SS投稿掲示板




No.25786の一覧
[0] 普通の先生が頑張ります (更新再開…かな?[ソーイ](2011/06/08 19:02)
[1] 普通の先生が頑張ります 0話[ソーイ](2011/04/10 19:06)
[2] 普通の先生が頑張ります 1話[ソーイ](2011/04/10 16:49)
[3] 普通の先生が頑張ります 2話[ソーイ](2011/04/08 22:17)
[4] 普通の先生が頑張ります 3話[ソーイ](2011/04/08 22:52)
[5] 普通の先生が頑張ります 4話[ソーイ](2011/04/08 23:22)
[6] 普通の先生が頑張ります 5話[ソーイ](2011/04/08 23:43)
[7] 普通の先生が頑張ります 6話[ソーイ](2011/04/09 10:03)
[8] 普通の先生が頑張ります 7話[ソーイ](2011/04/09 10:16)
[9] 普通の先生が頑張ります 8話[ソーイ](2011/04/09 10:36)
[10] 普通の先生が頑張ります 9話[ソーイ](2011/04/09 13:58)
[11] 普通の先生が頑張ります 10話[ソーイ](2011/04/09 14:38)
[12] 普通の先生が頑張ります 11話[ソーイ](2011/04/09 15:24)
[13] 普通の先生が頑張ります 12話[ソーイ](2011/04/09 18:20)
[14] 普通の先生が頑張ります 13話[ソーイ](2011/04/09 22:23)
[15] 普通の先生が頑張ります 14話[ソーイ](2011/04/09 23:12)
[16] 普通の先生が頑張ります 15話[ソーイ](2011/04/09 23:47)
[17] 普通の先生が頑張ります 16話[ソーイ](2011/04/10 16:45)
[18] 普通の先生が頑張ります 17話[ソーイ](2011/04/10 19:05)
[19] 普通の先生が頑張ります 18話[ソーイ](2011/04/11 21:15)
[20] 普通の先生が頑張ります 19話[ソーイ](2011/04/11 21:53)
[21] 普通の先生が頑張ります 20話[ソーイ](2011/02/27 23:23)
[22] 普通の先生が頑張ります 21話[ソーイ](2011/02/27 23:21)
[23] 普通の先生が頑張ります 22話[ソーイ](2011/02/27 23:19)
[24] 普通の先生が頑張ります 23話[ソーイ](2011/02/27 23:18)
[25] 普通の先生が頑張ります 24話[ソーイ](2011/02/26 22:34)
[26] 普通の先生が頑張ります 25話[ソーイ](2011/02/27 23:14)
[27] 普通の先生が頑張ります 26話[ソーイ](2011/02/28 23:34)
[28] 普通の先生が頑張ります 27話[ソーイ](2011/03/01 23:20)
[29] 普通の先生が頑張ります 28話[ソーイ](2011/03/02 22:39)
[30] 普通の先生が頑張ります 29話[ソーイ](2011/03/04 22:42)
[31] 普通の先生が頑張ります 30話[ソーイ](2011/03/08 00:19)
[32] 普通の先生が頑張ります 31話[ソーイ](2011/03/07 23:33)
[33] 普通の先生が頑張ります 32話[ソーイ](2011/03/10 00:37)
[34] 普通の先生が頑張ります 33話[ソーイ](2011/03/09 23:47)
[35] 普通の先生が頑張ります 34話[ソーイ](2011/03/10 23:15)
[36] 普通の先生が頑張ります 35話[ソーイ](2011/03/13 23:11)
[37] 普通の先生が頑張ります 36話[ソーイ](2011/03/14 22:47)
[38] 普通の先生が頑張ります 37話[ソーイ](2011/03/15 23:56)
[39] 普通の先生が頑張ります 38話[ソーイ](2011/03/16 23:15)
[40] 普通の先生が頑張ります 39話[ソーイ](2011/03/17 23:03)
[41] 普通の先生が頑張ります 40話[ソーイ](2011/03/18 22:46)
[42] 普通の先生が頑張ります 41話[ソーイ](2011/03/19 23:49)
[43] 普通の先生が頑張ります 42話[ソーイ](2011/03/20 23:12)
[44] 普通の先生が頑張ります 43話[ソーイ](2011/03/21 22:44)
[45] 普通の先生が頑張ります 間幕[ソーイ](2011/03/23 07:49)
[46] 普通の先生が頑張ります 44話[ソーイ](2011/03/23 23:24)
[47] 普通の先生が頑張ります 45話[ソーイ](2011/03/25 23:20)
[48] 普通の先生が頑張ります 46話[ソーイ](2011/03/26 23:23)
[49] 普通の先生が頑張ります 47話[ソーイ](2011/03/28 00:29)
[50] 普通の先生が頑張ります 48話[ソーイ](2011/03/28 23:24)
[51] 普通の先生が頑張ります 49話[ソーイ](2011/03/30 00:25)
[52] 普通の先生が頑張ります 50話[ソーイ](2011/03/31 00:03)
[53] 普通の先生が頑張ります 閑話[ソーイ](2011/04/01 00:36)
[54] 普通の先生が頑張ります 51話[ソーイ](2011/04/01 23:50)
[55] 普通の先生が頑張ります 52話[ソーイ](2011/04/03 00:22)
[56] 普通の先生が頑張ります 53話[ソーイ](2011/04/04 23:45)
[57] 普通の先生が頑張ります 54話[ソーイ](2011/04/05 23:24)
[58] 普通の先生が頑張ります 55話[ソーイ](2011/04/06 22:31)
[59] 普通の先生が頑張ります 56話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:46)
[60] 普通の先生が頑張ります 57話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[61] 普通の先生が頑張ります 58話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[62] 普通の先生が頑張ります 59話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[63] 普通の先生が頑張ります 60話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[64] 普通の先生が頑張ります 61話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:48)
[65] 普通の先生が頑張ります 62話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:48)
[70] 普通の先生が頑張ります 56話(修正版[ソーイ](2011/04/28 23:46)
[71] 普通の先生が頑張ります 57話(修正版[ソーイ](2011/04/28 23:27)
[72] 普通の先生が頑張ります 58話(修正版[ソーイ](2011/04/30 22:52)
[73] 普通の先生が頑張ります 59話(修正版[ソーイ](2011/05/18 23:24)
[74] 普通の先生が頑張ります 短編 【茶々丸】 [ソーイ](2011/05/23 23:47)
[75] 普通の先生が頑張ります 短編 【エヴァンジェリン】 [ソーイ](2011/05/23 23:42)
[76] 普通の先生が頑張ります 短編 【エヴァンジェリン】 2[ソーイ](2011/05/25 23:21)
[77] 普通の先生が頑張ります 短編 【月詠】 [ソーイ](2011/06/08 23:06)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[25786] 普通の先生が頑張ります 短編 【月詠】 
Name: ソーイ◆9368f55d ID:052e1609 前を表示する
Date: 2011/06/08 23:06

