<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

SS投稿掲示板


[広告]


No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:2677e6bd 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/04/07 02:05
第五十七話・動くモノと動かぬモノ




誰の想い、事の行方。神のみぞ知り、神は知れない。前を向けば後ろが見えず、後を見れば前は見えない。つまりそーいうコトなのです。





<Side Others>



「あの…、」

シエスタは手渡された“それ”らと、彼女を交互に見て…改めて訊ねた。

「だから、あんた達の方がよく知ってるんじゃない?まあ、出来は断然わたしの“それ”の方がいいでしょうけどね。でも、出来はいいって言っても所詮は“そういうもの”だし、売り物にはならないけど」

彼女、モンモランシー・マルガリタ・ラ・フェール・ド・モンモランシは、その問いに尊大な(といっても、学院の生徒がメイド達にするものとしては一般的な)態度で答える。
ただ、視線はどこか泳いでおり、口調も早口に近かった。

「風の噂でね、聞いたのよ。平民専用の秘薬に変わった香りの香水。それで少しだけ好奇心が沸いて、何となく作ってみたのよ。知的好奇心でね。わたしにかかれば簡単すぎたけど。それに、香水もね、他人に作れるのを“香水のモンモランシ”が作れない道理はないから作ってみたの。これはある意味証明ね。できると思ってても実際できなきゃお笑い種だし、実践しなきゃね。まあ案の定、簡単に作れたわ」

そして、聞いてもいない事をどこか言い訳っぽく語り始める。

「あの、ミス・モンモランシ」

「作れることは証明されたわけだし、レシピも憶えたし、でも売り物にはならないから廃棄しても良かったけど、それも勿体無いしね。だからあげるの。勿体無いからね。勿体無いからよ?でももしどうしても別にいらないんだったら処分してくれても、」

「あのっ!」

シエスタの声に、モンモランシーはハッとしたように目を見開き、小さくコホンと咳をする。
それで態度は普段の彼女のものへと戻っていた。

「何かしら」

「不要だなんて、そんな…ありがとうございます、ミス・モンモランシ。みんなで大切に使わせていただきますね」

ぺこりと頭を下げる。
抱くように持った“それら”は“何となく”“証明するために”作ったにしては明らかに量が多い。
しかし、シエスタはその事について触れなかった。

「そう。まあ、好きに使って頂戴。呼び出した用件はこれだけよ。もう戻っていいわ」

そっけなく言い放ち、腕組みしながら背を向ける。


「…………また、」

「え?」

「もし足らなくなったら、言いなさい。余った材料で作れるし、どうしてもって言うなら片手間に作ってあげてもいいから」

「…ミス・モンモランシ」


―――― ありがとうございます。

シエスタはモンモランシーの背中に向かって、もう一度頭を下げた。



…。


………。



「………ま、“あの子”が帰ってくるまでの間だけどね。わたしはあくまで知的好奇心で作ったのであって、別に“あの子”みたいにあんた達に渡すのが目的で作ったわけじゃないから。あくまでどうしても欲しいと言われたら作ってあげるだけで、さっきも言ったけど余った材料の処分も兼ねてってだけの事だからそこの所は勘違い、」

「メイドの子ならもういないよ、ぼくのモンモランシー」

「!?」

「今さっき廊下で擦れ違ったよ。あの瓶ってきみが作ってた例のアレだろ?何だかんだ言ってても、やっぱりあげたんだね」

モンモランシーが振り返ると、もうそこにはシエスタの姿はなく、代わりに肩にタオルを掛けたやたらとスポーティーなマリコルヌがいた。
額に汗が滲んでいるところから、恐らく何らかの運動をしてきたのだろう。

「ちょっ、何であんたが…!!それより、もしかして今の…!!言っておくけどわたしは、」

「うん、分かってるよモンモランシー」

マリコルヌは笑う。

「きみはホント、そういうのが不器用だね!」

「って分かってないじゃない!?」

「そうかな?」

「そうよ!!」

そっぽを向きながら言う。

「“お礼”?」

「……」

「…」

「……っ、“借り”を返すだけよ。あの件じゃ迷惑かけたし、戻ってくるまで少しの間“代わり”をしてあげるだけ。って言っても凄く間接的だし、限定的だし、そもそも“あの子”が望むかどうかは知らないけど。でも何だか気には掛けてたみたいだし、その…それだけよ」

