SS投稿掲示板




No.25786の一覧
[0] 普通の先生が頑張ります (更新再開…かな?[ソーイ](2011/06/08 19:02)
[1] 普通の先生が頑張ります 0話[ソーイ](2011/04/10 19:06)
[2] 普通の先生が頑張ります 1話[ソーイ](2011/04/10 16:49)
[3] 普通の先生が頑張ります 2話[ソーイ](2011/04/08 22:17)
[4] 普通の先生が頑張ります 3話[ソーイ](2011/04/08 22:52)
[5] 普通の先生が頑張ります 4話[ソーイ](2011/04/08 23:22)
[6] 普通の先生が頑張ります 5話[ソーイ](2011/04/08 23:43)
[7] 普通の先生が頑張ります 6話[ソーイ](2011/04/09 10:03)
[8] 普通の先生が頑張ります 7話[ソーイ](2011/04/09 10:16)
[9] 普通の先生が頑張ります 8話[ソーイ](2011/04/09 10:36)
[10] 普通の先生が頑張ります 9話[ソーイ](2011/04/09 13:58)
[11] 普通の先生が頑張ります 10話[ソーイ](2011/04/09 14:38)
[12] 普通の先生が頑張ります 11話[ソーイ](2011/04/09 15:24)
[13] 普通の先生が頑張ります 12話[ソーイ](2011/04/09 18:20)
[14] 普通の先生が頑張ります 13話[ソーイ](2011/04/09 22:23)
[15] 普通の先生が頑張ります 14話[ソーイ](2011/04/09 23:12)
[16] 普通の先生が頑張ります 15話[ソーイ](2011/04/09 23:47)
[17] 普通の先生が頑張ります 16話[ソーイ](2011/04/10 16:45)
[18] 普通の先生が頑張ります 17話[ソーイ](2011/04/10 19:05)
[19] 普通の先生が頑張ります 18話[ソーイ](2011/04/11 21:15)
[20] 普通の先生が頑張ります 19話[ソーイ](2011/04/11 21:53)
[21] 普通の先生が頑張ります 20話[ソーイ](2011/02/27 23:23)
[22] 普通の先生が頑張ります 21話[ソーイ](2011/02/27 23:21)
[23] 普通の先生が頑張ります 22話[ソーイ](2011/02/27 23:19)
[24] 普通の先生が頑張ります 23話[ソーイ](2011/02/27 23:18)
[25] 普通の先生が頑張ります 24話[ソーイ](2011/02/26 22:34)
[26] 普通の先生が頑張ります 25話[ソーイ](2011/02/27 23:14)
[27] 普通の先生が頑張ります 26話[ソーイ](2011/02/28 23:34)
[28] 普通の先生が頑張ります 27話[ソーイ](2011/03/01 23:20)
[29] 普通の先生が頑張ります 28話[ソーイ](2011/03/02 22:39)
[30] 普通の先生が頑張ります 29話[ソーイ](2011/03/04 22:42)
[31] 普通の先生が頑張ります 30話[ソーイ](2011/03/08 00:19)
[32] 普通の先生が頑張ります 31話[ソーイ](2011/03/07 23:33)
[33] 普通の先生が頑張ります 32話[ソーイ](2011/03/10 00:37)
[34] 普通の先生が頑張ります 33話[ソーイ](2011/03/09 23:47)
[35] 普通の先生が頑張ります 34話[ソーイ](2011/03/10 23:15)
[36] 普通の先生が頑張ります 35話[ソーイ](2011/03/13 23:11)
[37] 普通の先生が頑張ります 36話[ソーイ](2011/03/14 22:47)
[38] 普通の先生が頑張ります 37話[ソーイ](2011/03/15 23:56)
[39] 普通の先生が頑張ります 38話[ソーイ](2011/03/16 23:15)
[40] 普通の先生が頑張ります 39話[ソーイ](2011/03/17 23:03)
[41] 普通の先生が頑張ります 40話[ソーイ](2011/03/18 22:46)
[42] 普通の先生が頑張ります 41話[ソーイ](2011/03/19 23:49)
[43] 普通の先生が頑張ります 42話[ソーイ](2011/03/20 23:12)
[44] 普通の先生が頑張ります 43話[ソーイ](2011/03/21 22:44)
[45] 普通の先生が頑張ります 間幕[ソーイ](2011/03/23 07:49)
[46] 普通の先生が頑張ります 44話[ソーイ](2011/03/23 23:24)
[47] 普通の先生が頑張ります 45話[ソーイ](2011/03/25 23:20)
[48] 普通の先生が頑張ります 46話[ソーイ](2011/03/26 23:23)
[49] 普通の先生が頑張ります 47話[ソーイ](2011/03/28 00:29)
[50] 普通の先生が頑張ります 48話[ソーイ](2011/03/28 23:24)
[51] 普通の先生が頑張ります 49話[ソーイ](2011/03/30 00:25)
[52] 普通の先生が頑張ります 50話[ソーイ](2011/03/31 00:03)
[53] 普通の先生が頑張ります 閑話[ソーイ](2011/04/01 00:36)
[54] 普通の先生が頑張ります 51話[ソーイ](2011/04/01 23:50)
[55] 普通の先生が頑張ります 52話[ソーイ](2011/04/03 00:22)
[56] 普通の先生が頑張ります 53話[ソーイ](2011/04/04 23:45)
[57] 普通の先生が頑張ります 54話[ソーイ](2011/04/05 23:24)
[58] 普通の先生が頑張ります 55話[ソーイ](2011/04/06 22:31)
[59] 普通の先生が頑張ります 56話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:46)
[60] 普通の先生が頑張ります 57話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[61] 普通の先生が頑張ります 58話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[62] 普通の先生が頑張ります 59話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[63] 普通の先生が頑張ります 60話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[64] 普通の先生が頑張ります 61話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:48)
[65] 普通の先生が頑張ります 62話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:48)
[70] 普通の先生が頑張ります 56話(修正版[ソーイ](2011/04/28 23:46)
[71] 普通の先生が頑張ります 57話(修正版[ソーイ](2011/04/28 23:27)
[72] 普通の先生が頑張ります 58話(修正版[ソーイ](2011/04/30 22:52)
[73] 普通の先生が頑張ります 59話(修正版[ソーイ](2011/05/18 23:24)
[74] 普通の先生が頑張ります 短編 【茶々丸】 [ソーイ](2011/05/23 23:47)
[75] 普通の先生が頑張ります 短編 【エヴァンジェリン】 [ソーイ](2011/05/23 23:42)
[76] 普通の先生が頑張ります 短編 【エヴァンジェリン】 2[ソーイ](2011/05/25 23:21)
[77] 普通の先生が頑張ります 短編 【月詠】 [ソーイ](2011/06/08 23:06)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[25786] 普通の先生が頑張ります 2話
Name: ソーイ◆9368f55d ID:052e1609 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/04/08 22:17

