SS投稿掲示板




No.25786の一覧
[0] 普通の先生が頑張ります (更新再開…かな?[ソーイ](2011/06/08 19:02)
[1] 普通の先生が頑張ります 0話[ソーイ](2011/04/10 19:06)
[2] 普通の先生が頑張ります 1話[ソーイ](2011/04/10 16:49)
[3] 普通の先生が頑張ります 2話[ソーイ](2011/04/08 22:17)
[4] 普通の先生が頑張ります 3話[ソーイ](2011/04/08 22:52)
[5] 普通の先生が頑張ります 4話[ソーイ](2011/04/08 23:22)
[6] 普通の先生が頑張ります 5話[ソーイ](2011/04/08 23:43)
[7] 普通の先生が頑張ります 6話[ソーイ](2011/04/09 10:03)
[8] 普通の先生が頑張ります 7話[ソーイ](2011/04/09 10:16)
[9] 普通の先生が頑張ります 8話[ソーイ](2011/04/09 10:36)
[10] 普通の先生が頑張ります 9話[ソーイ](2011/04/09 13:58)
[11] 普通の先生が頑張ります 10話[ソーイ](2011/04/09 14:38)
[12] 普通の先生が頑張ります 11話[ソーイ](2011/04/09 15:24)
[13] 普通の先生が頑張ります 12話[ソーイ](2011/04/09 18:20)
[14] 普通の先生が頑張ります 13話[ソーイ](2011/04/09 22:23)
[15] 普通の先生が頑張ります 14話[ソーイ](2011/04/09 23:12)
[16] 普通の先生が頑張ります 15話[ソーイ](2011/04/09 23:47)
[17] 普通の先生が頑張ります 16話[ソーイ](2011/04/10 16:45)
[18] 普通の先生が頑張ります 17話[ソーイ](2011/04/10 19:05)
[19] 普通の先生が頑張ります 18話[ソーイ](2011/04/11 21:15)
[20] 普通の先生が頑張ります 19話[ソーイ](2011/04/11 21:53)
[21] 普通の先生が頑張ります 20話[ソーイ](2011/02/27 23:23)
[22] 普通の先生が頑張ります 21話[ソーイ](2011/02/27 23:21)
[23] 普通の先生が頑張ります 22話[ソーイ](2011/02/27 23:19)
[24] 普通の先生が頑張ります 23話[ソーイ](2011/02/27 23:18)
[25] 普通の先生が頑張ります 24話[ソーイ](2011/02/26 22:34)
[26] 普通の先生が頑張ります 25話[ソーイ](2011/02/27 23:14)
[27] 普通の先生が頑張ります 26話[ソーイ](2011/02/28 23:34)
[28] 普通の先生が頑張ります 27話[ソーイ](2011/03/01 23:20)
[29] 普通の先生が頑張ります 28話[ソーイ](2011/03/02 22:39)
[30] 普通の先生が頑張ります 29話[ソーイ](2011/03/04 22:42)
[31] 普通の先生が頑張ります 30話[ソーイ](2011/03/08 00:19)
[32] 普通の先生が頑張ります 31話[ソーイ](2011/03/07 23:33)
[33] 普通の先生が頑張ります 32話[ソーイ](2011/03/10 00:37)
[34] 普通の先生が頑張ります 33話[ソーイ](2011/03/09 23:47)
[35] 普通の先生が頑張ります 34話[ソーイ](2011/03/10 23:15)
[36] 普通の先生が頑張ります 35話[ソーイ](2011/03/13 23:11)
[37] 普通の先生が頑張ります 36話[ソーイ](2011/03/14 22:47)
[38] 普通の先生が頑張ります 37話[ソーイ](2011/03/15 23:56)
[39] 普通の先生が頑張ります 38話[ソーイ](2011/03/16 23:15)
[40] 普通の先生が頑張ります 39話[ソーイ](2011/03/17 23:03)
[41] 普通の先生が頑張ります 40話[ソーイ](2011/03/18 22:46)
[42] 普通の先生が頑張ります 41話[ソーイ](2011/03/19 23:49)
[43] 普通の先生が頑張ります 42話[ソーイ](2011/03/20 23:12)
[44] 普通の先生が頑張ります 43話[ソーイ](2011/03/21 22:44)
[45] 普通の先生が頑張ります 間幕[ソーイ](2011/03/23 07:49)
[46] 普通の先生が頑張ります 44話[ソーイ](2011/03/23 23:24)
[47] 普通の先生が頑張ります 45話[ソーイ](2011/03/25 23:20)
[48] 普通の先生が頑張ります 46話[ソーイ](2011/03/26 23:23)
[49] 普通の先生が頑張ります 47話[ソーイ](2011/03/28 00:29)
[50] 普通の先生が頑張ります 48話[ソーイ](2011/03/28 23:24)
[51] 普通の先生が頑張ります 49話[ソーイ](2011/03/30 00:25)
[52] 普通の先生が頑張ります 50話[ソーイ](2011/03/31 00:03)
[53] 普通の先生が頑張ります 閑話[ソーイ](2011/04/01 00:36)
[54] 普通の先生が頑張ります 51話[ソーイ](2011/04/01 23:50)
[55] 普通の先生が頑張ります 52話[ソーイ](2011/04/03 00:22)
[56] 普通の先生が頑張ります 53話[ソーイ](2011/04/04 23:45)
[57] 普通の先生が頑張ります 54話[ソーイ](2011/04/05 23:24)
[58] 普通の先生が頑張ります 55話[ソーイ](2011/04/06 22:31)
[59] 普通の先生が頑張ります 56話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:46)
[60] 普通の先生が頑張ります 57話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[61] 普通の先生が頑張ります 58話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[62] 普通の先生が頑張ります 59話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[63] 普通の先生が頑張ります 60話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:47)
[64] 普通の先生が頑張ります 61話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:48)
[65] 普通の先生が頑張ります 62話(修正前[ソーイ](2011/04/27 22:48)
[70] 普通の先生が頑張ります 56話(修正版[ソーイ](2011/04/28 23:46)
[71] 普通の先生が頑張ります 57話(修正版[ソーイ](2011/04/28 23:27)
[72] 普通の先生が頑張ります 58話(修正版[ソーイ](2011/04/30 22:52)
[73] 普通の先生が頑張ります 59話(修正版[ソーイ](2011/05/18 23:24)
[74] 普通の先生が頑張ります 短編 【茶々丸】 [ソーイ](2011/05/23 23:47)
[75] 普通の先生が頑張ります 短編 【エヴァンジェリン】 [ソーイ](2011/05/23 23:42)
[76] 普通の先生が頑張ります 短編 【エヴァンジェリン】 2[ソーイ](2011/05/25 23:21)
[77] 普通の先生が頑張ります 短編 【月詠】 [ソーイ](2011/06/08 23:06)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[25786] 普通の先生が頑張ります 24話
Name: ソーイ◆9368f55d ID:052e1609 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/02/26 22:34

