<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

SS投稿掲示板


[広告]


No.16464の一覧
[0] 幸福な結末を求めて    ゼロ魔転生?モノ(オリ主)[めり夫](2011/06/13 00:20)
[1] プロローグ[めり夫](2010/02/14 11:12)
[2] 第一話・目指せ☆バッドエンド回避[めり夫](2011/02/09 07:42)
[3] 第二話・本編開始[めり夫](2011/02/09 07:51)
[4] 第三話・恩を売りましょう[めり夫](2011/02/09 07:57)
[5] 第四話・決闘ガンバレ、超ガンバレ[めり夫](2011/02/10 07:37)
[6] 第五話・胡蝶の夢?と不測の事態[めり夫](2011/02/10 07:46)
[7] 第六話・ゴーレムごっついのぉ[めり夫](2011/02/10 07:56)
[8] 第七話・決着、そしてさらば(予定)主要メンバーよ![めり夫](2011/02/10 08:01)
[9] 第八話・計画通り…のはずだよね?[めり夫](2011/02/14 01:53)
[10]  幕間1・嵐の前の平和な日常(才人)[めり夫](2011/02/14 02:02)
[11]  幕間2・嵐の前の平和な日常(ルイズ)[めり夫](2011/02/14 02:17)
[12] 第九話・ちょっと待て・私は行くと・言ってない[めり夫](2011/02/14 07:18)
[13] 第十話・計画変更、軌道修正[めり夫](2011/03/06 13:27)
[14] 第十一話・ワルドの影が薄い気がする[めり夫](2011/02/14 07:30)
[15] 第十二話・泥濘の夢。ワルド空中戦[めり夫](2011/02/16 00:45)
[16] 第十三話・賭けにでてみよう☆[めり夫](2011/02/16 00:56)
[17] 第十四話・すれすれすれ違い[めり夫](2011/02/16 01:04)
[18]  幕間3・絶望のラリカと落日の皇子[めり夫](2011/02/16 01:21)
[19]  幕間4・二人のライアー[めり夫](2011/02/16 01:31)
[20] 第十五話・ドタバタ☆結婚式[めり夫](2011/02/16 02:00)
[21] 第十六話・卑劣なるミョズ!というコトでひとつ[めり夫](2011/02/16 02:00)
[22] 第十七話・交錯する俺と私[めり夫](2010/02/23 21:28)
[23]  幕間5・知らないトコロで話は進む[めり夫](2010/02/25 08:12)
[24] 第十八話・ぐっどもーにんぐ希望の朝![めり夫](2010/02/28 11:28)
[25] 第十九話・原点回帰。思い出せ!目指したものを![めり夫](2010/02/27 12:54)
[26] 第二十話・あれれ~はなしがつうじないよ~[めり夫](2010/02/28 11:28)
[27]  幕間6・キスと夜空と自称薔薇[めり夫](2010/03/02 01:45)
[28] 第二十一話・バタフライ・エフェクト[めり夫](2010/03/03 20:20)
[29] 第二十二話・バタフライ・エフェクト2[めり夫](2010/03/04 21:45)
[30] 第二十三話・ハルケギニアのみんな!私に知識を分けてくれ![めり夫](2010/03/06 17:17)
[31] 第二十四話・恋せよメイド!(命令形)…せめてお友達から[めり夫](2010/03/06 23:44)
[32] 第二十五話・タルブの風と際会の空[めり夫](2010/03/07 19:25)
[33] 第二十六話・涙の理由 Side:B[めり夫](2010/03/14 22:23)
[34] 第二十七話・涙の理由 Side:A[めり夫](2010/03/14 22:24)
[35] 第二十八話・火の思い出[めり夫](2010/03/14 00:32)
[36] 第二十九話・乖離?いいえ予定調和です。だと言ってくれ[めり夫](2010/03/14 20:52)
[37] 第三十話・はぐ[めり夫](2010/03/16 01:51)
[38]  幕間7・平穏で、平和な、小さな宴[めり夫](2010/03/19 00:36)
[39]  幕間8・知らないトコロで乖離は進む[めり夫](2010/03/19 02:43)
[40] 第三十一話・虚無がどこかで覚醒してる頃に[めり夫](2010/05/08 21:35)
[41] 第三十二話・虚無の告白、閃光の叛意[めり夫](2010/03/20 23:18)
[42]  幕間9・異世界の水兵服[めり夫](2012/09/24 02:39)
[43] 第三十三話・捩曲の夢と現実[めり夫](2010/03/26 08:09)
[44] 第三十四話・モンモンと私。悶々と、私。[めり夫](2010/03/29 23:35)
[45] 第三十五話・絶望と青銅の惚れ薬①[めり夫](2010/03/31 21:44)
[46] 第三十六話・絶望と青銅の惚れ薬②[めり夫](2012/09/24 02:47)