 今日も今日とてマクダウェル宅にサボり魔(確定)を迎えに行く途中、

「おはようございます、先生」

「ん? おお、絡繰か。おはよう」

 その途中で、絡繰に見つかった。
 と言うか、朝早くからこんな所で何やってるんだ?
マクダウェル宅から離れた、川の近く。
 そこでぼんやりと立っている絡繰。
 ……しっかし、マクダウェルも良い所に住んでるよなぁ。
 きっとマイナスイオンとか出てるんだろう。

「こんな所でどうした?」

「いえ」

 そのまま一緒にマクダウェル宅に向かおうと歩き出し、数歩。
 ……絡繰が、もうすでに結構後ろに。
 ん?
 そんなに早く歩いたつもりはないんだがな。

「どうした?」

「いえ、少し困ってます」

「??」

 見た感じ荷物も無いし―――ん?
 そうして少し注意して見ると、絡繰が足元を気にしている事に気付く。

「猫?」

「はい、昨日晩御飯を上げましたら、家までついてきてしまいまして」

「それで?」

「その事に今朝気付きまして。お帰り願おうと、昨日会った場所まで連れてきたのですが、また付いてきます」

 そ、そうか。
 視線を下に向けると、真っ白いのと三毛の猫が二匹。彼女の足にじゃれついていた。
 歩くのが遅いのは振りきれないからか。

「家で飼えないのか?」

「はい、マスターが許可しない確率は97パーセントです」

「無茶苦茶高いな」

「残りの3パーセントは、気紛れで飼っていただけるかもしれません」

 ふぅん。そっか。
 というか、その確率はどうやって割り出したんだろう?
 もしかしたら、何度もそう言う事を頼んでるのかもしれない。
 ……100回くらい頼んだのだろうか?