 ふと見回りも兼ねて旅館内を歩いていたら

「……………」

 ロビーで固まっているネギ先生を見つけた。
 ……何やってるんだろう?
 そう言えば、帰りのバスの中でも様子が変だったな。

「どうしたんですか、ネギ先生?」

 とりあえず、声を掛けてみる事にする。
 話を聞いてみないと、どうにも出来ないし。

「……………」

「あれ?」

 反応無し。
 無視されていると言うより、考え事をしていて聞こえていないような感じ。
 どうしたんだろう?

「ネギ先生?」

「……………」

「はぁ」

 コツ、と軽くその頭にゲンコツを落とす。

「あた」

「どうしたんですか、ボーっとして」

 まだ今日は終わってませんよ、と。
 まだ晩御飯も風呂も消灯後の見回りもあるのだ。
 ここでダウンされると困ってしまう。

「あ、せ、先生っ!?」

「いやいや、そんなに慌てなくて良いですから」

 深呼吸深呼吸、と。
 それを聞いて真面目に深呼吸するネギ先生に苦笑しながら、もう一度聞いてみる。

「どうしたんですか?」

 考え事していたみたいですけど、と。

「あ、えっと……その」

 うん?
 何でそこで顔を赤くするんですか?
 しかも、その後また考え込んで、次は青くなった。

「どうしたんです? 悩み事ですか?」

 相談に乗りますよ、と。
 あまり安請け合いは宜しくないんだろうけど、こうも悩まれたらなぁ。
 出来れば自分で悩んで、自分で解決してほしいんだけど――今回は少し毛色が違うようだ。

