SS投稿掲示板




No.17872の一覧
[0] PSYchic childREN (PSYREN-サイレン-) 【オリ主】[昆布](2011/06/12 16:47)
[1] コール1[昆布](2011/03/04 01:52)
[2] コール2[昆布](2010/12/23 03:03)
[3] コール3[昆布](2010/12/23 04:52)
[4] コール4[昆布](2010/12/23 04:53)
[5] コール5[昆布](2010/12/23 04:53)
[6] コール6[昆布](2010/12/23 04:53)
[7] コール7[昆布](2010/12/23 04:54)
[8] コール8[昆布](2010/12/23 04:54)
[9] コール9[昆布](2010/12/23 04:54)
[10] コール10[昆布](2010/12/23 04:55)
[11] コール11[昆布](2010/12/23 04:55)
[12] コール12[昆布](2010/12/23 04:55)
[13] コール13[昆布](2010/12/23 04:56)
[14] コール14[昆布](2010/12/23 04:56)
[15] コール15[昆布](2010/12/23 04:56)
[16] コール16 1stゲーム始[昆布](2010/12/23 04:57)
[17] コール17[昆布](2010/12/23 04:57)
[18] コール18[昆布](2010/12/23 04:57)
[19] コール19[昆布](2010/12/23 04:58)
[20] コール20 1stゲーム終[昆布](2010/12/23 04:58)
[21] コール21[昆布](2010/12/23 04:58)
[22] 幕間[昆布](2010/12/23 04:59)
[23] コール22[昆布](2010/12/23 04:59)
[24] コール23[昆布](2010/12/23 04:59)
[25] コール24[昆布](2010/12/23 04:59)
[26] コール25[昆布](2010/12/23 05:00)
[27] コール26[昆布](2011/06/20 03:08)
[28] コール27[昆布](2011/06/12 16:49)
[29] コール28 2ndゲーム始[昆布](2011/07/29 00:23)
[30] コール29[昆布](2014/01/25 05:06)
[31] コール30[昆布](2014/01/25 05:05)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[17872] コール4
Name: 昆布◆de1a5a25 ID:52360afa 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/12/23 04:53
瞼にカーテン越しの陽光を感じるが、目を開けるのが辛い。
無意識的に光を避けようとして体を横に向けようとしすると額に何か乗っていたらしくそれがずり落ちたらしかった。
何かと思って薄く眼を開けると濡れたタオルであった。
誰かが置いてくれたのだろうか、と疑問に思い、そして思考するにつれ頭が覚醒してきた。

誰かと話をしていた気がするが、頭が霞がかかったようにぼんやりとしてよく思い出せない。

重力に逆らい体を起こす。

・・・僕は確か、PSIを使おうとしてたら、頭が焼け切れるような熱を覚えて…
その後は記憶がない。気絶した、ということだろうか。
覚醒するにつれて頭がガンガンしてきた。思考するのもしんどい。


「あ、目が覚めた?」


何も考えないようにぼーっとしていると、マリーが扉の向こうから顔を覗かせた。


「まだ寝てた方がいいよ。シャオ君が言うにはPSIの暴走によるオーバーロードだって」


そう言うとマリーはテレキネシスで落ちていた濡れタオルを拾い上げ、桶に張ってあった水で再び冷やし、
そのままテレキネシスで手を使うこと無くタオルを絞っていた。
テレネキネシスには乱れが一切ない。


「オーバーロード?」


「うん。PSIコントロールできてなくて暴走しちゃったんだね。それで意識が飛んじゃったんだって」


「そっか・・・」


「ハイ、横になって」


絞ったタオルをそのままテレキネシスでこっちに向かわせ、マリーが言ってくる。頭もまだガンガンするし
特に拒む理由もないので大人しくマリーの言葉に従う。
冷えたタオルが心地いい。その感覚に気を向けて何も考えないでいると痛みが和らいでいくようだった。


「・・・すごいね、テレキネシスを完璧に操ってる。すごく丁寧だ」


額にきれいにたたまれて置かれているタオルを見てふと言った。
すると、マリーの顔に陰が生まれた。


「そんな・・・大した事じゃないよ。

凄さで言えばファイ君の方が全然上だよ・・・さっきは暴走しちゃってたけど、凄いPSIだった。私はあんな力持ってないよ」


「いやいや、謙遜することないんじゃない?