―――――月詠

 ふわふわと。
 まるで波間に漂うように。
 今まで生きてきた中で、この数カ月は――とても落ち着いた眠りに堕ちている。







「おはようございます~」

 そう朝の挨拶をすると、

「おー。おはよう、月詠」

 そう返ってくる。
 それがどれだけの意味を持つのか……それに、どれだけの意味があるのか。
 今までの生活には無かった事。
 でも、今はすぐ身近にある事。

「ん? どうかしたか?」

「……いえ~」

 そう首を振って否定し、机を挟んで、お兄さんの正面に腰を下ろす。
 テレビを見ていたんだろう、邪魔にならないように少し避けて。

「いつも、朝はお早いですね~」

「そうか?」

「はい~。御迷惑をおかけします~」

 そう思うなら少しは手伝いの努力をしてくれ、という声を聞きながら、机の上の急須から、お茶を注ぐ。
 その声は、事の他優しくて、耳に残る。
 お人好しの善人。
 だが、誰よりも弱いお兄さんを見ながら、注いだ茶を一口啜る。

「それより、学園の方には慣れたか?」

「あ~……まぁ、それなりには……」

 そこは、少し歯切れが悪くなってしまう。
 どう接すれば良いのか判らない、というか。
 どこまで接して良いのか判らない。

「珍しく、歯切れが悪いな」

「そうでしょうか~?」

「いつもは、もっと駄目なら駄目ではっきり言うだろう?」

 そうだろうか?
 ――そうなのかもしれないな、と心中で呟き、茶を啜る。

「そうでしたか~?」

「まぁ、俺がそう思っただけなんだけどな」

 気を悪くしたらすまん、と一言謝り、その視線は私を向く。
 私の眼を見ながら、このお兄さんは話す。
 どんな些細な事でもだ。
 私の眼を見て、私に話しかけてくる。
 それが、少しだけ――何と言うか、心地良い。
 今まで、そうやって話してくれた人が何人居ただろうか、と考えなくても判る事を考えながら、意識を逸らす。
 ――そうやって見られると、何もかもを知られそうで。
 実際は、そんな事はお兄さんには出来ないのだけれど。

