SS投稿掲示板




No.17066の一覧
[0] 【ネタ・ギャグ】まったりヴォルケンズ(はやて憑依、原作知識無し)[ネコスキー](2011/01/03 22:37)
[1] プロローグ[ネコスキー](2010/06/11 16:05)
[2] 一話[ネコスキー](2011/01/03 22:50)
[3] 二話[ネコスキー](2011/03/25 20:37)
[4] 三話[ネコスキー](2010/06/24 11:14)
[5] 四話[ネコスキー](2010/06/01 12:16)
[6] 五話[ネコスキー](2011/01/03 22:52)
[7] 六話[ネコスキー](2010/08/15 00:07)
[8] 七話[ネコスキー](2011/01/03 22:54)
[9] 八話[ネコスキー](2011/03/27 03:52)
[10] 九話[ネコスキー](2011/01/03 22:57)
[11] 十話[ネコスキー](2010/08/15 00:13)
[12] 十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:14)
[13] 十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:15)
[14] 十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:01)
[15] 十四話[ネコスキー](2011/01/03 23:02)
[16] 十五話[ネコスキー](2011/01/03 23:06)
[17] 番外編 一話[ネコスキー](2010/08/05 14:33)
[18] 番外編 二話[ネコスキー](2010/08/15 01:23)
[19] 十六話[ネコスキー](2010/08/05 14:40)
[20] 十七話[ネコスキー](2010/08/05 14:41)
[21] 十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:43)
[22] 十九話[ネコスキー](2010/08/05 14:45)
[23] 二十話[ネコスキー](2010/08/05 14:46)
[24] 二十一話[ネコスキー](2010/08/05 14:50)
[25] 二十二話[ネコスキー](2010/08/05 14:53)
[26] 番外編 三話[ネコスキー](2010/08/05 14:58)
[27] 番外編 四話[ネコスキー](2010/08/05 15:00)
[28] 二十三話[ネコスキー](2010/08/05 15:02)
[29] 二十四話[ネコスキー](2010/08/05 15:04)
[30] 二十五話[ネコスキー](2010/08/15 00:04)
[31] 二十六話[ネコスキー](2010/08/21 02:47)
[32] 二十七話[ネコスキー](2010/08/14 23:56)
[33] 二十八話[ネコスキー](2010/08/15 00:02)
[34] 二十九話[ネコスキー](2010/08/15 00:24)
[35] 三十話[ネコスキー](2010/08/15 00:34)
[36] 三十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:40)
[37] 三十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:47)
[38] 三十三話[ネコスキー](2010/08/15 00:53)
[39] 三十四話[ネコスキー](2010/08/15 00:59)
[40] 三十五話[ネコスキー](2010/08/15 01:05)
[41] 三十六話[ネコスキー](2010/08/15 01:08)
[42] 三十七話[ネコスキー](2010/08/15 01:12)
[43] 外伝 『賭博黙示録ハヤテ』[ネコスキー](2010/08/15 01:14)
[44] 番外編 五話[ネコスキー](2010/08/15 01:24)
[45] 番外編 六話[ネコスキー](2010/08/15 01:20)
[46] 三十八話[ネコスキー](2010/08/15 01:27)
[47] 三十九話[ネコスキー](2010/08/15 01:32)
[48] 外伝 『とあるオリ主の軌跡』[ネコスキー](2010/08/15 01:33)
[49] 四十話[ネコスキー](2010/08/15 01:37)
[50] 外伝 『シグナム観察日記』[ネコスキー](2010/08/15 01:49)
[51] 四十一話[ネコスキー](2010/08/15 01:56)
[52] 四十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:01)
[53] 四十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:05)
[54] 四十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:06)
[55] 四十五話[ネコスキー](2010/08/15 02:10)
[56] 四十六話[ネコスキー](2010/08/15 02:12)
[57] 外伝 『漢(おとこ)達の戦い』[ネコスキー](2010/08/15 02:15)
[58] 四十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:18)
[59] 四十八話[ネコスキー](2010/06/08 22:47)
[60] 外伝 『とあるオリ主の軌跡2』[ネコスキー](2010/06/12 16:11)
[61] 四十九話[ネコスキー](2010/06/13 15:18)
[62] 五十話[ネコスキー](2010/06/19 23:30)
[63] 五十一話[ネコスキー](2010/08/15 02:24)
[64] 五十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:32)
[65] 五十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:33)
[66] 五十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:39)
[67] 五十五話[ネコスキー](2010/07/01 12:48)
[68] 五十六話[ネコスキー](2010/07/04 14:42)
[69] 外伝 『とあるオリ主の軌跡3』[ネコスキー](2010/08/15 02:45)
[70] 外伝 『とあるオリ主の軌跡4』[ネコスキー](2010/07/21 14:38)
[71] 外伝 『それほど遠くない未来のとある一日』[ネコスキー](2010/08/05 14:51)
[72] 五十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:48)
[73] 五十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:07)
[74] 五十九話[ネコスキー](2010/08/06 17:11)
[75] 六十話[ネコスキー](2010/08/11 15:05)
[76] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その一』[ネコスキー](2010/08/15 02:54)
[77] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その二』[ネコスキー](2010/08/24 17:29)
[78] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その三』[ネコスキー](2010/08/30 13:06)
[79] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その四』[ネコスキー](2010/08/22 22:41)
[80] 六十一話[ネコスキー](2010/08/24 18:46)
[81] 六十二話[ネコスキー](2010/08/30 13:04)
[82] 外伝 『こんな感じでした』[ネコスキー](2010/09/02 14:29)
[83] 六十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:08)
[84] 六十四話[ネコスキー](2010/09/05 22:46)
[85] 外伝 『ザフィーラと狼と弁当と』[ネコスキー](2010/09/12 22:36)
[86] 六十五話[ネコスキー](2010/09/18 13:28)
[87] 六十六話[ネコスキー](2010/11/11 22:55)
[88] 外伝 『バレンタイン』[ネコスキー](2010/11/12 12:49)
[89] 六十七話[ネコスキー](2011/01/03 23:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[17066] 十八話
Name: ネコスキー◆1fbd17da ID:82b7820c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/05 14:43
「時は満ちた……」

