<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

SS投稿掲示板


[広告]


No.21602の一覧
[0] 田舎の貴族は土を嗅ぐ(ゼロ魔 オリ主転生)[黒いウサギ](2013/09/05 10:50)
[1] 1話目 ある婦人の悩みごと[黒いウサギ](2011/05/08 16:45)
[2] 2話 変人ジョルジュ[黒いウサギ](2011/09/24 22:50)
[3] 3話 彼が彼であった頃[黒いウサギ](2010/09/01 10:11)
[4] 4話 彼がジョルジュになってから[黒いウサギ](2011/09/15 17:57)
[5] 5話 母の説得、ステラの乱入[黒いウサギ](2011/09/15 17:57)
[6] 6話 それぞれ思うこと(前篇)[黒いウサギ](2010/09/02 11:25)
[7] 7話 それぞれ思うこと(後篇)[黒いウサギ](2010/09/05 20:27)
[10] 8話 春は始まり、物語も始まる[黒いウサギ](2010/09/05 02:00)
[11] 9話 召喚の儀式[黒いウサギ](2010/09/05 20:24)
[12] 10話 新しき仲間、友達、使い魔[黒いウサギ](2010/09/06 22:09)
[13] 11話 儀式は終わり、月は満ち[黒いウサギ](2010/09/10 17:47)
[14] 12-A話 ステラ、早朝、会話、朝食[黒いウサギ](2010/09/10 23:21)
[15] 13-A話 朝食での一騒動[黒いウサギ](2011/09/15 17:58)
[16] 14-A話 ステラ、ルイズ、登校、授業[黒いウサギ](2011/09/15 18:00)
[17] 15‐A話 授業でのひと騒ぎ[黒いウサギ](2010/09/19 07:46)
[18] 16‐A話 ギーシュ、不幸、決闘 (前篇、後篇)[黒いウサギ](2011/09/15 18:03)
[19] 17‐A 話 戦いの終着点は...[黒いウサギ](2010/10/01 08:18)
[20] 18-A話 決着をつけるは誰か[黒いウサギ](2010/10/31 04:57)
[21] 12-B話 ジョルジュの帰省[黒いウサギ](2010/09/11 02:54)
[22] 13-B話 花嫁が頼むのは[黒いウサギ](2011/09/16 15:24)
[23] 14‐B話 森での思い出、森の試練[黒いウサギ](2010/09/18 21:35)
[24] 15-B話  三つ首の黒犬[黒いウサギ](2010/09/23 00:13)
[26] 16‐B話  過去を知るのは二人[黒いウサギ](2011/09/16 15:25)
[27] 17‐B 話 一晩だけの誓い[黒いウサギ](2010/10/03 21:09)
[28] 18-B話 笑ってありがとう[黒いウサギ](2010/11/03 02:41)
[29] 19話 それぞれその後(前篇)[黒いウサギ](2010/11/07 19:09)
[30] 20話 それぞれその後(後篇)[黒いウサギ](2010/11/16 08:42)
[31] 21話 明日は休日[黒いウサギ](2010/11/19 22:19)
[32] 22話 サイトの試練は夜中に[黒いウサギ](2010/11/23 22:02)
[33] 23話 目的も行き方もイロイロ[黒いウサギ](2010/12/01 03:03)
[34] 24話 母はお客を選ばない[黒いウサギ](2010/12/13 00:59)
[35] 25話 アニエスが店に来たワケ[黒いウサギ](2011/01/07 19:32)
[36] 26話 母の接客術[黒いウサギ](2011/01/27 22:05)
[37] 27話 外と中の激しい温度差[黒いウサギ](2011/01/23 19:25)
[38] 28話 さらに激しい温度差[黒いウサギ](2011/01/30 22:25)