「せ、せんせぇ」

「なんて声出してるんですか」

 シャンとして下さい、シャンと。

「ご、ごめんなさいっ」

「はは。それで、どうしたんですか?」

「え、えっと……その、これは皆さんには内緒にして下さいね?」

「はい」

 判ってますよ、と。
 と、その前に。

「何か飲みますか? ちょっと喉が渇きまして」

 自販機の前に行き、財布を開く。
 さって、俺は――今回は冒険は止めとくかぁ。
 この前は微妙な目にあったからな。

「ぅ、い、いつもスイマセン」

「いえいえ、ミルクティで良いですか?」

「あ、はいっ」

 そんな畏まらなくても良いのに。
 ネギ先生の分と自分の分のジュースを買って、

「そう言えば、あんまりクラスの子達に聞かれたくない話なんですよね?」

「え? あ、はい」

「なら部屋に行きましょうか。誰が通るか判りませんし」

 フロントなんて、いつ誰が通ってもおかしくないですし、と。

「あ、そうですね」

 よっぽど悩んでいたんだろう、そんなこと誰だって気が回るだろうに。
 さて、どんな事で悩んでいるのやら。
 出来れば、俺が応えれる事だと良いんだけど。

「そう言えば、今日はどうでした? ちゃんと楽しみましたか?」

「はい、それはもう――すみません、お仕事が」

「ちゃんと仕事してたじゃないですか」

 宮崎よりも見学を優先してたのは駄目ですけどね、というと、返事が返ってこない。
 あれ?

「ネギ先生?」

「あぅー」

 あ、もしかして宮崎と何かあったのかな?
 ……まさか、なぁ。
 あの奥手な宮崎が手を出したとか?
 雪広よりは大丈夫だと思ったんだが……旅先の解放感的なものだろうか?
 まぁ、俺の気のせいだろうけど。

「大仏の他には何を見に行ったんですか?」

「え、あ、そうですねー……え、っと、その後はまた大登路園地に戻って、鹿に餌を」

「はは。もっと他の所も回れば良かったのに」

「いえ……あまり遠くに行くと、戻って来れなさそうでしたんで」

 なるほどなぁ。
 それに、流石に迷子になりましたって連絡も入れたくないだろうしな。
 その辺りを自制できるのは本当に流石だな、と。
 まぁ、それはさて置き
 部屋に着いたので中に入る。

「それで、どうしたんですか?」

「えっと」

 座布団を二枚、テーブルをはさんで座れるようにして置く。
 その一枚に座り、さっき買った缶コーヒーを開ける。
 ……部屋で話聞くなら、お茶で済ませればよかったな。まぁいいか。

「そう言えば、なんか神楽坂が言ってたみたいですけど、」

 なかなかネギ先生から答えが来ないので、自分なりに聞いてみる。
 アレは確か――ああ、そうだ。

「ネギ先生がどうとか……マクダウェルに話してたみたいですけど」

「う!?」

 ……当たりか。
 何やったんだろう?

「別に怒りませんから、言ってみて下さい」

 一人で悩んで時間を潰すよりも、マシかもしれませんよ?

「は、はい――わ、笑いません?」

「? 笑いませんよ」

 そんな変な事だろうか?
 気を付けよう……本当に悩んでるようだし。

「で、どうしたんですか?」

「その、ですね」

 はい、と。
 続きを、静かに待つ。
 そしてミルクティを一口飲み

「ええっと、宮崎さんに告白されたんです」

「――――はい?」

 危うくコーヒーを落とす所だった。
 告白? あの宮崎が?