[47] 第三十七話・行く先はラグドリアン[めり夫](2010/04/10 02:45)
[48] 第三十八話・ナゾを出すなら答えを用意しといて下さい[めり夫](2010/04/13 22:19)
[49] 第三十九話・顛末、そして[めり夫](2010/04/29 11:24)
[50] 第四十話・かつてない(私の)危機!!てか詰んだ?[めり夫](2010/04/17 12:00)
[51] 第四十一話・思考の渦と、ターニング・ポイント[めり夫](2010/04/29 17:03)
[52] 第四十二話・思考の渦と、ターニング・ポイント2[めり夫](2010/04/27 19:57)
[53] 第四十三話・ご崩御ください女王陛下☆[めり夫](2010/04/29 17:00)
[54] 第四十四話・人生?もうどうにでも、なぁ~れっ☆[めり夫](2010/05/16 21:53)
[55]  幕間10・空白の2日間に[めり夫](2010/05/11 21:27)
[56]  幕間11・現実逃避という名の休日①[めり夫](2010/05/17 01:35)
[57]  幕間12・現実逃避という名の休日②[めり夫](2010/05/20 00:41)
[58]  幕間13・霞の夢と、それぞれの日々[めり夫](2011/03/06 13:28)
[59]  幕間14・変化の兆しと、変化した色々[めり夫](2010/06/07 07:30)
[60] 第四十五話・私、目が覚めました!!(ダメな意味で)[めり夫](2010/06/16 07:40)
[61] 第四十六話・作戦開始!神算鬼謀な我が策!![めり夫](2010/06/27 22:31)
[62] 第四十七話・仕込みは上々、逃亡へのカウントダウン[めり夫](2010/07/02 12:15)
[63] 第四十八話・Other Side そして幸福な日常は続いていく[めり夫](2010/07/16 00:27)
[64] 第四十九話・Main Side そして偽りの日常は幕を閉じる[めり夫](2010/07/26 07:51)
[65]  幕間15・その頃。そして残された手紙[めり夫](2010/08/02 06:52)
[66] 第五十話・Side再度ワルド![めり夫](2010/08/18 23:06)
[67] 第五十一話・グリフォンの背に乗って。素敵じゃない空の旅を[めり夫](2010/09/02 03:21)
[68] 第五十二話・語られない物語[めり夫](2010/09/24 03:25)
[69]  幕間16・閉じこもった世界で[めり夫](2010/10/05 00:36)
[70]  幕間17・推理は“踊る”。されど“進まず”[めり夫](2011/02/16 23:46)
[71] 第五十三話・こっちはこっちでナニかが進む[めり夫](2010/11/22 01:42)
[72] 第五十四話・あなたの視線に心臓ドキドキ☆マッハビート[めり夫](2010/12/10 00:03)
[73] 第五十五話・雨の孤島と女の勘[めり夫](2011/01/15 23:32)
[74]  幕間18・ノコリガ[めり夫](2011/02/06 23:36)
[75] 第五十六話・キーワードは“ティファニア”[めり夫](2011/02/25 23:48)
[76] 第五十七話・動くモノと動かぬモノ[めり夫](2011/04/07 02:05)
[77]  幕間19・悪女の条件[めり夫](2011/05/15 03:30)
[78] 第五十八話・むーびんぐ、ざ、わーるど①[めり夫](2011/06/13 00:13)
[79] 第五十九話・強引愚昧ウェイ(Going My Way)[めり夫](2011/07/20 03:21)
[80] 第六十話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideB[めり夫](2011/09/18 16:48)
[81] 第六十一話・むーびんぐ、ざ、わーるど② SideA[めり夫](2011/11/15 07:54)
[82] 第六十二話・夜空そらごと、絵空事[めり夫](2011/12/25 09:55)
[83]  幕間20・佐々木良夫の諦観[めり夫](2012/06/06 21:56)
[84] 第六十三話・“無能”との遭遇。実際はこっちがアレな方だけど[めり夫](2012/08/27 01:51)
[85] 第六十四話・カンニングを駆使すれば天才に勝てるかどうか挑んでみるテスト[めり夫](2012/09/24 02:25)
[86]  幕間21・アザー、アナザー、アウトサイダー①[めり夫](2012/10/10 08:08)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16464] 第三十話・はぐ
Name: めり夫◆9cbc0c0c ID:07f4466b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/03/16 01:51
第三十話・はぐ





