SS投稿掲示板




No.17066の一覧
[0] 【ネタ・ギャグ】まったりヴォルケンズ(はやて憑依、原作知識無し)[ネコスキー](2011/01/03 22:37)
[1] プロローグ[ネコスキー](2010/06/11 16:05)
[2] 一話[ネコスキー](2011/01/03 22:50)
[3] 二話[ネコスキー](2011/03/25 20:37)
[4] 三話[ネコスキー](2010/06/24 11:14)
[5] 四話[ネコスキー](2010/06/01 12:16)
[6] 五話[ネコスキー](2011/01/03 22:52)
[7] 六話[ネコスキー](2010/08/15 00:07)
[8] 七話[ネコスキー](2011/01/03 22:54)
[9] 八話[ネコスキー](2011/03/27 03:52)
[10] 九話[ネコスキー](2011/01/03 22:57)
[11] 十話[ネコスキー](2010/08/15 00:13)
[12] 十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:14)
[13] 十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:15)
[14] 十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:01)
[15] 十四話[ネコスキー](2011/01/03 23:02)
[16] 十五話[ネコスキー](2011/01/03 23:06)
[17] 番外編 一話[ネコスキー](2010/08/05 14:33)
[18] 番外編 二話[ネコスキー](2010/08/15 01:23)
[19] 十六話[ネコスキー](2010/08/05 14:40)
[20] 十七話[ネコスキー](2010/08/05 14:41)
[21] 十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:43)
[22] 十九話[ネコスキー](2010/08/05 14:45)
[23] 二十話[ネコスキー](2010/08/05 14:46)
[24] 二十一話[ネコスキー](2010/08/05 14:50)
[25] 二十二話[ネコスキー](2010/08/05 14:53)
[26] 番外編 三話[ネコスキー](2010/08/05 14:58)
[27] 番外編 四話[ネコスキー](2010/08/05 15:00)
[28] 二十三話[ネコスキー](2010/08/05 15:02)
[29] 二十四話[ネコスキー](2010/08/05 15:04)
[30] 二十五話[ネコスキー](2010/08/15 00:04)
[31] 二十六話[ネコスキー](2010/08/21 02:47)
[32] 二十七話[ネコスキー](2010/08/14 23:56)
[33] 二十八話[ネコスキー](2010/08/15 00:02)
[34] 二十九話[ネコスキー](2010/08/15 00:24)
[35] 三十話[ネコスキー](2010/08/15 00:34)
[36] 三十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:40)
[37] 三十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:47)
[38] 三十三話[ネコスキー](2010/08/15 00:53)
[39] 三十四話[ネコスキー](2010/08/15 00:59)
[40] 三十五話[ネコスキー](2010/08/15 01:05)
[41] 三十六話[ネコスキー](2010/08/15 01:08)
[42] 三十七話[ネコスキー](2010/08/15 01:12)
[43] 外伝 『賭博黙示録ハヤテ』[ネコスキー](2010/08/15 01:14)
[44] 番外編 五話[ネコスキー](2010/08/15 01:24)
[45] 番外編 六話[ネコスキー](2010/08/15 01:20)
[46] 三十八話[ネコスキー](2010/08/15 01:27)
[47] 三十九話[ネコスキー](2010/08/15 01:32)
[48] 外伝 『とあるオリ主の軌跡』[ネコスキー](2010/08/15 01:33)
[49] 四十話[ネコスキー](2010/08/15 01:37)
[50] 外伝 『シグナム観察日記』[ネコスキー](2010/08/15 01:49)
[51] 四十一話[ネコスキー](2010/08/15 01:56)
[52] 四十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:01)
[53] 四十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:05)
[54] 四十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:06)
[55] 四十五話[ネコスキー](2010/08/15 02:10)
[56] 四十六話[ネコスキー](2010/08/15 02:12)
[57] 外伝 『漢(おとこ)達の戦い』[ネコスキー](2010/08/15 02:15)
[58] 四十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:18)
[59] 四十八話[ネコスキー](2010/06/08 22:47)
[60] 外伝 『とあるオリ主の軌跡2』[ネコスキー](2010/06/12 16:11)
[61] 四十九話[ネコスキー](2010/06/13 15:18)
[62] 五十話[ネコスキー](2010/06/19 23:30)
[63] 五十一話[ネコスキー](2010/08/15 02:24)
[64] 五十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:32)
[65] 五十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:33)
[66] 五十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:39)
[67] 五十五話[ネコスキー](2010/07/01 12:48)
[68] 五十六話[ネコスキー](2010/07/04 14:42)
[69] 外伝 『とあるオリ主の軌跡3』[ネコスキー](2010/08/15 02:45)
[70] 外伝 『とあるオリ主の軌跡4』[ネコスキー](2010/07/21 14:38)
[71] 外伝 『それほど遠くない未来のとある一日』[ネコスキー](2010/08/05 14:51)
[72] 五十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:48)
[73] 五十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:07)
[74] 五十九話[ネコスキー](2010/08/06 17:11)
[75] 六十話[ネコスキー](2010/08/11 15:05)
[76] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その一』[ネコスキー](2010/08/15 02:54)
[77] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その二』[ネコスキー](2010/08/24 17:29)
[78] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その三』[ネコスキー](2010/08/30 13:06)
[79] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その四』[ネコスキー](2010/08/22 22:41)
[80] 六十一話[ネコスキー](2010/08/24 18:46)
[81] 六十二話[ネコスキー](2010/08/30 13:04)
[82] 外伝 『こんな感じでした』[ネコスキー](2010/09/02 14:29)
[83] 六十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:08)
[84] 六十四話[ネコスキー](2010/09/05 22:46)
[85] 外伝 『ザフィーラと狼と弁当と』[ネコスキー](2010/09/12 22:36)
[86] 六十五話[ネコスキー](2010/09/18 13:28)
[87] 六十六話[ネコスキー](2010/11/11 22:55)
[88] 外伝 『バレンタイン』[ネコスキー](2010/11/12 12:49)
[89] 六十七話[ネコスキー](2011/01/03 23:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[17066] 十一話
Name: ネコスキー◆1fbd17da ID:9dd4cd1a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/15 00:14
「取り敢えず、もちつけ」

