<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

SS投稿掲示板


[広告]


No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第三十九話・顛末、そして
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:99efb4d6 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/04/29 11:24
第三十九話・顛末、そして





さらば、アイラブユーな私。でもでもいつか、いつの日か。再びあんな想いを抱ける日が…来るのかなぁ。実に微妙だ。





予定調和で話は進む。

ルイズがギーシュ君に代わっただけ。
精霊の涙はあまりにあっさり手に入り、偽物の感情は消え去るのだろう。
………私たちは今、学園へ戻ってきていた。



「まあ、解除薬だか何だか分からないが、そんなものを飲んでも僕の想いは変わらないだろうけどね。じゃあ、それを証明してみせるよ」

モンモンの部屋、できたばかりの解除薬を手にギーシュ君は微笑む。
その優しい笑顔に、自分の気持ちが嘘じゃないんだって確信した。この気持ちが惚れ薬のせいのはずない。
そもそも、モンモンが私に惚れ薬を飲ませる理由がないんだから。

ギーシュ君への想いは、これから先も変わる事はない。
それが報われる事はもうないだろうけど、“今”を私は心に刻む。
これからは相応しい別の人に向けられる笑顔を、心を、この一瞬だけは私に下さい。
その思い出を胸に、私はきっと歩いていけるから。

ギーシュ君が解除薬をあおる。
これで、元に戻るんだ。

「…ありがとう、ギーシュ君」

聞こえないくらい小さな声で。伝えきれないくらい大きな想いを。

「――――― だよ」

そして自分でさえ聞こえないくらいに、微かに。
ギーシュ君は前を見ている。私のその声は聞かれていない、気付かれていない。
それでいい。伝えてはいけない言葉だから、知られてはいけない想いだから。私には過ぎた、願いだから。

私の想い、身の程知らずの告白よ。
塗り固めた嘘の底へ、消えていけ。








顛末。

正気に戻ったギーシュがあばばば言いながら部屋から飛び出した後(才人、ルイズが何とも言えない表情でそれを追っていった)私も解除薬を飲みました。

いやー、参ったねコレ。
…軽く死にたい。嘘だけど。
我がダメ人間な性格のお陰で激しくアイラブユーしなかったのだけがせめてもの救い?
なぜ~に私が自分の幸福を優先順位から降格させにゃーならんのだよ。しかもギーシュ第一とか、冗談にしても笑えないぜ~。あばば。

でもまあ、感じた“幸福”はホンモノだったわけで。
今まで感じた事の無いシアワセとか温かさとか、キュンキュンとかは盛り盛りだったわけで。
水の精霊に“満たぬ者”呼ばわりされても、あの時の私は満たされていたワケで。
どういう手違いがあったかは知らないけど…ほんの~りと感謝はするのです。


ヤツらが去っていった扉を閉じ、ミス・モンモランシに向き直る。

「な、何よ」

私が怒ってると思ってるのか、彼女は警戒心MAXな顔で反応してくれた。
うーむ、たとえ私が怒っててもミス・モンモランシの方が明らかに強いし、警戒する必要はないと思うんだが。

「もう用は済んだでしょ?…何よ、何か文句、ああもう!!分かったわよ!わたしが悪かったわよ!でもいいじゃない、元に戻ったんだし、結局別にギーシュに変な事されたわけじゃないんでしょ?わたしはなぜかマリコルヌと付き合うことになってるし、早く誤解を解かないと、」

「ミス・モンモランシ」

閉めた扉に背を預け、何も言ってないのに喚き始めたミス・モンモンに声をかける。

「だ、だから謝ってるじゃない!」

「いえいえ、別に私は怒ってないからいいですよ~」

そんなキレやすい人に見えるのかな~?まあ、確かに目付きの悪さは自認済みだけど。

「怒ってない?うそよ。だって、」

「嘘じゃないよ。逆に、ありがとう」

微笑んでみせる。だから警戒を解けモンモンさん。
主要キャラじゃないものの、コイツもそれなりの重要人物。警戒されたり敵視されたりはゴメン被りたい。
それに、怒ってないのは本当だし、ありがとうも本心だ。

「へ?」

「だから。ありがとう。クスリのチカラとはいえ、誰かと両想い状態なんて…いやー、実にシアワセ体験できました。うん、あんな幸福な気持ち、初めてだったから」

うんうん。
思い出すと顔面ファイアーになりそうになるけど、確かに貴重な体験だった。

そして私の『なるべく平穏で幸せな人生』を手に入れるうえでも参考になる体験かもしれない。誰かをホンキで好きになれば、幸せ度がアップする可能性があるのだ。
今までは恋人=結婚=未来への投資みたいな考えだったけど改めねばねーば。うむ。
愛する夫&子供と過ごす穏かで平和な日々。何という完璧で理想的な構図なのだろう。

…まあ、現状はそこまでゼイタク言えないから、私の幸福最優先なワケだけど。
それと、相手を選ばないとマズそう。
誰かを好きになった状態の自分を知ることができたのは大きな収穫だ。
私が劣等感とか持たずに相互ラブできそうな相手か。そのへんの平民か、いいとこ下級貴族だろーな、多分。別に文句ないけど。
とにかく、視野は広がった。それだけでも感謝だ。