“そんな”わけないって。





おぉぅ、才人って結構力強いね~。

鍛錬の成果か、なかなかに逞しいじゃーないですか。
包容力は同年代の貴族なんかより、ずっとありそう。パーカーの上からじゃ分かんなかったな。

ちょっと汗の匂いがするけど、どーいうわけか不快ってワケでもない。
いわゆるひとつのフェロモン効果?浅学だから詳しくないけど。

いやー、でもまさか肉親以外の男性に抱き締められるとは思ってもみなかったなー。肉親だって幼児時代くらいまでだし。
“前回の私”じゃ考えられないかも。かもかーも。
あはははは、…あ~、ええと、

そうじゃないだろ。




現実逃避してないで考えろ私!!

どうする?どうする?どうする?
いや、マズいだろコレ。
森の中で抱き合う(一方的に才人からだが)男女って時点で色々アウトだ。見られたら確実に誤解される。

よし、順を追って状況を整理しよう!
① 逆切れしたのを謝り&フォローに行った。
② 抱き締められた。
以上。

…ダメだ、改めて意味不明だ。それがどーしてこの結果に至る?
いやそれより今は、ひあっ!?抱擁パワーが上がっただと!?これがガンダールヴの力か!?多分関係ないけど!
ちょ、待って、苦し…くはないけど、何かダメだ、ダメな気がする!放せ!!

「さ、才人…君?」

はーなーせー!人質を解放しろ!

「ラリカ、俺っ………」

ヒィィ!?耳元で呟くな!何かぞわぞわするぅぅぅ!!ち、力が抜け…、

「あの、ちょっと、苦しい…かも」

お願いします解放して下さい!ぅあ、頭がぼうっと…、

「あ…、ご、ごめん!!」

はっとしたように声をあげ、才人は慌てて私を放す。
ずいぶんとあっさり…いや、助かった。

「あ、あはは…、びっく~りしちゃったぜぃ」

いやマジで。心臓止まるかと…逆に心拍数凄いや。深呼吸。ひっひふー。
冷静になれ、冷静に。冷静になるんだラリカ。平常心だ平常心。

「ホントごめん!!思わずその、つい!」

頭を下げる才人。
OK、OK、大丈夫。正直に謝った“友”に対してハグする事なんて、テキサスじゃ日常茶飯事さ!
テキサスどころかアメリカさえも、この世界にはないけど。

でも感激の余り抱き締めることなら普通にある。はず。
そうに違いない。違いない。
いやー、友情が厚いとこういう事もあるのですなー。うんうん。うん。

「ん、い、いいよいいよ。ちょっと驚いたけどね。友情確認だと思、」

「でも俺、決めたから。迷ってたけど、もう決心付いたから」

顔を上げ、私を真っ直ぐ見詰める。な、何だその決意に満ちた瞳は?
ものすごーく嫌な予感がするんだが。
そんなわけない、そんなわけないよね?

「許してくれなくてもいい。それで嫌われたって構うもんか。俺は、」

や、やめ、


「ルイズも、ラリカも守る!!」


…え?

