SS投稿掲示板




No.25569の一覧
[0] 【習作】EFBを持ってリリカルへ(オリ主転生・テイルズ等のゲーム技名引用)[涼雪](2011/01/28 16:02)
[1] それは突然の出会いがあった後なの?[涼雪](2011/01/24 15:08)
[2] 魔法の呪文はフリージング・ダーク・アイシクル・オブ・ディッセンバーなの?[涼雪](2011/01/24 16:06)
[3] 未来は不確定要素がいっぱいなの?[涼雪](2011/01/25 04:59)
[4] 師匠登場!?死亡フラグを抱えた魔法奥様なの?[涼雪](2011/01/25 14:37)
[5] ここは修羅道、ナカジマブートキャンプなの[涼雪](2011/01/26 12:40)
[6] 妥協しか許されない状況なの?[涼雪](2011/01/27 14:37)
[7] 殺伐とした萌える世界なの!?[涼雪](2011/01/28 16:00)
[8] それは踏んではいけない地雷だったの?(没1[涼雪](2011/01/29 13:17)
[9] お知らせとか色々。[涼雪](2011/01/29 09:27)
[10] それはまた一つネタ技を思いついた時なの?[涼雪](2011/01/31 15:11)
[11] 師弟対決は暁に燃えるの[涼雪](2011/01/30 14:22)
[12] 複雑な心の内なの[涼雪](2011/01/31 15:09)
[13] お知らせとか再び。[涼雪](2011/02/01 00:38)
[14] 閑話:泡末と消えたフラグ回避なの?[涼雪](2011/02/01 16:51)
[15] 閑話:父親のお仕事なの[涼雪](2011/02/01 17:07)
[16] 無印プロローグ:それは避けられない原作なの?[涼雪](2011/02/02 11:15)
[17] 無印1話:交戦規定はただ一つ「攻撃魔法は使えない」なの?[涼雪](2011/02/03 14:22)
[18] 無印2話:原作の原作も死亡フラグなの?[涼雪](2011/02/03 16:19)
[19] 無印3話:子持ち熟女!?でもヤンデレはお断りなの![涼雪](2011/02/04 14:00)
[20] 無印4話:ここは隣町、フェイトのセーフハウス一日目なの[涼雪](2011/02/05 19:44)
[21] 無印5話:主人公組のチートを見て今どんな気持ちなの?[涼雪](2011/02/08 22:39)
[22] 無印6話:付け焼刃のポーカーフェイスなの!?[涼雪](2011/02/18 07:22)
[23] ラクガキ:ぼくの考えたかっこいいマブラヴ世界観(1944-1987)[涼雪](2011/02/26 03:55)
[24] ネタ帳に残ってた閑話の一つ。65年のナンバーズとか。[涼雪](2012/02/09 13:56)
[25] 無印7話:ここで伏兵フラグ、海鳴温泉なの。上[涼雪](2012/02/21 14:46)
[26] 遅まきながらのキャラ紹介とかコメント返しとか。[涼雪](2012/02/19 16:00)
[27] 無印7話:ここで伏兵登場、海鳴温泉は8歳以上混浴禁止!だといいなぁ。中[涼雪](2012/02/21 15:22)
[28] 無印7話:ここで一言、ファンタジー世界の子供の子供っぽくなさは異常・下[涼雪](2012/03/09 04:09)
[29] 無印8話:いい展開が思いつかなかったまま引き伸ばされた温泉編終わり[涼雪](2012/05/03 03:34)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[25569] それは踏んではいけない地雷だったの?(没1
Name: 涼雪◆7a2751f0 ID:6ea60729 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/01/29 13:17
※プロット無し殺伐BADEND回避を考え、かつ作者が主人公に今まで持たせていた矛盾をなんとかしようとした結果の一つ、とお考えください。それ以降の言い訳は文末にて。



管理局は忙しくなっていく一方であったが、生憎と自分は魔法学校1年生の6歳児である。
転生者だったり厨二能力持ちだったりやけに原作キャラと縁があったりするが、はたから見れば普通に親が管理局員同士の繋がり程度にしか見られない。
クイントさんと模擬戦をしている時に挙がった話についてはたまに考察もしていたりするが、表向きは至って平穏な毎日であった。

さて、そんなこんなで入学から二か月程が過ぎ、季節は初夏へと入った。
熱くもなく寒くもない天気の中、一人学校へ向かって歩いていると

「ヴェルくーん!おっはよー!」

「おはよう」

「お早う二人とも」

後ろから声がかかり、振り向くとそこにはメガネをかけた少女と、メガネをかけた少年…としか言えない二人が立っていた。
まぁ言わずともお分かりであろうが、何の因果か同じクラスになってしまった原作キャラこと
シャリオ・フィニーノと、そのご近所に住む隣のクラスのグリフィス・ロウランである。

