感し、クラリーベルは小さなため息をついた。
ツェルニのことを気に入ってはいるが、やはりこの都市で満足の行く戦いをすることは難しいようだ。
ツェルニのことは気に入っているが、そのことが非常に残念だった。

「うぅ、それよりも蒸し暑かったです……ツェルニの都市外装備は着心地が最悪ですね。汗ばんでいるのでお風呂に入りたいです」

「入ればいいじゃないですか」

「冷たいですね。そこは一緒に入るとか、背中を流すとか言って欲しかったです」

「1人で入ってください」

健全な男子なら泣いて喜びそうなことを突っぱね、レイフォンは大きなため息をつく。
クラリーベルに振り回される騒々しい学園生活は、まだまだ続きそうだった。




































あとがき
はい、これで一応クララ一直線の完結です。フォンフォン一直線、ありえないIFの物語と合わせて1巻のラスト部分を書くのは3度目ですが、どうにも難しい。
戦闘中心になりますし、基本無双ですので。いっそのこと母体に救援を呼ばせ、VS老生体戦も考えてみましたが、この回で終わらせたかったのでそこはカットしました。
一番不満なのは今回、クララの積極性をあまり出せなかったところですね。汚染獣戦が中心だったのと、フェリの協力が必要不可欠だったのでその場面のイベントを入れたのが原因かもしれません。
ぐだぐだですが、なんにせよこれでクララ一直線を完結できます。本編の片手間やオリジナルの合間に書いてたので、まさかここまでやっていけるとは思いませんでした。応援していただいた皆様方には本当に感謝です。
今後ともSSの執筆は続けていきたいと思ってますので、変わらずに応援していただけると嬉しいです。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027523994445801