SS投稿掲示板




No.25569の一覧
[0] 【習作】EFBを持ってリリカルへ(オリ主転生・テイルズ等のゲーム技名引用)[涼雪](2011/01/28 16:02)
[1] それは突然の出会いがあった後なの?[涼雪](2011/01/24 15:08)
[2] 魔法の呪文はフリージング・ダーク・アイシクル・オブ・ディッセンバーなの?[涼雪](2011/01/24 16:06)
[3] 未来は不確定要素がいっぱいなの?[涼雪](2011/01/25 04:59)
[4] 師匠登場!?死亡フラグを抱えた魔法奥様なの?[涼雪](2011/01/25 14:37)
[5] ここは修羅道、ナカジマブートキャンプなの[涼雪](2011/01/26 12:40)
[6] 妥協しか許されない状況なの?[涼雪](2011/01/27 14:37)
[7] 殺伐とした萌える世界なの!?[涼雪](2011/01/28 16:00)
[8] それは踏んではいけない地雷だったの?(没1[涼雪](2011/01/29 13:17)
[9] お知らせとか色々。[涼雪](2011/01/29 09:27)
[10] それはまた一つネタ技を思いついた時なの?[涼雪](2011/01/31 15:11)
[11] 師弟対決は暁に燃えるの[涼雪](2011/01/30 14:22)
[12] 複雑な心の内なの[涼雪](2011/01/31 15:09)
[13] お知らせとか再び。[涼雪](2011/02/01 00:38)
[14] 閑話:泡末と消えたフラグ回避なの?[涼雪](2011/02/01 16:51)
[15] 閑話:父親のお仕事なの[涼雪](2011/02/01 17:07)
[16] 無印プロローグ:それは避けられない原作なの?[涼雪](2011/02/02 11:15)
[17] 無印1話:交戦規定はただ一つ「攻撃魔法は使えない」なの?[涼雪](2011/02/03 14:22)
[18] 無印2話:原作の原作も死亡フラグなの?[涼雪](2011/02/03 16:19)
[19] 無印3話:子持ち熟女!?でもヤンデレはお断りなの![涼雪](2011/02/04 14:00)
[20] 無印4話:ここは隣町、フェイトのセーフハウス一日目なの[涼雪](2011/02/05 19:44)
[21] 無印5話:主人公組のチートを見て今どんな気持ちなの?[涼雪](2011/02/08 22:39)
[22] 無印6話:付け焼刃のポーカーフェイスなの!?[涼雪](2011/02/18 07:22)
[23] ラクガキ:ぼくの考えたかっこいいマブラヴ世界観(1944-1987)[涼雪](2011/02/26 03:55)
[24] ネタ帳に残ってた閑話の一つ。65年のナンバーズとか。[涼雪](2012/02/09 13:56)
[25] 無印7話:ここで伏兵フラグ、海鳴温泉なの。上[涼雪](2012/02/21 14:46)
[26] 遅まきながらのキャラ紹介とかコメント返しとか。[涼雪](2012/02/19 16:00)
[27] 無印7話:ここで伏兵登場、海鳴温泉は8歳以上混浴禁止!だといいなぁ。中[涼雪](2012/02/21 15:22)
[28] 無印7話:ここで一言、ファンタジー世界の子供の子供っぽくなさは異常・下[涼雪](2012/03/09 04:09)
[29] 無印8話:いい展開が思いつかなかったまま引き伸ばされた温泉編終わり[涼雪](2012/05/03 03:34)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[25569] 無印7話:ここで一言、ファンタジー世界の子供の子供っぽくなさは異常・下
Name: 涼雪◆078c5e78 ID:742b236a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/03/09 04:09
2012/03/09
04:08に加筆。


「いえ、違うわね……キミの中にいるソレは……何?」

月村忍は自分でよく確認もせずに彼を呼び出した事を今更ながらに後悔した。
妹の「さっきすれ違った人から私たちと似たような感じがした」という言葉を受けて
もし自分達にとって害を成すものであった場合を考え、一応問いかけるだけのつもりだった。
妹とメイドが連れてきた少年は、なるほど確かに一目で何かが違う。
そして彼から微かにする臭いは自分の叔母と似た感じがした。
ということはこの少年も見た目こそ人間だが、犬か何かに所縁のある何かが化けたものだろうか?
そんな疑問を直球でぶつけながら、その時彼女は初めて真正面から少年を見た。
濃い蒼の髪にアメジストの瞳を持つ少年。

(この少年はただの魔物なんかじゃない……!!!)

