SS投稿掲示板




No.17066の一覧
[0] 【ネタ・ギャグ】まったりヴォルケンズ(はやて憑依、原作知識無し)[ネコスキー](2011/01/03 22:37)
[1] プロローグ[ネコスキー](2010/06/11 16:05)
[2] 一話[ネコスキー](2011/01/03 22:50)
[3] 二話[ネコスキー](2011/03/25 20:37)
[4] 三話[ネコスキー](2010/06/24 11:14)
[5] 四話[ネコスキー](2010/06/01 12:16)
[6] 五話[ネコスキー](2011/01/03 22:52)
[7] 六話[ネコスキー](2010/08/15 00:07)
[8] 七話[ネコスキー](2011/01/03 22:54)
[9] 八話[ネコスキー](2011/03/27 03:52)
[10] 九話[ネコスキー](2011/01/03 22:57)
[11] 十話[ネコスキー](2010/08/15 00:13)
[12] 十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:14)
[13] 十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:15)
[14] 十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:01)
[15] 十四話[ネコスキー](2011/01/03 23:02)
[16] 十五話[ネコスキー](2011/01/03 23:06)
[17] 番外編 一話[ネコスキー](2010/08/05 14:33)
[18] 番外編 二話[ネコスキー](2010/08/15 01:23)
[19] 十六話[ネコスキー](2010/08/05 14:40)
[20] 十七話[ネコスキー](2010/08/05 14:41)
[21] 十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:43)
[22] 十九話[ネコスキー](2010/08/05 14:45)
[23] 二十話[ネコスキー](2010/08/05 14:46)
[24] 二十一話[ネコスキー](2010/08/05 14:50)
[25] 二十二話[ネコスキー](2010/08/05 14:53)
[26] 番外編 三話[ネコスキー](2010/08/05 14:58)
[27] 番外編 四話[ネコスキー](2010/08/05 15:00)
[28] 二十三話[ネコスキー](2010/08/05 15:02)
[29] 二十四話[ネコスキー](2010/08/05 15:04)
[30] 二十五話[ネコスキー](2010/08/15 00:04)
[31] 二十六話[ネコスキー](2010/08/21 02:47)
[32] 二十七話[ネコスキー](2010/08/14 23:56)
[33] 二十八話[ネコスキー](2010/08/15 00:02)
[34] 二十九話[ネコスキー](2010/08/15 00:24)
[35] 三十話[ネコスキー](2010/08/15 00:34)
[36] 三十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:40)
[37] 三十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:47)
[38] 三十三話[ネコスキー](2010/08/15 00:53)
[39] 三十四話[ネコスキー](2010/08/15 00:59)
[40] 三十五話[ネコスキー](2010/08/15 01:05)
[41] 三十六話[ネコスキー](2010/08/15 01:08)
[42] 三十七話[ネコスキー](2010/08/15 01:12)
[43] 外伝 『賭博黙示録ハヤテ』[ネコスキー](2010/08/15 01:14)
[44] 番外編 五話[ネコスキー](2010/08/15 01:24)
[45] 番外編 六話[ネコスキー](2010/08/15 01:20)
[46] 三十八話[ネコスキー](2010/08/15 01:27)
[47] 三十九話[ネコスキー](2010/08/15 01:32)
[48] 外伝 『とあるオリ主の軌跡』[ネコスキー](2010/08/15 01:33)
[49] 四十話[ネコスキー](2010/08/15 01:37)
[50] 外伝 『シグナム観察日記』[ネコスキー](2010/08/15 01:49)
[51] 四十一話[ネコスキー](2010/08/15 01:56)
[52] 四十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:01)
[53] 四十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:05)
[54] 四十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:06)
[55] 四十五話[ネコスキー](2010/08/15 02:10)
[56] 四十六話[ネコスキー](2010/08/15 02:12)
[57] 外伝 『漢(おとこ)達の戦い』[ネコスキー](2010/08/15 02:15)
[58] 四十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:18)
[59] 四十八話[ネコスキー](2010/06/08 22:47)
[60] 外伝 『とあるオリ主の軌跡2』[ネコスキー](2010/06/12 16:11)
[61] 四十九話[ネコスキー](2010/06/13 15:18)
[62] 五十話[ネコスキー](2010/06/19 23:30)
[63] 五十一話[ネコスキー](2010/08/15 02:24)
[64] 五十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:32)
[65] 五十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:33)
[66] 五十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:39)
[67] 五十五話[ネコスキー](2010/07/01 12:48)
[68] 五十六話[ネコスキー](2010/07/04 14:42)
[69] 外伝 『とあるオリ主の軌跡3』[ネコスキー](2010/08/15 02:45)
[70] 外伝 『とあるオリ主の軌跡4』[ネコスキー](2010/07/21 14:38)
[71] 外伝 『それほど遠くない未来のとある一日』[ネコスキー](2010/08/05 14:51)
[72] 五十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:48)
[73] 五十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:07)
[74] 五十九話[ネコスキー](2010/08/06 17:11)
[75] 六十話[ネコスキー](2010/08/11 15:05)
[76] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その一』[ネコスキー](2010/08/15 02:54)
[77] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その二』[ネコスキー](2010/08/24 17:29)
[78] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その三』[ネコスキー](2010/08/30 13:06)
[79] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その四』[ネコスキー](2010/08/22 22:41)
[80] 六十一話[ネコスキー](2010/08/24 18:46)
[81] 六十二話[ネコスキー](2010/08/30 13:04)
[82] 外伝 『こんな感じでした』[ネコスキー](2010/09/02 14:29)
[83] 六十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:08)
[84] 六十四話[ネコスキー](2010/09/05 22:46)
[85] 外伝 『ザフィーラと狼と弁当と』[ネコスキー](2010/09/12 22:36)
[86] 六十五話[ネコスキー](2010/09/18 13:28)
[87] 六十六話[ネコスキー](2010/11/11 22:55)
[88] 外伝 『バレンタイン』[ネコスキー](2010/11/12 12:49)
[89] 六十七話[ネコスキー](2011/01/03 23:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[17066] 三十一話
Name: ネコスキー◆1fbd17da ID:08f46253 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/15 00:40
──sideなのは


