SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] StS 第六話
Name: Fath◆282e9af7 ID:2d268445 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/04/17 19:18


「一日休暇か」

ふぁと小さく欠伸をする。
目の前には朝早くから訪ねて来てくれたティアナの姿があった。
なんでも今日は一日休暇で、スバルと出かけるのでその前に顔を見せに来たらしい。

「スバルと出かけてくる」

玄関に座って靴紐を結んでいるティアナの姿は、いつもとは大分違っている。
龍野の家に置いていた服から余所行き用に着替えたのだ。
六課で着用されている制服とはがらりと違い、活発なティアナらしい可愛らしさを持っている。
龍野は丸きり妹の成長を喜ぶ姉のような眼差しで見つめる。

どうやら靴紐は結び終わったらしい。
とんとんと靴先を床に当てティアナが立ち上がる。
見送りくらい笑顔でしようかと、龍野は笑顔を作った。
込める心は一つだけだ。

「気をつけて。楽しんできて」
「うん!」

元気よくティアナが頷いて、扉から出て行くのを龍野は手を振って送り出した。
ぱたんと扉が軽い音を出して閉まる。その音とは反対に、今日という日は特別だった。
暫くの間、龍野は微苦笑を浮かべて閉まった扉を見つめていた。

「ヴィヴィオ、連れてくるんだろうなぁ」

深い溜息が漏れ出た――しょうがない事だ。
しょうがない事なのだけれど、ここから急転直下していく物語を知っている分、どうしても不安が大きくなってしまうのだ。
目の前に現れた運命の切れ端に龍野は諦めたように肩を竦めた。

後藤龍野、休暇……のはず。
ヴィヴィオが来ることに複雑な感情を抱いています。



余生におけるある世界との付き合い方 StS 第六話



ティアナを見送って暫くしてから龍野自身も出かける準備を始めた。
店は休みになっており、目立たない店先には閉店中の文字が掲げられている。
元々この世界での龍野の仕事、本職はなのは達の体調管理である。
管理局に顔を出す都合により普通の店よりは休みが多く取られていた。

六課を仕事で訪ねる時は大体同じ服を着ていた。
毎回違う私服で行くのが面倒くさかったというのと、仕事ということを友人達に知らせるためである。
ちなみにこれを選ぶ時も着せ替え人形のようにとっかえひっかえされた嫌な思い出がある。
鏡の前で襟元を正しながら龍野は浮んできた記憶に蓋をした。
どうせ、これから会う友人達にもみくちゃにされることが分かっていたからである。

「よく似合ってる」

果たして龍野の予想は当たっていた。
目の前に出されたものを一瞥して、感想を口に出す。
六課に着いて龍野はすぐに友人二人に囲まれることになった。

この間の任務であるオークションの護衛のためにドレスを着たとは聞いていた。
仕事の話はお互いにしないのだが、今回は少し違った。
ティアナから齎された情報は次のようなものだ。

曰く、会場には正装でしか入れなかったから隊長たちはドレスアップした。
その時、なのはとフェイトは画像をデータとして撮っていた。
だから絶対に龍野は見せられることになると思う。
その時は褒めてあげるのが普通である。
――以上の事をまとめて言われ、龍野は耳にタコができるかと思った。
ティアナが言うには自分は女心がわかって無さ過ぎるらしい。

「そ、そう!ありがとう、龍野ちゃん」

なのはは照れたように笑いながら礼を言ってきた。
ティアナが言った通りの流れに、呆れ半分、感心半分で対応する。
六課を尋ねてから、画像を見せられるまでの期間は余りにも素早くて。
入り口で捕まってから、あっという間に囲まれてしまっていた。

「た、たつの、私はどうかな?」

とんとん、と肩を突かれ、龍野は身体を反転させた。
そこにいたのは、なのはと同じような表情をしたフェイトである。
聞かなくても、言わなくても、フェイトは綺麗だよ、と内心の言葉を押しつぶす。
思っていても言えない事は百とあるのだ。特に本人には。
頭の後ろで、呆れた顔のティアナが、言わなきゃわかんないわよ、と呟いた。