「そうか、マクダウェルは猫が嫌いなのかー」

「いえ、判りません」

 へ?

「マスターは、この子達のような、小さな動物を見ると急いで行ってしまわれます」

「なるほどなぁ」

 よっぽど嫌いなのか、それとも自分のキャラに合わないと避けてるのか。
 俺としては後者であってほしいけど。

「一応、相談してみたらどうだ?」

「…………相談してよろしいのでしょうか?」

「いや、いいだろ」

 別に、相談したくらいで何かある訳でもないだろうに。

「良いなら家で飼って、駄目なら飼い主を探すなりすれば良いだけだと思うけど」

「ですが、私はマスターの従者ですので」

「そ、そうか」

 主従の関係って、こういうものなのかな?
 堅苦しいというか、何というか。
 そう言うのはなんか違うと思うけど……まぁ、そこはマクダウェルと絡繰の問題か。
 俺がそうそう口出しをしても、あまり良い顔はされないだろう。

「とりあえず、その二匹をどうにかしないとな」

 早速、しゃがみ込んで二匹の首の裏を持って掴み上げる。
 はいはい、男に持たれるのは嫌ですか。
 にゃーにゃー鳴くのを無視して、どうしたものかと足を止める。
 しかし可愛い……。
 むぅ。

「絡繰、先に戻ってろ」

「いいのですか?」

「俺は、こいつらにエサやってる間に逃げるから」

 お前じゃ、置いていく事が出来ないみたいだしなぁ。
 コンビニのおにぎりとか食べるかな?

「助かります、先生」

「んじゃ、マクダウェルを起こしといてくれ」

「判りました」

 そんなやり取りがあったのが、2日前の朝。







「すまなかったね、先生。急な出張が入って」

「いえ、特にこの一週間も問題ありませんでしたし」

「今度、何か奢るよ」

 出張から帰ってきた高畑先生は……何だか、晴れ晴れとした表情だった。
 出先で何か良い事でもあったんだろうか?

「何か良い事でもありました?」

「あ、判るかい?」

 ……うーむ、今までにない上機嫌ぶりだ。
 ここで女絡みだったら、惚気られたりするんだろうか…あの、学生から人気の高畑先生から。
 ちょっと嫌だ。自分でも、口元が引き攣ってしまったのが判った。

「昔の恩人の息子さんを見てきたんだが、その恩人に似てきててね」

「――――あ、そうですか」

 なぁんだ、恩人さんの息子の成長が嬉しかっただけか。
 この人、自分の子供とかできたら絶対親馬鹿になるな。うん。
 廊下を歩きながら、この人には子供の話題はNGかもな、と思ってしまったり。

