SS投稿掲示板




No.20852の一覧
[0] HOTD ガンサバイバー(学園黙示録 オリキャラ)[ゼミル](2014/03/09 11:15)
[1] HOTD ガンサバイバー 2[ゼミル](2010/08/12 11:49)
[2] HOTD ガンサバイバー 3[ゼミル](2010/08/15 10:16)
[3] HOTD ガンサバイバー 4[ゼミル](2010/08/22 12:00)
[4] HOTD ガンサバイバー 5[ゼミル](2010/09/01 11:47)
[5] HOTD ガンサバイバー 6[ゼミル](2010/09/04 00:48)
[6] HOTD ガンサバイバー 7[ゼミル](2010/09/08 11:32)
[7] HOTD ガンサバイバー 8[ゼミル](2010/09/12 11:27)
[8] HOTD ガンサバイバー 9[ゼミル](2010/09/17 00:10)
[9] HOTD ガンサバイバー 10[ゼミル](2010/11/12 00:13)
[10] HOTD ガンサバイバー 11(唐突に復活)[ゼミル](2010/11/22 00:46)
[11] HOTD ガンサバイバー 12[ゼミル](2010/11/22 00:56)
[12] HOTD ガンサバイバー 13[ゼミル](2010/12/11 00:31)
[13] HOTD ガンサバイバー 14[ゼミル](2010/12/25 13:30)
[14] HOTD ガンサバイバー 15[ゼミル](2010/12/30 22:53)
[15] HOTD ガンサバイバー 16[ゼミル](2011/02/15 00:00)
[16] HOTD ガンサバイバー 17[ゼミル](2011/03/15 10:44)
[17] HOTD ガンサバイバー 18[ゼミル](2011/07/22 23:38)
[18] HOTD ガンサバイバー 19[ゼミル](2011/08/01 00:29)
[19] ガンサバイバー 20[ゼミル](2012/06/03 22:45)
[20] ガンサバイバー 21[ゼミル](2012/06/06 00:58)
[21] ガンサバイバー 22[ゼミル](2013/07/02 00:36)
[22] ガンサバイバー 23[ゼミル](2013/07/07 11:20)
[23] ガンサバイバー 24[ゼミル](2014/02/26 23:24)
[24] ガンサバイバー 25[ゼミル](2014/03/09 11:15)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[20852] HOTD ガンサバイバー(学園黙示録 オリキャラ)
Name: ゼミル◆d3473b94 ID:66598f76 次を表示する
Date: 2014/03/09 11:15
※原作読んでからアニメ版とリメイク版ゾンビのDVD見てたらムラムラして書いた。反省も後悔も(ry
※作者は深見真先生のファンです。銃器描写に関してはネットでの調査と自分の知識なりに書いていきますので、些細なミスに関してはこまけぇ事は気にすんな(AA略の精神で宜しくお願いします。
※続きを書くかは感想の様子か他所で連載中の作品の進捗状況やモチベーションに左右されます。
※なお、某有名ゾンビ物のスピンオフとは何の関係もありませんので悪しからず。傘印の製薬会社も関係無いよ!
※ハーメルン様でも掲載始めました。























世界の全てが崩壊するよりも前から、僕の周りの世界は既に壊れていた。










1ヶ月も経っていない。それより前まで『僕』は、何処にでも居る普通の生活を送る普通の学生の1人に過ぎなかった。

両親以外で周りに居る人間を挙げるとしたら高校に入ってからは学生寮住まいの幼馴染に同じく高校で知り合った同好の士とでも言うべき親友、そしてたまにお喋りをするクラスメイトが何人かと、これまた同じ趣味を持つお隣さんぐらい。

狭い世界だけれども、僕はそれなりの満足した生活を送っていた。特に思春期にありがちな刺激や冒険への欲求も大して望んじゃいない。家族が居て、友達が居て、話したり遊んだりして過ぎていく平穏な日々。