場をいさめる神谷ハヤテです。





私の一言によって我を取り戻したちびっこを尻目に、私は考えをまとめることにした。

今のこの場の状況は、まさにカオス。いきなり家に侵入したキャッ○アイ+喋る犬が何やらおかしな事ばかり言っている。

オマケに私を主と呼び、かしづいて頭を垂れる始末。

うん、考えなんてまとまるわけがない。

ここはやはり、大人しく事情とやらを聞くのが吉か。

「それじゃあ、落ち着いたようなので、聞かせてもらいますよ。事情というのを」

「あ、その前になんか飲み物もらっていいすか? 喉乾いちゃって」

「お前もう黙ってろ!」

「私も欲しいわぁ。赤いのが」

「お前も黙ってろ! あたしが全部説明するから!」

「我が名は……ザフィーラ!……特技は──」

「それはもういい!」

話が進まないなぁ。もう。

「で、事情は?」

「あ、ああ、悪い。……実は──」





ふむ。闇の書に、ヴォルケンリッター、それに魔力蒐集か……荒唐無稽なおとぎ話と一笑に付すのは簡単だが、このヴィータという少女の顔は真剣そのもの。信じてやっても良いかもしれない。何より、犬が喋ってるなんて非現実的な光景が目の前に広がってるしね。