「……告白ですか?」

「告白です」

 はぁ……あの奥手な宮崎が。
 頑張ったもんだな。
 もしかしたら綾瀬と早乙女が背中を押したのかもしれないが……なぁ。

「それで、どう応えるか迷っている、と?」

「は、はい……」

 また難しい事で悩んでるな。
 しかし、生徒から告白か……何と言うか。

「まぁ、それで、ネギ先生は宮崎と付き合うかどうか迷ってるんですか?」

「そ、それが――やっぱり、付き合った方が良いんでしょうか?」

 うーん。

「そう言う考えはいけないと思いますよ?」

「え?」

「まず、ネギ先生はどうしようとしてたんですか?」

「……奥ゆかしいと言われる日本女性に告白された以上、英国紳士として」

 なんですかそれは、と小さく苦笑してしまう。

「そんな他の人の意見なんてどうでも良いでしょう?」

 告白されたのはネギ先生で、したのは生徒の宮崎なんですから、と。

「日本女性やら英国紳士やらはまず置いておいて」

「はい……じゃあ、お姉ちゃんが言ってたみたいに」

「お姉ちゃん?」

 あ、ネギ先生お姉さんが居たんだ。
 ……いま中学生くらいかな?
 まぁそれは良いとして。

「そのお姉さんはなんて言ってられたんですか?」

「その、先生と生徒がそんな関係は、って」

「……そうですね」

 まぁ、それが正解でしょうね、と。

「ネギ先生は、宮崎の事をどれくらい知ってますか?」

「え? 宮崎さんの事をですか?」

「はい」

 どうですか? と。
 帰ってきたのは名前、誕生日、本が好きという事、と言ったくらい。

「……これくらいです」

「きっと、宮崎もそのくらいしか知らないんじゃないでしょうか?」

「え?」

 知り合ってまだ半年も経ってないのだ、それくらいが普通だろう。
 同じ学生と言う訳でもない、担任と生徒と言うくらいしか接点が無いのだ。

「でもそれでも宮崎はネギ先生に告白したんですよね?」

「はい」

「ネギ先生は、そのくらいしか知らない相手に告白できますか?」

「……どう、でしょうか」

 きっと、出来ないだろう。
 俺なら無理だ。
 相手を知って、その相手の良い所に惹かれていく――それが、恋愛だと思うから。

「やっぱり――」

「まぁ、そう急いで答えを出さない方が良いですよ?」

「え?」

 そこは、この子の悪い癖、なのかな?

「でも、折角勇気を出した宮崎の気持ちを簡単に否定するのは、良くないでしょう?」

「そ、そうですね」

「それに、ネギ先生が知らないだけで、宮崎は凄く良い子なのかもしれません」

 もしかしたらネギ先生が将来理想に思えるような女の子かもしれませんよ、と。

「え、え?」

 はいはい、照れないで下さい。
 コーヒーを、一口飲む。

「別に告白されたからって、受けるか断るかしか選択肢が無い訳じゃないでしょう?」

「そ、そうでしょうか?」

「特に、宮崎は中学生。ネギ先生だってまだ10歳でしょう?」

 時間なんて、まだまだある。
 3年生の時間だって、まだ始まったばかりだし。

「知らないなら知って、判らないなら二人で考えるのも良いんじゃないんですか?」

「……そうでしょうか?」

 でも、と。

「世の中、教師と生徒が、って言うのは厳しいです。出来れば俺も反対です」

「先生は、反対なんですか?」

「そりゃ反対ですよ? 先生ですからねぇ」

 そう言って、笑う。
 教師と生徒の関係は難しい。
 少し他の生徒より仲良くしただけで叩かれる。
 少し厳しくしただけで、親御さんからは怒られる。
 ……こういう考えは、本当はいけないんだろうけど。

「先生って言うのは難しいんですよ? 多分、ネギ先生が考えている以上に」

「そうなんですか……」

「だから、宮崎の件を最終的にどうするかはネギ先生次第です」

「え?」

「告白されたのはネギ先生。俺じゃないですから」

 相談には乗りますけどね、と。

「あ、あの?」

「俺は反対です。でも、それをネギ先生に押し付ける気はありません」

 さっき言ったみたいに、二人で考えるのもありかもしれません。

「知らない事を知って、判らない事を考える。時間を掛けて、ゆっくりと」

「…………」

「そうやって過ごした時間が、いつか答えになりますよ」

 まぁようするに、と。

「ネギ先生と宮崎にはまだ早い、と思いますよ?」

 急いで答えを出したって、後悔するのが関の山なんですから、と。

「ゆっくり答えを探しても良いんじゃないですか? この一年は嫌でも一緒なんですから」

「……はい」

「まぁ、ネギ先生がどうしても宮崎と付き合いたい、って言うなら……」

「い、いえ……」

 卒業したら、教師と生徒じゃなくなるわけだし。
 この年代でこの歳の差は目立つだろうけど、二人とも似た所があるから結構合うかも知れない。
 別に今答えを出さなきゃいけない――そんな事は無いんだし。