最初に壊れたのは春休みが終わる間際の事。

終業式が終わった直後、僕は前々から計画していた通り親友と一緒にアメリカへと旅行に行った。

旅行費も滞在費も何と友人持ち(ただし土産代を除く)。親友の家庭は宝石商に世界で活躍するファッションデザイナーとかなり裕福で、向こうに別荘を持ってるんだという。

けど本当の目的は、親友が雇ったPMC(民間軍事会社)のインストラクター付き添いによる射撃ツアーだった。家族には内緒だ。

親友の別荘に連れてってもらう事だけを告げて頼み込んだ僕は、無事許可を貰えた。正直、嘘を吐いていながらあっさり快諾をくれた両親に罪悪感を感じた。

実はミリオタでガンマニアな僕は親友と一路アメリカへ。向こうではPMCの私有地の射撃場で色々な銃に触れ、実際に撃った。多分、床主市にいる警官全員が撃つ実弾一生分を僕と親友はその1ヶ月間で撃って撃って撃ちまくったと思う。

新しい年度の授業が始まる数日前に僕達は帰国した。

荷物とお土産の詰まった袋を片手に僕と親友は両親の迎えを待っていた。親友の両親は未だ仕事で海外を駆けずり回っているとかで、僕の家の車に相乗りして送ってもらう予定になっていた。

迎えが来る予定の時間になった。まだ両親はやって来ない。30分が過ぎた。まだ来ない。1時間過ぎた。まだ来ない。

2時間経っても迎えに来るどころか、携帯に連絡も無い。ずっと同じ場所で待つのも他の利用客のざまかもしれないと思って、近くの喫茶店に入った位だ。

ようやく、電話が鳴った。

――――――――知らない番号だった。主床警察署の、交通課からだった。






あなたの両親がお亡くなりになられました。

僕らを迎えに来るまで向かう途中、信号無視のトラックが激突したのが原因だという。






僕が家族を失ったのもお構い無しに、予定通り新学期は始まった。

学校の方では、新学期の集会にて校長が長ったらしく活動でもいい有り難いお話の中で、痛ましい出来事として話題に出された程度の扱いだった。内容は、それぐらいしか覚えていない。

クラス替えがあった。去年まで一緒だった幼馴染も親友も別のクラスに移った。話した事も無い知らない奴ばかりが集まった。そんなのはどうでも良かった。




新しいクラスで新たな学生生活が始まってからすぐに、僕は退学処分を受けた。




同じクラスには校内でもかなり性質の悪い不良として有名な奴も含まれていた。そいつが僕に絡んできたのがきっかけだ。僕の名前は始業式に校長から名指しで呼ばれていたし、その頃の僕はこれ以上ない位陰気な雰囲気を発していたに違いない。

どう難癖つけられたかなんてハッキリと覚えちゃいない。むしろその時の僕は誰の言葉もまともに耳に入っていたのか、かなり怪しい。

ともかく覚えているのはそいつが死んだ両親に対してロクな事を云わなかったのと・・・・・・・次に気がついた時には、そいつの顔面と僕の固く握られた拳が血まみれに染まっていた点ぐらいか。

僕は暴力行為で即刻退学。不良はお咎め無し。

絡んできたのも僕の両親を侮辱したのも向こうからだというのに、目撃者はクラスメイトが文字通り1クラス丸ごと存在している筈なのに、誰もその部分を指摘しなかったようだ。

その不良の悪名以外にも、不良の実家が主床でも有名なヤの付く稼業とも深い関わりがあるって噂されてる成金で、加えてクラスの担任の実家もその成金と繋がりがあるらしくておまけに不良の実家はウチの学校の理事に名を連ねてるもんだから、もはや孤児である僕1人ぐらい簡単に追い出せたってわけだ。

