SS投稿掲示板




No.22750の一覧
[0] 【チラ裏より】やきうをしよう。あの打席に戻るまで(転生最強モノ)[H&K](2012/05/02 22:44)
[1] 第一球目【日シリ代打で自打球強制退場の巻】[H&K](2012/05/02 22:44)
[2] 第二球目【因縁のあいつとこんにちはの巻】[H&K](2012/05/02 22:45)
[3] 第三球目【県大会でガチンコなの! の巻】 前編[H&K](2012/05/02 22:45)
[4] 第四球目【県大会でガチンコなの! の巻】 中編[H&K](2012/05/02 22:45)
[5] 第五球目【県大会でガチンコなの! の巻】 後編[H&K](2012/05/02 22:46)
[6] 第六球目【それは不思議な出会いなの? の巻】1[H&K](2012/05/02 22:46)
[7] 第七球目【それは不思議な出会いなの? の巻】2[H&K](2012/05/02 22:46)
[8] 第八球目【それは不思議な出会いなの? の巻】3[H&K](2012/05/02 22:46)
[9] 第九球目【それは不思議な出会いなの? の巻】4[H&K](2012/05/02 22:47)
[10] 第十球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その1[H&K](2012/05/02 22:47)
[11] 第十一球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その2[H&K](2012/05/02 22:47)
[12] 第十二球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その3[H&K](2012/05/02 22:47)
[13] 第十三球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その4[H&K](2012/05/02 22:47)
[14] 第十四球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その5[H&K](2012/05/02 22:47)
[15] 第十五球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その6[H&K](2012/05/02 22:48)
[16] 第十六球目【マウンドの上でカーブに逃げたモノ の巻】その7[H&K](2012/05/04 04:01)
[17] 第十七球目【それは何の告白なの? ある意味で幼馴染みの意地の巻】[H&K](2012/05/04 21:40)
[18] おまけ。BBHかーど。本編未来。随時追加  2011/11/15追加。[H&K](2012/05/02 22:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[22750] 第九球目【それは不思議な出会いなの? の巻】4
Name: H&K◆03048f6b ID:4b21aec7 前を表示する / 次を表示する
Date: 2012/05/02 22:47
 咲下井塚について少しだけ語りたいと思う。彼女は祐樹が前世で唯一恋人関係となった女性であるが、なにぶん特殊な性分の持ち主だったので二人の関係は世間一般のそれとは違っていた。

 もちろん普遍的な恋人がするように愛を語り合うこともあったし喧嘩もした。セックスも言わずもがな、だ。

 たとえ万年二軍で補欠代打でもそこらじゅうのサラリーマンよりかは高い給料を受け取っていた祐樹は、結婚相手としてならばそれなりの物件だった。

 第三者から見ればそう言った側面が少なからず井塚を惹きつけていると評していたし、祐樹もそれについては認めていた。

 だが井塚だけは祐樹の野球選手というステータスを全面的に否定し続けていたのだ。

 ある時、彼女はこう言った。

「ねえ、野球選手なんかやめて私と静かに暮らしません? 私が養ってあげますから」

 丁度極度の不振で二軍ですらバットが振れていなかったときだった。互いに情事の余韻を感じていたひと時に落とされた一つの爆弾。祐樹はいたく困惑した。しかし彼女のその台詞に救われたのもまた事実だった。

 井塚は当時、スポーツ外傷を専門とした接骨院に勤めていた。有名プロ選手が大勢通うちょっとした穴場で、給料もそれなりに良かった。

 祐樹と井塚が出合うことになったのも、プロ野球選手と女医という関係から来たものだ。

「いや、ごめん。俺はまだ野球がしたい」

 井塚が決して冗談を告げているわけではないと知っている祐樹は己の気持ちを素直に打ち明けて見せた。井塚の思いやりは痛いほど感じていたが、彼が培った二十年近い野球生活を否定することは出来なかった。

 彼女もその意思を汲み取ったのか、その日はそれ以上何も言わなかった。



 出番も無いのに遠征というものが一番辛い。

 選手バスの中前席の片隅で音楽プレイヤーを弄っていた祐樹はそう思った。一軍の左代打要因として昇格した彼だったが、チームは交流戦に苦戦しまさかの五連敗。代打を出してまで勝ちにいける雰囲気では無かったため、結果的にベンチで声援を飛ばすしかやることが無かった。

