SS投稿掲示板




No.19964の一覧
[0] 戦いの申し子(DBオリ主→ネギま!ニスレ目)[トッポ](2010/07/03 22:40)
[1] 挑戦[トッポ](2010/07/02 02:12)
[2] 乙女の戦い?其ノ壱[トッポ](2010/07/04 00:05)
[3] 乙女の戦い?其ノ弐[トッポ](2010/07/08 02:53)
[4] 乙女の戦い?其ノ参[トッポ](2010/07/09 23:53)
[5] 地下[トッポ](2010/07/10 08:13)
[6] アルビレオ=イマ[トッポ](2010/07/13 21:56)
[7] 麻帆良崩壊?[トッポ](2010/07/18 00:48)
[8] 南の島へ[トッポ](2010/07/18 18:41)
[9] if(TS注意!)[トッポ](2010/07/20 23:46)
[10] 本当の名前[トッポ](2010/07/22 01:12)
[11] 番外学園黙示録編[トッポ](2011/01/16 23:48)
[12] 動き[トッポ](2010/07/23 02:39)
[13] 悪魔再臨[トッポ](2010/07/26 02:23)
[14] 恐怖[トッポ](2010/07/29 08:51)
[15] シュークリーム[トッポ](2010/08/01 00:37)
[16] 覚悟の成り立ち[トッポ](2010/08/07 00:41)
[17] [トッポ](2010/08/07 20:56)
[18] 降り立った怪物[トッポ](2010/08/10 23:04)
[19] 秒読み開始[トッポ](2010/08/10 23:03)
[20] 邂逅[トッポ](2010/08/21 00:15)
[21] 真実と敗北と[トッポ](2010/08/23 23:30)
[22] 侵略者、襲来(修正)[トッポ](2010/08/24 00:39)
[23] 神精樹[トッポ](2010/08/27 22:34)
[24] 開幕、地球まるごと超決戦[トッポ](2010/09/02 03:19)
[25] 戦闘開始[トッポ](2010/09/03 01:30)
[26] 激闘必至[トッポ](2010/09/07 18:01)
[27] 発進[トッポ](2010/09/11 20:31)
[28] 見参[トッポ](2010/09/18 23:38)
[29] 激突[トッポ](2010/09/21 01:47)
[30] [トッポ](2010/09/24 00:08)
[31] 危機転々[トッポ](2010/10/03 01:13)
[32] 命運[トッポ](2010/10/03 13:07)
[34] 黄金の嵐[トッポ](2010/10/07 12:10)
[35] 決着[トッポ](2010/10/26 01:02)
[36] 変わり行く世界の中で[トッポ](2010/11/02 00:45)
[37] 変動[トッポ](2010/11/02 03:34)
[38] 学園祭[トッポ](2010/11/09 01:50)
[39] 近衛木乃香の憂鬱[トッポ](2010/11/24 00:44)
[40] バージル=ラカンの憂鬱[トッポ](2010/12/03 01:50)
[41] 修行開始[トッポ](2010/12/03 13:40)
[42] 修行開始、ラブコメ開始?[トッポ](2010/12/12 01:29)
[43] 知られざる窮地[トッポ](2010/12/21 02:32)
[44] 番外編聖夜とサイヤ[トッポ](2010/12/25 01:54)
[45] 明日菜、心の向こうに[トッポ](2011/01/07 22:44)
[46] 番外学園黙示録編ぱ〜と2[トッポ](2011/01/16 23:49)
[47] 迷走[トッポ](2011/01/27 23:37)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[19964]
Name: トッポ◆9bbc37c8 ID:c4aae752 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/07 20:56






「おはよー」
「オハヨー」

学園の生徒が登校で賑わう大通り。

昨夜のヘルマンの襲撃があったにも関わらず、学園は今日も平和だった。

しかも、年に一度の学園祭が間近に迫っている為、通学路はロボットや仮装した生徒達が謳歌し、学園はいつも以上に賑わっている。

そして3−Aのメンバーである佐々木まき絵や明石裕奈、和泉亜子や大河内アキラといった運動部部活メンバーも、学園を前に楽しみを膨らませていった。

「いやー、楽しみだね学園祭!」
「大学部の人達も、例年以上に気合いが入ってるみたいだしね」

口数が少なく、大人しい少女アキラの指差す方へ振り向くと、その先にはパリの凱旋門を模した門が造られており。

大学部の学生達がセカセカと完成を急がせている姿が見られた。

オオッと、驚きの声を出す裕奈。

余所見をした為に転びそうになるが、持ち前の運動神経で持ち直し、活気に賑わう学園の大通りを歩いていく。

すると。

「あ、朝倉だ!」

様々な部活が既に出し物の準備をしている中で、一人シャッターを切る朝倉の姿が見えた。

「朝倉、おはよー」
「!」

景気よく声を上げて、裕奈は前にいるクラスメイトに声を掛ける。

彼女の声が喧騒の中でも聞こえたのか、朝倉は手にしたカメラを紐で首に吊るして、ゆっくりと振り返る。

「おぉ、部活メンバーもご到着か。今日は早いね」
「それはそうや、何せ私達のクラスだけまだ学園祭の出し物を決めてないんやもの」
「早く教室で皆と相談した方が良いと思って……」