あ。そっか。あー、うん。
いや、助かった?とゆーか、一瞬でも“そうなのか?”とか思った自分に嫌悪だ。
“そう”なワケないのに。自分の事は自分が一番知ってるのに。

うん、何かちょっとムカつくような気が。
自己嫌悪でムカムカしてるのだろう。

「…才人君」

「また“でもルイズ最優先で”とか言うんだろ?…もういいんだ。俺、勝手にラリカの事も守るから。2人に優先順位なんて付けられねえよ」

何か以前ルイズが言ったのと同じような台詞だな、それ。
主従は似るのか?飼い主とペットみたく?じゃあ私とココアもいずれ…考えたくない。
よし、でも何だかようやく落ち着いてきた。冷静な私がアイルビーバックだぜー。

「分かったよ、才人君。キミが結構ガンコってのは知ってるし、意味のない言い合いを続ける気はないゆえに。でもしか~し、1つだけ約束を」

ここはやはり、前回のルイズと同じような言葉でいいだろう。さっさと済まして帰ろう。
何か、そんな気分だ。

『いつか私はいなくなるから、その時はルイズを大切にしてあげて』って。
最終的にはそうなるんだし、そうなるべきだ。しかもこの場面では最高に適切っぽい。

「ああ、分かってる」

真面目な顔で才人が頷く。まだ言ってないんだけど…雰囲気で通じたのか。さすが主人公!

「うん」

とりあえず、笑顔で私も頷く。

「いつかちゃんと、ケジメを付けるよ」

うん?
ああ、最終的には結婚も視野に入れるとかそういう話ね。気が早いなー。
でも、その時はせいぜい祝福しよーじゃありませんか。

「才人君の選択なら、間違いはないと思うよ。きっと納得の答えなんだと思う」

そう言うと、才人は申し訳なさそうに笑った。

「ごめん、優柔不断で。でも俺、後悔のないように、後悔させないように、真剣に考えたいんだ」

「うん、分かってるって。答えなんてじっくりゆっくり考えて、それから出せばい~のです。急かしはしないから、才人君の正しいと思う道を進むのだよ」

やはり、ルイズ×才人の公式は揺るがないか。
原作という運命の前に、多少のズレなんか関係ないようだ。実に素晴らしい。
どうやら才人も元に戻ったようだし、フォロー作戦は成功と見てよさそうだ。

「よーし、じゃあ私は部屋に撤退しましょうか。と言っても、ルイズに招待されてるから夜になったらお邪魔するんだけどね~。でわでわ、剣の練習ガンバッテくれぃ」

笑顔でひらひらと手を振り、“フライ”を使う。

さて、一旦部屋に戻ってワインでも飲みますか。何か、無性に飲みたい気分。
アル中じゃーないと思うんだけど。

…それにしても、ビックリしたな。思い出すと、あばばばば。
ヒロインの皆さんは凄いですなぁ。あーいうの、日常茶飯事なんだろうし。うん。


ホント、凄いや。




※※※※※※※※


部屋に戻ったらタバ子がドアの前で待っていた。

待ち合わせた記憶はもちろんない。
てか、タバ子に用なんぞない。向こうだって私になんて用はないはず。

「はしばみ?」

とりあえず訊いてみる。タバ子は不思議そうに小首を傾げた。
やはりダメか。“はしばみ”だけで通じるかと思ったんだけど。

「弓」

弓?…ああ、そーいや約束した覚えが。

「教えて欲しい」

どうしようか。正直メンドい。ワイン飲もうと思ってたところだし。危険度A級なタバ子とは仲良くなる気はないし。
でもまあ、約束だしな。それに、気晴らしになるかも。

「じゃあ、今日は座学で教えましょーか。部屋にどーぞ」

頭を撫でる。
夜までちょっとだけ、ラリカ先生の弓教室でも開催しますか。
生徒は1人のマンツーマン指導。どっかの学習塾みたいだ。
そういやタルブ空中戦はキュルケ&タバ子も用がなかったような。まあ、2人ともトリステイン人じゃないから余計に関係ないかもだけど。