「ま、そこをどう宮崎に説明するかは、ネギ先生次第ですね」

「あ、あはは……」

 さて、と。
 立ち上がり、部屋の外に向かう。

「それじゃ、見回りに行ってきますね?」

 晩ご飯まではゆっくりどうぞ、と。

「先生」

「はい?」

 そう呼び止められた。

「ありがとうございました」

「いえいえ。あまり役に立てなくてスイマセン」

 本当なら、反対です、とちゃんと言った方が良いのかもしれない。
 でも、この二人は――神楽坂や雪広とは違う意味のようだから。
 ちゃんと考えて、ちゃんとした答えを自分たちで出して欲しいって思う。
 ……俺ももう歳なのかなぁ。
 でも、生徒や10歳の子供に頭ごなしに駄目だ、と言うのも何か違うと思ってしまう。
 ちゃんと考えてもらって、それでもし危なくなったらまた横から口を出せば良い。
 ――そう考えてしまうのは、やっぱり駄目なのかな?

「それじゃ、宮崎の事は後はよろしくお願いしますね?」

「はいっ」

 元気だなぁ。
 俺も、負けないようにしないとな。







 見回りの為にロビーに行くと、生徒が外に出ていた。
 って

「おーい、かってに旅館の外に出るなよー」

 何やってるんだ?
 集まってるのは……神楽坂と絡繰と――?
 見覚えのある髪型は、全部俺のクラスの子達。
 ……まったく。

「何やってるんだ?」

「あ、せんせ。この子」

 近衛も居たのか、しゃがんでいたから気付かなかった。
 そう指差した先には、

「子猫?」

「はい。空腹だったようなので、調理場の方からミルクを頂いてきました」

「……いや、まぁ」

 まさか、旅先でも猫に懐かれるのか、この子は。
 羨ましい。
 じゃなくて、

「でも、あんまり旅館から出るなよ? 心配だから」

「……心配してくれるんです?」

「そりゃするさ、先生だからなぁ」

 しかし……。

「どこかの飼い猫かな?」

「首輪をしていた後も無いですから、おそらく野良かと」

 なるほどなぁ。

「可愛いねぇ」

「だなぁ」

 何で小動物と言うのはこんなに可愛いのか。
 ……いかんいかん。
 小さく首を振り、コホン、と一つ咳をする。

「それより、早く中に入れよ? もうすぐ晩御飯だからな」

 時間に遅れたら晩飯抜きだぞー、と。
 まぁ冗談だが。

「はーい」

「あれ、皆で何やってんの?」

 ぬぅ、次から次に。

「朝倉、あんまり旅館の外に出るなよ?」

「先生達だって出てるじゃん」

 そりゃそうだ。
 まったく反論できん。

「うわ、子猫だ。可愛いなー」

「和美さん。写真は猫さんのストレスになりますので」

「あ、ごめんごめん。つい癖で」

 癖で写真撮る中学生って……流石ジャーナリスト志望。
 こう言うのが将来大物になるのかもなぁ、と場違いに感心してみたり。

「それでは、明日菜さん、和美さん、中に入りましょう」

「あ、そだね」

「面白いのもなさそうだしねー」

「木乃香さん、ミルクを入れた容器を後で返してもらって良いですか?」

 ん?

「あ、ええよー」

 少しの違和感。
 ……ああ、絡繰が人に頼みごとをするが珍しいのか。

「しかし、血沸き肉踊るスクープは無いもんかねぇ」

 何を旅先に求めてるんだか。

「朝倉ー、かってに旅館から出たら駄目だからなー」

「う。判ってますって」

 ならいいけどなー、と。

「木乃香、ガンバっ」

「……先生、それでは」

 ふぅ、流石に賑やかだなぁ。
 ――しかし、神楽坂の言葉に不安しかない。

「ふふ。よっぽどお腹が空いてたんやねぇ」

「結構飲むんだなぁ、子猫でも」

 だがまぁ、近衛を一人置いていく訳にもいかないし。

「何かあったのか、近衛?」

「え? あ、判ります?」

 やっぱりか……今日はよく相談される日だなぁ。
 旅先の解放感があるからだろうか?
 ……まぁ、近衛の場合は少し違うんだろうが。

「今日は結構上手く行ってたみたいだけど」

 それとも、やっぱり桜咲は答えてくれなかったんだろうか?
 うーん。あの性格なら近衛から歩み寄れば大丈夫だと思ったんだけどなぁ。
 こりゃ、悪い事したかもな。
 そんな事を考えながら、しゃがみ込んでいた近衛を見ると――笑っていた。

「なんだ。良い事あったみたいだな」

「……やっぱり、判りますか」

 ふむ。

「そりゃ」

「せんせだから、ですか?」

「おー」

 先に言われてしまった。
 でもまぁ、良いかなぁ、と。
 近衛が嬉しそうだし。

「桜咲と仲直り出来たか?」

「はい」

「そりゃ良かった」

 うんうん。
 友達は仲が良い方が良いもんな、と。

「……ありがとございます」

「ん?」

 礼なんて言われる事あったかな……?