テンションがうなぎ登りの神谷ハヤテです。




今日の日付は8月12日。お盆直前だ。一般的な家庭ならば、提灯(ちょうちん)を飾ったり、ご先祖様を迎えるための準備をしたりと、なにかと忙しい日々を送る時期である。

しかし、私にはそんなの全く関係が無い。祀(まつ)るご先祖様の顔なんて見たことも無い、というか両親の顔さえ見たことが無い今の私にとって、お盆なんて有って無いようなものだ。加えて、同居人達は日本どころか地球出身ですらなく、先祖を祀るなんて風習にこれっぽっちも興味は無いため、我が家はいつも通り、まったりとした時間を過ごしていた。……今日、この時までは。

「またですかい。今度は山ですか? それともハワイにでも旅行っすか? いい加減思いつきで行動すんのはよせっつーの」

失礼だなぁ、シグナムさんは。 そこまで猪突猛進になった覚えはないのに。

「明日が何の日か、分かりませんか?」

夕食後のだら~っとしている姿の皆を見回してみる。あ、ヴィータちゃんだけピクッと反応した。どうやら知っていたようだ。

「……行くのかよ、あそこに」

「ええ、勿論。あ、今回は強制ではないですからね?」

流石に今回の場所は、私のエゴで連れていくには酷だしね。

「主よ、どこに行こうというのだ?」

ザフィーラさん、その言葉を待っていた。

「……戦場ですよ。自らの欲望を満たす為の、ね」

「ご託はいいから、さっさと場所を言え、オッパイ星人」

……空気読んで下さいよ、ニートさん。もう、仕方ないなぁ。

「有明の東京ビッグサイト、そこで行われるコミックマーケットですよ」

「コミックマーケット? マンガでも買いに行くのかしら」

「まあ、あながち間違ってはいませんよ、シャマルさん。ただ、今回の目的は参加することにあるんですがね」

「?」

そう、今回は会場の空気を感じられればそれで良い。母様から禁止されていたコミケ参加がやっと解禁されたのだ。これから行く機会は何度もあるだろう。ならば最初の一回くらいは、商品求めて奔走するのを自重して、ゆっくりと見て回ることにしよう。勿論欲しい商品はあるが、通販や委託販売で大抵は手に入るだろうから、無理をする必要は無いし。