「向こうの学校でも評判が良くてね、知り合いとして鼻が高いんだ」

「そ、そうですか」

 そんな事を話しながら歩いていたら、もう2-A教室前まで来てしまっていた。
 た、助かった。

「おはよう、皆」

「おは――」

「高畑先生っ、おはようございますっ」

「お、おはよう、明日菜くん」

 神楽坂、昨日までのお前は何処に行った?
 テンション高いなぁ。

「おはよう、みんな。神楽坂は少し落ちつけよー」

「はっ!? は、はい……」

 はい、皆もあんまり笑ってやるなよー。と一応注意し、クラス名簿を開く。

「んじゃ、出欠とるぞー。明石ー」

 ………………
 …………
 ……

「特に報告する事は無い……が、今日は3教科で小テストしてもらう事になってるから勉強しとくようになー」

「「「えー!?」」」

「「「なにぃ!?」」」

 はっはっは、良い声だ皆。

「お、ま、え、ら……昨日また新田先生に怒られたらしいなぁ」

 はいそこ目を逸らすなよ、長瀬、クーフェイ、神楽坂。
 まったく。

「またウルスラの高校生と昼の場所取りで揉めたらしいな?」

「い、い、今言わなくても良いんじゃないですか、先生っ!?」

「じゃあいつ言えば良いんだ、神楽坂?」

 う、と詰まってチラチラと高畑先生を見るな。まったく。
 だからこそ今言ってるんだけどな。

「国語と英語と数学だ。点数悪かったら放課後残らせるから覚悟しとけよー」

「横暴アルっ」

「そうですわっ」

「はいはい、静かに」

 パンパンと手を叩いて、静かにさせる。

「ちゃんと復習してれば問題無いはずだから、気にするな」

 範囲は前回と前々回の授業内容だ、と範囲まで教えておく。
 つまり。
 理解も復習もしていない生徒が残る事になる訳だ。
 ……ちなみに、問題は範囲を聞いて俺が作ったりしてる。
 朝確認してもらったら、特に問題は無いと言っていただけたから大丈夫だろう。
 ありがとうございます新田先生、源先生。
 そして良く頑張った俺。

「範囲まで教えるんだから、楽なもんだろ?」

 ちゃんと復習してれば。

「頑張れよー」

「はは、出張の間に皆どれだけ勉強したか見せてもらうとしようかな」

 その一言がトドメだったのか、神楽坂が机に沈んだ。
 ……自分で振っておいてなんだけど、ちょっと不安になってきたぞ、先生。







 昼食は、何でか葛葉先生と二人っきりだった。
 何の罰ゲーム?
 いや、先生綺麗だよ? 美人だよ? でも、でもさ?

「………………」

「………………」

 無言である。
 話題が無いのである。
 接点が無いのである。
 ……コンビニ弁当ぐらいしか。
 いや、無理です。
 命を投げ出す趣味は持っていない。

「先生」

「は、はい……」

 互いに無言で弁当を食べていたら、幸いにも向こうから話しかけてくれたので、それにのる。
 いや、無言は精神的にキツい。

「桜咲と近衛さんの調子はどうでしょうか?」

「え? ああ、桜咲と近衛ですか?」

 ああ、そう言えば出身は同じ京都でしたっけ?

「近衛はクラスの皆に交じって、楽しくやってるみたいですよ?」

 昨日、神楽坂達と一緒に新田先生に怒られるくらいに。
 桜咲は――と、ちょっと口籠ってしまう。

「少し、クラスメートと距離を取ってるような所が……」

「そうですか」

 ルームメイトの龍宮や、長瀬とは結構話してるみたいですけど。
 クラスだと、そう話してる所も見掛けないんだよなぁ。

「二人とも、成績の方も今の所は問題ありません」

「そうですか」

「お知り合いですか?」

「ええ、桜咲……刹那とは、同じ剣を学んでいまして」

 剣? 剣、ですと?

「剣道ですか?」

「剣術の方です」

 ほー、と我ながら間抜けな声が漏れた。
 いや、聞いた事はあるけど、実際身近にいるとは思わないって。
 そう言えば、桜咲は剣道部だったな……その関係もあるんだろうか?

「凄いですね」

 本心から、そう言えた。
 だって、あーいうのって修行とか凄く厳しいと思うし。

「……そうでもありませんよ」

 あ、あれ? 何で褒めたのにそんな悲しそうに眼を逸らすんです? あれ?
 …………も、もしかして地雷ですか? 自分から話振って、地雷だったんですか?
 っていうか、剣術が地雷って何?
 そこは格好良いと思うんだけどなぁ。

「男の人は、格好良い女、というのはあまり……」

「……そ、そうですか」

 思いっきり地雷か……。
 俺、何か悪い事した?