「なんだ、相談に乗った事でも気にしてるのか?」

「う、そりゃ……あんだけ」

「別に気にしなくて良いからな? 迷惑だなんて思ってないんだから」

 以前絡繰から言われていたからか、先に言っておく。
 別に迷惑だなんて思ってない、と。

「教師としては、生徒から相談されるのは嬉しいもんなんだから、気にしなくて良いぞ」

 そういうもんですか? と。
 そう言うもんだ、と。

「まぁでも、教師に相談する前に友達に相談して解決してくれる方が良いけどな」

「判りましたえ。今度からは、明日菜とせっちゃんに相談する事にします」

「おー。そうしてくれ」

 そっちの方が、きっとお前達の為になるからなぁ。
 ……しかし、良く飲んだなぁ、この猫。
 途中からしか見てないけど、それでも結構飲んだな。

「それじゃ、容器は返しとくからもう中に入ってろ」

「ええんですか?」

「良いんだよ」

 どーせ、先生が出来る事なんてこれくらいしかないんだから。
 まだ空の容器を舐めていた子猫から、心苦しいが容器を取り上げる。

「明日の朝また来たら、飲ませてやるからなー」

 それが判ったのか、一鳴きして去っていく子猫。
 飲み物が無くなったら現金なもんだなぁ。

「せんせ、ありがとうございました」

 そして、そう言って一礼された。
 うーん……。

「そうされると、こっちが困るんだがなぁ」

 そう言うと、小さく笑われた。
 くすくすと――上品に笑うその姿は、やっぱり育ちの良さを伺わせる。
 学園長のお孫さんなだけはあるなぁ。
 そう思いながら近衛に背を向けて旅館に戻る。

「ねぇ、せんせ?」

「ん?」

 呼び止められた。
 振り返ると、満面の笑みの近衛が居る。
 嬉しそうだなぁ、と。
 もしかしたら綺麗とか、そう言う感情もあったのかもしれないが――最初はまず、嬉しそうだな、と。
 そう感じた。

「ウチ、頑張りますね?」

「おー……」

 どう、応えたもんかな、と。

「応援してる」

「――はいっ」

 ま、これなら桜咲の方も大丈夫そうだな。
 そして、並んで旅館に入る。

「それじゃ、晩ご飯の時になー」

「はいっ」

 元気良く走り去っていく近衛の背を目で追う。
 ……あの元気を半分くらい分けてほしいもんだ。







 しかしまぁ、

「元気過ぎるにも程があるだろ、お前ら」

「見つけた本人が言わないでよっ、先生っ」

「良いだろ別に、ちゃんと付き合ってるんだから」

 ふぁ、と欠伸を一つ。
 時間はもう夜の11時を回ろうとしている時である。
 ……早く寝たかったんだが、今日も無理か。

「佐々木に雪広、クーフェに長瀬……」

 お前らなぁ、と。

「良かったな、新田先生に見つからなくて」

「それを言われると辛いでござる」

「まったくアルね」

 ロビーで正座してる四人に――どうにも反省の色は無い。
 まぁ、旅館の夜に枕投げなんて俺もやったしなぁ。
 何で盛り上がるかなぁ、経験はあるが、イマイチ理由は判らない。