[39] 29話 いろいろヤッてしまった人たち[黒いウサギ](2011/02/06 01:02)
[40] 30話 馬車は片道?それとも往復?[黒いウサギ](2011/02/13 23:08)
[41] 31話 血塗れの魔法[黒いウサギ](2011/09/15 18:04)
[42] 32話 アルルーナ→フーケ←黒のゴーレム[黒いウサギ](2011/03/27 15:50)
[43] 33話 学院に帰るまでが捜索です[黒いウサギ](2011/03/27 23:03)
[44] 34話 おしおきのち舞踏会[黒いウサギ](2011/04/11 19:32)
[45] 35話 各々の舞踏会(前篇)[黒いウサギ](2011/04/20 08:35)
[46] 36話 各々の舞踏会(中篇)[黒いウサギ](2011/04/30 22:31)
[47] 37話 各々の舞踏会(後篇)[黒いウサギ](2011/05/01 06:23)
[48] 38話 タバサの007イン・ガリア 他人を巻き込むな!![黒いウサギ](2011/05/17 02:15)
[49] 39話 タバサ少女の事件簿イン・ガリア 「顔ナシ」ノエル[黒いウサギ](2011/05/22 23:27)
[50] 40話 探偵タバレオ,イン,ガリア 探る[黒いウサギ](2011/06/04 22:30)
[51] 41話 心霊探偵タバサ,イン,ガリア 蒼い瞳は知っている[黒いウサギ](2011/06/19 07:23)
[52] 42話 吸血鬼Eの献身.イン.ガリア[黒いウサギ](2011/06/27 23:29)
[53] 43話 危ないタバサ.イン.ガリア  追跡[黒いウサギ](2011/09/15 18:06)
[54] 44話 交渉人タバサ.イン.ガリア 封鎖するモノはない[黒いウサギ](2011/09/07 13:22)
[55] 45話 使い魔サイトの日常、使い魔レミアの憂鬱[黒いウサギ](2011/07/24 01:55)
[56] 46話 自覚がないのが一番タチが悪い[黒いウサギ](2011/08/11 21:18)
[57] 47話 ついていない時ってトコトンついてない[黒いウサギ](2011/08/16 21:08)
[58] 番外編 フレイムの奇妙な学院生活(前篇)[黒いウサギ](2011/09/03 23:28)
[59] 番外編 フレイムの奇妙な学院生活(後篇)[黒いウサギ](2011/09/15 18:07)
[60] 48話 当日には大抵アクシデント[黒いウサギ](2011/09/15 18:07)
[61] 49話 危険なものほど身近にいる[黒いウサギ](2011/09/25 19:09)
[62] 50話 欲望と愛が渦巻く品評会[黒いウサギ](2011/10/05 00:01)
[63] 51話 一難去ればまた一難どころか二、三難[黒いウサギ](2011/10/23 23:32)
[64] 52話 内容は違うけど方向性は大体一緒[黒いウサギ](2011/11/23 20:45)
[65] 53話 旅の始めはテンションが上がるモノ[黒い?ウサギ](2011/12/30 15:29)
[66] 54話 ミシェル・インポッシブル[黒い?ウサギ](2012/01/02 22:53)
[67] 55話 ミシェル ゲームオーバー[黒い?ウサギ](2012/03/07 19:51)
[68] 56話 人の噂も49日[黒いウサギ](2013/08/25 16:02)
[69] 57話 夜の飲み会ではチームワークが大事[黒いウサギ](2013/09/16 16:49)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[21602] 16‐B話  過去を知るのは二人
Name: 黒いウサギ◆3eb667ce ID:258374a3 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/09/16 15:25
―うわ~…奇麗…―