僕がこれやろうとしたら多分今度こそ目の前の妖精とおしゃべりするような感じになっちゃうし」


額のタオルを指差し言う。


「それはファイ君がまだPSIに慣れてないからだよ・・・私は昔から力持ってたから・・・慣れてるだけだよ」


マリーが俯きながら言う。表情は髪に隠れて見えない。


「じゃ、マリーは先輩ってことかな。その道9年の大先輩だ。よろしく、マリー先輩」


「えっ、で、でも私!そんな人に何か教えれるような人間じゃないよ!力も弱いし、ドジしてばっかりだし、何の取り柄もないし…」


ハッとマリーは顔を上げた。


「僕に無いもの持ってるじゃないか。PSIのコントロール技術とか。・・・自分とか」


「えっ?」


「いや、なんでも。まあ、マリーを羨ましいと思う所は一杯あるよ。そんなに自分に自信がない?マリーは自分が嫌い?」


体を起こしつつ言う。マリーの大きな目、その中心のエメラルドのような明るい緑の瞳をじっと見る。
マリーの瞳には戸惑うような成分が混じっている。


「あんまり好きじゃないかな・・・」


マリーが目を伏せた。


「じゃあ、これから自分のいいところ探して行こう。せっかく持ってる"自分"なんだからさ。

自分が自分を大事に思えるなら、周りと比べた自分なんて大したものじゃないよ。微力ながら手伝わせてほしいな。マリー先輩」


「せ、先輩はやめて!マリーでいいよぅ…」


マリーが少し頬を赤らめながら言う。


「でも元気、出たかな。ずっとつっかえてた物が取れたみたい。病人のファイ君に励まされて、

ごめんね、ホントは私が励ます側なのに・・・」


「いやいや、人間弱いもの同士支えあわなきゃ。

ま、でもなんか僕がへこんでるような時は声掛けてね。多分凄く喜ぶから」


「うん!・・・でもファイ君って不思議だね。なんだか、掴みどころがないというか、ふわふわしてる感じ。

まだ会ってすぐなのにすぐ近くにいても違和感がないみたい」


「そういうマリーは優しい感じだねぇ。近くにいるとつられて僕も優しい気持ちになれそうだよ。

あ、これもマリーの良いところだね。今なら一発までならたとえ殴られても笑って許せそうだ」


「ふふ、ありがとう」


「どういたしまして」


互いに微笑み合う。マリーの顔にはもう陰はなかった。
ホントに胸が暖かい。僕の中の優しい気持ちを濃くしたらこんな感じになるのだろうか。


・・・いや、ちょっと待て暖かいを通り越えて熱い!


熱い何かが胸に染み渡っていく。熱さが胸一杯になって、そして熱が波のように引いていく。
熱が完全に引いた時、僕はテレキネシスの扱い方を理解していた。

頭で、じゃない。魂で、本能的に。そしてその力がマリーの物だとも理解した。


「これは・・・!」


「じゃあ私行くね。ババ様にファイ君起きたって言わなきゃ」


そう言ってマリーは桶を持って晴れやかな顔で出て行こうとする。
その時。


「キャッ」


スリッパがもたついてマリーはバランスを崩した。

このままではマリーが転んでしまう。
そして桶の水でマリーも床もびしょびしょになってしまうだろう。

中身の水は桶から飛び出し、一瞬のみの芸術の形を成した。
目の前の景色がスローモーションのように見える。

今ならきっとできる!僕はとっさに腕を前に突き出した。

頭の中で理解したばかりの力を練る。
PSIとは想像の力!現実にイメージを現実に投影する力!

テレキネシス・プログラム 物体浮遊!そしてそのまま維持!!


・・・投影!!!


マリーの体が重力に従い地面へと吸い寄せられる。
しかし、地面と包容を交わす前にマリーの体はガクッと止まった。

突然の事で頭が追いつかず、困惑しながらマリーは顔を上げる。
目の前には時が凍ったかの様に水が芸術の形を維持していた。


「これはテレキネシス・・・?私じゃない・・・ファイ君・・・?」


ゆっくりとマリーの体は地面へと近づき、うつ伏せのまま着地した。
桶へと水は収まり、桶は何事もなかったかのようにそこに鎮座していた。


「大丈夫?」


体を捻り、振り返るとファイが屈みながら手を差し出していた。


「あ、ありがとう・・・それよりファイ君、今!」


「うん、ありがとうを言うのは僕の方かな。マリーのおかげだよ。

これはマリーの力だ。僕は貸して貰っただけ。マリーのおかげで僕はPSIを使えたんだ」


初めて操ったPSIは、不思議な感じだった。頭に奇妙な熱の余韻が残っている。
だが、その不思議な感覚は、やはり嫌じゃない。
むしろ喜びに近い感情が湧いている。まるで、失くしていたものが見つかったかのような…


「わ、私のおかげ・・・?」


マリーは僕の手を取りながら言う。


「うん、自分の事が少しだけ分かった気がする。だから、それも込めてありがとう」


「???」


マリーは僕が何を言っているのかよく分かっていないみたいだった。
それでもいい。

僕は、他人のPSIを借りる力、他人とPSIの波長をシンクロさせる力の持ち主。

マリーが僕の手をぎゅっと握ったので腕を引いた。


「っとと」


またマリーのバランスが崩れそうになったのでもう片方の腕をマリーの腰に当てた。
顔と顔の距離がぐっと近くなる。


「ご、ごめん・・・」


マリーが恥ずかしそうに目をそらす。
と、そこへ。


「マリー、まだそいつの世話してるの?いい加減切り上げなさい。そして今からアタシが漫画の魅力について語ってあげるから聞きなさい」


フレデリカがノックもしないで入ってきた。


「って!!!!!!!アンタ、マリーにナニしてんのよ!!!」


「ぐはァッ!!!」


フレデリカの黄金の左を顔面に受け僕は吹き飛んだ。


「マリーに何しようとしてた!?ナニしようとしたんでしょ!!!汚らわしい手でマリーに触れるんじゃない!!!

