SS投稿掲示板




No.17066の一覧
[0] 【ネタ・ギャグ】まったりヴォルケンズ(はやて憑依、原作知識無し)[ネコスキー](2011/01/03 22:37)
[1] プロローグ[ネコスキー](2010/06/11 16:05)
[2] 一話[ネコスキー](2011/01/03 22:50)
[3] 二話[ネコスキー](2011/03/25 20:37)
[4] 三話[ネコスキー](2010/06/24 11:14)
[5] 四話[ネコスキー](2010/06/01 12:16)
[6] 五話[ネコスキー](2011/01/03 22:52)
[7] 六話[ネコスキー](2010/08/15 00:07)
[8] 七話[ネコスキー](2011/01/03 22:54)
[9] 八話[ネコスキー](2011/03/27 03:52)
[10] 九話[ネコスキー](2011/01/03 22:57)
[11] 十話[ネコスキー](2010/08/15 00:13)
[12] 十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:14)
[13] 十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:15)
[14] 十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:01)
[15] 十四話[ネコスキー](2011/01/03 23:02)
[16] 十五話[ネコスキー](2011/01/03 23:06)
[17] 番外編 一話[ネコスキー](2010/08/05 14:33)
[18] 番外編 二話[ネコスキー](2010/08/15 01:23)
[19] 十六話[ネコスキー](2010/08/05 14:40)
[20] 十七話[ネコスキー](2010/08/05 14:41)
[21] 十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:43)
[22] 十九話[ネコスキー](2010/08/05 14:45)
[23] 二十話[ネコスキー](2010/08/05 14:46)
[24] 二十一話[ネコスキー](2010/08/05 14:50)
[25] 二十二話[ネコスキー](2010/08/05 14:53)
[26] 番外編 三話[ネコスキー](2010/08/05 14:58)
[27] 番外編 四話[ネコスキー](2010/08/05 15:00)
[28] 二十三話[ネコスキー](2010/08/05 15:02)
[29] 二十四話[ネコスキー](2010/08/05 15:04)
[30] 二十五話[ネコスキー](2010/08/15 00:04)
[31] 二十六話[ネコスキー](2010/08/21 02:47)
[32] 二十七話[ネコスキー](2010/08/14 23:56)
[33] 二十八話[ネコスキー](2010/08/15 00:02)
[34] 二十九話[ネコスキー](2010/08/15 00:24)
[35] 三十話[ネコスキー](2010/08/15 00:34)
[36] 三十一話[ネコスキー](2010/08/15 00:40)
[37] 三十二話[ネコスキー](2010/08/15 00:47)
[38] 三十三話[ネコスキー](2010/08/15 00:53)
[39] 三十四話[ネコスキー](2010/08/15 00:59)
[40] 三十五話[ネコスキー](2010/08/15 01:05)
[41] 三十六話[ネコスキー](2010/08/15 01:08)
[42] 三十七話[ネコスキー](2010/08/15 01:12)
[43] 外伝 『賭博黙示録ハヤテ』[ネコスキー](2010/08/15 01:14)
[44] 番外編 五話[ネコスキー](2010/08/15 01:24)
[45] 番外編 六話[ネコスキー](2010/08/15 01:20)
[46] 三十八話[ネコスキー](2010/08/15 01:27)
[47] 三十九話[ネコスキー](2010/08/15 01:32)
[48] 外伝 『とあるオリ主の軌跡』[ネコスキー](2010/08/15 01:33)
[49] 四十話[ネコスキー](2010/08/15 01:37)
[50] 外伝 『シグナム観察日記』[ネコスキー](2010/08/15 01:49)
[51] 四十一話[ネコスキー](2010/08/15 01:56)
[52] 四十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:01)
[53] 四十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:05)
[54] 四十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:06)
[55] 四十五話[ネコスキー](2010/08/15 02:10)
[56] 四十六話[ネコスキー](2010/08/15 02:12)
[57] 外伝 『漢(おとこ)達の戦い』[ネコスキー](2010/08/15 02:15)
[58] 四十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:18)
[59] 四十八話[ネコスキー](2010/06/08 22:47)
[60] 外伝 『とあるオリ主の軌跡2』[ネコスキー](2010/06/12 16:11)
[61] 四十九話[ネコスキー](2010/06/13 15:18)
[62] 五十話[ネコスキー](2010/06/19 23:30)
[63] 五十一話[ネコスキー](2010/08/15 02:24)
[64] 五十二話[ネコスキー](2010/08/15 02:32)
[65] 五十三話[ネコスキー](2010/08/15 02:33)
[66] 五十四話[ネコスキー](2010/08/15 02:39)
[67] 五十五話[ネコスキー](2010/07/01 12:48)
[68] 五十六話[ネコスキー](2010/07/04 14:42)
[69] 外伝 『とあるオリ主の軌跡3』[ネコスキー](2010/08/15 02:45)
[70] 外伝 『とあるオリ主の軌跡4』[ネコスキー](2010/07/21 14:38)
[71] 外伝 『それほど遠くない未来のとある一日』[ネコスキー](2010/08/05 14:51)
[72] 五十七話[ネコスキー](2010/08/15 02:48)
[73] 五十八話[ネコスキー](2010/08/05 14:07)
[74] 五十九話[ネコスキー](2010/08/06 17:11)
[75] 六十話[ネコスキー](2010/08/11 15:05)
[76] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その一』[ネコスキー](2010/08/15 02:54)
[77] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その二』[ネコスキー](2010/08/24 17:29)
[78] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その三』[ネコスキー](2010/08/30 13:06)
[79] 外伝 『リーゼ姉妹の監視生活 その四』[ネコスキー](2010/08/22 22:41)
[80] 六十一話[ネコスキー](2010/08/24 18:46)
[81] 六十二話[ネコスキー](2010/08/30 13:04)
[82] 外伝 『こんな感じでした』[ネコスキー](2010/09/02 14:29)
[83] 六十三話[ネコスキー](2011/01/03 23:08)
[84] 六十四話[ネコスキー](2010/09/05 22:46)
[85] 外伝 『ザフィーラと狼と弁当と』[ネコスキー](2010/09/12 22:36)
[86] 六十五話[ネコスキー](2010/09/18 13:28)
[87] 六十六話[ネコスキー](2010/11/11 22:55)
[88] 外伝 『バレンタイン』[ネコスキー](2010/11/12 12:49)
[89] 六十七話[ネコスキー](2011/01/03 23:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[17066] 十話
Name: ネコスキー◆1fbd17da ID:f676cb3c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/08/15 00:13
「ん~っ、絶好調!」

