<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

SS投稿掲示板


[広告]


No.21602の一覧
[0] 田舎の貴族は土を嗅ぐ(ゼロ魔 オリ主転生)[黒いウサギ](2013/09/05 10:50)
[1] 1話目 ある婦人の悩みごと[黒いウサギ](2011/05/08 16:45)
[2] 2話 変人ジョルジュ[黒いウサギ](2011/09/24 22:50)
[3] 3話 彼が彼であった頃[黒いウサギ](2010/09/01 10:11)
[4] 4話 彼がジョルジュになってから[黒いウサギ](2011/09/15 17:57)
[5] 5話 母の説得、ステラの乱入[黒いウサギ](2011/09/15 17:57)
[6] 6話 それぞれ思うこと(前篇)[黒いウサギ](2010/09/02 11:25)
[7] 7話 それぞれ思うこと(後篇)[黒いウサギ](2010/09/05 20:27)
[10] 8話 春は始まり、物語も始まる[黒いウサギ](2010/09/05 02:00)
[11] 9話 召喚の儀式[黒いウサギ](2010/09/05 20:24)
[12] 10話 新しき仲間、友達、使い魔[黒いウサギ](2010/09/06 22:09)
[13] 11話 儀式は終わり、月は満ち[黒いウサギ](2010/09/10 17:47)
[14] 12-A話 ステラ、早朝、会話、朝食[黒いウサギ](2010/09/10 23:21)
[15] 13-A話 朝食での一騒動[黒いウサギ](2011/09/15 17:58)
[16] 14-A話 ステラ、ルイズ、登校、授業[黒いウサギ](2011/09/15 18:00)
[17] 15‐A話 授業でのひと騒ぎ[黒いウサギ](2010/09/19 07:46)
[18] 16‐A話 ギーシュ、不幸、決闘 (前篇、後篇)[黒いウサギ](2011/09/15 18:03)
[19] 17‐A 話 戦いの終着点は...[黒いウサギ](2010/10/01 08:18)
[20] 18-A話 決着をつけるは誰か[黒いウサギ](2010/10/31 04:57)
[21] 12-B話 ジョルジュの帰省[黒いウサギ](2010/09/11 02:54)
[22] 13-B話 花嫁が頼むのは[黒いウサギ](2011/09/16 15:24)
[23] 14‐B話 森での思い出、森の試練[黒いウサギ](2010/09/18 21:35)
[24] 15-B話  三つ首の黒犬[黒いウサギ](2010/09/23 00:13)
[26] 16‐B話  過去を知るのは二人[黒いウサギ](2011/09/16 15:25)
[27] 17‐B 話 一晩だけの誓い[黒いウサギ](2010/10/03 21:09)
[28] 18-B話 笑ってありがとう[黒いウサギ](2010/11/03 02:41)
[29] 19話 それぞれその後(前篇)[黒いウサギ](2010/11/07 19:09)
[30] 20話 それぞれその後(後篇)[黒いウサギ](2010/11/16 08:42)
[31] 21話 明日は休日[黒いウサギ](2010/11/19 22:19)
[32] 22話 サイトの試練は夜中に[黒いウサギ](2010/11/23 22:02)
[33] 23話 目的も行き方もイロイロ[黒いウサギ](2010/12/01 03:03)
[34] 24話 母はお客を選ばない[黒いウサギ](2010/12/13 00:59)
[35] 25話 アニエスが店に来たワケ[黒いウサギ](2011/01/07 19:32)
[36] 26話 母の接客術[黒いウサギ](2011/01/27 22:05)
[37] 27話 外と中の激しい温度差[黒いウサギ](2011/01/23 19:25)
[38] 28話 さらに激しい温度差[黒いウサギ](2011/01/30 22:25)
[39] 29話 いろいろヤッてしまった人たち[黒いウサギ](2011/02/06 01:02)