謝罪しろオラァァァァァァァァ!!」


「ガッ!グハッ!?おうふ!!!」


更に続けて流れるようにダッシュ肘鉄、アッパー、こめかみへの回し蹴りが炸裂した。

肘鉄は見事に僕の体の中心、水月に突き刺さり、僕の体はくの字に折れ曲がる。
間を置くことなく反対の拳で打ち出されたアッパーは綺麗に顎を打ち抜き、一瞬意識を刈り取られそうになった。

回し蹴りはこれでもかというほど美しい軌跡を描き、こめかみへと叩き込まれた。
パンツの柄のクマはにっこり笑っていた。


「落ち着いて!?フーちゃん!?というかナニって何!!?」


「チューよ・・・!あの体勢は間違いなく″無理やりチュー″だったわ!!!汚らわしい!」


「え!?いや、あの、その転んだところ起こして貰っただけなんだけど・・・」


「ハァ!?」


「ハァ!?はこっちの台詞じゃ無いですかねフレデリカさん。・・・表出ろおおおおォォォォ!!!」


僕はゆっくりと首をフレデリカ達に向けた。
初め向いてはいけない方を向いていたような気はしたけれども、それは今置いておいて。


「あぁっ!とうとうあの穏やかなファイ君が切れた!!

落ち着いてファイ君!さっき殴られても笑って許せるって言ってたじゃない!!」


「一発までならね!四発頂いたよ!!さぁて、じゃぁあお釣りは返さなきゃね・・・!!!」


「ちょっ!今回ばかりはアタシが悪かったわよ!!

・・・でもアンタも悪いんだからね!あんなに顔近くじゃそりゃ誤解するわよ!!この勘違いさせ野郎!!」


「言うに事欠いてそれか!!

オーケー、分かった・・・・・・戦争だァァァァ!!!!!」


体をふらりと起こしながらフレデリカに向けて宣言する。
ゆっくりとした足取りから急激に加速した。


「ま、待ちなさいよ!!!

クッ、かくなる上は・・・逃げね!!セクシーローズはそう簡単に捕まらないのよ!!」


「逃がすと思ったか!!!!待てええええぇぇぇ!!!」


フレデリカが一目散に扉の外へ駆けていく。
逃げたフレデリカを追って僕も飛び出して行った。


「もうおやめなさあああああああああい!!!!!」


マリーが後で何かを叫んでいたが、残念ながら今の僕の耳には届かない。
エルモア・ウッドは今日も平和のようだった。


◆◆◆



エルモアの部屋。

既に日が暮れてから久しいような時間。月明かりがカーテンの隙間から漏れ、部屋を薄く照らしている。
聞こえるのは、規則正しい呼吸の音一つのみ。静寂が部屋を支配していた。

しかし、突如として静寂が破られる。
老婆がうめき声をあげ始めたのだ。


――・・・夢をみていた


目の前の景色が、世界が、徐々に、だが確かに崩壊していく。
ビルは半ばから折れ、建造物は押しつぶされたかのようにひしゃげ、原型を留めず,
大地には無数の穴が刻まれ、地面が捲れ返り、隆起し、陥没し、地上は見る影もなくなっていった。

神の怒りに触れたかのような光景、それを上から見下ろすだけ。
何の抵抗も出来ずに蹂躙されていく。

世界の終末と言って差し支えないような、凄惨としか言い表せられないような光景が出来上がっていった。
そして、その身にも降り注ぐ脅威、それを目の前にしてエルモアははっきりと死を感じた。


「グッ・・・!ムゥ・・・」


そこで老婆は目を覚ました。


「・・・・・・なんじゃ今のは。気分が悪い。・・・蒸し暑いからかの・・・」


そう言って老婆は再び眠りにつくため寝がえりをする。

まだ老婆は気付いていない。
その悪夢が予知夢であることに。そう遠くない現実であることに。

凄惨な現実は、足音をたてずに忍び寄ろうとしていた。



◆◆◆



深夜。


天樹院古比流はエルモア・ウッドに帰って来ていた。
ネメシスQのゲームをクリアした時、そこは山陽地方だった。

伊豆から山陽まで飛ばされたことはどうでもいい。
金なら持っていたため、帰るのに困ったりするようなことはなかった。

そんなことよりも大事なことがある。古比流の頭はそれで一杯だった。


             ″未来″


それがネメシスQのゲームの正体。近々未来は崩壊する。
にわかには信じられないが、この目で確かに見た。

ネメシスQの正体や目的も気になる。何故人を未来へ飛ばすのか、何をさせたいのか。
そして、何故世界が崩壊するのか。

古比流は険しい顔をしながら、その日は一睡もしなかった。いや、できなかった。

平和に見える日常は、いずれ音と共に崩れ去る。
まだその時が来ていないだけ。



続く


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026751041412354