SS投稿掲示板




No.19454の一覧
[0] ゼロの使い魔 蒼の姫君 土の国物語 (オリ主[タマネギ](2010/07/26 18:23)
[1] 第一話 二人の出会い[タマネギ](2010/07/07 21:51)
[2] 第二話 魔法・・・それは、人類に残された最後のアルカディア。人はそれを求め、数多の時を(ry[タマネギ](2010/07/07 22:02)
[3] 第三話   ハルケギニア[タマネギ](2010/07/07 22:17)
[4] 第四話   就職?[タマネギ](2010/07/07 22:26)
[5] 第五話   姫君の苦悩[タマネギ](2010/07/07 23:19)
[6] 第六話   魔法と印[タマネギ](2010/07/07 23:52)
[7] 第七話   騎士見習い[タマネギ](2010/07/08 00:08)
[8] 第八話   決闘と報酬[タマネイ](2010/07/08 00:36)
[9] 第九話   王の命令[タマネギ](2010/07/08 01:07)
[10] 第十話   リュティスに吹く雪風[タマネギ](2010/07/08 01:18)
[11] 第十一話   姫君の意思[タマネギ](2010/07/08 01:34)
[12] 第十二話   王の裁き[タマネギ](2010/07/08 22:37)
[13] 第十三話  名も無き丘で[タマネギ](2010/07/08 23:10)
[14] 第二部 第一話   使い魔  (一部修正[タマネギ](2010/07/27 15:53)
[15] 第二部 第二話   日常   (旧タイトル 新撰組 大幅に修正しました[タマネギ](2010/07/26 18:58)
[16] 外伝  異世界の事変[タマネギ](2010/07/10 12:48)
[17] 第二部 第三話   王。再び[タマネギ](2010/07/21 21:30)
[18] 第二部 第四話   魔法学院[タマネギ](2010/07/21 20:52)
[19] 第二部 第五話   休養[タマネギ](2010/07/21 20:52)
[20] 第二部 第六話   戦場[タマネギ](2010/07/24 08:50)
[21] 第三部 第一話  光の国[タマネギ](2010/07/26 20:06)
[22] 第三部 第二話  北花壇騎士[タマネギ](2010/08/01 23:10)
[23] 第三部 第三話  吸血鬼[タマネギ](2010/08/02 01:18)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[19454] 第三話   ハルケギニア
Name: タマネギ◆f923a62f ID:bb9e0ee9 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/07/07 22:17








三話   ハルケギニア










「お待たせしました」

地図を片手に一礼し、カステルモールが部屋に入って来た。

「どうか致しましたか?」

「な、なんでもない。それより、地図は?」

「はっ。こちらに」

少し顔が赤いイザベラに声をかけながら、近くにある机に地図を広げる。

「さて。カズマ君。コレが地図だが、君の国は何処かな?」

机の上に広げられた世界地図《ハルケギニアの地図》を見て、和磨は息を呑んだ。


何だコレは?
西欧っぽいが、違う。
コレはどういう事だ?
この地図が間違っている?

そこでふと、和磨の頭の中に嫌な考えが浮かんだ。

「あの、すいませんが、周辺の国の場所と名前を教えてもらえませんか?」

「うむ。まずはここが我がガリア王国。そしてここがゲルマニア。ここが浮遊大陸にあるアルビオン。そして―――――――」

カステルモールが、地図を指差しながら国名と場所を教えてくれているが、途中から、和磨の耳に彼の言葉は入ってこなかった。

なんだ。
なんだコレは?
国の名前と場所が滅茶苦茶だ。
ガリア。確か、フランスの旧名でそんなのがあった気がするが、それにゲルマニア?ゲルマン人なら聞いたことがあるがそんな国知らない。
百歩譲ってここまでは良い。だが問題は浮遊大陸のアルビオン。
浮遊大陸?御伽噺の世界じゃあるまいし。

説明を聞きながら、和磨の脳裏に浮かんだ嫌な考え。
すなわち「タイムスリップ」について、もう少し考えてみる。
お話の中での物だと思っていたが、実際に自分がそれを体験しているのではないか?と。
しかしながら問題がある。
ガリアだのゲルマニアだのだけなら、それでまだ説明できたかもしれないのだが、アルビオン。浮遊大陸とやらはタイムスリップ説では説明できない。
そこでふと。

「タイムスリップ」だけでも十分に信じられないし、夢物語のレベルなのだが、ここにきてもう一つの仮説が浮かんできた。
願わくば、今ここで話している男が精神的に病んでいて、荒唐無稽の妄想を垂れ流しにしているという事だったならどれほど良いか。