感じる何かは気配こそ強くは感じないものの
存在そのものへの畏怖とも呼べるものはとてもそこらの低級な魔物どころか
知人がペットにしている300年以上を生きる妖狐ですらも圧倒しそうな程だった。
300年モノの妖怪といえばそれは最早災害と呼べるシロモノであり
人はなすすべもなく蹂躙されてしまう程の力を秘めている。
しかし少年の中にいる何かは数百年という時間が数秒に感じる程の時を刻んでいる。
それは言ってみれば神話、伝承レベルのモノたちの領域であり
既に魔物や妖怪などという括りからは逸脱している。
もしこれが彼が意図的に隠した状態でこれなのだとしたら。
もし正体を現して、それが自分達に敵対してきたとしたら。
それに気付き、内心でこれは命のやりとりになるかもしれないと感じ始めた頃。

『あら、今度こそ完全にバレたって奴かしら?』

『だろうな……つかお前が特一級のバケモノだった事を忘れてた件。すげぇ警戒されてるんだけど?』

『そもそも今まで回りにバレたことがなかったからねぇ』

ヴェル・ロンドはどう切り抜けたものかと悩んでいた。
レティニアは滅んだとはいえ一つの世界で氷を司っていた精霊。
さて、ここで一つだけ疑問が浮かぶ。
氷の精霊は他の有名な精霊より格が低いのかということ。
答えは否である。
仏道で言う所の地・水・火・風・空の何れでもなければ
陰陽道でいう所の木・火・土・金・水にも当てはまらない。
氷属性なんてものがないファンタジー世界では風か水の派生となっていたりもするが
彼女の世界で彼女は他の精霊と同じくらいには強かったという。
例えば地や土は地面にあるもの以外にも重力や質量等を操る事がある。
水は植物や動物の細胞に働きかけて傷をいやす事がある。
火は熱そのものであり、物体を高熱にする事も出来る。火のない所でも熱量を操れる。
風や空は気体全般を操り、気体になるもの、気体によって発生する雷なども操る。

ならば氷はどうか。
ただ液体が個体になるだけ、温度が下がるだけ、ということはない。
そう、レティニアの真骨頂は”分子レベルの物質の振動の停止”
伊達にEFBがネタにされているわけではないのだ。
それは須らく動くものを停止させてしまう絶対の法。
矛として使うことも、盾として使う事も可能な能力である。
もっとも、そういった「恥ずかしい能力合戦」になった場合
どちらが上手く使えるか、どちらがより強力かで勝敗が決まる世界になってくるわけだが。
まぁ何が言いたいかと言うと、有名どころの精霊とも余裕で拮抗出来る存在がレティニアであり
彼女は元の世界では人では到達しえない高みの存在だったわけだ。
そしてそれは、次元世界でもロストロギア認定確実の強さである。
地球に関しては、未知数すぎて判断しにくいところではあるが。

『まぁ、匙加減が難しいのが難点なんだけれども』

『手加減を知らない精霊程困ったものもないだろうけどな』

精霊で彼女より格上となると某雷落とし魔法を食らって
「そんなバカな!?」と叫ぶ時の精霊兼魔王クラスとかになってくる。
しかし魔法だらけの次元世界で生活しててバレなかった
(リリカル世界の魔力とは質が違うため感知系は全スルーできた)のが
地球にきて20日そこらで原作関係者に速攻バレるとかっべーわ、地球マジっべーわ。

『まさか都築世界と見せかけて他作品設定がくるとかはないよな?』

『吸血鬼や魔物がいるくらいだからありえるかもしれないわね』

『流石にゴメン被りたいところだがなぁ』

しかし……さて、どうしたものか。
目の前の吸血鬼と言われる一族の女性は
レティニアの存在に正体こそ分からないものの気付いている。
この状態からどれだけ友好的にこの場をスルー出来るか。

『思うんだけどこの状態ってヴェルが前に言っていた異議アリ!って言葉が有名なゲームみたいね』

『どちらかというと、何事もなく終わる予定に不満を覚えたGMが
鬼畜判定値のダイスロールさせた卓に近い。
もしくはあれだ、黄金の魔女が赤文字証明してきた感じ』

『よくわからないけどまぁ、ヴェルならこれくらいの事は言い回しでなんとか出来るでしょう?』

『でも、お前の存在がバレていないというこれまでの前提が既に崩されてるからなぁ』

そう、俺の中にバケモノがいるというのが確定された情報として
相手に渡ってしまっている状態からのスタート。
ここからいかに自分の中のバケモノが
彼女達にとって無害で無関係で無意味なシロモノかを
出来る限りこちらの情報を隔した上で納得してもらえるか。