某マスク男ばりにハイテンションな神谷ハヤテです。




はやてちゃんに乗り移ってから早三週間が過ぎ、悠々自適な一人暮らしに慣れた私は、今日も快適な朝を迎えたのだった。

それにしても一人暮らしって良いね。深夜までゲームしてても怒られないし、朝から晩まで家で食っちゃ寝しててもお小言を言う人間もいない。

唯一の難点である孤独感も、休日に駅前に集まってあの三人娘達と遊ぶようになってから、とんと縁が無くなった。

そう、嬉しいことは続くもので、何度も街中で出会うものだから、いっそ友達になろうと言い出してくれたのだ。

いやぁ、ここで初めてできた友達があんなに良い子達とは、ついてるね、私は。親友が一気に三人もできてしまったよ。

「弁当、うま」

野菜ジュースを飲みつつ、焼肉弁当をパクつきながら今日の予定を考える。一応栄養バランスは整えているのだ。足りないと思ったらペロリーメイトを食べれば良いしね。……まあ、手料理が恋しく無いと言えば嘘になるけど。

「今日は……ハ〇テのごとくでも、読破するかな」

勉強? してますよ、ちゃんと。週に一回。記憶力が良い私にはそれで充分なのだ。

「さて……」

弁当も食べ終わったし、自室に行きますか。




「お……」

部屋に入りマンガを読もうと思った私は、とある本の存在を思い出した。そういえばすっかり忘れてた。

「ペンチ、ペンチと」

庭にある物置から工具箱を持ち出してきた私は、早速ペンチであの鎖に巻かれた本の封印を解こうとした、が、

「うぎぎぎぎ」

いくらやっても鎖は壊れない。固すぎだって、これ。

ペンチでだめなら、これでどうだ。

ガッ、ガッ、ガッ!

鉈を振りおろし鎖の破壊を試みる。こんな時のために用意しておいたのだ。

このっ、このっ、……楽しくなってきた。

「嘘だっ!」

叫んでみたり。

ガスっ!

「お」

手応えあり! と思ったが、どうやら鎖ではなく本の部分に当たってしまったようだ。

あれ……傷一つ無い。

いくらなんでもこれで傷が付かないなんておかしいだろう。……もう一回試してみるか。

「そおい!」

……やっぱり無傷だ。装丁は至って普通なのになんで? あり得ない。

……いや、あり得ないなんて事、この身体になってから何度も経験している。憑依、呪い、原因不明の麻痺、稀代のロリコンとの遭遇。どれも普通じゃ考えられないことばかりだ。

「もしかして、この本が全ての原因?」

一概にそうと決めつけるのは早計だが、可能性はあるだろう。これだけ痛みつけても傷一つ付かないなんて、規格外にも程がある。

これがただの本だって言うなら、魔法の、いや、呪いの書とか言われた方がまだ信憑性がある。

「燃やしてみるか……」

もはや今の私にとって、この本は百害あって一利無しな存在だ。本棚に置いとくだけでも場所とるしね。

もしこれがただの異常な程の耐久力を誇る本だったとしても、燃やしたところで私が不利益をこうむるなんてことはないし、呪いに関係しているものならば、それはそれで都合が良い。もしかしたら自分の身体に戻れるかも知れないしね。

そうと決まれば後は行動するのみ。私は本とライターを持って庭に出て、本に祈りの時間を与えることなく、着火した。

「消し炭になれ!」

……燃えない、だと?