「それじゃ、小テストの採点しますんで、失礼しますね」

「はい、ちょっとお見苦しい所をお見せして申し訳ありません」

 い、いえいえ。
 それでは、と再度言い職員室の自分の机へ。
 うーん、もう離婚して何年になるんだったっけ?
 結構尾を引くものなのかなぁ。







 ちなみに、小テストは皆良い点だった。
 ちょっと不安だったけど、先生皆を信じてたぞ。
 しかし、マクダウェル。
 お前ついに、国語で佐々木と並んだぞ……い、言った方が良いんだろうか?
 やっぱり言った方が良いよな、こう言うの。
 そんな事を悩みながら、夕暮れ時の麻帆良の街を歩いていると、

「何をやってるんだ、絡繰?」

「困っています」

 そりゃ見れば判る。
 猫が集まるどころか、頭にまで乗ってるじゃないか。
 なんで? この前見た時は2匹じゃなかったか?
 また増えたなぁ……羨ましい。

「お、降ろしていいか?」

「是非お願いします」

 そうか。
 爪をたてないように、ゆっくりと掴むではなく……持ち上げる。
 ほっ。

「先生、ありがとうございます」

「それは良いんだが……どうしてこうなった?」

 聞かない方が良かったのかもしれないが、やっぱり聞いてみた。
 大体予想はつくけどさ。

「猫さん達に、晩御飯を」

 やっぱりか。

「また家までついてくるんじゃないのか?」

「いえ、話したらちゃんと判って下さいました」

 わかるんだ!?
 この場合、人語を解する猫が凄いのか、猫と意思疎通してる絡繰が凄いのか。
 ちなみに俺は、どっちも同じくらい凄いと思う。
 絡繰、お前将来動物園にでも勤めたらどうだ?
 覚えとこう。
 進路相談の時とか、勧めてみたいし。

「そう言えば、この前の猫の事はマクダウェルには相談したのか?」

「いえ」

「そうか」

 でも、相談したら案外飼ってくれそうだけどな。
 そんなに仲好くないけど、ちゃんと言ったら聞いてくれるし。
 まぁ、そこは家族の問題か。

「しっかし、懐かれたもんだな」

「そうでしょうか?」

 そりゃそうだろ。
 絡繰の周りには円作ってるけど、俺の方には一匹も来ないし。
 俺も腰をおろして猫に手を伸ばすが……逃げられた。
 ぬぅ。

「しかし、困りました」

「今度は何だ?」

 やっぱり餌か? 俺も今度なんか持ってくるかなー。

「超包子へ行く時間が迫ってきています」

「ああ」

 そう言えば、バイトしてたっけ。

「なら、急いで行かないとな」

「離れる事ができません」

 なんで!?
 ああ、また猫が登ってるし。

「昨日も遅刻してしまいました」

「あー、そう」

 この子も変わってるなぁ。
 ……ウチのクラス、皆そうか。
 あ、ちょっと泣きそうになってる……俺が。
 まぁでも、これだけの猫に囲まれたら、判らないでもないな。
 可愛いし。