「それでね!お母さんとレティさんがグリフィス君に…」

「や、やめてよシャーリー!」

「それを着たグリフィス君がすっごく…」

「わああああ」

と、入学式の後からやけに登校時に会う事の多い二人と学校へ向けて歩いていく。
あとグリフィスよ、子供の内に着れるものは着ておけ、人生の幅が広がるぞ。性転換はおススメしないが。
さて、入学式以降、今のところ特にこれといった問題は起きていない。
今日も特になんの出来事も起きないまま本日最後の授業を迎えた。
最後の授業は基礎魔法についての実践授業となっており、覚える魔法は念話。
余談だが、これまでのクイントさんとの模擬戦日程のやり取りや他の連絡等は全て術式通信を用いていた。
術式通信とは魔力のない人間でも使える通信技術であり、通信でやり取りされるものの種類や強度によって分別されている。
一般的に使われているものが音声、映像、情報の三つをやり取りする術式通信である。
管理局内で普段使われている術式通信にはこれに更に次元間通信が加わる。
次元通信はこの術式通信に次元間術式を付与したものであり
これも管理局はある程度自由に使えるが、一般人が使う場合は登録が必要である。
ちなみに術式通信については、一般人は専用端末を、魔導師はデバイスを用いるのが普通である。

とまぁそんなことを考えているうちに念話の使い方の説明が終わり。

《聞こえるグリフィス君、ヴェル君?》

《うん。問題なく使える》

《僕も大丈夫》

《私も覚えたわよ》

《あれ、今誰か喋った?》

《気のせいよ》

《そっか、気のせいなら仕方ないね》

《シャーリー、今誰と話してたの…?》

《…誰だろ?》

特に何の問題もなく念話を覚え、今日の学校は終了となった。あとレティニアは自重しろ。
と、概ね自分の魔法学校での生活はこんなものである。

さて、それから更に二か月程経ち、別段何事もなく日々は過ぎて、夏休みに入った。
とはいっても、別段何かあるわけでもなく、学校に入る前の鍛錬の日々に戻ったくらいである。
クイントさんは事件の増加によりますます忙しくなり、必然的に呼び出される回数が増えてしまった。
そのたびに模擬戦を中断する羽目になり、時間がなくなればその日の訓練は終了となる。
そうなると、自主訓練で補うしかないのだが、いかんせん相手がいないというのは伸び幅がゆっくりとしたものになってしまう。
なので基本的には学校が終わればすぐ帰り、例の森で日が暮れるまで鍛錬というのが入学してからの基本行動だった。
よって夏休みに入ってからは、ひたすら朝から夕方まで格闘と魔法の鍛錬である。
まぁ、シャーリーやグリフィスから誘われて遊ぶ日もあるが、シャーリーの話に適当に合わせ、二人でグリフィスをからかう程度である。

そして、入学式でレティさんから誘われた管理局への見学の日である。
母親と共に待ち合わせ場所であるクラナガンの転送ポートへと向かう。

よくよく考えれば彼女は自ら死亡フラグを持ちこむ事のないキャラクターの中では役職的には最高位である。
管理局運用部提督。どれくらい重要な立ち位置かは想像して余りある。
簡単に言えばこの部署が動かなければ次元航行船の一つも動かなくなるのだ。
それほど重要なポストなのに本編では一切語られる事がなかったわけだが
これは管理局の体制に少し問題があると言っておく。
「職員がいなくても食事は作られ、事件がなくても職員は補充される」という事である。
管理局では部隊が一般人をスカウトし、他の次元世界で作られたデバイスを扱う人もいる。
それらは全てデータベース登録されているが、実際は簡単な履歴書をまとめる程度である。
決して職務怠慢ではなく、そんなことをしても無意味だからだ。
例えば、とある次元世界で事件が起きたとする。
捜査に回された部隊の指揮官は今の人員では対処は不可能だと判断する。
増援を待つべきかと悩んでいると現地の子供がありえない力でそれを解決してしまった。
こんなトンデモ展開も割と起きる世界なのだ。このリリカルなのはの世界は。
だから基本、運用部では人や物資を管理するのではなく、人や物資を必要な所に補充するのを最優先にしている。
人が足りないと言われれば待機扱いの中から必要な技能や能力を持った人材を探し
物が足りないと言われれば適合するものの在庫があればそれを、なかったりオーダーメイドを希望されれば技術部等の部署に手配して手に入れる。
ザルのように思われるが、増えすぎた次元世界を管理するためには、とりあえず規格統一されたものを大量生産しておき
それをストックしておくことで、突発的な出来事や、他の要素にも手が回せるのである。