「うん。フェイトも綺麗」

龍野の一言にフェイトもぱぁっと表情を明るくさせた。
そして、浮かれているなのはの元に行き、二人で話し始める。
とても楽しそうな姿に龍野は堪えていた溜息を、やっと吐き出した。

「相変わらずやね、龍野ちゃん」
「はやて」

いつものように傍目から見ていただけの知人に龍野は半眼を返す。
相変わらずと称されるような状況であっても、疲れることには変わりない。
止められるだけの機転を持っているくせに止めてくれないはやてを、龍野は少し恨めしく思っていた。
しかし、そんなことははやてに関係ない事でしかなく、ほんわかとしている親友を隅に話を進める。

「この間のホテル行った時の奴でしょ?」

僅かに声を潜めてしまったのは癖のようなものだ。
はやてと話す事は余り多くなく、その数少ないうちの多くが声を潜めなければならない内容だった。
小さく肩を竦めつつ、龍野ははやてを見やった。

どこかへトリップしてしまっているフェイトたちには聞こえない。
分かっていながらも聞かせないように配慮する。
ティアナから情報を流した事は秘密ね、と言われていたからだ。

「なんや、知ってたんか?」
「ティアナが言ってたから」
「そか」

拍子抜けしたような顔ではやてが詰まらなそうに口を尖らせる。
きっと、なのは達に詰め寄られてわたわたする姿を期待していたに違いない。
人をからかうのが好きな性分は、特に龍野に対して発揮されるのだ。
長くなった付き合い上、それくらいのことは分かっていた。

「で、今日はどうしたん?」

はやてが話を切り替えるように言葉を紡ぐ。
フォワードが休暇になっているとはいえ、六課に人がいる事に変わりはない。
遠くのほうではデスクワークに励む音が微かに聞こえてきていた。

龍野は六課の体調管理を本職にしている。
仕事という物に龍野はとても真摯であり、予定がずれたこともない。
だから六課にいる事事態におかしな所はない。
今日が予定された日ではない、ということを除けば。

「六課に行ってって言われた」

僅かに龍野は瞳を細める。
今日は仕事の日ではない、けれど、仕事として龍野は来ていた。
それはヴィヴィオが来る日であるのを知っていたからに他ならない。
ティアナが言ってくれた言葉は良い体裁となった。

「ティアナか?」
「うん。わたし達だけ休暇は悪いからだって」

小さく頷く。ティアナは本当に、真心で気を回したに過ぎない。
それを利用したような立場に少しだけ胸が痛む。
ティアナに非常に甘いと認識されている龍野。
その龍野がこの場にいる事を誰も不思議と思っていなかった。

「……ティアナはいい子やなー」

苦みを含めてはやてが笑う。
ティアナは観察、分析をすることに長けていた。
なのはやフェイトが誰を好いているか、気付いているのだろう。
ただでさえ感情が分かりやすい親友たちのことだ。
そう考えると、ティアナの気の回し方は天下一品といえる。
はやてはそんなことを考えていた。

「その言葉には全面的に同意する」

龍野は少しだけ表情を和らげる。
ティアナが褒められる事が素直に嬉しい。
正しく妹を見守るような感情で龍野はそう思っていた。

「龍野ちゃん、シスコンは早めに治した方がいいで?」

シスコンのわけではない、と龍野自身は思っている。
それでもフェイトやなのは、またははやてから、その形容詞を貰うことは多くなって。
龍野は苦虫を噛み潰したような気持ちではやてを見る。
自覚していないものを直すのは難しいものである。
何とも言えない気分で龍野は息を吐いた。

「努力してみる」
「はは、まぁ、ええけど。嫉妬されんようにな」

こくんと小さく頷いた龍野にはやては笑いを堪えきれないように口元を緩める。
それから軽く手を振って、龍野の肩を叩いた。
伝わる振動に龍野は軽く肩を竦めて答えてみせる。
嵐の前の静かさに似た平和な空間がそこにあった。

しかし、まったりした空気は余り長く続かなかった。
龍野が知っている通り、ティアナたちから連絡が入る。
ほわほわとしていたなのはやフェイトの雰囲気が引き締まる。
その辺りは流石だなぁと思いながら、龍野は六課の動きを眺めていた。