「お帰りなさいませ、お嬢様、お坊ちゃま!」

「リカちゃーん、また来たよー」

「いつもありがと、なのはちゃん。……と、それではお席にご案内致します」

ユーノ君と共に入ったこのお店、名を『うみねこのなくゴロニャン』と言う。店員の女の子が皆メイド服とネコミミを装着しているという、通にはたまらないメイド喫茶だ。オマケに、みんな胸が大きいし。

「なのは、ユーノ、こっちだ」

入り口の近くの席に、椅子から立ってこちらに手を振る男の子が居る。

「あ、リカちゃん。あの男の子と相席にしてもらえるかな?」

「かしこまりました」

リカちゃんの先導の下、黒髪の男の子、クロノ君の居るテーブルに案内される私達。

「ご注文がお決まりになりましたら、お呼び下さいね」

私達が席につくと、リカちゃんはそう言って離れて行った。

「クロノ、久し振りだね。元気だったかい」

「まあ、元気な事は元気なんだが。仕事が忙しくてゲームをする暇が無いのが辛いところだな。君らが羨ましいよ」

やれやれ、といった風に肩をすくめるクロノ君。お仕事、お疲れ様です。

「特に最近はおかしな事件が続いててね。僕も調査に関わってるんだが、今日休みが取れたのが奇跡みたいなもんなんだよ」

「おかしな事件?」

首を傾げるユーノ君。私も気になるなぁ。

「……君らには話しても構わないか。いや実はね、ここ一ヶ月の間に様々な犯罪組織が壊滅してるんだよ。次元間での密輸入、人身売買、麻薬取引。そういった悪事を働く奴らが、次々と管理世界のボックス、いや、地域警邏隊が詰める駐在所の下に転送されてくるんだ。ボコボコにされた姿で、悪事を働いたという証拠付きでね」

へー、まるで正義の味方が居るみたいだなぁ。

「しかもただの犯罪組織じゃない。漆黒の翼、黒の騎士団、白き翼、リトルバスターズ。いずれも実力のある魔導師で構成された組織ばかりなんだ」

どっかで聞いたことある名前ばっかな気がする……

「クロノ君、その犯罪組織を潰しまくってる人……集団? の正体って分からないの?」

「ああ、いまだに判明していない。一体何者なんだか……」

ミルクティーをすすりながら思案するクロノ君。本当に何者なんだろうね?

「あ、いや、すまない。君らには関係の無い話だ。気にしないでくれ。それより、今日はもっと大事な話があったんだな」

「うん。きたるべき冬に向けてのミーティングだね」

そう、今日ここに集まったのは他でもない、冬コミに対する作戦会議をするためなのだ。夏の二の舞にならぬよう、しっかりとしたプランを考えなくてはならない。

「その件なんだがな、実は母さんも冬に参加出来ることになったんだ」

「リンディさんも!?……てことは!」

「ああ。子どもだけではチェックイン出来なかった、ビッグサイトの近くのホテルに泊まることが出来る。そうすれば……」

始発組に大きな差をつけることが出来る!