 ふとその時、携帯電話でバイブレーターがなった。隣に腰掛けていた先輩に一言礼を詫びると彼は背面ディスプレイに表示された文字列を見た。

 メール  咲下さん

 恋人同士だというのに何処か他人行儀なのは患者と医師という関係だった頃の名残だ。井塚は早々に「ゆーくん」と登録していたらしいが、祐樹はまだ初対面に登録したときのままになっている。

 数ヶ月前、この表示が彼女にバレたときは、三日間口を聞いてもらえなかった。そこで修正するように約束をしたのだが、何だかんだ言ってそのままにしている。

 祐樹は届いたばかりの未開封メールを画面に表示した。


 件名  おつかれさまです。

 本文  今日も出番がありませんでしたが、いずれ活躍のときが来ます。それまで身体に気をつけてください。あと一週間ほど実家に帰るので、鍵はいつものところではなく私の車のダッシュボードにしまっています。
     取っといてくださいな。


 実家に帰る、という文面に祐樹は眉を潜めた。親元で何かあったのかと思いその旨を問いただす。すると十秒ほどで返事のメールが返ってきた。


 件名  Re2:おつかれさまです。

 本文  妊娠したので。


 たぶんこのとき、祐樹は久しぶりに野球のこと意外を考えたに違いない。野球以外のことには井塚以外てんで関心が無かった彼だが、彼女が送って来た文面はそんな祐樹の心に一つの杭を穿っていた。

 歓喜なのか困惑なのかよくわからない感情を抱えながら、祐樹は一人携帯電話を閉じた。

 そして宿泊ホテルに到着する寸前でとある事実に気がつく。

「そうえいば、ゴムなしでしたことなんてあったっけ?」

 まあ、穴くらいなら彼女は開けていたとしても不思議ではない。そう結論付け、祐樹は固まった身体を解しながらバスを降りた。夏特有の生ぬるい風がシャツに張り付いて快適とは言えなかった。




 相手投手が投じた球は祐樹から逃げるような軌道を描くカーブだった。祐樹は無意識のうちに踏み込んでそれを打ち返す。だがタイミングが外されたのか、快音とは裏腹に打球はセンターの前で失速してしまった。

 初のスタメン出場で4の0。

 明日の出場を望むには余りにも心もとないスコアに、祐樹は重い足取りでベンチに下がる。今日もビハインドを追っている所為か、祐樹に労いの声を掛けたのは彼の昇格を推薦したコーチだけだった。

 最近慣れ始めてしまった負けムードの中、球場には選手交代が告げられる。大量得点でリードしている相手チームが、終盤のこの回で経験を積ませるために若手を起用するのだろう。

 誰が出てくるのかとスコアラーたちは鼻息を荒くするが、ベンチでペットボトルを傾ける選手たちは大して興味を抱かない。

 ただ、祐樹だけはその時コールされたその名を何故かはっきりと聞いていた。

『ピッチャー、川村に変わりまして大塚ー。ピッチャー、川村に変わりまして大塚ー』

 マウンドで若い投手が息を吐く。祐樹はその仕草を見つめただけで、彼が自分と同じ立場、心境にあることを知っていた。万年2軍から抜け出すためには結果を残さなければならない。渦のような重責と周囲からの視線に耐えながら、孤独にプレーをする。

 だがこの日、祐樹と彼で一つの相違点が生まれた。

 それは『大塚健二』が見事三者三凡に押さえ込み、祐樹と違って評価を上げたことである。


# 


 病院のタイルに二人の影が重なる。咲下井塚に組み敷かれた祐樹は抵抗する気力も沸かないまま、されるがままにされていた。床には二人分の麦茶と氷、グラスが散乱している。

「……何の真似ですか、先輩」

 咲下さん、と呼ばなかったのは最後の彼なりの抵抗だった。認めたくない、前世で彼を追い詰めたあの女が目の前にいる女と同一人物であることを認めたくないという心情の表れだ。

「何って押し倒しているんですよ。ゆーくん」

 頬に手を当てられながら、祐樹は息を一つ呑む。井塚の黒い瞳は奥行きが見えなくて、彼の原始的な恐怖を誘った。

 井塚は薄ら笑いを浮かべたまま、小さな唇で語りを始めた。

「前世というものがこの世に存在するのかはわかりません。でも私は時々夢に見ます」

 彼女の声は呪文だ。それも呪詛の類の。井塚が口を開くたびに組み敷かれた祐樹の身体が見えない言葉の鎖で締め上げられていく。

 逃げる手段など、どこにもない。

「驚きましたよ。夢の中で身体を重ね続ける見知らぬ男の人が、同じ学校に通っているんですもの。それに名前も同じ。あなたは私のことを気が狂った女かと思うかもしれませんが、あながち間違いじゃないかもしれませんね。こうして肌と肌を重ねているだけで私は愛情に溺れそうになる。……会った事などないはずなのに」