―ヒエ~これは凄いだよ―


―ジョルジュ!何本か持って帰りましょ―


―ダメだよターニャちゃん!精霊様には「見に来た」って言っただよ。約束破ったら森から出れなくなるだよ…ってあ゛あぁぁぁッ!?もうっ採ってる゛ぅぅぅ!!―


―え?あ、ゴメ…―


「あの後、精霊様の怒り買って森に閉じ込められたからなぁ~。おとんが来てくれなかったらあそこで死んでただよ…」


昔の記憶に青ざめながら、ジョルジュは森の「入口」、泉のほとりまで戻っていた。森の木々は変わらず彼の頭には光を与えず、当たりにはひんやりとした空気が漂い、鳥獣の鳴き声や虫の羽音が響いてくる。
外では太陽がそろそろ傾いた頃だろうか、木々の間からは若干霧が漂い始めている。
ジョルジュは先の戦いで松明を残して来たため、ここまで暗闇を歩いてきたのかと思ってしまうが、彼の手元にはぼんやりと優しく光る、白い花びらをつけた「星降り草」があった。
花束1つ程度は摘んだのか、摘んだ花は茎を束ねられ、村から持ってきた布でくるまれていた。光に誘われてきたのか、花の周りには小さい羽虫が何匹か飛んでいた。


「星降り草」を摘んだ後、ジョルジュは来た道を戻るために再び精霊と交渉した。
精霊は、「願い」と異なった行為を行った者を森に閉じ込めてしまう(ジョルジュたちが小さい頃に閉じ込められた時、バラガンは「子供たちを森から出してほしい」という願いのために2メイルはあろうかという兎、アルミラージと戦った)。しかし、約束を破らずに帰る者には道を開いてくれるのだ。
ジョルジュは森の精霊と少し喋った後、精霊が開いてくれた道をたどって、ここまで戻ってきたのだった。戦いは勿論のコト、長時間森の中を歩いたせいか、彼の服は来た時とは違って所々破れ、腰から下は泥まみれとなっていた。


「もう疲れただよ~~。早く森を抜けて村に戻るだよ。精霊様からは「ご褒美」もらえたのは嬉しかったけんど」


そう一人愚痴るジョルジュは泉に背を向け、今は花嫁となる友の待つ、ジャスコの村へと歩いて行った。ジョルジュが去るのを待っていたのか、彼がいなくなった泉には、ちらほらと獣たちが集まってきたのであった。









「ん~!!!!コレよコレッ!!懐かしいわ~星降り草!!お疲れ様ジョルジュ」


太陽が沈んで間もない時間、ジョルジュは「ノームの森」を完全に抜け、ジャスコの村へ戻っていた。村では結婚式の準備がほとんど出来上がっており、村の中心では祭壇がほとんど出来あがっている。
家々の前には村の者たちが作ったビールや葡萄酒の樽がゴロゴロと置かれ、水くみ場から少し離れた場所では、牛や豚、そして村長の夫ニッキーが狩ってきたと思われる猪が明日の御馳走となるために男達によって解体作業が行われている。
ジョルジュは村へ戻った後すぐにターニャがいる村長の家を訪ね、明日着けるであろう首飾りや髪飾りの手入れをしていた彼女に、摘んできた星降り草を渡したのだ。


「いや~流石は領主様のところの息子ね。星降り草をいとも簡単に採ってくるなんて、ちょっとは強くなったわね!」

「いや、結構ギリギリだっただよ?まさかケルベロスと戦わせられるなんて思わなかっただよ…」

そう小さな声で呟くとターニャはジョルジュの頭にビシッとチョップを喰らわした。突然の衝撃に頭を抑えるジョルジュに、ターニャは人差し指を指した。


「バカね~強いモンスターと戦わされたってことはジョルジュが強くなったってことじゃない。アンタも学校に行って少しはメイジとして腕が上がったってことでしょ。私達としてはありがたいことよ」


そう言ったターニャの後ろから、仕事を終わらしてきたのかニッキーとエマンが並んで広間に入ってきた。


「ゲハハハッ!その通りだジョル坊!お前が強く、立派なら俺たちも安心して仕事が出来るってモンよ!」


そう言うとニッキーは、右手に持った葡萄酒の瓶に口をつけて一口飲むと、ジョルジュの肩をバンバンとはたいた。その衝撃の強さにジョルジュはゴホゴホとむせた。
すると横にいたエマンが、夫の行為を咎めるように語気を強めて言った。