だが、残念ながらそんな様子ではない。
チラリと、いつの間にか自分の隣で同じように地図を見ている青い髪の少女に視線を向ける。

「なんだい?」

「・・・・・・いや、別に」

丁度目が合った。
さっきも少し話したが、とても頭が可愛そうになっている人間とは思えない。
そして、今も続いている周辺諸国の説明にも、特に反応せず「そんな当たり前なことがどうかしたのか?」といった雰囲気だ。
ココにきて、和磨はもう一つの嫌な考えが有力ではないかと思い始めた。
出来れば、宗教的な何かで適当に地図を作っていたり、国名を適当に決めてしまっているという痛い展開でした~。という事だったら良いのだが・・・・・・
仕方ない。
意を決して聞いてみる事にした。

「あの、国の方は大体わかりました。それで話は変わるのですが、今何年の何月何日ですか?」

「ん?今は6141年の」

「ちょ!?ろく!?あ、あの!それって西暦ですか?」

「セイレキ?いや、ブリミル暦だが?」

・・・・・・・・・・・・

頭がどうにかなりそうだった。
いや、実際もうすでに自分の頭はどうにかなってしまっているのではないか?
それなら良い。本当は良くないが、それならまだ納得できる。
6000と言われて一瞬「未来?」とも思ったが、それも違うらしい。
もう一つの説がさらに有力になってきた。

「あ、あの~。それじゃぁ、ちょっと話が戻りますけど、さっき言ってた「サモン・サーヴァント」って魔法。アレって、竜だのなんだの、そういうのを呼び出すて言ってたけど、それって実在してる・・・んですよね?」

「ん?もちろんだ。お、丁度良い。ほら、あそこを見たまえ。我がガリアの竜騎士隊が訓練をしている」

カステルモールは、窓の外を指差す。
和磨も、窓に駆け寄り乗り出すようにして指差された方向を見つめ、絶句した。

そこには、綺麗に隊列を整えて飛行する竜が居たのだ。
竜。
東洋風の蛇のような細長い竜では無く、西洋風の手足と大きな翼を持つ、まごうことなきドラゴンである。

「は、はは・・・ははははははははは」

もはや、和磨は引きつった笑みを浮かべ、乾いた笑いを漏らすしかなかった。

もう一つの説。
異世界。
ここは地球では無く、地球に似た異世界である。
とても正気とは思えない考えだが、先程までの話と、今も空を飛んでいる竜を見れば、それが正しいのだと思えてしまう。
認めたくない。
自分の頭が正常であると認めたくない。
自分の頭がどうにかなっていて、妄想や幻覚を見ている。
そうであればどれだけ良いか。
普段ならありえない事を考えながら、和磨は脱力し、その場に座り込んでしまった。







「ちょっと!どうしたんだいいきなり!?」

いきなり窓に駆け寄り、外を見た後へたり込み、壊れた様に笑い出した青年を見て、イザベラはあわてて駆け寄って様子を見た。

「一体何っ」

驚きで言葉を飲み込む。
青年。カズマと名乗った男が、笑いながら涙を流していたからだ。

「・・・・・・・・・・・・何で泣いてるんだ?」

しばらくして、ようやく言葉を搾り出せた。
人が泣くのを初めて見た。
侍女達をいびって泣かせるという事はしょっちゅうやっていたが、彼女達の涙は恐怖から出る涙だ。
だが、目の前で泣いている男の物は違う。
恐怖ではない。
何だろうか。
ただ「泣いている」と表現するのが一番シックリ来る涙。

「ははは・・・泣いてる・・・?俺、泣いてるのか?」

言いながら、カズマは自分の頬に手を当て、濡れているのを確認して少しだけ、目を見開いて驚いた。

「はは、ホントだ。泣いてるよ俺。ははは」

心此処に在らず

本人もどうして良いのか分からないのだろう。

「ははは。なぁ、リザ。俺、頭オカシくなったのかな?なぁ?どうなんだ?」

「っ」

ぱぁん

乾いた音が室内に響く。

「目が覚めたかい!いいから、何があったんだ!言え!」

認めたくない。
つい先程まで、ガリア有数の騎士と正面から戦い、善戦した男が。
自分が召喚した使い魔が。
無様を晒し、涙を流しているという事実を。
何か、理由があるのだろう。
だが、それでもやはり・・・
目の前の男。自分の使い魔には、涙など流してほしくは無かった。
「何故?」と問われても、説明は出来ない。
ただ、悲しかった。腹立たしかった。
だから、自分でも説明できないモヤモヤとした感情を込めて、思い切り頬を張ってやった。







頬が熱い。
少しして、痛みを感じた。
そして気づいた。
あぁ、打たれたのかと。

そういえば、親父にも打たれた事は無かったな

思わず、そんな事を考えてしまった。
不思議と、頭がスッキリしている。
ついさっきまで、自分の頭がおかしくなってしまったのかと、だけど自分は正常だと。

異世界?帰れない?召喚?魔法?使い魔?未来?過去?なんで俺が?ここは何処だ?現実?夢?幻覚?さっきの立会いは?痛みは感じたからやっぱ現実?でもありえないだろ?