「なあ、マジで行くのかよ。夏のあそこはかなりキツイって聞くぜ。暑さとか色々」

「対策をしていけば何とかなるでしょう、たぶん。それにしても、よくコミケを知っていましたね、ヴィータちゃん。リレー小説の時もそうでしたが」

「ネットサーフィンしてりゃ、自然とそういう知識が手に入るんだよ」

普段どんなサイトを見てるんだろうか、この子は。

「それにドリキャスのコミパなんて、もろビッグサイトが舞台じゃねえか」

ああ、そういえばヴィータちゃんに勧めたっけ、あのゲーム。

と、そこでザフィーラさんが話し掛けてきた。

「話から察するに、かなりの暑さが待っているのだな? ならば我は辞退させてもらおう。太陽光は我の敵だ」

身体中に毛が生えてますからね。夏はキツそうだ。

「私も右に同じ。マンガとかに興味無いのよねぇ」

シャマルさんもダメか。マンガだけという訳ではないんだけど……まあ、聞くだけ無駄か。

「……はぁ。しょうがねぇ。ハヤテ一人だけ遠出させる訳にもいかねえし、あたしも行くよ」

ええ子や!

「……ヴィータちゃん、確か鍵っ子でしたよね?」

「ん? ああ、渚と真琴は私の嫁だけど、それが?」

「企業ブースで好きな商品買って良いですよ」

「マジでか!? 抱き枕カバーにしようかな〜。いや、人形も捨てがたいな」

しっかり商品チェックしてるとは、ヴィータちゃんも侮れなくなってきたな……

「シグナムさんは、やっぱり家でのんびりしてますか?」

「いんや、あちきもお供するじぇ」

なんと。てっきり家に引き込もって、ポケモンのW○-Fi対戦に夢中になるものかと思ってたよ。このドーブルはワシが育てた、とか言って自慢してたのに。

「珍しいですね。暑くなってきてから、あまり外に出なくなったのに」

「ん~、何だか戦いの予感がするんだよね、ビシバシと。久し振りにバトル出来るような気がしてさぁ」

「……お願いですから、いきなり人を襲わないで下さいね」

突然怖いことを言わないでいただきたいものだ。

「では、ヴィータちゃんとシグナムさんが参加。ザフィーラさんとシャマルさんが居残りということで。留守番お願いしますね?」

「任された!」

「はいはーい。楽しんでらっしゃいね」

頼もしいことこの上ないね。実際、泥棒や強盗なんか一捻りだろうし。

「さて、明日は早くに出るのでもう寝ましょうか」

「もう寝るんすか。まだ八時だっぜ」

「始発に乗るんです。これくらいがちょうど良いでしょう」

世の中には徹夜組なんて人達も居るらしいが、そんなのはマナーがなってない事極まりない。……実際にはアホみたいな人数がいるらしいけど。カタログの規約をよく読めってんだ。

「どうせだったら、私が転移魔法で送ってあげるわよ?」

「断固拒否します」

以前、病院まで魔法で送ってもらったことがあるのだが、まさか屋上の十数メートル上に飛ばされるとは思わなかった。グレン号のあの能力が無かったら、潰れたトマトになるところだったよ。それに……