「やめなアンタ!ジョルジュは森に行って疲れてんだよ。ああ、こんなに汚れちまって…どうせ無理したんだろう。ジョルジュ、汚れ落としに川で水浴びしてきな」


そう言ってエマンはジョルジュに体を拭く布をジョルジュに放り投げた。エマンは「ターニャに着替え持ってかせるからすぐ行きな」と言い、ジョルジュは「分かっただ」とエマンに言って家を出た。家を出ると既に太陽は沈み、月が浮かび始めていた。転生してから見てきた双子の月は、まるでお互い寄り添うように空を昇っている。


「ホラ、ダラダラしない!ジョルジュ行くわよ」


ジョルジュが出た後にすぐに出てきたのか、後ろからターニャの声が聞こえたのでジョルジュが振り向くと、着替えの服を抱えたターニャがいた。
ふいにジョルジュの目に、月の光に照らされた彼女が、前世で恋した女性、美代と重なった。

ジョルジュの胸はドクンと鳴ったが、悟られないよう小さな声でターニャに呟いた。


「タ、ターニャちゃんオラに構うことねーだよ…オラ一人で浴びてくるだ…ホラ、もう婿さん来てるんじゃねえだか?」


ジョルジュがそう言った瞬間、「アホかーッ!!」という声と共に、ジョルジュの股間に衝撃が走る。予想外の痛みが広がり、崩れ落ちるジョルジュにターニャ大きな声が響く。


「アンタが心配する必要ないわよ!!腐ってもアンタは私がお願いした立会人でしょーが。それを一人で水浴びさせるなんてことはさせないわよ。星降り草も摘んできてくれたし、それなりの事はするわよ!」


「いや、それなりにダメージを与えられているんだけど…」


「ホラ、立ちなさい!」と言いながらターニャは、未だに下腹部に痛みが残るジョルジュの襟を掴むと、ズルズルと川まで半ば引きずるように歩いて行った。
「…マリッジブルーにしては激しすぎるだよ…」引きずられていくジョルジュは頭の片隅でそう考えたのであった。






「ヒャーッ冷てぇだよ~!!」


ジャスコの村の外れには、幅2メイル~3メイル程の川が流れている。
「ノームの森」から流れてくる川の水は、村の手前でいくつかに分けられ、一つは水くみ場に流れるようにひかれ、もう一つは海へとつながるようにひかれており、こうして村人が水浴びをする等に用いられている。
その川の、流れが緩やかな場所でジョルジュは体についていた泥や血を流していた。季節は春を迎えているが、夜の川の水はまるで氷のように冷たく、ジョルジュの肌を突き刺すように流れている。鍛えられた体は月の光を浴び、やや褐色を帯びた肌に付けられた傷を照らし出していた。
その川のほとりに生える桜に似た木の背後には、ターニャが一人、地面に座って水浴びが終わるのを待っていた。


「アンタ良くそんな冷たい水に入れるわね~。私は考えられないわ」


ターニャの声が川に響き、髪を洗っていたジョルジュは顔を上げた。水に濡れたジョルジュの赤い髪はぼんやりと光っているように見える。


「いや~さすがに冷てえんだけど、一日中森の中を歩いてたから気持ちいだよ。それに水浴びなんて一年ぶりだから懐かしいんだなコレが」


ジョルジュは木の陰にいるであろうターニャに向かってニカッと笑った。少しした後、木の陰がガサッと動き、再び声が聞こえてきた。


「アンタが森に言っている間にさ、ポスフールの村から私の夫が来たんだ。何度も会っているのにさスンゴイ緊張しててね…お父さんに挨拶する時も「よろしゅくおにゃがうぃしゃす」なんて、まともに喋れてないんだよ…ジョルジュと一緒だわ。なに言ってるかさっぱりわかりゃしない」


