SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] StS 第五話
Name: Fath◆282e9af7 ID:8ece5fa3 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/04/03 15:54



食卓の上に並ぶのは目玉焼きにトーストという一般的なものである。
それを見つめる龍野の表情は何とも複雑だった。
嬉しいような、困ったような曖昧な苦笑を浮かべている。
――二人分か。
龍野の表情の理由、それは未だ起きてこないお姫様が原因だった。

後藤 龍野、家事万全。
一人暮らしに家事スキルは基本です。



余生におけるある世界との付き合い方 StS 第五話



金の髪がベッドに広がる。
長さや仕事の割りに痛みの少ないそれは輝きを放ち。
白いシーツに溶け込みそうな色彩を見せていた。

龍野はいつの間にかベッドの上にいることに違和感を感じなくなった友人を見る。
仕事が忙しいからだろうか。その瞳が開く気配はない。
穏やかな寝息とともに胸は上下し、その睡眠がまだ深い事を知らせた。

「フェイト、朝ごはん」

小さく溜息を吐いて龍野はフェイトに声を掛ける。
寝かせておいてもいいのだがフェイト本人から朝起こしてくれるように頼まれていた。
義理堅い性格の龍野としては起こさないわけにもいかない。

「んぅ……たつの?」

龍野の声に反応してぴくりとその体が跳ねる。
その表紙に僅かにずれたシーツから肩が覗く。
朝日に眩しい綺麗な肢体を想像させるには十分の光景だった。

「はいはい。龍野だから、起きて」

ごしごしと目を擦る姿は変わらない。
変わらないのだがフェイトにはこの数年で面倒くさい癖がついてしまってした。
ぱさりとその体からシーツが落ちる。
その下から出てくるのは雪のように白い肌であり、下着のみをつけた身体だ。
――精神に毒。
悲しい事に見慣れてしまった自分はともかく他の人にしたら大変なことになる。
龍野は相変わらず危機感の少ないフェイトにそう思っていた。

「その下着で寝る癖、直しなよ」

ついと視線を逸らしながら龍野は口にした。
その頬は僅かに朱に染まっている。
ここ数年で幾らか慣れたとはいえ、人の身体を見るのは恥ずかしい。
ましてやフェイトは美少女で直視などできるわけもない。

龍野に言われてフェイトは半分寝ぼけた頭のまま視線を下に下ろした。
すると下着しか身に着けていない自分の体が目に入る。
落ちたシーツは臍の辺りまでしか隠していなかった。
やんわりとした羞恥心が徐々に顔を熱くさせる。

「あー……たつの、シャツ貸して」
「はい」

フェイトはとりあえずシーツを引っ張り身体を隠した。
それから龍野に着れる物を頼むと、既にシャツを片手に立っていた。
フェイトが泊まった時、このやり取りは最早慣例とかしている。
素直にそれを受け取り羽織る。
龍野がフェイトにいつも貸してくれるYシャツだった。

薄い青に染まったシャツは肌触りが良い。
だからフェイトはこの服を着るのが好きだった。
何より龍野の体温がすぐに感じられる気がして嬉しかった。

「それパジャマにしていいから」

龍野の言葉にフェイトは龍野を見上げた。
探すまでも無く、龍野はすぐ近くに立っていた。その頬は少し赤い。
手を伸ばせば届きそうな距離である。
それでもベッドから腰は上げない。まだ寝ぼけた頭では危ないからだ。
普段一人で寝起きする時はここまで酷くはない、とフェイトは思っている。
甘えなのか、どうなのか、わからないが、龍野の家でのみ酷くなるのだ。

「え、いいの?」
「うん」

きょとんとした表情のフェイトと目が合い、龍野は苦笑した。
フェイトの匂いが染み付いてしまって着れない――なんてことは当然言えない。
来る度に貸していたもんだから移ってしまったのだろう。
それ自体に疑問はない。
問題があるとすれば下着で寝るフェイトの癖であり。
諦めてパジャマを買わなかった龍野である。

「ふふ、嬉しいな」

フェイトは表情を緩めた。
それから自分のものになったシャツの感覚を確かめるように頬を擦り付ける。
ふわりと柔らかい生地の上を金糸が滑っていく。
綺麗な光景に龍野はとくんと鼓動が不規則に跳ねるのを感じる。

「何処にでもあるYシャツだけど」

龍野は首を傾げる。
そんなに喜ばれるものではない。
むしろ古着を着せることが申し訳なかった。
不思議そうな龍野にフェイトは微笑む。

「たつののだから」

龍野が着ていたものだから、こんなにも嬉しい。
龍野がくれたものだから、こんなにも違う。
フェイトは今の幸せをそのまま取り出したような笑顔を浮かべた。
花が咲いたような幼い笑顔に龍野はふいと顔を逸らした。

「相変わらず、恥ずかしいことを」

フェイトの笑顔が眩しすぎて頬が熱くなる。
龍野は誤魔化すようにフェイトの頭をくしゃくしゃと撫でた。
目の前でフェイトが気持ち良さそうに瞳を細める。
その表情は飼い主に頭を撫でてもらった犬のようであった。
手の中で絹糸のような金の髪が通り抜けていく。
龍野は密かにこの感触が好きだった。
自分の髪にはないものであり、フェイトによく似合っていたからだ。