近日中に管理局や次元世界の存在も高町家の長男から妹を通して知られる可能性がある以上
自分の中のバケモノはこの場にいる面子だけで隠匿してもらえるような言い回しが必要になってくる。

「……あー、確かに俺の中には異物が入ってますけど、俺はただの人間です
貴女の言う犬か何かの魔物ってのは俺の居候先の住人ですね」

「へぇ、それじゃあ単刀直入に聞くけれど、貴方の中にいるソレは何なの?」

「えーと、例えるなら崩壊した妖精界の生き残り?」

正直「よし分かった、説明しよう」でシャダりたい気持ちでいっぱいであるが
この説明をミスると後々厄介な事になるのは目に見えている。

「まぁ、なんていうか、貴女方もオカルトでファンタジーな世界の住人だからこそ
こうして呼ばれたと仮定して、信じてもらえることを前提で最初にいくつかお伺いしますが」

「構わないわ。続けて」

「ではまず、ミッドチルダという単語に聞き覚えは?」

「いいえ、ないわね」

「じゃあ、魔法は現実に存在する?」

「いえ、魔法みたいな力が存在するのは確かだけれど
厳密に魔法が実在してるかは知らないわ」

「最後、貴方方は自分の正体、もしくは裏の顔を秘匿している?」

「そうね。だから自分達が平穏に生きるためにこうして貴方に声をかけたわけ」

これでまず先手の札は切り終えたかと確認しつつ、次にどこから説明していくかを考える。
もちろん今のはこちらが相手を知らない事が前提の質問。
そして相手が嘘をつくかどうかの確認でもある。
どうやら向こうも穏便に済ませられるならその方がいい様子。
ならばこちらも嘘はなるべく使わない方向で行く事にする。
後で嘘だった事を知られて話がこじれる可能性も考えてだ。

「まず、俺はこの世界の人間ではないです。
あぁでも、別に並行宇宙だの未来だのってわけでもないです。
別次元の世界に浮かぶ惑星の一般市民。
ただ向こうの世界は魔法と呼ばれるシロモノが当たり前に存在してますけど。
地球では科学を用いて行っているモノの一部に利用したり、相手を殺す事のない兵器として使ったり
とにかくまぁ、そんな世界の子供です」

「それはまた、凄いぶっとんだ事実が出てきたものね。
それでその世界の住民である君が、何故地球に?
まさかキャトったりとかするわけ?」

「魔法の認知以外は全く同じ外見の存在がキャトるとかナンセンスでしょう。
まして地球人は魔法が認知されていないだけで全く魔法が使えないとは限らない。
それどころか時には魔法すら凌駕する異能持ちだって現れそうですしね。
おいそれと手なんて出されないと思いますよ?まぁただの子供の戯言ですけど」

魔法が使えない、異能というところで目の前の彼女とその妹が一瞬反応したように感じた。
と言っても、こちらが向こうの正体を知っているのが前提でもない限りまず気づかれないレベルである。
そして月村忍も何事もなかったかのように、むしろ少し笑みさえ浮かべつつ口を開いてくる。

「ただの子供、ねぇ、貴方は13歳くらい?それにしたって言動が大人びてる気がするけど」

「あー、体格は諸々の事情があって恵まれてまして。今年で9歳だったり」

そして場が静まり返った。
やっぱりおかしいのだろうか、9歳で150㎝あるのは。
転生前のスポーツ少年団のバスケチームにいた奴なんかは普通に150ある奴もいたし
ミッドの学校にも同い歳で自分より背が高い奴も数人はいる。
なので今まで気にした事はなかったが。

『(やっぱり身長云々じゃなくてその細マッチョな筋肉が問題なのは気づかないわね……)』

「えっ」

「うそ…同い年!?」

「9歳とは思えない体つきだな……」

「何か苦労なされたんですか?」

「まぁ、口調が大人びてるのは外向けって奴でして。
そこらへんは察していただけるとありがたいです
あとノエルさんでしたっけ?そこは一番知られたくない所です。
主にストレスがマッハ的な意味で」