幼馴染や親友からは何度か電話もあったし、幼馴染なんかはわざわざ学生寮から僕の家まで訪れたりしてくれた。僕は会わなかった。何もかもどうでも良くなったからだ。









僕に遺されたのは、もう居ない家族との思い出が詰まった我が家と両親の保険金。

世界が壊れたその日、新たに手に入れたのはありったけの銃と弾薬。












僕の家は、少し古めのマンションだ。少し壁が薄くて、お隣が騒いだりすると意外と聞こえたりする。

自分の部屋に引き籠って、マンガや小説を読んだりテレビを見たりゲームをしたりネットをしたり、ただひたすらに時間だけが無為に過ぎていく。

もっと他に建設的な事をすればいいのは分かっていても、そんな気にならない。何かが澱のように胸の奥に少しずつ溜まり淀んでいる。次第に何をやってもただ機械的に身体を動かしている感覚に襲われていても、どうでもいいとさえ思ってしまう。

もしかしてこれが、生きながらにして死んでいくって事なんだろうか。

心がそんなの真っ平御免だ、と悲鳴を上げている。だけど脳と身体が言う事を聞いてくれない。

このまま僕は忘れ去られる存在なのか。このまま自分の世界でただ1人朽ちていくだけなのか。




――――――そんな終わり方をお前は望んでいるのか?

――――――そんな筈、ないだろうが。




・・・何だかお隣さんが騒がしい。ドスンバタンと壁越しに様々な物や場所を慌ててひっくり返しているような物音がくぐもって聞こえてくる。

そういえば、両親が死んでからも変わらずお付き合いしてきたのはお隣さんだけな事を僕は思い出した。

お隣さんは僕より10歳ぐらい年上の気の良い兄ちゃん的な人で、やっぱり銃器に詳しい。まるで本物に慣れ親しんだような言葉を言う時も多い。僕も似たようなものだけど。

アメリカとかロシアとか中国とか東南アジアとか、時々アフリカ土産なんかくれたりした。でもお隣さんがどんな仕事をしている人なのか僕は知らない。

もしかして傭兵か殺し屋だったり、なんてくだらない想像もしたりして。

ともかく余りに騒々しいものだから、僕は部屋を出てサンダルをつっかけると外に出た。お隣さんの方を見てみると、扉が開けっぱなしになっていると気付いた瞬間そのお隣さん本人が飛び出してきた。

手には旅行バッグ。ジッパーが閉じられていない袋の口から覗いているのは一万円札の束。ベルトには拳銃。シャツに点々とこびり付いてるのは・・・血?

訳が分からない。


「あ、あああ、君か。脅かさないでくれよ」


いえむしろこっちが驚いてます。


「どうかしたんですか?それに、そのお金は・・・?」

「悪いけどお別れだ。俺はもう2度と日本には戻らない。長い付き合いだったけど、それじゃぁな」


早口で上ずった声でお隣さんはそこまで言うと、非常階段の方に駆けだした。エレベーターの方が早い気がするんだけど、この階までやってくるまで待つ時間すら惜しい位慌ててるらしい。

と、非常階段の防火扉をくぐる寸前お隣さんは僕の方に振り向くと、また開けっ放しにされたままの彼の自宅の扉を指さした。


「この際だ、ずっと良き隣人だったよしみに家の中にある物は好き使っても良いぞ!だけど過激なのもあるから気をつけて扱えよ!!ロッカーのカギは金庫ん中に入れてある!」


そう告げて、今度こそお隣さんは非常階段へと消えた。

一体どうしたというのだろう?本当に訳が分からない。

家主からの許可も出てるんだし、興味に駆られて僕は、お隣さんの部屋へと入っていった。結構長い付き合いの割に、お隣さんの部屋を訪れた事も1度も無い。

部屋の構造自体は多分僕の家とも殆ど一緒だろう。リビング、キッチン、トイレは普通だった。そして僕の自室に当たる部屋へ。

大きめのロッカーが幾つも並んでいた。10個以上もあるロッカーに囲まれる形で置いてあるベッドが、何だかミスマッチだった。

お隣さんが言ってた通り、ベッド傍にあった金庫の中の鍵を取る。そんなに急いでいたのか、金庫の扉も開けっ放しになっていた。


「・・・・・・・・・・・・何だこれ」


ロッカーの1つを開けた時の僕の第一声がそれだ。

拳銃から軍用小銃まで、種類ごとに所狭しと詰め込まれていた。別のロッカーを開ける。中身は別の種類の銃。もう1つ空ける。中身は様々な弾薬。中にはGRENADEと表記された木箱まで。