「ま、全員捕まるか日付が変わるまでは我慢しろ」

 この正座も旅の夜の醍醐味の一つだろ、と。

「そんな!?」

「雪広……まぁ、落ち付け」

 ネギ先生が関わって無いから、巻き込まれただけなんだろうけどな――っと。
 また新田先生が数人連れてきた。

「鳴滝姉妹に神楽坂か……」

「「ごめーん、先生。捕まっちゃった」」

 捕まっちゃったじゃない、二人とも。はぁ。

「スイマセン、新田先生」

「はは、大変ですな先生も」

 いやー、と。
 頭を上げると、苦笑されていた。
 ……恥ずかしい。

「一応、12時までは付き合いますんで」

「ま、そうですな。それではお願いします」

 はい、と。
 その背を目で追い、明日また謝ろう、と。
 まったく。 

「お前らも、明日新田先生に謝れよ?」

「はぁい」

 元気が良いのも困ったもんだ。

「せめて部屋の中でやれよ。何で廊下に出たんだ?」

「いやー、白熱しちゃって」

 とは神楽坂。
 そんなに楽しそうに言うなよ……一応俺も教師、怒る立場なんだが。

「はぁ、お前ら修学旅行が終わったら覚悟しとけよ?」

「え?」

 その笑顔が凍る。
 他のメンバーもだ。

「まさか、お咎め無しだなんて思ってたのか?」

「そ、そんなぁ……」

「ま、皆で居残りして勉強でもするか」

 冗談だけどな。
 だが相当堪えたのか、みんな黙ってしまう。
 やり過ぎたかな?

「それじゃ、もう戻って良いぞ」

「……え?」

「明日も旅行は続くんだ、寝不足で楽しくなかったら嫌だろ?」

「良いんですの?」

「おー。その変わり、明日もこうなったら覚悟しとけよ?」

「……はぁい」

 良い返事だ、と。
 もう夜も遅いし、まぁ……それなりには反省してくれただろう。
 折角の旅行なんだ、寝不足じゃ可哀想過ぎる。

「先生は最後に見回ってくるから、まっすぐ部屋に帰れよ?」

「心得たでござる」

 よし、と。

「それじゃ、また明日なー」

「おやすみアルー」

 んじゃ、最後に見回ってから寝るか。
 ……今日も、日付変わりそうだなぁ。
 そう言えば、目覚まし買って無いや……はぁ。





――――――エヴァンジェリン

「おい、二人とも指を出せ」

 さっきまでクラスの奴らが騒いでたようだが、それも落ち着いて――日付が変わろうと言う時間。
 昨夜言った通り、木乃香と刹那の2人が来た。
 ……眠いが、まぁ仕方が無い。私が言った事だしな。