「友達は出来たか?」

「……良くお話をするような人なら~」

「そうかそうか」

 そりゃよかった、と。

「ま、ここの手伝いより、学園生活を楽しんでくれれば、それで良いか」

「……ええんですか?」

「それが学生の仕事だからな」

 良く判りません、と呟きお茶請けの煎餅を袋から一枚取り出し、齧る。

「朝食前にお菓子を食べるのは止めるように」

「……はぁい」

 早くあの犬は起きてこないのか。
 最近は本当に、朝が遅くなったと思う。
 いや、ちゃんと気は張ってるんだろうが――気が緩んでいる。
 それも、ここが麻帆良……一人じゃないからか。
 そう思うと、小さく溜息が出てしまう。
 ……何時までも、ここに居られるわけでもないのに。

「今日の朝はなんですか~?」

「それは、小太郎が起きてきてからのお楽しみだ」

 残念です~、と呟き……手持無沙汰に、床に落ちていた本を一冊手に取る。
 ……何かの教材何でしょうけど、何の教材なのかは判らない。

「どうかしたか?」

「……数学、じゃありませんよね?」

「…………科学だよ」

「はー」

 科学ですか~、と。
 ……お兄さん、数学の先生ですよね?

「何で科学の教科書なんて持ってるんですか~?」

「そりゃ、お前も小太郎も、勉強が全然だからなぁ」

「? どうして、ウチと小太郎さんの名前がそこで出てくるんでしょうか~?」

 そう首を傾げると、小さく溜息。
 ……変な事は………言ってない、と。
 そう心中で呟くが、続いてお兄さんに小さく笑われて、むっとしてしまう。

「そりゃ、俺は教師で、お前達二人の保護者みたいなもんだからな」

「?」

「今まで勉強なんてしてこなかったんだろ?」

「……はぁ」

 必要ありませんでしたから~、と。
 学校での勉強なんて、役に立たない世界で生きてきた。
 足し算引き算、そしてある程度の語学力。
 生きていくのに必要最低限だけの知識は、生きているうちに、何とか手に入れた。
 それを教えてくれた師は、もう居ない。
 ウチを斬ろうとしたから、私が斬った。
 小太郎さんが、知識というものをどうやって身につけたのかは知らない。
 もしかしたら親が居るのか。
 それとも、ウチみたいに誰かに教わったのか。

「折角一緒に暮らしてるんだからな」

「なるほど~」

「……迷惑か?」

 そう聞くくらいなら、最初に聞けば良いのに、と思うのは変だろうか?
 それとも、ただ単に、いま思いついただけなのか。
 まぁ、そのどちらでも――そう変わらないか。

「ウチは別に構いませんえ~」

「そうか?」

「はい~。クラスの皆さんと一緒に居るのは楽しいですし~」

 勉強が出来るなら、もう少しは楽しくなるでしょうし、と。
 そう言うと、嬉しそうに笑われてしまう。
 ……お兄さんは、こういう所は――何と言うか、大人らしくない。
 そう思う。
 子供っぽいとは思わないが、大人らしくない。
 ウチが知ってる大人とは違う。
 そんな感じ。
 汚くて、自己中心的で、腹ん中が真っ黒な人ら。
 それがウチが知ってる大人。
 そんな大人ばっかりやないとは判っているが、少なくとも、今までウチの周りに居た大人は皆そないな人達。
 だから、お兄さんはお兄さんで。
 だから、お兄さんは大人らしくない。

「でも、ええんですか~?」

「ん?」

「お仕事、大変なんやないんですか?」

 そう言うと――また、嬉しそうに笑う。

「大変なんかじゃないから、気にしなくて良いよ」

「そうですか~?」

「そんなの気にしなくて良いんだよ」

 そう簡単に言いますが、お仕事大変なんやないですか?
 帰ってくるのも生徒のウチらより遅いですし。
 夜は遅くまで起きてますし。
 朝は早いですし。
 そのうえでウチらの勉強を見る?

「勉強できないと、補習とかで居残りもあるだろうし」

「居残りは嫌ですね~」

「だろ?」

 お姉さんの別荘で修行が出来なくなりますし。
 それは小太郎さんも嫌だろう。
 何だかんだで、口は悪いが、お姉さんは一級の魔法使い。
 学ぶ事は多い。
 麻帆良に来て良かったと思える事の一つだ。