「クロノ君!」

「クロノ!」

ガタッ! と椅子をけたてて立ち上がり、テーブルの上にある対面に座るクロノ君の手を握る。

『持つべきものは、オタ友だ!』

「ふ、よせよ。照れるじゃないか」

やったやった。徹夜組には負けてしまうが、これなら前回よりかなり前の方に並べるはずだ。

「二人とも、喜ぶのはそこまでにして、具体的なプランを話し合おうじゃないか。二人には今回もファンネルとして働いてもら──」

と、そこでクロノ君の言葉が止まる。入り口を見たまま固まってるけど、どうしたのかな?

「お帰りなさいませ、お嬢様!」

「ええ乳しとるやんけ」

「ありがとうございます。それでは、奥のお席へどうぞ」

「ウィース」

私も釣られて入り口を見てみると、そこに居たのは綺麗なおねーさん。長身で髪をポニーテールにしている、カッコイイ系の女性だ。

「……お? すんまそーん、この小僧らと一緒の席でお願いしまする」

「お知り合いでしたか。かしこまりました」

「えっ? ちょっ」

見知らぬおねーさんが私の顔を見たかと思うと、メイドさんにそう告げてクロノ君の隣に座ってしまった。何で?

「……その胸、その声、その喋り方。まさか、ゼロさん!?」

じっとおねーさんを見ていたユーノ君が驚きの声をあげる。って、あの時の魔導師? 本当に?

「んあー? ああ、お前もしかしてあの時の獣け?」

本当なんだ。

「はい! そうです! 僕、ユーノって言います! 以後、お見知り置きを!」

今まで見たことが無いテンションで自己紹介するユーノ君。……惚れたっていうのは嘘じゃなかったのかな。

「あ、あの、私はなのはって言います。お久し振りですね」

「うん、おひさー。一人でお茶するのもなんだから一緒したいんだけど、構わないっしょ?」

「ももも勿論ですとも! ねえ、なのは、クロノ。いいよね? いいって言え!」

ユーノ君がテンパっている……仕方ない、人の恋路を邪魔しちゃいけないよね。

「私は構いませんよ。むしろオタクは大歓迎です。ねえ、クロノ君。……クロノ君?」

さっきからおねーさんの顔を見たまま黙っているけど、一体……

「……封時結界!」

『なっ!?』

突然デバイスを展開して結界をはるクロノ君。何してるのさ。

「ク、クロノ君?」

「離れろっ、なのは、ユーノ! そいつは危険だ!」

危険? どこが? 胸が?

「おいおい、何してくれちゃってんのさ。せっかくの午後のティータイムが台無しじゃん」

「とぼけるな! 守護プログラムの分際で!」

守護プログラム? 何それ?

