<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

SS投稿掲示板


[広告]


No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:07f4466b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/02/10 07:37
第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ





貴族の誇り。誇りを賭けた決闘。何だかなー。平和に過ごせないものですかねー?





ちなみに、爆発はちゃんと回避した。

授業開始直後、ちょっとお腹の調子がとか言って教室を脱出したのだ。
どうせ授業は中止になるので部屋に戻り、適当に時間を潰した。この後に起こる事への準備もかねて。

メイルスティア家に居た頃に愛用していた狩猟刀を後腰に差し、ポケットにジェネリック秘薬を。狩猟刀を持って昼食なんて物騒だが、マントで隠れるから問題ないだろう。
仕込みは上々、余った時間はちょっぴり昼寝。
その間、ルイズと才人は仲良く後片付けをした事でしょう。めでたしめでたし。




「諸君!決闘だ!!」

で、今に至る。
見事に原作通り、ギーシュが薔薇杖を振り回して喚いている。
両者共に親の仇を見るような目で臨戦態勢。でも将来的には良き友同士になるのだから人生って分からない。


ギーシュがワルキューレを出す。あー才人、驚いてるねー。
初々しい反応が実に新鮮。でも呆けてるヒマはなっしんぐ。

正直、このまま放っておいても問題はない。
ある程度ボコボコにされたらギーシュが剣を作り、才人はそれを使って勝利する。そしてガンダールヴの力を示すのだ。
オールド・オスマンとコルベール先生も例の鏡で見守っている事でしょうな~。

…まあ、進行的には問題はないけど。
目の前でボロボロにされるのを見物するのは趣味じゃない。それに、これは私が介入するうえで最重要とも言えるイベントなのだ。
ワルキューレに1発殴られ、転がる才人。
追撃しようとするワルキューレに向かって、

「“錬金”」

…足元の土を泥に変え、転ばせた。
ワルキューレを破壊できる攻撃魔法なんて私には使えないしね。へっぽこ上等。
それはさておき、周囲の視線が私に集まる。こんなに注目されたの初めてよ☆
では、物語介入を始めましょ~か。



「君は…ミス・メイルスティア。何のつもりだい?」

邪魔されたギーシュが睨み付けてくる。周囲の視線も同意っぽい。

「まさか、平民の味方をするとか言わないだろうね?」

どういうつもりだ!とか邪魔してんじゃねえよ!とか貧乏貴族は引っ込めとか野次が飛ぶ。
貧乏貴族って言った奴、後で泣かす。嘘だけど。私の実力じゃ無理。

「平民の味方はど~だか知らないけど、“女の味方”はしたいかも?私としては」

「何?」

「ミス・モンモランシとミス・ロッタは二股されて傷付いたし、それに何より私の友達のルイズまで馬鹿にしてたでしょーに。3人の女の子が傷付けられてる現状、同じ女としてはちょっとアレなワケですよ」

私の友達って所は特に強調した。
ルイズ~、聞いてるー?私の友情に感激してね~?
実際、二股発覚の現場にいなかったし、馬鹿にされたところも聞いてないが原作では『ゼロのルイズの使い魔は気が利かない』みたいな事を言っていたはず。
ちょっとばつが悪そうになるギーシュ。野次も止んだ。
平民はともかく貴族仲間3名の名前を出されると、みなさん思うトコロがあるようだ。

「それに、このままじゃフェアじゃないしね。貴族が杖を使うなら、平民は…」

後腰から狩猟刀を抜き、立ち上がってコトの次第を見守っていた才人に差し出す。

「剣を使わないとね?」

彼の左手のルーンが輝く。
ガンダールヴ覚醒おめでとう。ギーシュ敗北確定ご愁傷様。


私の愛用していた狩猟刀、通称『斬伐刀』。

平民の狩人とかが山に入る際、邪魔な下草や枝を伐ったり、仕留めた獲物を捌いたりするのに使う実用的な狩猟刀だ。
名前の如く斬伐用の刃物、戦闘用の武器じゃないけど立派な凶器。あっちの“世界”なら銃刀法違反余裕の一品だ。
刃渡りは30サント程で、造りは無駄に頑丈。加えて硬化と固定化を何度も重ねて掛けてあるので青銅くらいは余裕で叩き斬れるだろう。
幾多の血(ウサギとかそのへん)を吸ったその魔剣が今、ガンダールヴ伝説の一部となる!

ま、デルフリンガーを手に入れたらお払い箱になるだろーけど。




※※※※※※※※




結果、才人はワルキューレをバラバラに切り刻み、余裕の大勝利を収めた。
原作だとかなりのお怪我を負っていたが、今回は怪我はほぼ無し。もしかの時のジェネリック秘薬は出番なさそうだ。