しかし、蒐集行為か。これはどうもいただけない。人様に迷惑をかけるなんて、私のプライドが許さない。

たとえ莫大な力を得ようが、足の麻痺が治ろうが、他人の犠牲から成り立つ幸せなんて、あり得ない。たとえあっても私はいらない。青臭い正義感だと笑わば笑え。

「……なるほど、話は分かりました。 で、あなた達はこれからどうするんですか?」

「そりゃもちろん、魔力持ちの人間から蒐集を……」

「はい、ダメ。許しませんよ、そんなの」

「なんで!?」

「私は今の状態が気に入ってるんです。トラブルを持ち込まれるのは迷惑です」

「そんな……それじゃ、あたしらの存在意義が……」

「今回は運が悪かったと思って下さい」

「……あたしら、これからどうすりゃいいんだよ」

肩を落としてうつむくヴィータちゃん。他の三人は……平然としてるな。まあ、激昂して胸ぐら掴んでくるよりはましか。

「まあ、私が死んで次の人に転移するまで、本の中で気長に待っていて下さいよ」

「……戻れない」

へ?

「戻れないんだよ、一度顕現しちゃったら」

……マジ?

となると、国籍不明、住所不明の謎の外国人と、デカイ野良犬が路頭に迷うという訳だ。

……ふーむ。

「シャマルさん、あなた料理作れます?」

「……へ? いきなり何を──」

「愚問ね。私に出来ないことなんて、まあ世の中には一杯あるけど、料理程度ならお茶の子さいさいよ」

「シャマル? お前そんなの出来たっけ?」

「シグナムさん、掃除や洗濯は出来ますか?」

「ん~、まあその程度なら」

「ザフィーラさん、ネズミとかゴッキーとか、くわえてきませんか?」

「……確約は出来ないが……善処する!」

「ヴィータちゃん、ゲームとかマンガに興味、ありますか? ありますよね?」

「へ、ゲーム? マンガ?」

「ではあるということで」

「ちょっ」

「皆さん、聞いて下さい」

『……』

さて。

「不可抗力ですが、私が今回のあなた方のマスターになってしまった訳でして」

『……』

「まあ、私がなってしまったからには、蒐集行為は諦めて下さい。マスターには命令する権限があるんですよね?」

「……ああ」

なんでこんなに残念そうなんだ、この子は。そんなに人を襲いたいのか?

「まあそれで、あなた方は用済みだから出ていけ、なんてことは私も言いたくありません。鬼じゃないですからね、私」

『……』

「そこで提案があるんです。……皆さん、ここで暮らしませんか?」

「で、でもよ、あたしらから蒐集行為取ったら何も──」

「シャマルさんは料理当番、シグナムさんは掃除、洗濯、ヴィータちゃんは私の遊び相手、ザフィーラさんは私の心を癒すペットとして、ここで過ごす。悪く無いでしょう?」

「……」

「皆さん、今まで散々戦ってきたんでしょう? だったら、たまには羽を休めて、普通の人間みたいに暮らしてみればいいじゃないですか。……ザフィーラさんは、今犬ですけど」

「我は狼だ」

おっとこいつは失礼。

「……あたしらは、ただのプログラムだ。人間みたいになんて──」

「ご飯は? 食べられるんでしょう?」

「えっ、あ、うん」

「睡眠は? 眠れるんでしょう?」

「……うん」

「それならあなた方は人間です。 犯罪を犯して罪の意識を持たないような人間より、よほど人間らしいんじゃないんですか? 見たところ、あなた方はそんなに悪人には見えない」

「本当に、いいのか? 蒐集しなくて。その足、治るかもしれないんだぞ」

「言ったでしょう。今の暮らしが気に入ってるって。相棒も、親友も、強敵(ライバル)も、この身体だからこそ手に入れることが出来たんです。一生このままでも構いませんよ」