[40] 30話 馬車は片道?それとも往復?[黒いウサギ](2011/02/13 23:08)
[41] 31話 血塗れの魔法[黒いウサギ](2011/09/15 18:04)
[42] 32話 アルルーナ→フーケ←黒のゴーレム[黒いウサギ](2011/03/27 15:50)
[43] 33話 学院に帰るまでが捜索です[黒いウサギ](2011/03/27 23:03)
[44] 34話 おしおきのち舞踏会[黒いウサギ](2011/04/11 19:32)
[45] 35話 各々の舞踏会(前篇)[黒いウサギ](2011/04/20 08:35)
[46] 36話 各々の舞踏会(中篇)[黒いウサギ](2011/04/30 22:31)
[47] 37話 各々の舞踏会(後篇)[黒いウサギ](2011/05/01 06:23)
[48] 38話 タバサの007イン・ガリア 他人を巻き込むな!![黒いウサギ](2011/05/17 02:15)
[49] 39話 タバサ少女の事件簿イン・ガリア 「顔ナシ」ノエル[黒いウサギ](2011/05/22 23:27)
[50] 40話 探偵タバレオ,イン,ガリア 探る[黒いウサギ](2011/06/04 22:30)
[51] 41話 心霊探偵タバサ,イン,ガリア 蒼い瞳は知っている[黒いウサギ](2011/06/19 07:23)
[52] 42話 吸血鬼Eの献身.イン.ガリア[黒いウサギ](2011/06/27 23:29)
[53] 43話 危ないタバサ.イン.ガリア  追跡[黒いウサギ](2011/09/15 18:06)
[54] 44話 交渉人タバサ.イン.ガリア 封鎖するモノはない[黒いウサギ](2011/09/07 13:22)
[55] 45話 使い魔サイトの日常、使い魔レミアの憂鬱[黒いウサギ](2011/07/24 01:55)
[56] 46話 自覚がないのが一番タチが悪い[黒いウサギ](2011/08/11 21:18)
[57] 47話 ついていない時ってトコトンついてない[黒いウサギ](2011/08/16 21:08)
[58] 番外編 フレイムの奇妙な学院生活(前篇)[黒いウサギ](2011/09/03 23:28)
[59] 番外編 フレイムの奇妙な学院生活(後篇)[黒いウサギ](2011/09/15 18:07)
[60] 48話 当日には大抵アクシデント[黒いウサギ](2011/09/15 18:07)
[61] 49話 危険なものほど身近にいる[黒いウサギ](2011/09/25 19:09)
[62] 50話 欲望と愛が渦巻く品評会[黒いウサギ](2011/10/05 00:01)
[63] 51話 一難去ればまた一難どころか二、三難[黒いウサギ](2011/10/23 23:32)
[64] 52話 内容は違うけど方向性は大体一緒[黒いウサギ](2011/11/23 20:45)
[65] 53話 旅の始めはテンションが上がるモノ[黒い?ウサギ](2011/12/30 15:29)
[66] 54話 ミシェル・インポッシブル[黒い?ウサギ](2012/01/02 22:53)
[67] 55話 ミシェル ゲームオーバー[黒い?ウサギ](2012/03/07 19:51)
[68] 56話 人の噂も49日[黒いウサギ](2013/08/25 16:02)
[69] 57話 夜の飲み会ではチームワークが大事[黒いウサギ](2013/09/16 16:49)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[21602] 8話 春は始まり、物語も始まる
Name: 黒いウサギ◆3eb667ce ID:258374a3 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/09/05 02:00
まだ夜も明けきらない早朝、トリステイン魔法学院にそびえる5つの塔が、まるで朝の光を一身に浴びようとするひまわりのように建っている。その中の一つ、土の塔の下を一人の女性が歩いていた。