「クロノ! 失礼じゃないか」

激昂するユーノ君。好きな人をそんな風に言われたら、そりゃ怒るよねぇ。

「あー、ちょい待ち。クロノっつったっけ? テメーはあちきを何だと思ってるわけ? そもそもお前は何者ですのん?」

「僕は時空管理局執務官、クロノ・ハラオウン。そしてお前は闇の書の守護プログラム、シグナムだ。過去のデータに名前と顔が残ってるんだ。言い逃れは出来んぞ」

喧嘩を売るように睨み付けながら答えるクロノ君。

「ハッ、ざーんねーんでしたー。拙者の名前はマルゴッドでござる。しかも守護プログラムなんてものでもござらんよー」

本名はマルゴッドさんていうのか。やっと名前を知ることが出来たよ。

「マルゴッド……なんて素敵な名前なんだ」

ユーノ君がなんか言ってる。しかし、そんなことは気にも止めず口早にまくし立てるクロノ君。

「ぐ、戯れ言を。ならば証拠を見せてみろ。そうすれば信じてやる」

「証拠って言われてもにゃー。どうすりゃいいわけ?」

「……守護プログラムはベルカ式の魔法しか使わん。貴様がミッド式の魔法を使うことが出来たら信じてやろう」

ベルカ式? なんだろそれ。

「言ったな? 言っちゃったな? ならば後悔するがいい。……スラッシュリッパー!」

マルゴッドさんが叫ぶと、彼女の眼前に見慣れた形の魔方陣が浮かび上がり、その周りに円盤型の光の塊が次々と現れた。小さい気円斬みたいだ。

「なぁっ!?」

目を剥き、驚愕の声をあげるクロノ君。どうやら思惑が外れたようだ。発現した魔方陣を見てプルプルと震えている。

「ば、ばかな……」

「あっれー、さっきはなんて言ったんだっけー? ミッド式が使えたら、えっとー?」

クロノ君をいじめて楽しむマルゴッドさん。凄い楽しそうだ。というか笑顔が邪悪だ。

「………す、すまない」

ぼそっと呟くようなか細い声を発するクロノ君。

「あー? 聞こえんなー?」

「すまない! 人違いだったようだ。あまりにも顔が似てるから、つい……」

「ハッ、これからは気を付けてくれたまえよ、チミィ?」

「うぐぅ……」

屈辱だ、という感じにうめくうっかりクロノ君。人違いだったんだね。お騒がせだなぁ、もう。

「……その、お詫びといってはなんだが、ここの払いは僕にさせてくれ。好きなものやサービスを頼んでくれても構わない」

「お、話が分かるじゃん。そういう殊勝な子どもは僕大好きだよん」

そう言うと、クロノ君を引き寄せて頭を撫で回すマルゴッドさん。あ、胸が頭に当たってる。

「や、止めてくれ」

とか言いつつ満更でもなさそうなエロノ、じゃなくてクロノ君。やはり胸か。胸がいいのか。

「ぎぎぎぎぎぎ……」

そんな光景を見て歯をくいしばりながらユーノ君が血涙を流している。うわぁ。




「ゴロニャン特大パフェ、お待たせ致しました」

「待ってました!」

誤解も解けて結界を解除した後、私達は4人でお茶をすることになった。ついでだ、と言って、クロノ君が私とユーノ君の分まで奢ってくれるとのこと。やったね。

「ん~、うまい、甘い、でかい」

パフェを頼んだマルゴッドさんは、運ばれてくると同時にスプーンに手を伸ばし、そびえるチョコやクリームの山を勢いよく崩していく。一人で食べきれるのかな?

「その、マルゴッドさんはこの町に住んでいるんですよね? この前もこの近くで会ったし」

興味津々といった様子で尋ねるユーノ君だが、私も気になる。

「そうだよん。ちなみに仕事は掃除と洗濯をやってます。ニートとは違うのだよ、ニートとは」

「ヘルパーのお仕事をされてるんですか?」

「まあ、そんなもん?」

へえ、素敵な仕事じゃないか。

「あの、ぶしつけな質問なんですけど、か、彼氏とかはいるんでしょうか?」

いきなりユーノ君が攻略に入った! いつもの控えめな印象はなりを潜めて、獲物を狙う肉食系男子の姿がそこにはあった。

「彼氏~? そんなんいるわけないっしょ」

「イエス! イエス!」

ユーノ君、その反応はどうかと思うよ。

「では、と、年下の男はお嫌いですか?」

「年下ね~。……あ、こんな子だったらわりと好みかな?」

隣でおかわりしたミルクティーを飲んでいたクロノ君の頭をなでなでする。クロノ君、顔が真っ赤だ。

「ふぬぬぬぬぬ……」

ここまで怒りをあらわにするユーノ君を初めて見たよ。

「ジャンケン大会、始まるよ~!」

「お?」

突然、マイクを持った猫耳メイドが中央奥にあるステージ上に現れた。おっと、今日はこのイベントがあったんだ。

「なんすか、あれ?」

「その名の通りジャンケン大会ですよ。店内に居る客があの人とジャンケンして、三回連続で勝てたら一緒に写真撮影してもらえるんです」

「ほう」

私の説明に頷くマルゴッドさん。よぉーし、今日こそ勝つんだから。

「準備はオーケー? それじゃ、ジャンケン、ニャン!」




「おめでとうございます! そちらのポニーテールの方、こちらに来ていただけますか」

なんと、マルゴッドさんが三回連続で勝ってしまった。いいなぁ。

「ん? 小娘、もしかして写真撮影したいのか?」

「え? まあ、そりゃあ……」

「すんません、連れも一緒に撮影してもらっていいすか?」

え?

「三名様まででしたら大丈夫です」

「よし、んじゃ全員で写るべ」

「……いいんですか?」

「オーケーさぁ。お茶に付き合ってくれてるお礼じゃん」

やっぱり良い人だ!

「それではこちらに並んでくださーい」

メイドさんが呼んでいる。ああ、初めての写真撮影。まさにメイドインヘブン!

「小僧共、もっとちこう寄れ。はみ出るぞ」

「は、はいぃ!」

「は、恥ずかしいな」

カメラの前に並ぶ私達。周りにはメイドさんが沢山。いやっふぅー!

「それじゃ、撮りますよー。いち、にの、ニャン!」

パシャッ!




「拙者はこれでおいとまするでござる。また、どこかで会おう」

「はい。写真撮影、ありがとうございました」

「また、また絶対会いましょう! その時はきっと……」

「その、迷惑をかけたな。縁があれば、また」

写真撮影の後マルゴッドさんはそう告げて去って行った。またいつか会えるよね。

あれ? クロノ君の様子が変だな。

「クロノ君。どうしたの?」

「……さっきから胸のドキドキが止まらないんだ。これはまさか、恋?」

『ちょっ!?』

また!? 胸なの!? やっぱり胸がいいの!?


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028889894485474