 ねえ、と井塚は続けた。

「私たち、前世で恋人とかだったりしたのでしょうか?」

 限りなく確信を突く、井塚の声に祐樹は何も言えない。


# 


 それは秋雨が深い昼下がりのことだった。首位を快走するライバルチームの背中を負う事も諦め、何とかAクラスにと奮闘し続けるナインの中に祐樹の姿があった。

 幸い、本拠地をドーム型球場としている祐樹のチームは雨の影響もなんのその。着々と試合開始に向けてカウントダウンを刻んでいた。

 ベンチの奥に貼り付けられたスターティングメンバーには「八番 右翼 神崎祐樹」と書き込まれている。

 守備練習で祐樹はバックホーム風の返球をキャッチャーに送る。だが、彼の投じたボールはマウンドを越えたすぐに失速し、俗に言うレーザービームには程遠かった。

 彼のその様子に落胆するものもいなければ、叱咤するものもいなかった。

 誰も祐樹を見ていない。


 
 試合は3対3の同点のまま、七回の裏を迎えていた。2アウトランナー二塁。ラッキーセブンの名に恥じない勝ち越しのチャンスだ。

 しかしチャンステーマを演奏するファンも、ベンチから声援を飛ばす選手もその顔は一様に冴えていない。それはバッティンググローブを装着し、相手の投手交代を待ち続ける選手に問題があった。

 右翼出場の神崎祐樹である。

 入団してから早三年。ファンの期待を故障などで裏切り続けた彼に対する風当たりは強い。それはこういった重要な場面で如実に現れる。打撃も守備もイマイチの彼はいつトレードの弾に使われるかが、専らファンの話題だった。

 そして相手投手が右投げにシフトしたとき、監督が祐樹の肩を叩いた。言葉などなくとも、その意味は良く知っている。静かにバットを置いた祐樹の横を代打職人で名を売っている選手が歩いていった。

 自分とは比べ物にならない歓声を聞きながら、祐樹は唇を噛んでいた。


 試合は勝った。代打職人が放った値千金のタイムリーでの勝ち越し点を最後まで守った。監督は全員で掴んだ勝利と豪語し、スポーツ新聞は一打席で決めた英雄を称えていた。

 球場を殊勲選手のコールで支配する。

 ロッカールームで一人、バットを振っていた祐樹の携帯電話が鳴った。

 いつもの慰めのメールかと溜息を吐きながら携帯を開いた祐樹だったが、相手は彼女の実家からだった。

 そこにはこのようなことが書かれていた。





 井塚が流産をした。


# 


 蝉の声はどこか遠い。むせ返るような夏の熱気がアスファルトを焦がし、陽炎を生む。歩行信号の青色点等を知らせるメロディは間抜けだった。

 暑い暑い夏なのに、井塚と重ねた唇は冷たい。それがさっきまで飲んでいた麦茶の所為だと、祐樹は漠然と考えた。けれど直ぐに井塚の熱い唾液を流し込まれ、麦茶の冷気は幻想に消える。

「……やっぱり何か知っているんですね」

 祐樹の上から降りた井塚が乱れたワンピースを調えた。祐樹も井塚に肌蹴られたYシャツの襟を戻す。何処からか雑巾を持ってきた彼女は床に散乱した麦茶を片し始めた。

「父はもう直ぐ帰ってきます。私から伝えておきますから、もう診察室に入っていて下さい。三番の部屋です」

 こちらを見ずに淡々と告げる井塚に祐樹は言葉を返さない。ソファーで二人分の体重に潰された鞄を背負いながら、彼は黙って井塚の横を通り過ぎる。

 そんな彼の背中に井塚の声が届く。

「また、学校で会いましょう。放課後、図書準備室に来てもらえればお茶くらい出しますよ」

 振り返った先の井塚が麦茶の入っていたグラスを振っていた。先ほどまで感じていた呪縛は既になく、少し大人染みた先輩の顔をしていた。

 祐樹は頭を一つ下げ、診察室に逃げ込むように入っていった。





◆◇◆◇

あとがき

少し遅れました。次回から野球回。
そして感想が三桁超えて、安定するようならオリジナル板に移転します。



  


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026190996170044