同年代の女性では比較的、背の高い方であろうその身体は寝間着のままであり、下は裸足であった。
女性の足は歩くごとに左右に揺れ、地面につきそうに伸びている長い髪は、まだ明けきらない朝の闇に紅く光っていた。

右手にはワインの瓶だろうか、既に栓が抜けているその中身はほどんどなく、左手にはまだ栓が抜けていない小瓶が持たれていた。

しばらく歩くと、彼女は目当ての人物を見かけた。目的の人物は石で囲まれた花壇の前にいた。花壇の4分の1の広さに立てられた数本の木の棒には、弦を絡ませて実をつけている植物が育っている。その実をもいでいる少年の顔には、幾つもの傷痕があり、短く切られた髪は女性のものと同様、紅く光っている。

女性は少年の元に近づいていった。朝特有の涼しい風が、女性の長い髪を少し揺らした。


「あんたも朝からよくやるわね~」

少年は女性の声に気づき、額についた汗をぬぐって彼女の方を向いた。

彼女を見た少年は、寝間着に裸足の彼女を見て半ばあきれたような声を出した。


「マー姉...いくら朝早いからってその格好はないよ~」

「いいのよ...これから寝るし」

「寝るの!?ちゃんと朝食までに起きれるんだか!?」

「あんな重い朝食なんて私にとって飾りよ。私の主食はワインだから...」

「ちゃんと食べるだよ!!てかこんな朝早くからまた飲んでるだか?ものすごい酒臭いだよ」

「「から」じゃなくて「まで」よ。失敬な」

「余計悪いだよ!!どんだけ飲むんだか!?」

「いいのよ。‘酒客’のマーガレットにとって、お酒は命の源みたいなものだから。それよりジョルジュ、アンタ来た時に比べて大分訛りが抜けたんじゃない?来た時のあんたはドニエプル弁アリアリだったからね~」


そう言ってケラケラ笑っている女性、マーガレット・ティレル・ド・ドニエプルの奔放さは今に始まったことではないが、少年、ジョルジュ・チェルカースィ・ド・ドニエプルは少し溜息を吐いてからフフッと笑った。そして目の前にいる姉にこう答えた。


「もうここへ来てから一年たつだ。みんなと一緒に過ごしてたら、やっぱり馴染んでくるだね。自分でもびっくりしてるだよ。しかし...マー姉はこんな朝早くからなんでココに来たんだか?」

マーガレットは自分の左手に持っていた瓶を前に突き出し、右手にある酒瓶から一口だけ飲んでから、自分の弟に答えた。


「ホラ、あんた今日は使い魔召喚の進級試験でしょ?ノエルならともかくあんたは失敗はしないだろうけど、一応景気づけとお祝いを兼ねてのお酒よ。この時間なら大抵アンタはここにいるからね。コレ渡すためにここまで来たの。」


「あ、ありがとうだよマー姉。だけどコレ大丈夫だか?栓が閉まってるのに、アン婆ちゃんの口の臭いがするだよ...」


「名酒ほど臭いはキツイものよ。まあ、もっとも私のオリジナルのお酒だから。試飲も兼ねて、飲んだ後に感想をよろしくね」


「心配だよ~。なんだこれ?まだ栓も開けてないのにドキドキするだよ...」


弟の心配を他所に、マーガレットはケラケラ笑って踵を返すと、「じゃあ頑張りなよ」とだけ言って、その場から動いた。
魔法で飛んで帰ればいいのに、杖を忘れたのか揺れる足取りでジョルジュから離れていった。


ジョルジュはマーガレットが視界から消えたことを確認すると、異様な臭いのする瓶を地面に置き、まだ終わっていなかったヘチの実の残りをもいでいった。






トリステイン魔法学院では春の季節、新しい新入生が入ってくるのと同時に、「召喚の儀式」と呼ばれるものが行われる。
学院で1年間過ごした生徒が、2年生に上がれるかの進級試験でもあるこの儀式では、毎年生涯のパートナーとなる使い魔が召喚される。
そのため、生徒の学院生活の中ではかなりの重要度を占めており、当日となればだれが何を召喚するかしたかの話題があちらこちらで聞こえてくるのだ。


そんな、進級試験を受ける一人であるモンモランシー・マルガリタ・ラ・フェール・ド・モンモランシは、召喚の儀式をする場所とは反対側の場所にいた。

「モンちゃんお待たせだよ。」

歩きながら彼女に声をかけたのは、先程まで花壇の土に水をかけていたジョルジュであった。彼は、召喚の儀式が始まる直前に、この花壇の土に水をやりに来ていたのだ。集合場所にいないことを知ったモンモランシーは、彼がいるであろう学院の花壇を2,3か所探し、ようやく見つけたのだ。