実物を見て触って撃った経験があるからこそ理解出来る――――いくつか見ただけでも、ここに置いてある物は全て本物だ。

僕のお隣さんのお仕事に関する推測は、どうやら当たらずとも遠からずだったらしい。

ロッカーの中の銃を1丁手に取る。SIG・P226.しかもアタッチメントが装着できるレイルシステムを標準装備した新型モデル。拳銃の中では僕が1番好きな銃だ。

マガジンには既に実弾が装填されていた。薬室にまでは装填されてなかったけど、スライドを引いて9mmパラベラム弾を送り込む。安全装置を解除。これで何時でも撃てる。

僕は銃口をこめかみに当てた。

高校生が拳銃自殺。海外じゃありがちかもしれないけど、銃社会じゃない日本じゃ中々お目にかかれない事件だ。もしかしたら新聞の1面か今日のトップニュースとして取り上げられるかもしれない。

僕が死んでも悲しむ人間なんて殆ど居ないんだ。僕には背負うべき存在も想いも何も無い。いっその事こうして本当に死んだ方が、生きながらにして死んでいくよりよっぽどマシな幕引きなのかもしれない。

少なくとも拳銃自殺ならよっぽど威力の弱い銃を使うんでも無い限り、苦しみもがきながら死ぬ確率はかなり低そうだし。






だけど僕は、引き金を引かなかった。






今の世の中中高生の自殺なんてもはや当たり前の出来事だ。例え死に方が普通の学生ならまずありえない拳銃自殺だとしても、きっと大差は無いと思う。

そしてどうなる?新聞やニュースで扱われ、通ってた学校では臨時集会が行われて校長が『また痛ましい事件が起きました』だのうんぬんかんぬん。自分も元凶の1つなのに都合の悪い事を棚に上げて白々しい事を言うに違いない。

もしかしたら警察の手も学校に入るに違いない。学校で事情聴取。一体誰が悪いのか、誰の責任なのか。あの不良や担任の教師、知らんぷりしたクラスメイト達にその矛先が向いて責任が追及されるかもしれない。




で、そしてどうなる?




それからも不良も教師もクラスメイトも校長達も、僕が捨てたその先の人生を生き続けるんだ。そもそもの元凶である不良なんかは実家が金持ちだから、悠々自適に好きなように生きていくに違いない。きっとそうだ。

僕が自殺したって、担任も、クラスメイトも、きっと僕の事を忘れて生きていくに違いない。僕を嵌め、目をそむけて口を閉ざした自分達の罪を遠い記憶の彼方に放り投げて。

僕にはそれが気に入らない。

室内を見回す。大量の銃器に弾薬。隅の方には防弾ベストやら弾薬や小物を入れる為のポーチを大量にぶら下げたタクティカルベストも積み重ねてあった。更には頑丈そうな大型のバッグまで。

忘れられてたまるか、と僕は思った。このまま何も残さず死ぬよりは、誰かの記憶に僕という存在を深く刻み込んでから死にたい。

何より、僕を嵌めた連中がこの先ものうのうと生きていく事が許せない。

運の良い事に、ここにはやろうと思えば全校生徒に加え教師1人1人に鉛玉を撃ち込んでも十分足りる程の銃と弾が溢れてる。もちろんそこまでする気は無い・・・・・・多分、きっと、そこまでしないつもりだ。

標的は僕を嵌めた連中全員。一生忘れられないプレゼントを奴らにくれてやる。短い人生の幕を自分で引くんだとしても、なるべく派手な方法で散ってやる。僕を嵌めた奴らの世界も壊してやらなきゃ死んでも死にきれない。

後のクラスの連中とかは・・・どうでもいいか。結局は見てるだけで何もしてくれなかったクラスメイトにも目に物見せてやりたいだけという、単純かつちっぽけな理由。それ以外の人間は余り巻き込む気にはなれない。元よりどうでもいいんだし。




