SS投稿掲示板




No.26044の一覧
[0] ストライクウィッチーズ バルクホルンの降る夜に(スト魔女→現実)[アルテン](2011/08/01 00:15)
[1] ようこそ バルクホルン!?[アルテン](2011/02/15 23:42)
[2] ようこそ バルクホルン!? 2[アルテン](2011/02/21 15:45)
[3] ようこそ バルクホルン!? 3[アルテン](2011/02/27 22:38)
[4] ようこそ バルクホルン!? 4[アルテン](2011/03/06 17:07)
[5] 初めての同棲!? 初めてのときめき!?[アルテン](2011/03/21 00:37)
[6] 初めての同棲!? 初めてのときめき!? 2[アルテン](2011/03/27 14:42)
[7] 初めての同棲!? 初めてのときめき!? 3[アルテン](2011/04/03 11:43)
[8] 初めての同棲!? 初めてのときめき!? 4[アルテン](2011/04/10 11:15)
[9] 初めての同棲!? 初めてのときめき!? 5[アルテン](2011/04/17 22:23)
[10] トゥルーデ 怒りの馬走[アルテン](2011/05/04 01:06)
[11] トゥルーデ 怒りの馬走 2[アルテン](2011/05/15 22:56)
[12] トゥルーデ 怒りの馬走 3[アルテン](2011/05/22 23:19)
[13] 爆誕!? ナースウィッチげるとちゃん!?[アルテン](2011/06/12 22:43)
[14] 爆誕!? ナースウィッチげるとちゃん!? 2[アルテン](2011/06/19 22:11)
[15] 爆誕!? ナースウィッチげるとちゃん!? 3[アルテン](2011/06/26 23:11)
[16] はたらく お姉ちゃん!?[アルテン](2011/08/01 00:13)
[17] はたらく お姉ちゃん!? 2[アルテン](2011/09/11 23:39)
[18] はたらく お姉ちゃん!? 3[アルテン](2011/09/11 23:37)
[19] はたらく お姉ちゃん!? 4[アルテン](2011/10/04 23:04)
[20] 夢で会いましょう!? 【R15】(自粛版)[アルテン](2011/10/30 22:35)
[21] 夢で会いましょう!? 2 【R15】[アルテン](2011/11/13 22:55)
[22] 夢で会いましょう!? 3 【R15】[アルテン](2011/12/04 23:06)
[23] 夢で会いましょう!? 4 【R15】[アルテン](2012/01/09 00:23)
[24] バルクホルンに花束を[アルテン](2012/02/11 22:27)
[25] バルクホルンに花束を 2[アルテン](2012/02/19 22:57)
[26] バルクホルンに花束を 3[アルテン](2012/03/20 23:25)
[27] バルクホルンに花束を 4[アルテン](2012/06/06 14:47)
[28] バルクホルンに花束を 5[アルテン](2012/08/03 18:11)
[29] バルクホルンに花束を 6[アルテン](2012/11/14 18:59)
[30] お願い恋にも時間を!?[アルテン](2013/02/20 11:37)
[31] お願い!恋にも時間を!? 2[アルテン](2014/08/31 21:53)
[32] お願い!恋にも時間を!? 3[アルテン](2017/02/26 18:32)
[33] お願い!恋にも時間を!? 4[アルテン](2019/07/24 19:45)
[34] お願い!恋にも時間を!? 5[アルテン](2020/11/23 11:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[26044] ストライクウィッチーズ バルクホルンの降る夜に(スト魔女→現実)
Name: アルテン◆9a73cf91 ID:9d432bbe 次を表示する
Date: 2011/08/01 00:15
「神様……あんた、やっちゃならないことを……」

 誰に向かって言う訳でもなく、一人つぶやく。
 聞く者のいない独り言は、夜の闇に吸い込まれる。
 通る者とていない夜の農道。
 大学生、東雲浩二は目の前で起こった事態に、成すすべもなく立ち尽くす。
 辺りには東雲の乗ってきた車のエンジン音だけが響き、その音さえも深深と降り積もる雪に吸い込まれていく。

「……冗談……だよな?」

 彼の疑問に答えてくれる者など誰もいない。
 何か悪い冗談だと思いたかった。目の前で起こっていることは、幻だと思いたかった。
 しかし、農道に横たわる少女がそれを否定している。

──後で二つにまとめたブラウンの髪
──旧ドイツ軍を想起させる衣装
──足には見慣れた、しかし現実にはあるはずの無い機械

『ゲルトルート・バルクホルン』
 見間違えようはずがない。
 彼女のことはいつも見てきた。
 テレビで、パソコンで、DVDで、BDで、ゲームで、漫画で、同人で。

 どのくらい呆けていたのだろう。冷静になって振り返れば、わずかな時間だったかも知れない。
 北海道の冬の寒さが、東雲の頬を突き刺し、現実へと引き戻す。

「と、とりあえず。あれか? 言っておかないとダメか?」

 誰に問うわけでもない独り言。
 答えが返ってこないことは分かった。しかし問わずにはいられなかった。
 返ってきたのは、静寂。
 農道に横たわるバルクホルンを見つめると、東雲は何か意を決したように、彼女が現れた夜空を仰ぎ、息を吸い込む。

「親方! 空から女の子が!」


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028284072875977