「オラのは訛りでこんな喋りなんだよ。大分抜けたと思うだよ?」

ジョルジュが身体を洗い終り、「拭く布くれだよ」とターニャに言うと、バサッと川岸に着替えごと投げられた。ジョルジュが川から上がって体を拭き始めると、村の広場からワイワイと騒ぐ音が聞こえてきた。
ターニャはぼそっと、ジョルジュに知らせるかのように声を出した。


「前夜際が始まったわね。たぶんお父さんだわ。主役の一人がここにいるってのに勝手に盛り上がって…ウチの旦那も今日は飲まされ続けて明日の昼まではダウンするでしょ」


ジョルジュは黙々と体を拭き終え、下のズボンを穿いた。ゆったりとした大きさの半ズボンは軽い薄手の生地で作られており、ずっと厚手の長ズボンを穿いていたジョルジュにとっては、まるで牢屋から解放された気分であった。
上を着ている途中、ターニャが木陰から出たきた。再び、ジョルジュの眼にはターニャと美代が重なって見えた。ジョルジュの心臓がまたドクンとなったのが聞こえた。


「てかジョルジュ、アンタも早く着替えなさいよ。私たちも早く行くわよ。」


ドクン、ドクン…心臓の音だけが大きく響く。


「ああ…そうだな。もう終わっただよ…早く行くだ」


服を着替え、脱いだ服を片手に持ってジョルジュは川岸から上がり、ターニャのもとまで上がった。しかし足が急に重くなり、体の中から痛みがにじみ出てきた。


「うわ、やっぱ森でケルベロスと戦ったのが響いてきただよ…今になって体にキタ…」


「ちょっとジョ…ル…」


ターニャが呼び終える前に、ジョルジュは彼女に体を預けるように倒れてしまった。
長時間の森の探索に加え久しぶりの戦闘により、緊張の糸が切れた彼の身体には疲労が浮き上がってきたのだ。
ターニャは急に寄りかかってきたジョルジュの襟首を掴むと、前後にブンブンと振った。


「なにやってんのよ!!くたばるなら家に帰ってからくたばりなさいよ!!ホラ、立ちなさい!」


「も、もう駄目だよターニャちゃん…置いていってくれだ…少し休んだら自分で帰るだ…よ?」


そう言い終るか終らないかの内に、ターニャはジョルジュを背に乗せた。鍛えられたジョルジュの身体は決して軽くない。
しかしターニャはさも当たり前のように担ぐと、木々の間を抜け、少し先にある我が家までの道を歩き始めた。

ジョルジュは驚き、思わずターニャに大きな声を出した。


「な、何やってるだよターニャちゃん!!お、オラは「ウルサイ!!黙ってなさい!」ハイ!黙ってます」

ジョルジュの声はターニャの一喝で消された。ターニャは途中で一旦足を止めた。そして背中に乗せているジョルジュをしっかりと背負いなおし、再び歩き始めた時、まるでジョルジュが頼んだかの如く言った。


「嫁入り前の女の子にこんなことやらせおってッッッ!!アンタ元気になったら覚えておきなさいよ!!」


なんか同じセリフ、前にも聞いたことあるだ…そう頭の中で思いながら、ジョルジュの意識は過去へと飛んでいった。





―嫁入り前の女の子にこんなことやらせおってッッッ!!アンタ元気になったら覚えておきなさいよ!!―



―もう、いいだよターニャちゃん…オラを置いて行ってくれだ…ターニャちゃんだけでも「ウルサイ!」!!!―


―森に行こうって誘ったのは私、あの奇麗な花を摘んでしまったのも私、私のせいでこうなったんだからアンタを背負うぐらいどうってことないわよ!!―


―タ、ターニャちゃん…―


―だからって見返りは貰うわよ!! いい!森から帰ったら私が背負う必要ないくらい強いメイジになりなさいよ!それとね、あの花を…―










ジョルジュが次に目を覚ました時、暗い天井が最初に目に入ってきた。どうやらベッドで寝かせれているらしい。下に敷かれている毛布が心地よかった。右に空けられている窓からは月の光が入ってきている。
気を失ってから随分時間が経っているのか、周囲からは人の声はせず、虫の音と梟の鳴く声だけが空気に響いていた。