「ルイズ」

勝利の余韻が冷めないうちに、ルイズに声を掛ける。
まさかの結果に彼女は呆然と立ち尽くしていた。

「はっ?あ、ラリカ!何であんた、」

「凄いじゃない、ルイズ!」

文句言われる前に切り出す。

「平民の使い魔なんて、とか言ってたけど、いや~まさか“メイジ殺し”だったなんて。そこらの使い魔なんかより全然アタリだね」

「え?あ…、」

言われてちょっと状況を整理したようだ。ルイズの表情に僅かな照れが浮かぶ。

「ま、まあね…。雑用しかできない役立たずだと思ってたけど、それなりに使えそうね!ちょっとだけ見直したわ」

「おいおい、ちょっとだけかよ…。厳しいご主人様だこと」

今までギーシュに何か言ってた才人が会話に加わってきた。

「ふん、それでも平民だって事には変わりないんだからね?それより、あんた剣が使えるなんて言ってなかったじゃない!使えるなら使えるって言ってくれれば心配せずに、」

「心配してくれたのか?」

ちょっと嬉しそうな才人。ルイズは自らの失言(?)に真っ赤になる。

「ッ!?何を、」

「まあまあ。才人君だってルイズの悪口を言われたから決闘なんてしたんだし、結果的にも誰も大怪我せずに済んだし、結果おーらい万々歳ってコトにしときましょ~よ?」

「…まあ、ラリカが言うなら。でもサイト!剣の実力を隠してた事、後でしっかり説明してもらうわよ!?」

「へいへい。でも俺だって驚いてるんだぜ?実際、今まで剣なんて握った事なかったし」

「どういう事よ?まだ隠そうなんてしたら承知しないんだからね!?」

「いや、そう言われてもホントに、」

「あ~、ちょっといいかな?」

顔を腫らしたギーシュが会話に割り込んできた。
才人は顔面殴ったりしなかったはず…ああ、ミス・モンモランシかミス・ロッタに殴られたのか。自業自得とはいえ、悲惨ですなぁ。

「何よギーシュ。まだ何か用でもあるの?」

「いや、使い魔君に君にも謝るように言われたからね。その…すまなかった。もう君の事をゼロなんて言わないと誓うよ」

ルイズに頭を下げるギーシュ。

「それと使い魔君」

「才人だ。使い魔君じゃねえ」

「分かった、ミスタ・サイト。君にもすまなかった。君に完膚なきまでに叩きのめされて目が覚めた。…礼を言うよ」

「ミスタとか付けなくていいぜ。お前もいけ好かない野郎かと思ってたけど、けっこう潔いじゃんか。約束通りちゃんと謝ってきたみたいだし」

「いや、当然の事だ。それより君こそ主のためとはいえ、1人の少女の誇りを守るために貴族に挑むその勇気。実に感服したよ」

おや?どうやら男の友情が芽生えそうな予感。爽やかだなー。
打算で動いてる醜い私は退散しますか。ガンダールヴどうこうは、主要メンバーで話し合ってくださいな。

「ルイズ、私はそろそろ戻るね。また授業で」

友情してる男共を無視し、ルイズに声を掛けておく。

「あ…ラリカ。その、さっきだけど」

「はい?」

「ありがとね。私が馬鹿にされた事、気にしてくれて」

おぉぅ、狙って言ったとはいえ、ルイズが素直にお礼を言うとは。
まあ、私が別に敵対とかしてない同性だからだろうけど。これがキュルケ相手とかだったら普通に憎まれ口だろう。
でもその台詞は才人に言ってあげて欲しかったりする。

「はてさて、何のことやらっと。お礼を言われるほどのことじゃないですよ~」

わざとらしく誤魔化し、踵を返す。


作戦は大成功。信頼と友情の強化ミッションコンプリート。
この結果が、私の未来をより明るいものにしてくれますよ~に。




※※※※※※※※




その日の夜。

そろそろ寝ようとして着替えてたら、才人が入ってきた。
何故に私の部屋を知っている?あ、ココアに案内させたのか。
とりあえず、お約束的に杖で軽~くペシっと叩いといた。いやー、こういう物語のハプニング的なアレが私にも適用されるとは。…主人公特性恐るべし。


「ごめんラリカ」

何度目か分からない謝罪の言葉を口にする才人。もーいいって。
見られたの下着だしね?わざとじゃないのは分かってるし、我が肢体に魅力がないのは重々承知の上だから。それともきつい折檻がお望みだった?
私の全裸とキュルケの普段着、おそらくキュルケの普段着姿の方が扇情的だろう。だから下着を見られたぐらいで気にするかーっての。違う意味で気にするけど。
どーせ脇役にもなれないモブ以下キャラですよーだ。

「ホント、ごめん」

「だから怒ってないって。“ロック”してなかった私も悪いし。それより用件はな~に?実のトコロ、そろそろ寝たかったりする」

「あ、ああ。コレ返すの忘れててさ」

そう言って『斬伐刀』を差し出す。

「『斬伐刀』ね。才人君にあげるよ」

「え?でも、」

「戦勝記念に私からのプレゼント。あ、鞘もつけて差し上げましょ~」

木製の飾っ気ゼロの鞘を渡す。
愛用の狩猟刀だが、学院では狩りなんてしないし、そもそも下心アリで初めから譲渡するつもりで貸したのだ。

「いいのか?」

「メイジは刃物なんて使わないし。“剣士”の手にあった方がコレも幸せじゃないかな。まあ、そのうちルイズがマトモな剣を買ってくれるだろうけどね」

デルフリンガーっていう便利で反則な剣をね。

「じゃあ、さっきも言ったけど私は寝るよ。…そういえば、才人君はルイズの部屋に同居してるみたいだけど、寝床はどうなってる?」

確か暫くは藁を敷いた上に寝てた気がする。

「ん?昨日までは藁敷いただけだったけど、今日の決闘でそれなりに使えそうだからって何枚か布もらったよ。ちょっとは待遇良くなったみたいだ」

「そかそか。ルイズも優しくするタイミングをなかなか掴めないんだと思う。才人君のガンバリ次第で待遇もきっと改善されてくよ、多分」

「だったらいいんだけどな」

「信じる者は救われるって。…そろそろおやすみなさいしてい~い?」

「あ、ごめん!じゃあ、おやすみラリカ」

「おやすみ才人君。ルイズにヨロシク」


出て行く才人。今度こそちゃんと“ロック”を掛ける。
さて、眠いって言うのは算段なしのマジなので、おやすみなさいっと。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02967381477356