僕は約1カ月ぶりに藤美学園高等部の制服に袖を通すと、何丁かの銃と持てるだけの弾や他にも置いてあった物騒な物諸々を持ってかつて通っていた学校へ向かった。


















実際の所、この後の事なんてちっとも考えてなかった僕は豪勢にもタクシーを呼んで乗っていく事にした。どうせ全てが終われば残った金を使う事も無いだろうし。

とっくに授業が始まってる時間なのに学生服姿で待っていた客の僕を見てタクシーの運転手さんは訝しそうにしてたけど、「部活で新入生の歓迎会に使う道具を取りに戻ってたんです」とパンパンに膨れ上がった大型バッグを示して言うとあっさり信じてくれた。

僕が事件を起こした後、テレビに移る僕の写真を見てこの人は僕を載せて学校に送った事を思い出して驚くんだろうか?

学校まで来ると裏門に回ってもらってから降りた。正門は教室や職員室から丸見えで目立つ。目的の教室まではなるべく目立ちたくない。

車から荷物を下ろすのを運転手さんは快く手伝おうとしてくれた。僕は丁寧に遠慮した。かなり重たくてもしかしたら不審がられるかもしれないし、そこまで迷惑はかけたくない。




タクシーが走り去ってからようやく裏門にも門番の事務員が存在するの思い出してどうしようか悩んだけど杞憂だった。どういう訳か裏門には誰も居なかったのだ。

たまたま別の用事で離れてるんだとしたら、運が良かったというべきなんだろうか。少なくともまた手間が減った。

校舎の中に入って、手近な空き教室へ。扉を閉め、鍵までかけてから近くの机にバッグの中身を広げた。

ドットサイトにフラッシュライト一体型フォアグリップを取り付けたコルト社製M4・コマンドー。大量のM4用マガジン入りポーチを取り付けたタクティカルベスト。米軍御用達のM67手榴弾。

サイドアームのSIG・P226Rは太腿に巻くレッグホルスターに収納した状態。拳銃用の予備マガジンは予め左の太腿に巻くレッグポーチに詰め込んでおいた。バッグの中にもM4用とSIGのマガジンに加えて紙箱に入った状態の予備弾薬があるし、他のバッグには更に過激な代物とそれの弾を山ほど入れてもってきた。

準備完了。覚悟も完了。特殊部隊向けのアサルトライフルと拳銃にも弾丸は装填済み。

いざ往かん、イッツショータイムと心の中で呟いて自分に発破をかけつつ扉に手をかけて―――――


『全校生徒・職員に連絡します!!!』


――――突如ひび割れたノイズ混じりにスピーカーから盛大に流れた声に出鼻を挫かれて、勢い余って扉に額をぶつけた。

地味に痛い。


『校内で暴力事件が発生!全生徒は職員の誘導に従って避難して下さい!繰り返します―――――――!!』


すみません、僕はまだ何もやってないんですけど。

嫌な予感がする。欲しかった物の残っていた最後の1つが目の前で掻っ攫われてしまった様な、そんな感じの気配。

一旦声は沈黙しつつも耳障りな雑音がスピーカーから発せられている。多分この放送は校内全体に流れてるんだと思う。だって放送以外の物音が全然聞こえて来ないんだから。

次に流れた声は、もはや声というよりもまさしく悲鳴と形容すべき音量だった。断末魔の悲鳴だ。




『ギャアアアアァァァァァッ!?あっ、止めろ、助けて、ひいぃ!!痛い痛い痛いぃぃぃぃ!死ぬ、助けぶっ・・・・・・・・アアアアアァァァァァァアッ!!!!』




そして、沈黙。

その時の僕の中に生じていたのは焦燥感。慌てて扉に手をかけて開けようとしたが、開かない。

すぐ隣で道路工事でもしてる様な振動とうねりが、校舎全体を包んでいた。壁一枚の向こうの廊下からなんか、暴れ馬か暴れ牛の大群が通り過ぎてる真っ最中みたいな騒々しい足音が聞こえてくる。


チクショウめ、先を越された!!