「という訳で、今夜からでも、少し勉強するか?」

「今夜、ですか?」

「晩ご飯の後に、少しずつな」

 なるほど、と。
 それならそう時間を取られずに済む、と内心で頷く。

「ウチは構いませんえ~」

「そりゃ良かった」

 後は小太郎か、と。
 その呟きを聞きながら、

「疲れません?」

 ふと、そんな事を聞いてしまった。

「ん?」

 無意識にか。
 それとも心底からそう思ったのか。

「ウチらの相手、疲れません?」

「この生活がか?」

「この生活も、です」

 生活も、付き合いも。
 家族と呼ぶには遠く、
 他人とも――今はもう、呼べないような、曖昧な関係。
 この関係を聞かれるなら……第三者からは、どう見えるのか。
 だが、そう聞くのも変だろう。
 だから、この“変な関係”は――。

「月詠、マクダウェルか、女子寮か……別に暮らすか?」

「……どうして、そないな答えが出るんですか?」

「いや、やっぱり男と共同生活は嫌なのかな、と」

 ……その答えに溜息を吐き、冷めかけたお茶を一口啜る。

「ウチの事やなくて、お兄さんの事ですえ?」

「俺?」

「……ウチや小太郎さんみたいな物騒な子供と一緒で、気が疲れません?」

「ああ」

 そこでやっと、得心が言ったように一つ頷き、

「そこは、月詠と小太郎を信用してるからな」

「……はぁ」

 そう、一つ息を吐き、

「信用するにも、限度があるでしょうに」

 ――そう言い、視線をお兄さんに向ける。
 そこには……お茶を飲みながら、少し考え込むお兄さん。
 言い過ぎたやろか、と。
 だが、言わずに居られなかったのでしょうがないと言い聞かせ、視線をお兄さんに向けたまま、次の言葉を待つ。
 しかし、そこにあまり慌てた様子が無いのが――。
 ウチも、小太郎さんも。
 十二分に怪しいと思う。
 この共同生活が始まって、それなりの時間が過ぎたが……いまだに、殆ど自分らの事は喋って無いし。

「なぁ、月詠」

「なんですか?」

「……信用する、信用しないは人それぞれの自由だと思うんだ」

「はぁ」

 そうですね、と。

「だから、まぁ。これは俺の考えなんだが」

 そこで言ったん言葉を切り、

「信用する事に限度なんかあるのか?」

「―――――どうでしょうか?」

 信用する。
 その事に限度があるかどうか、と。
 普通の人は、信用するのは一度だけだろう。
 二度目は無い。
 ――それが、きっと当たり前だ。
 それか、一度も、誰も信用しないのか。

「信用してもらえないなら、信用してもらえるようになれば良い」

「……極論ですえ」

 裏切るような大人なんか、世に溢れているというのに。
 裏切ろうと、信用を得ようと、嘘で固まった大人が多いのに。

「裏切られたらどないするんですか?」

「そこは、俺の人を見る目次第だなぁ」

 そう、またウチの眼を見ながら。

「……お兄さんの目が、節穴じゃない事を祈っときますわ」

 ウチらは、お兄さんを信用しきれていない。
 そして、お兄さんはウチらから信用してもらおうとしている。
 それだけの事。
 ――なんだと思う。

「そうしてくれ」

 その声を聞きながら、冷えてしまったお茶を一口啜る。
 信用の限度。
 それは、どれほどなのか。
 どれほど――お兄さんは、ウチらを信用してくれるのだろうか。
 嘘だらけの大人。
 嘘の無い子供。
 ――そのどちらでもない“お兄さん”。

「……小太郎の奴、全然起きてこないなぁ」

「まったくですね~」

 ウチは、いつかお兄さんを裏切るんだろうか?
 ……馬鹿らしい、と一笑する。

「起こしてきましょうか~」

「んー?」

 その視線が、時計に向き、

「もう少し時間には余裕があるけど、腹減った?」

「女の子にそんな事を聞くのはマナー違反ですえ~」

「そりゃ失敬」

 そう言って、立ち上がるお兄さん。
 そのまま小太郎さんの部屋の方へ歩いていくから、起こしに行くんだろう。 
 その背に視線を向けながら、ぼんやりと――。

「お兄さん」

「ん?」

 どうしてそう呼んだのか。
 ……きっと、無意味な事だ。
 そう。
 意味の無い、呼びかけ。
 でも、その呼びかけには、確かに返ってくる“声”がある。

「何でもありません~」

「? とりあえず、小太郎を起こしてくるぞ?」

「お願いします~」

 お兄さんが信用できるか、出来ないか。
 今はまだ、判らない。
 でも――。

「……おはよー」

「相変わらずネボスケやねぇ、お犬は」

「うるへ……挨拶くらい返せんのか?」

「はいはい」

 起き出した小太郎さんの後ろで、苦笑いのお兄さん。

「おはようございます、小太郎さん」

「……おー」

 こうやって挨拶のある毎日。
 今はまだ、この毎日があるならそれで良いか、と。
 そう思う。



前を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027682065963745