「ちょっとジョルジュ!!あなたもうすぐ儀式が始まるわよ!!あなた結構最初のほうなんだから急がないと!!」


「えっ、もうそんな時間だか?結構時間掛っちまってだよ」


「もう、今日は水やりを早めに済ましときなさいって言ってたのに...」


そう呟いたモンモランシーに、苦笑いを浮かばせながら、申し訳なさそうにジョルジュは謝った。

「ごめんだよ。あっ、そう言えば向こうの花壇で植えてたヘチの実を朝に収穫しただ。今日の夜でもモンちゃんの部屋に持っていくだ」


「あら、ありがとう。これでヘチの実の化粧水を作ることが出来るわね。少しはまとまったお金が出来るから...新しい原料でも買いに行こうかしら」


「モンちゃんなんだか逞しくなっただな~。昔からは考えられないだよ」

そう言ったジョルジュから顔をそらし、モンモランシーは遠い場所を見て、何かを悟ったかのように言葉を漏らした。





「女はね、一度やると決めたらトコトンやる生き物なのよ...」






一年前の夏、モンモランシーが実家に帰郷して、屋敷で過ごしてた時、ある日の朝食で母が彼女にあの時と同様な口調で語りかけてきた。


「モンモランシー、ぶっちゃけ我が家の家計は相変わらず火の車です。それなのにあなたったら玉の輿の「た」の字も出てこないような雰囲気。やる気あるのですか?全く」


「ホンキで言っているのですかお母様!?」


モンモランシーは少しキレ気味で母の言葉を確認した。冗談じゃない。入学のときに決めたのだ。自分の将来の相手は自分で決めると。この母の言うとおりになるのは本当に嫌なのだ。


「お母様、私は学校へ男を漁りに行ったのではありません。立派に自立できるよう、貴族として、メイジとして必要なことを学びに行っているのですよ」


「まだそんなことを言っているのですか。いいですか。わがモンモランシ家では男どもはぶっちゃけ役立たずです。アホ共は無視して、お金を持っている家に嫁いでいくことが、家を存続させるための唯一の方法なのです。自立されたらぶっちゃけ困るのです。主にわたしが」


「だからお母様も少しはまともな商品を作ってよ!!知ってるのよ。うちの化粧品店の売り上げの8割は、私が作った香水だってこと。そしてお母様の商品は全然売れてないってことも。なによ、こないだ発明したっていう「付けチクビ」って。なんでワザワザあるものを付けようとするのよ!?」


「時代はゲルマニア女性のような「エロス」に突入しているのですよモンモランシー。ドレスや服の布越しに見える...男はそんなところに心を打たれるのです。」


「ただの変態じゃないのよそれ!!どんな貴族よ!?とにかく、自分の相手は自分で見つけます」


「まあ、私としてはお金が入ればぶっちゃけ誰でもいいのですが...」


「ウっさい!!もうヤダこの家。絶対卒業と同時に自立してやるわ!!」


そして彼女は、卒業と同時に自分の商品を扱う店を持とうと決めたのだ。そこで彼女は実家から帰ってきてから、開業資金をためるようになった。
そのために現在、ジョルジュを巻き込んで学院内で自分が作った化粧品を販売しているのだった。
化粧品の材料となる植物を、ジョルジュに頼み込んで作ってもらっている。最初は戸惑ってた彼だが、

「変わったものを育てるのも楽しいだよ」


とヘチの実をはじめ、美容効果のある野菜や植物を作ってくれている。もちろん香水の原料となる花だって彼が育てたものだ。(母とは違い、売上の一部はジョルジュへ渡している)


そんな風に、貴族というよりも商売人として成長しているモンモランシーは、ふとジョルジュが持っている小瓶に目をとめた。


「ジョルジュ、あなたそれ何なの?なんか変な臭いするんだけど...」


「これか?今日の朝にマー姉からもらっただよ。なんでも景気づけに飲むお酒だって。変な臭いするけど...」


「ちょっとホント臭いわよそれ!!なんか魚臭いんだけど!?」


「ほんとに飲めるかオラドキドキだよ。正直召喚の儀式よりもこれを飲む方が緊張するだ」


「そうね...それ飲んだら出来るものもできなくなりそう...ってもう時間じゃない!!ほらっ、もういくわよ」


モンモランシーはジョルジュの瓶が握られていない方の手を取ると、生徒たちの集合場所へ向かうためにフライを唱えた。
引っ張られて浮かんでいくジョルジュも慌ててフライを唱え、二人はともに目的の場へ飛んでいったのだった。


その光景を、教室の窓からのぞいていたのは姉、マーガレットであった...



「へぇ、季節と一緒にあの子にも春がきたのかなぁ...フフフッ」


「ミス・マーガレット!!授業に集中しなさい!!」


「・・・ほ~い」


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026762008666992