裕奈達の言葉に、朝倉はそうだったと苦笑いを溢す。

「所で朝倉は……まだ新聞部の仕事が?」
「そうなんだよ。学園祭の準備期間中も取材対象でさ、もう少し掛かりそうなんだよ」
「あー、やっぱそうなんだ」
「ネギ君にはHRに少し遅れるって伝えておく?」
「ごめん、頼むよ」

朝倉から言伝てを頼まれると、裕奈達は再び自分達の教室に向かって駆け出し、喧騒の中へと消えていく。

残された朝倉はクラスメイト達を見送ると、自分に託された仕事を早く終らせる為、“いつも通り”作業を進める。

そんな彼女を、遠巻きに見つめる人影があった。

ネギと明日菜である。

二人は……特にネギは辛そうに、写真を取り続けている朝倉を見つめていた。

「朝倉さん……ごめんなさい。僕のせいで……」
「ネギ……」

何度も謝罪の言葉を口にするネギに、明日菜は掛ける言葉が見付からなかった。

目の前で起こった衝撃的な光景を目の当たりにした朝倉達は、心を回復させる為にエヴァンジェリンの別荘を数日間利用していた。

そんな時、彼女達の前に元担任である高畑が現れ、ある選択肢を与えた。

このまま此方に関わり非日常に浸かるか、それとも全てを忘れて日常に還るか。

突き付けられた二つの選択肢に、朝倉は後者を選んだ。

彼女は……朝倉和美は魔法に関する一切の記憶を忘れ、元の日常に還る選択を選んだ。

それは、あの惨劇から免れたいと願った彼女の逃げかもしれない。

だが、別にそれについては責める事じゃない。

怖くて逃げ出したいのは誰にだってあるし、逃げるという行為は蔑む事ではない。

問題はネギだった。

記憶を消して欲しい。

翌日の別荘での早朝で、そう頼んできた朝倉の進言を、真っ先に承諾したのはネギだった。

自分の所為で朝倉を巻き込んだ。

その自責の念故か、ネギは率先して朝倉の記憶消去の準備に入った。

高畑やエヴァンジェリンの手助けもあり、儀式は無事終了。

朝倉は今、魔法に関する全ての出来事を忘れている。

修学旅行の出来事は木乃香の実家でお世話になったという記憶に掏り替わり、彼女の中では魔法なんて存在しないものとなっている。

ネギは、そんな彼女を見て何度も謝り続けていた。

すると。

「あんまり、自分を責めるなよ。ネギ君」
「タカミチ……」

後ろから現れた高畑が、ネギを励ます様に肩に手を置いた。

「彼女は一晩とは言え自分で考えて決めたんだ。そこまで自分を責める必要はない」
「でも……」

元々は自分の所為で巻き込み、今回の様な事件にも関わらせてしまった。

それに……。

「最初は、魔法がバレたらその人の記憶を消すのに、そんなに疑問に思わなかったけど……」
「ん?」
「こんなにも、嫌なものなんだね」

幾ら本人が望んだ事とは言え、生徒であり友達でもある朝倉の記憶を消したのだ。

魔法に関する記憶を消すという事は、ネギとの関わった思い出も消すという事。

彼女の中にはネギと一緒に過した時間も消えている。

今の彼女にとって、ネギは可愛くて頑張り屋な担任であって友達ではない。

その事実が、自責の念と共にネギを押し潰そうとのし掛かっている。

「……ネギ」

胸を抑えて、痛みに耐える様な仕草をするネギに、明日菜は寄り添う事しか出来なかった。

そして、そんな明日菜に対し高畑は彼女に向き直り。

「明日菜君、君はどうするんだい?」
「え?」
「エヴァンジェリンの別荘ではあまり言えなかったけど……半分以上は彼女の言う通りだよ」
「…………」
「確かに、彼の……バージル君のやった事は残虐にして残酷だ。彼の様な人道から外れた行いをする人間は裏の世界にもそうはいないだろう」

バージル。

その名前を聞いた瞬間、明日菜の全身に悪寒が走り、汗が一気に噴き出してくる。

「しかし、それでも稀にいるんだ。そういう異常者が」
「っ!」
「もし万が一、そんな輩と出会ったらどうする? 泣いて許しを乞うか? 助けてくれと命乞いをするのか? ……いずれにせよ、待っているのは地獄だよ」
「…………」