頭の中で延々と思考していたのが嘘のようだ。

闘魂注入ってやつか?

ふとそんな事を思い、小さく笑ってしまった。
なにはともあれ

「・・・・・・あぁ、いや、すまん。その、なんだ・・・ありがとさん。落ち着いたわ」

言いながら服の袖で涙を拭い、深呼吸。

「ふ~。とりあえず、信じられないかもしれないけど聞いてくれ」







和磨の口から語られた事は、とても信じられる物では無かった。
この世界に似ている異世界から来た。
そこでは魔法は存在しない。
幻獣や亜人なども存在しない。
貴族も平民も、一部を除いて居ない。
そんな事を言われ、「はいそうですか」と言える人間はまず居ない。

だが

「ふ~ん。それで?この世界と似ているって言うなら、この地図で言うとお前の国ってどこにあるのさ?」

「をいをい、自分で言っといてなんだけどさ、いきなり信じるの?こんな荒唐無稽な話」

「信じる信じないは置いといて、話くらいは聞いてやろうと思っただけだよ」

彼女は、和磨の言葉を疑っていなかった。
正確には、言葉では無く態度。
ずっと見ていたが、嘘を言っているようには見えない。そして先程の涙も。自分自身で今の話が信じられていなかったから、混乱していたと言われた方が、説明できる。

「やれやれ。こっちだって信じたくないんだけどな。っと、この地図で言うともっと東。ずーっと行って、大体この辺りかな?極東の島国だよ」

「ロバ・アル・カリイエか」

「ろば・・・何それ?」

「ロバ・アル・カリイエ。私達はお前が今言った辺りをそう呼んでいるんだ」

「ふ~ん。つか、地図これだけしかないって事はそのロバなんたらと交流とかねーの?」

「ロバ・アル・カイリエだと・・・まぁ、交流は殆ど無いね。間にサハラ。エルフ達がいるから」

「エルフ・・・エルフかぁ~・・・ファンタジーだなぁ」

「お前の居た所にもエルフが居たのかい?」

「うんにゃ。空想上の生き物。エルフってやっぱアレか?耳長いの?」

いつの間にか、イザベラと和磨の二人は地図を見ながら、お互いの世界の事について、いろいろ話合っていた。
二人とも、「異世界が在る」という前提で。
不思議なもので、一度その存在を認めてしまうと、否定する気が起きなかったのだ。

そんな二人の様子を見ながら、カステルモールは思考する。

想定外だった。
東方《ロバ・アル・カリイエ》から来た。
という事は想定していたが、まさか異世界とは。
しかし、先程の狼狽ぶりやら、言葉やら、思い返してみれば、どことなく会話が噛み合っていない部分等、いくらでもその兆候は見られた。
むしろ、異世界から来たと言われて納得してしまった程だ。

だが

想定外ではあったが、好都合。
異世界ならば、帰る手段など無い。
ならば、よりこちらに引き込みやすくなる。

そんな事を考えていた所、和磨に声をかけられた。

「あの~、一応確認なんですが、異世界に行く魔法とかって無いですよね?」

「・・・お前、なんでコイツに敬語を使って私にはタメ口なんだ?」

「いや、年上には敬意を払わないと。お前、まさか俺より年上か?俺18だけど」

「私は16だ。だけど、そんな事関係ないだろ!私はこの国の王女だぞ!!」

「いや、言われてもわかんねーし。お前王女ってか、むしろ女王様って言われた方が納得できるんですけど?」

「ほ~・・・それはどういう意味だい?詳しく聞きたいんだけどねぇ」

「威厳があるという事ですよ女王様。鞭とか持ってボンテージ着て、パピヨンマスク付けてたら完璧だな。少なくとも、姫様ってよりはそっちのが似合ってる」

「・・・いい度胸だな平民」

「ゴホン。え~、姫様。よろしいですかな?」

このままでは何時までたっても話が進まないと思ったカステルモールは、咳払いしながら会話に割り込んだ。
そんな騎士を一瞥し、イザベラはフンと鼻を鳴らしながら「好きにしな」と言ったので、話を戻す。

「カズマ君。君が先程言った異世界に行く魔法だが、残念ながら存在しない。もちろん、魔法だけでなく手段もだ。そもそも、異世界という物があるとは誰も思っていないのでね」