とまぁそんな事を考えているうちに転送ポート施設に到着する。母親と別れ、自分は受付手続きへ向かう。
あらかじめ連絡は済ませており、簡単な説明を受けながら転送陣のある部屋へと入り、一瞬強い光に包まれるとそこはもうミッドチルダではなく、次元世界の
そこにはメガネをかけた少女と、メガネをかけた少年と、もう一人。

「おはようヴェル君!」

「お早うヴェル君」

「はじめまして!第四技術部のマリエル・アテンザって言います。今日は忙しいレティ提督に代わって私が本局見学に付き添う事になってます。よろしくねヴェル君。気軽にマリーさんって呼んでね?」

そう、やはりメガネをかけた年上の少女である。何このメガネ率。圧倒的である。
とまぁ、また原作キャラかと今までは凍りついていた思考だが、あいにくとマリエル・アテンザは役的にはクラスメイトAとかと同じである。
主人公組のデバイスを魔改造したりと裏ではなんか凄い事をしていたが、彼女自体はなんてことはない脇役だ。
……今更この程度のキャラが出てきた程度で驚く程ではなくなってしまった自分の今までの出会いを消し去りたい。
とまぁ、そんな事を思いながらもマリーさんに連れられて本局を案内してもらっている。
シャーリーとグリフィスは興味津々な様子でドッグに係留されたメンテ中の次元航行船なんかを見ていた。

「それにしてもあのディル・ロンド艦長の息子さんがレティ提督の息子さんと同じ学校とはねぇ」

「それこそ偶然ですよ。正直他の学校には行きたくありませんでしたし」

「オーバーSクラスの素質を持っていながらも魔導師訓練校も騎士養成学校も断ったって話ね?」

「知ってましたか」

「そりゃ魔力放出だけで範囲凍結魔法と同じ強さの凍結変換資質は殆どいないもの。それでなくても凍結変換は数が少ないから、他の変換資質と違って話題に上りやすいし」

「そうなんですか。まぁでも、自分は普通にアイス屋でもやってる方が気が楽ですからねぇ。危険な事はお断りしたい性質なんで」

「あはは、確かに凄い凍結魔法だから、アイス作り放題だね?」

「えぇ。今の季節は冷房いらずで重宝しますしね」

「うわ~それは素直に羨ましいな」

と、そんなやりとりをしながらも順に沢山の場所を見ていき、最後にマリーさんの所属する部署である第4技術部へと足を運んだ。
シャーリーはさっきから沢山のデバイスたちを前に興味津々といった感じでマリーさんに質問しまくっている。

「デバイスって言えば、ヴェル君はデバイス持ってるの?あれだけ魔力量が多いならデバイスの補助無しじゃかなりキツイと思うけど」

「誕生日に父さんからもらったのが。ストレージ型の割と普通のデバイスですよ」

「でも量産型じゃないんでしょ?」

「まぁ、魔力が凍結なんてちょっと特殊なんで、カスタマイズはされてるみたいですけど」

「ねね、ちょっと見せてくれない?」

「えぇ、どうぞ」

「うわ、ライター型とか渋い趣味だねぇ」

「作った技術者が父親と同じ愛煙家だったんだと思いますよ」

「成程。……へぇ、ストレージにも関わらず容量が少ないのは術式演算のための効率アップの補助回路を積んでるから、か。演算スピードだけならかなりのものねコレ」

「そうなんですか」

「ヴェル君、なんで補助魔法ばっかりこんな詰め込んでるの?それも探査、観測、管制系の」

「えーっとそれは」

不味い。入れてる術式にプロテクトとか一切かけてなかった。これはヤバい。
補助系しか入ってないって事は必然的に俺がデバイス無しで凍結魔法を使いこなしていると言う事だ。
どうやって言いくるめたものかと必死に頭を捻らせる。しかし

「これ普通にひとまとめに出来るから圧縮したらかなり容量確保できると思うよ?」

「……っていうと?」

「それぞれの魔法の専用補助として登録してるのが悪いのよ。使用される魔法によって、入っている補助魔法を選んで選択する形にすればいいんだよ」

「でも選択なんてインテリジェントの仕事じゃないですか?」

「それは補助魔法をデバイスが考えて使ってくれる場合。私が言ってるのはどの魔法を使う時にどの補助魔法を使うのかをあらかじめ登録しておく事で、ダブってる術式の部分を削れるって事」