俯き、拳を震わせる高畑に、明日菜は何も言えないでいた。

すると、そんな明日菜の視線に気付いたのか、高畑は我に返り、しまったと口を抑えた。

「……済まない。折角の学園祭の前だと言うのに」
「……いえ」
「とは言え、もし君達がこれからも此方側に足を踏み入れるなら、その事も頭の隅に入れて置いて欲しい」

そう言って高畑は二人に背を向け。

「夕映君や宮崎さん達にも、その事を伝えて置いて欲しい」

高畑は二人を残して、喧騒の中へと消えていった。














「小籠包ウマー」
「…………」

生徒の通学で入り乱れる大通り。

その中で一際賑わう場所があった。

そこは超包子という看板を掲げた路面電車を中心に、座席が設けており、学生達が朝食を楽しんでいる。

山の様に積まれた皿に学生達は驚くが、その原因がバージルだと知ると皆納得し、いつも通りの日常を送っている。

そのバージルは通算38個目の小籠包を頬張り、モグモグと口を動かして飲み込んでいく。

その様子を間近で見ていた超鈴音は、ダラダラと汗を流して若干引いていた。

「ど、どうかナ? 気に入って貰えたカ?」
「あぁ、これは美味い。まさかこんな所にこんな屋台があったとは知らなかったから、素直に驚いた」

パクパクと上機嫌に料理を食べ続けるバージルに、超は苦笑いという仮面を着けてこれからどう切り出すか悩んでいた。

(さて、これからどう切り出す? 命令等は論外だしお願いをしても信憑性は皆無に等しい)

超は今回の学園祭である行動に出ると誓っている。

計画の為、そしてその計画を完遂する為には目の前の少年の今後の行動に掛かっていると言っても過言ではない。

本当は此方側に付いて貰うのがこれ以上ないベストな状況だが、残念だがその可能性は皆無だ。

目の前にいる少年は無邪気にして傍若無人。

それは茶々丸からの目視映像で明らかになっている。

京都の一件では大鬼神であるスクナを葬るだけでは飽き足らず、当初は味方だった筈のエヴァンジェリンや近衛詠春を圧倒している。

しかも、現時点はあの時よりも数段力を増していると、茶々丸から報告を受けている。

つまり、彼の気分次第でこれからの計画に大きく左右されるのだ。

此方としては、大いに力を奮ってその力を世界に見せ付けて貰うのも有りと言えば有りだが。

そうなれば、下手したらこの学園ごと消し飛ぶ恐れがある。

被害を極力出したくはない此方としては、そればかりは願い下げだ。

バージルは人に何かを指摘されて行動に移す人間ではない。

(だったら、私に残された選択肢は限られてるネ)

どちらにも属さぬよう、別の所に釘付けにするよう促すか、出来るだけ友好関係を築く。

または、此方に気分的でも味方するよう然り気無く、それでいて不快にさせないように仕向けるしかない。

超がバージルに対する策が出来上がり、いざ行動に移そうとした。

その時。

「あら、バージルさん。こんな所で何をしているので?」
「こんな所に屋台があるなんて……本当に面白い学園ですね」

左右からそれぞれシルヴィと高音が集まり。

「ン?」
「あら?」
「え?」

それぞれの目が超の視線と重なり、何故かその場の空気が一気に重くなり。

「胡麻団子ウマー」

バージルはその事に気付かず、次の料理に手を出していた。

















「し、しまった!」

何処までも闇に包まれた空間。

宙に浮かぶ水晶から見える宇宙の光景を前に、デュナミスの叫びが響き渡る。

「どうしたのじゃ? 何かあったのか?」

そんな彼の声色に、ただ事ではないと悟った少年が、険しい顔付きでデュナミスの隣に立つ。

そして、少年もデュナミスの見ている光景に視線を向けると。

「っ!?」

水晶に浮かぶ宇宙の光景に、少年は絶句した。

丸で目の様な形をし、宇宙を切り裂いているソレから、一つの船が姿を現したのだ。

円盤の形をした船、それはまるでSF映画に出てきそうな宇宙船。

「10年前は小さな球体だった」
「……今回は、随分と大きいの」

宇宙船はゆっくりと動き、ある場所に向かって進んでいく。

その先にあるのは。

地球。

それを知ったデュナミスは踵を返し、すぐに行動に移るが。

「無駄じゃよデュナミス、今更止められはせん」
「だが、このままでは!」
「今旧世界に向かっても、間に合わない事は目に見えている。それはお前もよく解っているだろう?」
「だが、それでも!」

そう言うと、デュナミスは黒い空間を後にし。

そして、残された少年は。

「さて、奴は一体どの道を選ぶ? 破壊の道かそれとも……」

誰にも気付かれる事なく、一人水晶に向かって呟いていた。

















〜あとがき〜
はい、あからさまな展開になってきました。
ですが、今回はこれからの物語に繋がる重要事項なので、見逃して下さい。

そして、朝倉は復帰なるか!?



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025316953659058