「頑張ろうねー、タバサ」

何となく言ってみる。
幸福は目前。多少のイレギュラーはあるものの、あと少しで計画は完成だ。

この先、運命は加速する。
“虚無”の覚醒に始まり、王家との親密な繋がり、本格的になる戦争。
無能王やら教皇、エルフだって出てくる。ヒロイン候補も姫様参戦に加え、ティファニアとかいうハーフエルフまで現れるのだ。
もう、放っといても私の存在なんて限りな~く希薄になっていくに違いない。


もう少しなのだ。もう少しだけ頑張って立ち回ろう。
小さく頷くタバ子に微笑みかけ、私たちは部屋へ入っていった。








<Side 才人>


気が付いたら、思わず抱き締めていた。

いつもどこか余裕があるラリカの、あんな表情とか仕草とか、反則だ。
それ以上にラリカの事が少しだけ分かったんだと思ったら、止まらなかった。

「さ、才人…君?」

戸惑うような彼女の声。
…ラリカの身体、柔らかい。何かいい匂いもする。
こんなに華奢で小さいのに。誰よりも思いやりがあって、なのに自分は蔑ろにして。
感情が津波のように押し寄せ、抱き締める腕に力がこもる。

アルビオンで泣いたルイズに抱きつかれた事はあった。
でもあの時は彼女を慰めるのに精一杯で、それに自分からじゃなくて。

「ラリカ、俺っ………」

口が勝手に動く。自分が何を言おうとしてるのか分からないけど、それに任せてしまっても、

「あの、ちょっと、苦しい…かも」

!!

「あ…、ご、ごめん!!」

我に返り、慌ててラリカを放す。

俺、何をしようとしてたんだ!?

「あ、あはは…、びっく~りしちゃったぜぃ」

「ホントごめん!!思わずその、つい!」

正直に謝る。そして、顔を上げると同時に、自分の中にあった決意を口にした。

「でも俺、決めたから。迷ってたけど、もう決心付いたから」

以前、言えなかった言葉。言わせてもらえなかった言葉を。


「許してくれなくてもいい。それで嫌われたって構うもんか。俺は…ルイズも、ラリカも守る!!」



※※※※※※※※



「相棒、ホント優柔不断だな。何だよあの台詞。ラリカ嬢ちゃんじゃなかったら完全に愛想尽かされてるぜ?」

デルフが呆れたように言う。

「ならどう言やよかったんだよ」

「そりゃ“俺はラリカを守る”だろ。てかよお、ああいう場面じゃそう言うもんだろ。他の娘の名前を出すか、普通?」

尤も過ぎる意見だ。剣のくせに。

「俺だって言いそうになったよ、でもまだ分かんねえんだよ」

「ラリカ嬢ちゃんの事は一時の気の迷いかも、って意味か?」

「ちげえよ!…そんなんじゃねえ」

ルイズとラリカ、自分にとってどちらが“そう”なのか。まだ自分でも分からない。
だからこそ、一時の感情じゃなく、真剣に考えて答えを出したいんだ。

「ふぅん、まあどうでもいいんだけどな。俺ぁただの剣だし。ただ、投げっぱなしは後々面倒になるから気を付けろよ」

「だからケジメはつけるって言っただろ?」

「まぁ、ラリカ嬢ちゃんは相棒がどっちを選んでも納得してくれそうだけど。娘っ子の方は知らねえぞ。何でもいいけど、使い魔が痴情の縺れで主人に殺されるのなんて見たかねぇからな」

そう言ってデルフは笑う。他人事だと思いやがって。

「…ケジメは付けるさ」

「で、結局どっちなんだ?とりあえず俺にだけ教えろって」

「だから!まだ悩んでるって言っただろ?どうでもいいんじゃなかったのかよ!?」

「いや、相棒の反応があんまり面白れえんでつい、」

無言でデルフを鞘に収める。

「だから、まだ分かんねえんだよ」


溜息をつき、見上げた空には2つの月。

どちらも綺麗で、どちらかを選べと言われても選べそうにない。




「………分かんねえんだよ」




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029147148132324