「あぁ~成程」

あっぶねぇ。マリーさんが根っからの技術者で助かった。

「ちょっと待ってて、すぐ終わるからさ」

「あ、直すくらいは自分で「ふふん、ここは専門家に任せなさい」お願いします…」

そう言ってソフィアに格納されている術式一覧を一端吸い上げ、重複魔法を削除しながら新しい術式を組み上げていくマリーさん。
ってか普通に手が見えない速さで動いてる。ブラインドタッチってレベルじゃない。

「はい終わり。そういえば凍結魔法が一つも登録されてなかったけど、別に凍結魔法専用のデバイスがあるのかな?」

「あー…それは」

とりあえず形だけでもイエスと答えるべきか、しかしそれもみせてくれと言われたらアウトだ。
どうするべきか迷っていると。

《私がいるからよ》

「え?誰?」

女郎…バラしやがった。
この時点で詰み以前の問題だ。
なんで自らの存在をバラしたのか。わかってるのか。
俺以上にお前が一番狙われやすいというのが。
……いや、わかっててやってるのだろう。そしてこれはあの女郎が最初から考えていた行動。
つまり奴は初めから俺を驚かせるために言わなかった。
これはもう諦めるしかない、か。

「…俺のリンカーコアに癒着してる魔法生物、って言えばいいんですかね。プログラムじゃなくて感覚で魔法を編み上げてる変態ですよ」

《あら、魂の伴侶に向かって変態とは失礼しちゃうわ》

その声と共に、俺の胸のあたりから黒い髪の女性が出てくる。
身長は40㎝程だが、妙齢の美しい女性の体型をそのまま小さくした形だ。
その女性は硬直しているマリーさんに向き直ると着ている鮮やかな白と紺色の服の両端を摘まみあげ、優雅に一礼し、

「こんにちわマリエル・アテンザ。私はレティニア。かつて存在した世界で氷の精霊だったものよ」

「え?え?つまり何?」

「何でこのタイミングで俺から出てきてるのお前?てか何勝手に自分の存在バラしてるの?てか明らかに狙ってやったよね?」

「ふふ、思った以上に回復が早かったのよ。あぁそれと、出てきてるわけじゃなくて、魔力で編んだ分身みたいなものよ」

「わぁ、ヴェル君から小さいお姉さんが出てきた」

「す、すごいねヴェル君……」

「え?これってユニゾンデバイス?でもあれって古代ベルカの失われた技術だよね?でも目の前にいるし。でも本人違うって言ってるし」

「どうするんだよこの状況」

「ふふ、でもヴェルも悪いのよ?。ヴェルがデバイスの中を誰かに見られた時点でどうあっても私の存在もバレたんだから」

「いやそこは悪いと思ってるけど、俺が適当な理由を考えてだな…」

「無理よ。この世界では魔法はデバイス無しでは簡単なものしか行使できない。なのにヴェルは自分のデバイスに凍結魔法を一切登録していない。この矛盾を説明できる?」

「むぅ…なんかこうレアスキル的な…」

「ねぇマリエル、デバイス無しで自由に魔法を行使できる?」

「ぶつぶつ…え?あぁはい、無理です。レアスキルの一つである高速思考でもデバイス程の演算処理はできません」

「ということよ。諦めなさいヴェル。それにこうしないといけない理由がもう一つあるわ」

「…なんだよ、そろそろ死亡フラグ踏んでおけって事か?」

「そう拗ねないの。ねぇマリエル。貴方に頼みごとがあるのだけど」

そう不敵に笑うレティニアに、きょとんとした表情を向けたマリーさんだったが。

「あーその、とりあえずレティニア、マリーさんに頼みごとする前に一言だけ言わせろ」

「あら、何かしら?」

「これから最低でも家族とクイントさんとサーチャーの向こうで驚愕してるだろうレティさんには事情説明しなきゃいけないんだから手伝えよ?」

「ふふ、勿論」





さて、バラしてみました。
しかしレティニアの死亡フラグを取り除くルートの一つとして、ボツにした1万の文章を書いている中でこれは常に脳裏を過っていました。
彼女はユニゾンデバイスでもなければ魔法生物でもない、存在全てが魔力で出来た生命体。ならば…?といった考えです。
そしてもちろんレティニアは我が身かわいさなんて理由だけで動くような人でもありません。あくまで自分と主人公両方とも助かる道を考える女性です。
ここまで読んで下さった方の中には「この展開だけはあっちゃならないだろう糞作者め」と思う方もいらっしゃるでしょう、作者本人も主人公が隠しきる道があってもよかったと思ってます。
ほんとなんでマリー登場回でバラしてんだろう。
いや、むしろマリーだからこそバレた。あの光るメガネの前には勝てなかったんだって…


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025475025177002