逡巡した後、背を向けたまま答える。

「………それに、わたしにはこれくらいしか…、できないし」

そして聞き取れないくらいに小さな声で漏らし、沈黙した。

「…」

「…」

「彼女、無事だといいね」

「どうでもいいわよ。どうせ、へらへら笑いながら戻ってくるんでしょ。軽口叩きながら」

「そうかな」

「…そうよ」

「そうだね、モンモランシー」

背を向けたままのモンモランシー。
その後姿を見詰めるマリコルヌの表情は、優しかった。




※※※※※※※※




「サイト」

女子寮、ルイズの部屋の前。
廊下の壁に背を預けて立つ才人に声が掛かる。

「ああ、キュルケか。タバサなら朝早くから出掛けたぜ」

「知ってるわよ。たまには休みなさいって言ってあるんだけどね。…こちらにいらっしゃる“眠り姫”さんと1日だけでも交代させてあげたいわ」

「…」

閉ざされた部屋の扉を見る。
鍵は掛かっていないが、この扉は“閉ざされて”いる。あの日からずっと、閉じたままだ。
最初は何とかしてこの扉を“開け”ようとした。
説得してみたり、強引に連れ出してみたり、叱ってみたりもした。
でも、扉は開かない。時間は滞ったまま、眠りから覚めないまま時間だけが過ぎていった。

「ねえ、サイト。ルイズは…」

「さっさと起きて来いってんだよな。ったく、ねぼすけなご主人サマにも困ったもんだぜ」

しかし、冗談めかして答えるサイトの目に負の感情は感じられない。
失った悲しみに暮れる事よりも、守れなかった後悔に苦しむ事よりも、分からない“敵”に怒りを向ける事よりも、…あれからずっと動けないでいるルイズに対して苛立つ事よりも。
…彼は“そう”する事を選んだ。

理由は分かっている。あの“手紙”を代読したのは他ならぬ自分なのだから。
その時に見た彼の涙、吹っ切るように、何かを決意するように拭った後の瞳に宿っていたもの。
彼もまた、託されたのだ。約束したのだ。


――――“ルイズを信じること”


守り、守られること。


きっとそれは、彼の心にどこまでも強く刻み込まれている。
揺るぐことなく、深く。

信じているから、待っている。
あとはルイズが扉を開け、たったひとこと言えばいい。
きっとサイトは 『おせーよ、バカ』 とでも言いながら…でも笑いながら彼女の後に続く、いや、隣に寄り添って往くだろう。

無事と信じる、あの子を探しに。


「……ホントに、ね」

小さく微笑い、溜息混じりにキュルケは答えた。



…さっさと“起きて”きなさいよ、ヴァリエール。

相方はとっくに準備万端よ?淑女は準備に時間が掛かるものだけど、限度ってのもあってよ。
あなたへの手紙の内容は知らないけど、そんな姿なんて望まれてなかったはず。
そろそろあの子に、怒られちゃうわよ?

まあ、迫力はなさそうだけど。



そして、………全く。

あなたもあなたよ?…ラリカ。
この私が割り込めないって“諦める”くらいに想われてるんだから。



さっさと…必ず、無事で帰ってきなさいよね。










<Main Side>



さ~て本日の
『リアル魔法少女・ほーぷれす☆らりか』は
第だいたい50くらい話・知将ラリカの神算鬼謀!全ては我が掌の上に!!
を絶賛お送りしてる最中です☆
ブリミルブリミルっ、貴方のハートにメガ・せんちめんたるビ~~トぅ!!


ふう。

何だ、その、実にアレだな。素晴らしい。
心の中はテンションMAXアテンションぷり~ず。正直、ガッツポーズができないのが辛いです。
笑いを堪えるのがこんなに大変だなんて…、マジメな顔が崩れないように全力投球だ。
明日は顔面筋肉痛になりそう。幸せな悩みすぎて辛いぜ!!

とまあ、前置きが長くなったけど、現状説明。

おマチさんが告白してます。
ラヴな意味の告白じゃなく、どっちかって言うと神父とかにする系のアレ。罪の告白ってやつですな。
お相手は愛しのテファ子さん。

そう、昨日煽ったアレだ。我が起死回生、一発逆転奇跡の秘策。
もし話題に出なければ、多少強引にでもって思ってたんだけど…杞憂でしたかな。うふふのふ。

今日、アホのロン毛が私にやらせる“仕事”の話をする日。
朝食が終わってティファニアに退室を促そうとしたロン毛の言葉を遮り、おマチさんが語り始めたのだ。


『テファ。今まであんたが訊いても教えてやらなかった事、この期に全部話すよ』

『知らなくても良かったと思うかもしれない。そんなの知りたくなかったと言うかもしれない。でも、聞いて欲しい』

『今更、かもしれないけど、今じゃなきゃもう言えないと思うんだよ』

『もう………テファは子供じゃないから。“本当の事”を知っておくべきだと、思うんだよ』


ミス・サウスゴータ…。

貴女のその決意に、信じる心に、
私…ラリカ・ラウクルルゥ・ド・ラ・メイスルティ、…メイルスティア家ってもう潰れてるだろうからこの名はどーなんだろう?
まあいいや、ド・ラ・メイルスティアは…感動した!全米が泣いた!!心の中で拍手!!!