「そんな、な、何言ってんのよ…。そんなこと言われたら…」

でも感謝の気持ちを伝えたはずが、なぜかミス・モンモランシは辛そうな表情になってる。
怒る=警戒、無言=逆切れ、感謝=辛そうって、どーすりゃ納得してくれるんだこの金髪縦ロールは。
もう少しフォローしなきゃダメなの?私はただ、気にしないで以降放っておいてもらえればいいだけなんだケドね~。

「私はですね、ミス・モンモランシ。メイルスティア家というお先真っ暗な家に生まれたから、恋愛とかはほぼ諦めムードだったんですよ、実のトコロ。だって私をお嫁にもらっちゃった人は、もれなく貧困がついてくるんだから。その果てしない貧困道をチャラにできるような容姿も、アタマも、才能も持ってないから余計に無理っぽく。そんな私が、どーいうわけか誰かを好きになり、その相手も私を好きになってくれた。コレはなんて奇跡?そしてそのお陰で、うじうじしてた私の心も、頑張ってみよーかな~とか思えてきたりしたワケです」

最後は嘘だが。
まあ、逆に勇気付けられたよ!とか言っときゃモンモンさんも気を取り直すだろ。
てかね、何で被害者の私が加害者に気を遣わなきゃーならんのだ?

「………」

だめでした。
俯いて何かブツブツ呟くミス・モンモランシ。
あー、めんどくさいなー。

「あなたは私の背中を押してくれた。だから…怒ってないよ、ミス・モンモランシ」

「…っ!!」

顔を上げ、キッと私を睨むモンモンさん。ばーじょん涙目。
私は何か傷付くようなコトを言ったのですか?

「あんたはっ!!」

「な、何でしょーか?」

「っ!!何でもないわよ!…もう自分の部屋に戻りなさいよ。それと、その、………ごめんなさい」

そっぽを向きながらも謝罪の言葉を(まあ、最初に言った逆切れバージョンは別として)口にする。
何だかやたら疲れたが、どうやら解決っぽいな。じゃ、遠慮なく帰らせてもらいますかね。

ミスタ・グランドプレとの関係をどーにかするのはまた今度でいいだろう。
“惚れ薬”状態では別にいいやとか思ってたけど、やはりギーシュとモンモンさんは原作通りの関係に戻しとかないと。
何だかんだで私も原因の1つになってる問題だし、何より危険度が限りなく低いしね。
私は自分の幸福最優先だけど、それに影響しなければ誰かを不幸にする気はないのでーす。

「うん。じゃあ、お邪魔しました」

「1つだけ聞いていいかしら」

なになにな~に?

「ほいさ」

「あなたの好きな人って、誰なの?その、場合によっては協力してあげなくもなくてよ」

ギーシュじゃないから安心してくれぃ。というか、そんな相手いないっちゅーの。

「ありがとう。でも、まだ私自身、どーなのか分かってないような。これからゆっくり、見付けていきたいと思ってる所存なのです」




さて。
何だかんだ、妙なイベントに巻き込まれはしたけど…これで一段落。
戦争は徐々に本格化していって、重要人物とかどんどん出てきて、私の存在感は希薄になって行くだろう。そもそも女子生徒は戦争に参加しなくてもいいっぽいし。
フェードアウトはもはや確実なのだ。

もちろん、学園襲撃事件でのデッドエンドを回避する作戦は既に決まっている。タイミングを見計らって実家に一時帰宅すればいいだけなのだ。



ほんのり前借で幸福も味わい、未来の展望もちょっと広がった。
いやー、実に順風満帆。幸福な結末のカタチが見えてきたぜ~☆




※※※※※※※※




だと思ってたんだけどね。

塞翁が馬。幸と不幸は順に巡る。運勢はヤジロベーなバランサー。


今、私の前にはアンリエッタ女王陛下がいる。
もの凄く睨まれてる。もの凄く憎まれてる。


うん。

どうやら本格的に詰んだようだ。
分不相応な幸福の後には、やっぱり深~い奈落が用意されてたようですな。
あは。



あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば!!!!!










オマケ
<Side 扉を挟んで廊下の3人>


「ちゃんと許してくれるまで土下座しろよな」

「分かってるよ。でも一応僕も“惚れ薬”の被害者だってこと、分かって欲しいんだがね」

「うるさいわね、あんたとラリカじゃ全然違うのよ。謝罪に心がこもってなかったら、たとえラリカが許してくれても私が許さないからね」

「分かったからそのクロスボウを僕に向けないでくれないか?もう逃げないから!」

逃亡者と追跡者は、仲良く(?)モンモランシーの部屋の前まで戻ってきていた。
そして才人が扉に手を掛けた時、



『 嘘じゃないよ。逆に、ありがとう 』



その声が、扉を挟んだ向こうから…漏れて聞こえた。

                                                                          


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030654907226562