「ビッグサイトへの道のりを楽しむ事も、コミケ参加の醍醐味だと思いますから」

動画や画像で見たことがあるけど、本当にあんな感じなのかな? 今から楽しみだ。

「ハヤテはマジで変わりもんだな。あたしはあの光景を想像しただけで気分悪くなるんだけど」

やっぱりヴィータちゃんも見たことあったか。

「二人で何の話してんすか?」

「明日になれば分かりますよ」

ああ、楽しみだ。こんな興奮した状態で眠れるかなぁ。なんてことを考えながら、皆がいつも寝る部屋へと足を進める私。

「そういや、シグナムに壊されたベッド、新調したんだよな。あっちじゃ寝ないのか? あたし達と雑魚寝じゃ狭いだろ」

「ヴィータちゃん。それは言わぬが花ですよ」

やっぱり、人肌を感じて寝たいんです。こう見えてもまだ子どもですからね、私。

「朝起きると決まって胸に顔をうずめた少女が居る件について」

……人肌が、恋しいんです。




目が覚めると、予定していた時間をオーバーしていた。

「寝坊したぁぁー!?」

なんてこったい。目覚ましはきちんとセットしといたはずなのに……あ、剣で真っ二つに斬られてる。

「シグナムさぁーん!?」

隣で剣を抱えながら寝ているアホを叩き起こす。

「うるせえっすよ、ぼてくりまわすぞ」

「そのセリフは前にも聞きました。アンタなにしちゃってんですか、目覚まし時計たたっ斬るなんて」

「ん? おお、我ながら素晴らしい切れ味だ。……寝惚けてやっちゃったみたいでござる、てへ」

この人はもう!……まあいい、今はヴィータちゃんを起こさないと。

「ヴィータちゃん、起きて下さい。始発が出てしまいますよ」

壁に掛かった時計を確認したが、今から出ればまだ始発に間に合う時間帯だった。コミケ参加は始発。オタクたる者、これは遵守せねばならない鉄のオキテだ。

「んぉ?……ああ、おはよ、ハヤテ」

「はい、おはようございます。時間が押してますから、手早く準備をお願いしますね」

「んん、りょーかい」

まだ少し寝惚けてるが、大丈夫だろう。……問題はこっちの目覚ましクラッシャーだ。起きたと思ったらまた布団に潜り込んでやがる。

「起きろっ、このっ!」

「待って~、あと五分~」

「その五分が命取りなんだよ! ……そぉい!!」

布団を剥ぎ取り頬っぺたにビンタをかます。このっ、このっ!

「アタタ、ちょ、やめ……やめろって言ってんだろ!」

やっと起きたか。とんだ寝坊助だよ、まったく。

「顔洗って目を覚まして来て下さいね」

「もう十分覚めたでヤンスよ」

そいつは重畳(ちょうじょう)。さて、私も準備しないと。

「騒がしいわね。……あら、おはよう。もう出るのね」

「むう……気を付けるのだぞ」

シャマルさんとザフィーラさんも起き出したようだ。

「ええ、夜には帰りますので。遅くなるようだったら連絡しますね。では、行ってきます」

「あと……五分……」

「アンタも来るんだよ!」



『行ってきま~す』

着替えを済ませ素早く出発の準備を整えた私達は、まだ太陽が出ていない薄暗い道を駅へと向かって進んでいた。早朝とはいえ、真夏なだけあって気温は高めだ。日が昇ればさらに高くなるだろう。

今私は、グレン号のバッテリーを少しでも節約するために、シグナムさんに押してもらっている。今日一日稼働しっぱなしでは、バッテリーが切れる可能性があるからだ。もしかしたら、グレン号の能力を発動する時が来るかもしれないしね。まあ、一応予備のバッテリーは持ってきてるんだけど。

「主ハヤテ、この坂をダッシュで下ると、とても気分が良さそうなんだが」

「さっきのビンタのお返しですか? 胸はでかいのに心は狭いんですね」

「ぬぬぬ」

「ふふふ」

「喧嘩してんの? お前ら」

しばらくシグナムさんと舌戦を繰り広げていると、駅が見えてきた。少し大人げなかったかな?……仕方ない、謝るか。

「シグナムさん、そろそろ仲直りしましょう。さっきはビンタしてごめんなさい。興奮して、気が立ってたんです」

「ふ、ふん! 許してあげなくもないんだからね!」

「なんでツンデレなんだよ」

良かった。許してくれたようだ。

「では、仲直りしたところで電車に乗りましょうか」

改札を抜け、ホームへと足を運ぶ。発車まで……あと五分か。危なかった。

発車間近の電車に乗り込み、席に着く。といってもシートに座るのはシグナムさんとヴィータちゃんだけで、私は元から座ってるけど。

しかし……

「結構居ますね、同じ穴のムジナが」

「ああ、居るな」

周りを見渡すと、スーツを着たサラリーマンなんぞは見当たらず、携帯ゲームや携帯電話を手にしている人物ばかり。この人達は、私達と同じ目的地を目指していると直感で分かる。あ、表紙剥き出しのラノベ読んでる人まで。なかなかの強者だ。

「まあ、こんなのはまだ序の口でしょうね」

「……これがピークだったらどれだけ良かったか」

「だから二人でなに話してんじゃい」

すぐに分かりますよ。




「……なるへそ。こういうことっすか」

「こういうことだ」

始発が発車して三つほど駅を通過した辺りで一気に人が増えた。特に、バッグやでかい袋みたいな物を持った男性が。想像はしてたが、なるほど、これが有名なオタクラッシュか。現場にいるという実感がひしひしと伝わってきて、実に感慨深い。

「なんか浸ってるとこ悪いんだけどよぉ、あたしら、めっちゃ浮いてるよな」

「それもあるけど、暑苦しくてたまらんでござる」

やっぱり、女三人、しかも内二人は幼女というメンツは、この場では少々目立つなぁ。

「おそらくまだまだ増えるでしょう。気を引き締めていかないと、有明に着くまでにバテてしまいますよ?」

「まだ増えるんかい」

「あたしは来て早々に後悔してるよ……」

だらしないなぁ。

「さあて、ビッグサイトに着くまでに、鬼が出るか、蛇が出るか、楽しみですね」

『オタクしか出ねぇよ』


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.034356117248535