流石は呪いの書。 こんなチート能力を持っているとは……

こうなったら、ありとあらゆる手を使ってでも、その存在を抹消してやる。




その後、考えられる限りの破壊工作を行ったが、やはり本は無傷のままだった。

鈍器で殴ったり、

「ウッディ!」

煮たり、

「猿の脳みそがうめーんだよ、脳みそが」

ナイフで切ったり、

「極彩と散れ」

グレン号で轢いたり、

「LaLaLaLaLaLaLaLa~i!」

色々と試したが全て無駄な労力となった。

「……こうなったら」

捨てよう。




ボチャン!

「さらば。もう会うこともあるまい」

近くにある川まで移動し本を投げ捨てた。環境保全? 私の安全の方が百倍大事だ。あんな得体の知れない物、近くに置いとけるかい。

さて、帰ってマンガでも読むかな~。などと鼻歌歌いながら家路についたものの、

「……何故ある」

確かに川に捨てたはずの本が、自室に舞い戻っていた。

……なるほど。逃がすつもりはないと、そういうことか。

いいだろう。私は逃げも隠れもしない。真正面から呪いに打ち勝ってやろうじゃないか。

「私は、負けない」

決意を胸に秘め、マンガを読み始める私であった。





「おっと、もうこんな時間か」

そろそろ日付が変わりそうだ。今日はもう寝よう。

そう思った私は、寝る前に牛乳を飲もうとキッチンに向かうことにした。

「やっぱり牛乳は武蔵野牛乳だよね」

うん、美味しい。……ん?

「地震?」

何だか軽く部屋が揺れてる気がする。まあこの程度なら問題ないか。

「さて、寝よう」

自室の前まで移動しドアを開けようと近付く。ん? ドアの隙間から、やけに明るい光が漏れてる。なんだろ?

疑問に思いつつ、部屋の中を覗く。そこには……

「……キャッ〇アイ」

そう、レオタードは着ていないが、黒ずくめの三人娘が部屋の中に鎮座していた。あ、なんか犬(?)もいる。

一人暮らしの少女の家に、見知らぬ黒ずくめの人間。これを泥棒と考えない人間はいないだろう。

「警察、呼ばなきゃ」

この際、あの節穴のオッチャンでもいい。とにかく、早く電話を……あ、気付かれた。

「ちっ、近付くな。近付くと……舌を噛みきる」

思わずこんなことを言ってしまった。

「ちょっ! 待ってくれ、主」

なぜか三女だと思われる小さな女の子が慌てている。……命までは奪われないようだな。あと主ってなんだ。この家の主という意味か?

「あたし達は怪しい者じゃない」

どの口が言うか。

「あたし達は、闇の書の守護プログラム、ヴォルケンリッター(守護騎士)だ」

闇の書? 守護プログラム? ヴォルケンリッター? なんぞ、それ?

「取り敢えず、事情を説明するから、中に入ってくれ」

……怪しすぎる。が、このままという訳にもいくまい。幸い、危害を加えようという訳ではないようだ。金品が狙いなら、私を力ずくで黙らせるか、脅すかするはずだし。虎穴に入らずんば虎児を得ず、だ。

母様、私を守って。

今は顔も見ることも出来ない母様に願いつつ、魔境と化した自室へと、足を踏み入れるのだった。




「それじゃ、まずは自己紹介からだな。シグナム、お前からだ」

部屋に入った私を出迎えた三人と一匹は、ひざまずくと、頭を下げて、まるで王にかしづく臣下のような態度をとった。なにこれ。

「私は剣の騎士、烈火の将シグナムでござる。よろしくお願い申す」

「ちょっ!」

なんか小さい女の子が驚いてる。確かに変な話し方だけど、あなたの知り合いでしょ? いつもそんな話し方じゃないの?

「シグナム! どうしたんだよ、お前!」

「む。言語回路にバグがあるようだ。でもまあいいっしょ。気にしない、気にしない」

「お前、言語回路だけじゃなく、絶対思考回路までバグってるから!」

騒がしいなぁ。

「ザフィーラ、お前からもなんとか──」

「我は盾の守護獣……ザフィーラ!……特技は、お手……ふせ……あとちんちん」

「お前もかぁー!?」

犬が、喋った……だと?

「シャマル! まさかお前まで……」

「そうねぇ、二人ともどうしちゃったのかしらねぇ?」

「良かった。お前だけは──」

「それにしても喉が乾いたわね。……血が飲みたいわ。ハラワタをぶちまけましょうかしら」

「シャマルーーーー!」

なんなんだい、一体。

「……くっ、もういい。取り敢えず、事情を説明してからだ。……ていうかザフィーラ、なんで始めから獣形態なんだよ?」

「……人間形態に……戻れない!」

「本当になんなんだよ、もうっ!」

人間の姿にもなれるんだ。見てみたいなぁ。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.031569004058838