「……じゃあ、本当に?」

「ええ、これから一緒にこの家で暮らしましょう。 なあに、存在意義なんて、これから探せばいいんですよ。 戦いばかりの人生なんて、つまらないでしょう?」

「私は戦うの、楽しいけどね~♪」

「シグナムーー!」

バトルマニアかい、シグナムさんは。

「まあ、今回は羽を休めてください、シグナムさん。……他の皆さんは、どうですか?」

「私も構わないわよ。 たまには温泉にでも浸かってゆっくりしたいわぁ」

温泉、か。いつか行ってもいいかもしれないな。

「我も……構わぬ!」

いちいちテンション高いなぁ。

「それじゃあ、決まりですね。皆さん、これからよろしくお願いしますね」

「……おう」

「りょうか~い」

「分かったわ」

「うむ」

……これから騒がしくなりそうだなぁ。





「さて、話もまとまったところで、ちょっと質問があるんですが」

「ん? なんでござるか?」

「先ほど、バグがどうとか言ってましたが、あれはどういう……」

「そうだ、それだよ。 こいつら皆おかしいんだ。いつもはこんなんじゃないんだけど」

「あら、失礼しちゃうわね。私はまともよ? ……ああ、早く血が飲みたい」

「それがおかしいって言ってんだよ! 話し方もなんか変だし」

「んー、そんなこと言われてもねぇ。うちらにも、何がなんだか分かんないんでゲスよ」

「我は……ザフィーラ!」

「だからもういいって!」

なるほど。 原因は分からないが、性格や話し方が変質してしまったらしい。

まあ、普段のこの人達なんて知らないから、違和感なんて感じようがないんだけどね。

あ、そうだ。

「皆さん、魔法が使えるんですよね?」

「ああ、使えるぞ」

「では、そうですねぇ。シグナムさん、何か、魔法使ってみてくださいよ。こう、派手なやつ」

「あれ? いいんすか? 使っちゃいますよ、紫電一閃」

「バッ! ちょっ!」

「紫電一閃でも光芒一閃でもいいですから、早く見せて下さいよ」

「では……カートリッジロード!」

「シグナムゥゥッ!?」

「きたきたきたぁー! 紫電、一閃!」





「壁と床と家具の修繕費、体で払ってもらおうか」

「正直、すまんかった」

確かに派手だったが、やりすぎだ。あーあ、お気に入りのベッドがぼろぼろだよ、もう。

「全く、今後は気を付けて下さいね」

「かたじけない」

この人、本当に口調が安定しないなぁ。

「さあ、今日はもう遅いです。さっさと寝ましょう」

「あたし達はどこに寝ればいいんだ?」

そうだなぁ、空き部屋にでも寝てもらうかな。ていうか私もそこで寝よう。ベッドがこの有り様だし、しばらくは皆で雑魚寝かな?

「ついてきて下さい」

空き部屋に皆を案内し、布団を敷いてもらう。ベッドもいいけど、こういうのも趣があっていいよね。

枕は……

「ザフィーラさん、ちょっとこっち来て、伏せをして下さい」

「伏せなら得意中の得意だ、まかせろ」

私の目の前で伏せるザフィーラさん。今だ!

「へへ~」

「む?」

フサフサの体毛の上に頭を乗せ、ゴロゴロ転がる。うん、これは癒される。

「モテモテじゃねぇか、ザフィーラ」

「お前もやるか?」

「なっ!……いいのか?」

やりたいんかい。

「お、おお~。これはなかなか」

二人してゴロゴロ転がる。分かってるじゃないか、ヴィータちゃん。

「楽しそうっすね。私も混ぜろ」

いや、流石に三人は無理だから。って!?

「どーん!」

『むぎゅ!』

ボディプレス仕掛けてきやがった。……あ、胸が。

「何揉んでんすか。訴えますよ」

「さっきの支払い、これでチャラにしてあげますよ?」

「好きなだけ揉むがいい、このオッパイ星人め」

「ありがとう、最高の誉め言葉だ」

おお、これはいいおっぱいだ。星五つあげよう。

「布団敷き終わったわよ。あら楽しそう。私も──」

『止めろ』



ああ、これは、なんだか、楽しい日々になるなぁ。

そんな予感がした夜だった。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.03053092956543