「先生」

 はいはい。
 そう言い、立ち上がって絡繰に登っていた猫を一匹ずつ下ろし、囲んでいた猫も離れるように手を強く振る。
 ……ざ、罪悪感が。

「それじゃ、バイト頑張れよー」

「はい、ありがとうございました」

 そう言って、深々と頭を下げられ……そこまで礼儀正しくされても、困るんだが。
 俺は主人でも何でもないんだから、と。
 そう言うと、小さく首を振られる。
 むぅ。

「猫さん、また明日」

 もう一度、今度は猫達に頭を下げて、絡繰は雑踏に紛れていった。
 うーむ。

「馴れ馴れしくし過ぎたかなぁ……」

 猫を掴み上げた手を見て思う。
 今度から注意しよう。
 最近マクダウェルの家でよく会うとはいえ、生徒に今のは無いかもしれん。







「おはよう、絡繰」

「おはようございます、先生」

 最近恒例となった、マクダウェル宅前で朝の挨拶をし、深呼吸を一つ。
 これで少し荒かった息を整え、伸びをする。

「それでは先生、お茶を用意しますので中へどうぞ」

「毎日すまないな」

「いえ」

 そう言って、客間へ通され、用意してもらった紅茶を一口啜る。
 あー、ここ一週間くらい飲んでるけど、やっぱり美味いなぁ。

「先生、質問をよろしいでしょうか?」

「ん、なんだ? 後そんな畏まらなくて良いぞ?」

「はい。先生――」

「また来たのか」

 その高圧的とも取れそうな声は、二階からだった。
 おお。

「今日は起こされなくても起きてこれたのか」

「こう毎日来られたら、起こされるのも面倒なんでな」

「ただ単に目が覚めただけだろ」

 そんな言い回ししても、昨日寝坊した事忘れないからな。
 お陰で遅刻しかけて、また葛葉先生に怒られただろうが……別に良いけど。

「それより、茶々丸。朝食を用意しろ」

「はい」

 何だ、今日は食べるのか。

「先生はどうする?」

「良いよ、食べてきたから」

「そうか」

 その間にも、マクダウェルの前には美味そうな朝食が並んでいく。
 うーむ……食欲をそそられる。
 が、流石にくれとも言えないよな。

「先生は、今日は何を食べたんだ?」

 明日から、もう少し時間遅く来た方が良いかなぁ、とか考えたら珍しく話題を振られた。
 ん? 今日の朝飯?

「コンビニのおにぎり」

「は?」

 はいそこ、そんな顔をするなよー。
 分かるよ。その朝食に比べたら、その顔もしたくなるだろうよ。

「美味いんだぞ? コンビニのおにぎり」

「それだけで足りるのか?」

 ああ、3つ食ってるからな。

「流石に、昼までもつくらいは食べてるよ」

「ふぅん」

 それだけらしい。
 まぁ、間が持たなかっただけだろ。俺何も食べて無いし。
 ……さっきの、やっぱり一緒に食べた方が良かったかな?
 いや、流石にそれは変だろ。うん。
 やっぱり、明日から少し時間遅くするかな。

「先生。お茶のお代わりをどうぞ」

「お、すまん」

 絡繰の絶妙の間の持たせ方が心に沁みるなぁ。
 でも遅くしたら、その分寝そうだよな…マクダウェル。

「それで、いつまでウチに来るつもりだ?」

「そりゃ、マクダウェルがサボらなくなるまでだな」

「ちっ」

 そうあからさまに舌打ちするなよ。
 もうここまで来たら半分開き直ってるけどなー。

「じじいからは何もないのか?」

「また学園長をそんな風に呼ぶし……」

 まぁ、生徒から見たら爺ちゃんみたいなもんだろうけど。
 それでもせめて、学園長って呼んでくれよ。主に俺の為に。
 胃が痛くなるわ。

「別に何も言われないなぁ」

「あ、の、じじぃ……」

「まぁ、何か言われたら止めるぞ?」

「ああ、それは前も聞いたな」

 そして、何も言われない、と。
 もしかしなくても、マクダウェルって学園長と知り合いというか、面識あるんだろうなぁ。
 ……俺の首って、実は結構危ないのかも知れんと、ちょっと不安です。
 止められたら、すぐやめよう。

「ふん――茶々丸、登校の準備をしておけ」

「はい。先生、カップは帰宅後片付けますので、そのまま置いておいて下さい」

「ん、すまんな」

 もう少し学校を好きになってくれたら、俺も安心なんだがなぁ。
 どーしたもんか。




――――――エヴァンジェリン

「おい、じじぃ」

「なんじゃ、また今日もか? 入ってくるなり騒々しいのぅ」

 なんだ、だと? 今日も、だと?
 このタヌキ爺が。

「今日で何度目だと思う? ん?」

「さぁのぅ、何の事やら」

「判ってるだろうが、あの先生の事だよ」

 まったく、長く生きた爺ほど手の掛る者は居ない。
 全く聞こえない、と言った風に、驚きと待っていた手は、またいつもの作業に戻っている。
 くそっ。

「あまり私に関わらせるなよ」

「良いじゃろ、別に」

「――目障りなだけだ」

 まったく。
 ソファに腰をおろし、溜息を一つ。

「偶にゃ、あーいう先生も楽しくないか?」

「楽しい訳あるか……吸血鬼に早寝早起きを勧める人間が何処に居る?」

「あー……そりゃ、まぁ、しょうがない」

「訳あるかっ」

 だよねー、とまったくどうでも良さそうな声がまた神経を逆撫でする。

「それに、最近は――」

「また何かあったのか?」

 ――茶々丸も、あの先生を気に掛けているようだし。
 とは口を裂けても言えない。
 どうせ私の見間違い、気の所為だろう。
 あの男が私の家に来るから、接点が増えただけ……その程度だ。