ジョルジュはムクリとベッドから起き上がると、あたりを見回した。そして今寝かされている部屋がターニャの部屋だと気づいた。
ジョルジュはベッドから降りて、再びあたりを見回したが、探している彼女の姿はどこにも見えなかった。


ジョルジュは木で出来た階段を踏みしめ、一階の広間に降りていった。すると広間のテーブルで、ターニャが開けた窓から月を見て一人、葡萄酒を飲んでいるのを見つけた。
ターニャはジョルジュに気づいたのか、ジョルジュの方を見て溜息を漏らすと、椅子から立った。


「やっと起きたわね。ちょっと、外に出るわよ。そこの葡萄酒の瓶とグラス持ちなさいよ」


ジョルジュは最初何を言われているのか分からなかったが、ようやく彼女が言った言葉を理解すると、葡萄酒が半分だけ入っている瓶と、一つだけテーブルに出ている陶器のグラスを手に持った。

ターニャはそれを見てニコッとほほ笑むと、玄関のドアを開いて外に出た。ジョルジュもそれにつられて出ていくと、あたりにはビールや葡萄酒の臭いが漂っており、そこらかしこに人が寝ている。


「アンタが寝ている間もみんな騒ぎに騒いでさ、お父さんもお母さんもそこらで酔いつぶれて寝ちゃったわ。私の旦那もそこらで寝ている。みんな静かになっちゃうと逆に怖いわね…」


ターニャとジョルジュは並んで村の出入口へと歩いていった。やがて村の門をくぐって、二人は畑の方へと足を進めていった。村から離れるにつれ、周りには二人と月だけしかない世界が広がってきた。
ジョルジュは歩きながら、川から担いでくれたことのお礼を言った。


「ターニャちゃん、ありがとうだよ。オラを背負ってくれて…だども、良くおらを背負っていけただな」


するとジョルジュの腰に、無言でターニャの横蹴りが入ってきた。両手がふさがっているために、腰をさすれずにもだえるジョルジュを横目に見て、ターニャは言葉を返した。


「田舎娘をナメンじゃないわよ。魔法学院の娘っ子と違ってね、アンタぐらいの重さの籠や荷物、毎日担いだりしてるわ」


そう言うと、ターニャはジョルジュに向かって笑いかけた。ジョルジュもそれにつられてニカッと笑った。
そして二人は刈り入れを行っていない、麦畑の前で足を止めた。まだ青みを残した麦の茎の上には、黄色を帯び始めた穂が風に揺れている。
吹いてくる風が、ターニャの茶色がかった黒髪をなびかせ、ジョルジュの赤い髪を揺らした。


ジョルジュはグラスに葡萄酒を注ぐと、ターニャへグラスを差し出した。
ターニャは黙ってそれを受け取ると、グラスから一口飲んだ。そしてターニャはジョルジュにグラスを渡し、ジョルジュもグラスを傾けた。


「ホント…私、明日結婚するのね…」


「ターニャちゃん…」

ジョルジュは何か言おうとしたが、それを遮るようにターニャが言葉を続けた。


「ありがとねジョルジュ…あの時の約束守ってくれて…」



その言葉にジョルジュは、ターニャの背中で聞いた言葉を思い出したのであった。
それは森の中だけの、二人だけの会話であった。





―あの花を…私が結婚するときに、アンタがあの花を摘んできなさい!!あの花をドレスに着けて、アンタんトコロに嫁いであげるから―


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02796196937561