「あ~、やっぱり・・・はぁ~。んじゃ俺はこのままか」

言いながら、和磨は肩を落とした。
そうだろうとは思っていたが、いざそうだと言われると、やはりなかなかショックである。

そんな和磨に、イザベラとカステルモールは、どう声をかけようかと少し悩んでいたが、すぐに和磨が顔を上げた。

「ま、それはとりあえず後で考えるとして、何か仕事紹介してもらえませんかね?肉体労働でいいんで」

あまりの切り替えの早さに、二人は絶句する。

「いやぁ、先立つ物が無けりゃ不味いっしょ?金は持ってるけど、日本円って使えないだろうし」

ヘラヘラと笑いながら言う和磨を見て、少しだけ申し訳無いと思っていたイザベラの口に小さな笑みが浮かんだ。

「お前、ずいぶん切り替えが早いんだね」

「いやさ、起きちまった事はしょうがないっしょ。これが夢や幻なら良いけど、そうじゃ無いなら俺は生きるために働かなきゃいけない訳でさ」

「泣いてスッキリしたから、頭の回転が良くなったって事かい?」

「おま、そこでその事持ち出しますか?さすが女王様。えげつない」

「ふん。何とでも言え。お前がボロボロ泣いたって事実は変わらないさ」

ニヤニヤと嫌らしい笑みを浮かべながら笑うイザベラに対し、バツの悪そうに顔を背け、ポリポリと頬をかく和磨。

「ゴホン。あ~、カズマ君。とりあえず仕事についてなのだが、君はイザベラ様の使い魔と言う事なのだが・・・」

「あぁ、そういやそんな事言ってましたね。さっきまで信じてなかったんだけど、マジなんですよね?」

「うむ。そこでだ。イザベラ様。私に提案があるのですが」

「何だい?言ってみな」

「はっ。一先ず、姫様が彼を召喚し、使い魔とした事を秘し、私に預けて頂けないでしょうか?最低限こちらの常識や作法なども教えなければなりませんので。その後、彼の身の振り方について協議すると言う方策がよろしいかと」

「ふむ。お前に預けるのは良いんだが、何で隠す必要があるんだい?」

「人が使い魔など前代未聞。悪くすれば、王立魔法研究所から実験したいから寄越せと言ってくるやもしれません。そうで無くとも、余計な波風を立てる可能性が。それと、無礼を承知で申し上げますが、普段姫様の陰口を叩く連中が、彼に何らかの危害を加える可能性も有る故にです」

そこまで言われれば、イザベラとしては反対する理由も無かった。
チラリと、隣に居る和磨の顔を見る。

「えっと~、とりあえず質問が。衣食住はどうなってるんでしょうか?」

「私の屋敷だ。食事もきちんと出そう」

「マジっすか!よろしくお願いします!」

勢い良く頭を下げる和磨。
そんな姿を見て、イザベラもカステルモールの案に賛成した。

「うむ。だが生憎と私はこれから公務が・・・イザベラ様。申し訳ありませんが、しばらく彼をお願いできないでしょうか?」

「ま、私が召喚した使い魔だからね。良いさ」

「ありがとうございます。では、私はこれで失礼します。カズマ君。後で迎えに来る。姫様に無礼の無いようにな」

優雅に一礼し、カステルモールは退室して行った。

「あ~、まぁとりあえず、これからよろしく?でいいのか?」

「ん。まぁそうだね。所で、その手はなんだい?」

「握手だよ。握手。シェイクハンド。知らない?」

「いや、握手くらい知ってるけど・・・」

「んじゃホレ。握手。挨拶はキッチリしないとな」

「フン。まぁいいさ。この私が握手してやるんだ。光栄に思いな」

「ハイハイ。所でさ――――――――」

そのまま二人は、お互いの世界についていろいろと語り合った。
それはどんな御伽噺よりも魅力的で、どんな新作の物語よりも刺激的だった。
似て非なる二つの世界。
似通っている部分もあれば、全く違う部分もある。
王宮しか知らない姫君にとっても。
市井しか知らない平民にとっても。

いつの間にか日が沈み、空に二つの月が

「なんじゃありゃ!!月が二つもあるのかよ!?」

「?そっちには二つ無いのかい?」

「無い無い。一つだけ。うは~、こりゃ本当に異世界だなぁ・・・これ将来、先にどっちの月に行くか迷うんだろうなぁ」

「月に行くって、ずいぶん進んでるんだね。そっちは」

「いやいや、船丸ごと飛ばすこっちの方がすごくね?フーセキだっけ?」

「そうかね?それが当たり前で、全然そんな感じしないんだけどねぇ」

結局、カステルモールが迎えに来るまで、二人は空に浮かぶ二月を眺めながら語り合っていた。













あとがき

二日に一話くらいのペースで投稿したいのですが、中々上手くいかんとです。
今回「異世界にいきなり呼ばれた人間の反応は?」をお題(?)に書いてみましたが、どうでしょうかね。原作ではその辺りあんまり触れてなかった気がしたので。
かといっていつまでもウジウジさせてても詰まらないな~等と思うのです。
そこいらのバランスが難しいですな。


2010/07/07ちょっと修正


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028407096862793