「指?」

「どないすんの?」

 魔法陣を組み上げ、畳の上に展開。
 跡が残らないのように魔力で造り上げたソレの中心で、2人にナイフを向ける。

「吸血鬼式だ。互いの血を体内に入れて、契約の証にする」

「……そんなやり方もあるのか?」

「切るのは指先だ。少し痛いが――刹那が知っている方法よりはいいだろう?」

「ぅ」

 面白いなぁ、コイツ。
 からかい甲斐があると言うか、何と言うか。
 顔に出やすいからだろうな。

「せっちゃんの知ってる方法って?」

「え、エヴァンジェリン、早く済ませてしまうぞっ」

「判った判った」

 はは、と笑い手に持ったナイフで2人の指先を血がにじむ程度に切る。

「魔法陣の中で舐めろ。そうすれば仮契約の成立だ」

 ふぅ。
 ほどなくして、契約は終了。
 魔法陣の魔力光が消えると、一枚のカードが出来上がる。
 主はやはり木乃香か。

「どれ」

 そのカードを手に取り、見る。

「『翼ある剣士』か」

 なんの捻りも無いな、と。

「カードに文句を言われても」

 それと、何で指舐められただけで赤面してるんだ、お前は。

「おー、そ、それが仮契約の?」

「ああ。ほら」

 それを投げ渡す。

「額に当てて、集中してみろ」

「へ?」

 そう言うと一瞬迷い――言われたとおりに額に当てる。

「刹那に話しかけてみろ」

「え? ――こ、こう?」

「――はい、ちゃんと届きました」

 ふむ、繋がりは完璧か。

「次は、刹那を……そうだな、すぐ傍に呼ぶようにイメージして、さっきより強く集中しろ」

 そう言うと、今度は目を瞑って集中。
 そうしている間に、刹那の身体が淡い光に包まれ――消える。
 次に現れたのは、すぐ傍の、中空。
 尻もちをついて落ちた。

「……受け身くらいとれよ、神鳴流」

「く――」

 何も言い返せないらしく、唇を噛んでいた。
 しかしまぁ。

「疲れてないか?」

「だ、大丈夫です」

 やはり疲れてるな。
 まぁ、今まで使ってなかった魔力を少量とはいえ使ったら、疲れるか。

「次はこう言え。『契約執行・10秒・近衛木乃香の従者・桜咲刹那』」

「え? シス・メア――」

「……まずはそこからか。それはまた後で教えるか」

 そうか。
 魔法を使った事が無いと言う事は、呪文が唱えきれないのか。
 ――困ったな。
 これは、旅行中にはどうにも出来ないな。

「まぁ、明日にでも紙に書いて渡すか」

「ぅ、すんません……」

「今まで触れてなかった事なんだ、いきなり出来る方がおかしい事だ」

 そう思っておけ、と。

「それじゃ、刹那」

「は、はい」

「お前のは簡単だから大丈夫だろ『来たれ』。言ってみろ」

「あ、アデアット――――っ!?」

 その手元に、一本の剣。
 ……石剣。

「また、妙なのが来たな……」

 初めて見るタイプだな。
 ふむ。

「木乃香。カードには……って読めないのか。貸してみろ」

「あ、はい」

 ふむ――。

「『建御雷』――? 名前は一丁前だな」

「それがこの剣の名前か?」

「ああ」

 しかし、どんな能力なんだ?
 アーティファクトの特異性は、その能力にある。
 どんなアーティファクトにも能力があり、それこそがアーティファクトがただの武器とは違う最大の利点。
 ――が、こんなの見た事が無い。
 日本神話、建御雷神の名を冠する剣――そう弱くはないと思うが。

「ふむ」

 そうだ、

「おい小動物」

「ん? どうしたい、エヴァの姐さん」

「……お前、調べ物が得意だろう?」

「……え? オレっち使ってもらえるの?」

 ――まぁ、説明する手間が省けて良いか。
 そのケージの鍵を開け、オコジョを開放する。

「調べてこい」

「いきなりの無茶振りっすね、姐さん!?」

「神楽坂明日菜から聞いたぞ? パソコンがあれば調べれるんだろ?」

 どっかで見つけて、さっさと調べて来い、と。
 ああ、眠い。

「木乃香、刹那、今日はもう休め。明日はまた忙しくなるぞ」

「ああ、判った」

「それじゃせっちゃん、一緒に戻ろ」

 そう言って刹那の手を引いていく木乃香。
 ……仲が良いもんだ。

「はぁ」

 確か、ぼーやが親書を届けに行くと言ってたからな。
 それに2人が付いていけば、相手もそっちに集まるだろう。
 そうすれば、学園の連中も安全――のはず。
 どうしたものか。
 葛葉刀子一人で大丈夫だろうか……無理だろうなぁ。
 かといって、ぼーや達だけじゃたどり着けないだろうし。
 思い出すのは、あの白髪。
 ――アレは、もしかしたら葛葉刀子の手にも余るかもしれん。
 はぁ。
 一応じじいには一般人にも手を出す相手だと言って、応援を頼みはしたが、どうなる事か。

「私も部屋に戻るか」

 この部屋も、客室の一つを無断で使っているから、どうにも居心地が悪い。
 一応人避けの結界はあるが、なぁ。
 ……戻るか。
 そう思い部屋を出る。
 慌てて戻った。

「―――――――」

 何でまだ見回りしてるんだ、先生は?
 部屋の時計に目を向ける。
 もう日付変わりそうだぞ。

「真面目な事だな、ホントに……」

 しかし、アレじゃ身体壊すんじゃないのか?
 今日も一日動き回ってたようだし。
 はぁ。
 …………私も、これじゃ戻れないんだがな。
 もう少ししたら、戻るか。





――――――チャチャゼロさんとオコジョ――――――

 あれ? 部屋の電気消えてるんだけど?
 エヴァの姐さん? ネギの兄貴ー? どこー?

「遅カッタジャネーカ」

「あ、チャチャゼロさん。ネギの兄貴達知りません?」

「モウ寝タヨ、イマ何時ダト思ッテンダ」

 酷い、酷すぎるぜ……ちょっと泣きそう。
 でも久しぶりに仕事もらえて嬉しいっす。
 あのアーティファクト、地味だけど凄ぇし。
 朝になったらエヴァの姐さんに教えないと。

「ンジャ、オレハ見回ッテルカラ、オ前モモウ寝ロヨ」

「お疲れっした」

 ……でも、寂しいよ、兄貴。
 ――ああ、今夜はこんなにも……月が、キレイだ――



 グスン




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.049821853637695