廊下に出るまでに何度も必死に開けようとガタガタと鳴らしてから、自分で扉に鍵をかけたのをようやく思い出して鍵を解除。呆気なく扉が横に滑る。

その頃にはうねりと振動は早くも収束を迎えていた。

僕は銃と荷物を持って階段を駆け上る。退学前は陸上部の長距離専門だったから体力には自信があったけど、子供1人分ぐらいの重さがある荷物を身に着けていたから足腰が悲鳴を上げていた。

・・・・・・振動とうねりが教室中から飛び出して学校の外へ逃げようとする生徒の集団が立てていた音だったのだと気づいたのは、目的の教室がある階に辿り着いてからだった。

教室には誰も居ない。他の教室にも、生徒も教師も誰の姿も無かった。廊下は荒れ果て、物が散乱し、窓ガラスの幾つかは割れたりヒビが走ってたりしていた。壁や廊下にこびりついてたりしているのは血なんだろうか。




とにかく僕が狙っていた不良や、教師や、クラスメイトは誰1人として残っちゃいなかった。




「・・・・・チクショウ、クソっ、クソっ、クソっ、クソっ!!!!」


無性に悔しくて、八つ当たり気味に僕は壁を蹴飛ばした。何だよこれ。せっかく色々持ってきて度肝を抜かせてやろうと思ったのに無駄になったじゃないか!

これからどうすればいいのか分からなくなって頭を抱えてしまう。肩に引っかけたM4の重みが増した気がする。反対側の肩からバッグがずり落ち、金属製の物体が中でぶつかり合う音が大きめに響いた。

いっその事、泣き出したい。それ位ショックだった。

だけど僕の涙腺が崩壊する直前に、耳が奇妙な物音を捉えたので僕は顔を上げた。

視線を向けた先、廊下の向こうに居る誰かがこちらへと近づいてくる。足でも穢しているのか、片足を引き摺ってゆっくりと、危なっかしく身体を左右に揺らしながら。

――――歴史担当の田代だった。彼は退学した筈なのに学校に居て、しかも大荷物を持って銃器で武装した僕の姿が視界に入っていないみたいに、だけど着実に僕の方へと近づいてくる。

白いワイシャツは所々が赤黒く染まり、目は両方とも白目を剥き、腕は途中から別の方向に曲がっていた。新しい関節をこしらえた訳じゃない事は腕の半ばから覗く骨の断面が教えてくれる。

何よりも、首元の肉が大きくえぐれていた。筋肉や血管だけじゃなく、首の骨までがチラチラと見えるぐらい深く、大きく。

素人目にだって、そんな気を追ってれば自分の足で歩くどころかとっくに死んでいる事ぐらい理解出来た。







ああ、そうか。漠然と僕は理解した。

僕がどうこうする前に、この世界は壊れてしまったんだ、と。






M4を支え代わりに僕はゆっくりと立ち上がった。ストックを右肩に押し当て、銃把を持つ右手は前方へ押し出すように、フォアグリップを握る左手は手前へと引きつける形でしっかりと肩撃ちの姿勢を保持。

この手の映画やゲームじゃ大概頭が弱点だ。人間だって頭を撃たれて死なないなんて話はめったに聞かない。軍用のライフル弾なら尚更だ。

やっと僕の存在を認知したのか、歴史の田辺・・・・・・『だったモノ』が両手を伸ばして大きく口を開けつつ、僕へとまっすぐ近づいてくる。この距離ならもう外さない。









――――世界の全てが崩壊するよりも前から、『僕』の周りの世界は既に壊れていた。

――――『僕』が壊してやろうと思った世界も、『僕』が壊す前に呆気なく崩壊してしまった。

――――だから『俺』は壊れた世界で生きて生きて生き延びてやる事にした。『俺』は我儘で天邪鬼なんだ。むざむざと死んでやって堪るものか。











引き金は、とてもとても軽かった。






次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.080573081970215