「龍野ちゃん、悪いけど」
「うん。気にしないで」

気遣わしげに向けられた視線に、分かっているという風に首を振る。
ヴィヴィオが来るまで一騒動あるのだ。大きな流れの変革がないとはいえ心配になる。
龍野はただ静かに眺めているしかできなかった。





「この子がヴィヴィオ?」
「そうなの……ヴィヴィオ、龍野ちゃんだよ」

なのはが自分の後ろに手を回し、二、三度ぽんぽんと動かす。
するとほとんど見えなかった人影がわずかに見えてくる。
綺麗な金色の髪が流れて、龍野はフェイトを思い出した。

「タツノ?」

なのはの後ろから半分だけ顔が覗いている。
色の違う瞳はそれぞれが赤と緑に輝いていた。
人見知りの性質なのだろう。お互いに顔を向け合っているはずなのに、視線が合うことはほとんどなかった。
龍野も余り人付き合いは得意ではないが、ここは年上の分、接し方を心得ていた。

「こんにちは、ヴィヴィオ。私は龍野。なのはの友達」

できるかぎり笑顔をつくって挨拶をする。
はやてやアリサがその顔を見たら余りのぎこちなさに笑っていたかもしれない。
普段使わない筋肉がひくひくしてくるのを感じながら、気合で表情を保たせる。
ただでさえ泣きそうな顔をしているヴィヴィオの前で表情を崩すことはできなかった。

「なのはママのお友達?」
「うん。小さい頃から、そうだね、ヴィヴィオくらいのときからのお友達なんだ」

ヴィヴィオがなのはを見上げて尋ねる。
ずっと服の裾を放さないのは不安からなのだろう。
なのはを見上げる視線は心細さに揺れていて――何処から見ても普通の少女だった。

龍野は知っている。
この少女――ヴィヴィオがスカリエッティの"忘れ物"である事を。
そして、これからの物語の中心に位置させられる事を。
位置するのではない。位置させられてしまうのだ。
それを感じ取ったからこそヴィヴィオは不安を感じているのかもしれない。
そんな事を龍野は思った。

「時々ここに来るから、よろしく」

しゃがみこんでヴィヴィオと同じ目線になる。
名前を言ってしまえば何をすればいいか分からなかった龍野なりに考えた結果だ。
仲良くしようと手を差し出し、ただ待つ。

するとその手の意味を考えるかのようにヴィヴィオがじっと龍野を見た。
それから「どうしていいの?」となのはを見上げる。
なのははヴィヴィオの視線に苦笑を零すと、なのは自身もしゃがみこんで教える。

「これはね、仲良くしようって意味なんだよ?だから、ヴィヴィオが好きなようにしていいの」
「……好きなよう?」
「仲良くしたいなら、手を握ってあげて」

なのはに促されるような形で龍野とヴィヴィオの視線が合う。
こちらを伺うような視線に龍野は自分にできるかぎり優しく微笑んだ。
――残りの一週間はもう笑えないかも。
頭の片隅でそんなことを考えつつ、事態が進むのを待つ。

「タツノは、ヴィヴィオと仲良くしてくれる?」
「うん」

恐る恐る尋ねてくる言葉に龍野は答える。
考えてみれば、今まで自分は仲良くして欲しいという言葉を遠ざけてきた。
そのとばっちりを一番喰ったのは間違いなくなのはで。
未来でなのはの娘になるヴィヴィオに"仲良くしてくれ"なんていうのは図々しいのかもしれない。
――だからだろう。

「よろしく、タツノ」
「こっちこそ、よろしくね。ヴィヴィオ」

伸ばされた手が重なって、ヴィヴィオの子供らしい体温が伝わってきた瞬間。
ほとんど意味をなさなくなっていた警報が大きく鳴り響いた。
ご丁寧に赤い色の明滅までも視界についてきた。

なのは達に冷たくしていたことのツケなのか。
それともヴィヴィオが聖王だからなのか。
最大級のアラートに「やっぱりな」と龍野は納得してしまったのだった。


StS 第六話 終














遅くなりました。
申し訳ないんですが、次も現実世界の物事で少々遅れると思います。

感想、誤字報告、指摘、ありがとうございます。
ヴィヴィオ登場で、話も少しずつ進んでいきます。
では短いですが後書きを終わります。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02692699432373