「察しろって言われても9歳ならなおさらそんな口調はおかしい
別に何かするわけじゃないんでしょう?なら元の口調で構わないわ」

「あー、まぁでも目上の人には一応この口調保ってるんで。
で、まぁなんで地球にいるのかでしたっけ。
簡単に言うと、こっちで誰かがいわゆる召喚魔法ってのを使ったんです。
召喚の原因は恐らく俺の中にいる存在。でも俺が一緒にいる上に
元々コイツの力自体は万能でもなんでもない上に、俺という存在で弱体化も弱体化。
そもそも召喚した人は俺に何かさせたいわけでもなく、ただの事故だったらしくて。
しかも目の前で気絶してるわで、とりあえずその場から逃走して現状把握。
でまぁ、魔法の認知されてない世界に飛ばされたと確認して
元の世界に帰る方法もないしどうしたもんかなーって悩んでたところに
同じ世界出身でこっちに来てるって人が保護してくれたってのが今の所の現状ですねぇ。
この旅館にも至って普通に温泉入りに来ただけだったりします」

これでここまで嘘はほぼない筈。
弱体化も厳密には嘘ではない。
レティニア本体は単体で次元転移すら行えるのだから。
しかし目の前の人たちの目線が、警戒から別の何かに変わっているのは気のせいか?
これで後はレティニアの正体を適当に答えておけば問題ない筈。

「9歳で随分と刺激的な事に巻き込まれてるわねぇ貴方」

「可哀相……」

「それがいい修業になってるって事なのか」

「……ヴェル・ロンド様、お飲物のお代わりは?」

「地球に来て1ヶ月経たずに初対面の人からマトモに同情されるとかどういうことなの……」

『ヴェルェ……』

『おいやめろ馬鹿。この話題は早くも終了ですね』

こうして原作脇役組に呼ばれた日の夕方、俺は初めて同情という名の感情をモロにぶち当てられたのだった。









はい、というわけでバレたところからいかにほのぼのさせるかが鍵。
そして結果はまさかの「はぢめてのれんびんのまなざし」でした。
この先彼女達とらハ、脇役連中がどれくらい絡んでくるかは未定ですけど
この後男湯で
士「遅かったじゃないか」
恭「鍛錬しよう、盛大にな!」
みたいな事になるとしか思えないのは私だけではないはず。
ちなみにレティニアのいた世界がどれくらい殺伐としてたかは未定。
終末レベルの鬼畜能力持ちの存在がウヨウヨしてそうではありますけど。


以下感想返し

メロッサさま
仰る通り…!仰る通りでございます…!
でも直さない。それがジャスティスだと信じて!

塩さま
とはいえ、三歳児のパラノイア的思考に共感しちゃう魔法人妻がいる世界ですから
そのあたりはまぁ、本人も後で「あるぇー?」って思ってそうではありますな。

もかまったりさま
そう、違和感しかない。でもその違和感が大切かなと。
無印やっぱりずるずる感があります、か……。
どうにか精進したい所ではありますが、草食(にならざるを得ない)系主人公は動かしにくいのが難点ですなぁ。

てんぞーさま
年上人妻!ならいくらでも発言されますよこの小説では。
もち強引なのは仕方ないかと。何せ自分でもこの話は苦渋の選択でした。
それでも温泉編だけで5話くらい使っとかないと
無印何事もなく終わっちゃう予感しかないんですよ!(ひどいネタバレ

やったねヴェル君、はじめてまともな同情をされたよ!

筋肉大旋風さま
コトリザバス「掛け算大好きと聞いて」
ちなみにルーテシアの手持ちの召喚獣のうち
触手だの謎の白い液体だのはガリューとメガーヌさんが親子フィルターで検削済み。
首おいてけになる可能性は低そうです。
何せ命のやりとりを危惧しているのに何故かそういう展開にならないですしwww

通りすがりさま
実はレティニアのバケモノ臭さとアルフの犬臭さがそなわって最強に見えただけだった、という事でした。
なのはですら念話されないと気づけない見事な人化したアルフと
リリカル魔法では探知されなかっただけでとらハ組にはもろバレなヴェル君。
つまりヴェル君は犠牲になったのだ……美女美少女との同棲という名の犠牲にな……。

ルーテシアちゃんのパパについてはもう不明のままでもいい気がしますよね。
最強と名高い「戦闘民族ヒダカ家」でも父親の設定は結構不明ですしね。
「戦闘民族高町家」や「理不尽民族ナカジマ家」があるリリカル世界ですし。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023054838180542