「何でもない」

「ま、そう目くじらを立てるもんじゃなかろうて」

「私はせめて、麻帆良の中だけでも自由に生きたいんだがな」

「ふぉふぉふぉ、それはまた難しい事じゃな」

 まったくだ。
 学校なんて、もう通い飽きたというのに。

「とにかく、あの先生にもう関わるなと言ってやってくれ」

「どうしてじゃ?」

「これ以上関わられても、邪魔なだけだ」

 そうか、と静かな一言。
 やっと判ってくれたか?

「まぁ、会うたら言っておくからの」

「絶対だからな、タカミチにも言っておけよ?」

「判った判った」

 なんだその投げ遣りな言い方は。
 本当に言う気あるのか?
 くそ。
 絶対楽しんでるだろ。このくそじじい。



――――――

 さて、と。
 明日の準備も終わったし、帰るとするかねぇ。

「それじゃ新田先生、先に上がりますね」

「ええ、先生ももう遅いんで気をつけて下さい」

 ははは、流石に男を襲う変質者も居ないでしょ――居たら、本気で危険ですけど。
 そう笑いながら職員室を出、帰路につく。
 その途中で弁当を買い、部屋に……って。

「神楽坂と近衛か?」

「へ?」

「あ、先生」

「もう遅いんだから、あんまり出歩くなよ?」

 流石にまだ真っ暗とは言わないが、もう日も落ちかけた時間だ。
 いくらこの麻帆良が事件なんかそうそう起きないって言っても、夜は物騒だからなぁ。

「あ、あははは」

「ちょっと、小腹が空いたんですよ」

「はぁ……もうすぐ新田先生もここ通ると思うから、早く帰った方が良いぞー」

 あと、夜の間食は太るぞー、と。

「大丈夫です先生、その分動いてますから」

 はいはい。気付いた時は手遅れだと思っとけよー。
 あと近衛、男の前で腹を摘むな、腹を。
 服の上からとはいえ、先生はツッコミ辛い。

「友達と遊ぶのも良いけど、ちゃんと授業の復習もしろよ?」

「あ、は、はい」

「先生、大丈夫え。明日菜はちゃんと出来る子やもん」

 な? と神楽坂に笑顔で振る近衛。
 振られた方の笑顔は引き攣っていたが。
 そこまで悪くも無いと思うんだがな、担任としては。

「神楽坂はちゃんと成績上がってきてるんだから、自信持って良いと思うんだがなぁ」

「え? そ、そうかな?」

「今の調子で頑張れば、期末試験は良い線いけると思うぞ」

「おお、明日菜が褒められとるえ」

 そりゃ、俺だって良い所は褒めるよ。
 近衛の言葉に苦笑いし、まぁ、こんな所で言う話ではないかとも思う。

「ま、期末も近いし頑張れよー。おやすみ、二人とも」

「あ、おやすみ、先生」

「おやすみなさいー」

 手を振って別れ、そのまま帰路に。
 …………。

「……桜咲?」

「は、はい?」

 何やってるんだ、お前は。
 木の陰に隠れてるんだろうが、俺の方からは丸見えだぞ、お前。

「もうすぐ新田先生が来ると思うから、お前も早く帰れよー」

「……はぃ」

 声掛けない方が良かったかなぁ、と後悔しない事も無い。
 まだ制服だったし。何やってたんだ?

「はぁ」

 一応、明日注意しとくか。
 そうして帰路につきながら、今日も一日が終わっていく。





前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.033474922180176