でも残念。
ティファニアは心優しい正統派なヒロイン。“悪人”とかお呼びじゃないのです。
まあ、優しいから感謝はするだろうし、表面上は何とかアレだろうけど…好感度は一気にダウンでしょうな。
仕送りする必要があったとはいえ、お金を稼ぐだけならトライアングルメイジな実力があれば別の仕事でも稼げるだろうし、盗賊業を選んだ理由には貴族に対する復讐心とかそーいうのもあったっぽいし。
結局は自業自得でFA。

全く、おマチさんも私なんぞに煽られて言わなくてもいいコトを言っちゃうなんて、甘い甘いあンまぁ~いですなぁ。
ホントは最後まで隠し通すハズだったのにね。

ま、“原作”にて背景とか過去とか知ってる私がチート過ぎるだけなわけだけど。なるべくしてなった結果というわけだな!!
うん、素晴らしい逆転劇にテンションが下がる気配がない。静かなる快進撃がノンストップだぜー。
クズ具合も比例して上昇、今の私なら地獄へ特等指定席だ。


話している途中、ティファニアは不安そうな顔で私を見てきた。
ダラダラ培ってきたエセ友情は正常動作中。現在進行形で“マチルダ姉さん”の好感度が下がり続けていく中、“友達”にヘルプ的視線が行くのは無理もないことだろう。
そこでラリカ選手、すかさず“微笑”。言葉は要らない。

“ 大丈夫、マチルダさんの本性はアレだったけど、私だけはティファニアの味方だよ。それなりに潔白だし。アンアン射ったのもそう、諫言のちょっとやりすぎたバージョン ”

伝わったと思う。
その時のティファニア、ハッとしたような表情の後、不安が消えたっぽいし。
怖い話でビビってる時に、別サイドからの優しさ。まんまヤ○ザの手口ですな。
違うのは、おマチさんも騙されてる側ってトコロか。場を支配してるのはこの私おぅんり~だ。


そうこうしてるうちに、おマチさんのお話が終わる。
そして私が振るまでもなく、ロン毛に発言権がGO。流れ的に、もうコイツも告白するしかないでしょう。

じゃあ、ちゃっちゃと幻滅させちゃって下さい。
いくら見た目イケメ~ンで小物臭が消えているとはいえ、コイツは“原作”的にも敵キャラだし、おマチさん以上に嫌われるのは確実だ。
何だかんだで私、ティファニアが危うく騙されるのを救ったカタチになるのかも。ちょっとだけ善行。



ティファニア、か。

うん。
利用しちゃってごーめんね。
おマチさんとの絆を壊しちゃってごめんなさい。悪いとは本心で思ってる。私の目的の為だから、反省はしないし撤回もしないけど。
お詫びに、おサラバするその時まで友情劇場頑張るからっ!最後の時まで私の汚い本心を隠し通すから!

これ以上はできるだけあんまり、傷付けないよう考えるから。
卑小でクズな友人モドキの存在を、赦して下さい。…赦されないだろうけど、ねー。



あー、アレだ。まあとにかく。
挽回は、逆転劇は、始まったばかり。
“虚無”に怪盗、裏切りの騎士。正義も悪も野望も願いも。我が幸福の糧になれ。
精神的に成長した私に隙などないのだ!今まで以上に上手く立ち回ってやるぜ!


くくくっ…はははは……ふははははははははははははは!!!!


な~んて、悪役三段笑いイェイ♪











オマケ
<Side おでれえ太君>



「なあムカデ!俺とお前が組んで(?)もう長いよな!」

「…」

「色々あったよな!ところでお前のご主人どうなったか、俺にだけこっそり教えてくれねえ?使い魔ならホントんトコ分かってんだろ?」

「…」

…ちくしょうやっぱり反応なしかよ!!
てか相棒ォ!!剣の稽古の時以外、何で俺、いっつもコイツに括り付けられてんの!?
定位置?もう決定なの?
あの斬伐刀とかいう剣さえなけりゃあ…!!

「いいこと思い付いた。お前さ、俺の言う通りに動いてくれよ。喋れねえんなら、俺が口になってやるからさ!移動はお前で意志伝達は俺、いいコンビじゃねえか?」

「…」

「…あ、うん、反応やっぱねえのな。分かってたけど。…へへ」

「…」


やべえな。
空がやたら蒼いぜ。



ちくしょう



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028554916381836