「本当のことだもん」

髪を手櫛で梳かしながらフェイトはベッドを降りる。
大き目のYシャツだからだろう、ボタンの隙間から下着がちらちらと顔を覗かせる。
龍野とフェイトの体格に大きな差はないものの、同じというわけでもなく。
やっぱり、目に毒だと思いながら龍野は先を歩く。

フェイトと向かい合うように席に座る。
ここに着くまで何度か壁にぶつかりそうだったのを目撃した。
途中から結局手を引いて歩いたため、対面にいるフェイトの顔は緩んでいる。
執務官として職場に出ている時とは真逆の顔だ。
龍野が見るのはこういう顔ばかりなので、管理局での姿の方が変に感じる。

「今日はどうする?」

いただきますと手を合わせ、フェイトと龍野は食事を開始した。
目玉焼きに箸をつければとろりと黄身が流れ頬を緩ませる。
龍野自身褒めてよい出来の半熟だった。

「んー、たつのは?」

フェイトは小さく首を傾げて尋ねてくる。
最低限しか止められていないYシャツから溢れる肌色の面積は多い。
正面を向くにも躊躇しそうな光景に龍野は苦笑する。
この姿を見たいと望む管理局員は多々いるだろう。
だが残念な事に代わる事はできないのだ。

トーストを一つ齧る。
フェイトの言葉に何かすべきことがあったかを考える。
今のところ不足しているものもない。買い物に行く必要はなさそうだ。
だからといって家の中でごろごろするのも、どうだろう。
フェイトの偶の休みを無意味に過ごさせるのは可哀想である。
龍野はんーと小さく呻りながら食事を続ける。

「特に無い」

少しの間考えて、龍野は素直に口に出した。
したいことはないし休みだからといって何か予定があるわけでもない。
何しろ休日は大体がなのはやフェイトと共に過ごす事になる。
特にその事に不満があるわけではないが余り自分の予定を入れないようになっていた。

「じゃ、たつのの話が聞きたい」

ぼんやりとしていた龍野の耳にフェイトの甘えるような声が聞こえる。
ふと目の前へと視線を向ければ幼い笑顔がそこには待っていた。
出会ってから二桁に近い年月が流れた。
小学校から見てきた容姿は大人びたものになっている。
なのに向けられる笑顔の質は絆が結ばれた頃から少しも変わっていない。

「私の話、ね」

龍野は視線を天井辺りで泳がせる。
話す事は構わなかったがネタが無い。
何せ小さい頃の話はほとんどないし、ある程度大きくなってからはフェイトが一緒にいた。
彼女の知らない龍野の話となると少し難しい。

「だめ?」

潤んだ瞳で上目遣い。
背はほとんど同じくらいなのに器用に見上げてくる。
申し訳なさそうに下げられた眉毛にふるふると震える睫。
それら全てがきらきら輝いていて、龍野は苦笑と困惑を半々にした表情を浮かべる。

「というか、話すことが無い」

頭を小突いてみるもフェイトが喜びそうな話は出て来そうにない。
ぽりぽりと頭に当てた手でそのまま掻いてみる。
フェイトは困った様子の龍野に、一回顎を引いて考える。
こういう所は優しいのだろう。しかし気を回しすぎともいえる。
出会った時から変わらないフェイトの姿である。

「小さい頃の話とか」
「なのはにでも聞いて」

んーという小さな声の次に聞こえてきたのは、そんな言葉だった。
龍野は即答に近い速度でフェイトに言い返していた。
条件反射といってもいい。
幼い頃、小学生の頃の龍野の姿はきっとなのはが一番知っている。
そして、フェイトが知りたいだろう、他人から見た姿も同じである。
フェイトの望むような答を返せる自信が龍野には無かった。

目に見えてフェイトの表情がむっとした。
フェイトは龍野の事を知りたかった。
それも人づてでなく、彼女の口から語られる後藤龍野という人物を知りたかった。
アリサから言われたときにも出た、龍野の怖さ。
――なんで、そんなに自分の価値が低いのかを知りたかったからだ。
もっとも龍野がフェイトの心情を読めるはずも無い。

「たつのから聞きたいんだよ?」
「そう言われても」

小さく龍野は肩を竦めた。
フェイトの言いたい事は何となくわかる。
龍野の事を龍野自身の口から聞きたいという気持ちは理解できる。
だが残念な事に龍野は自ら話せる程の事を覚えていなかった。

皿の側に置いてあるコップを取る。
こくこくと喉を鳴らせば、牛乳の独特の風味が広がる。
トーストだからという簡単な理由での選択だった。

「小さい頃は、人と会うのが嫌でした。今でも少し思ってます」
「……たつの」

つらつらと流れるような口調で話す。
龍野にしては珍しい茶目っ気が出た結果であったが、フェイトには受けが良くなかったようだ。
胡乱な瞳で自分を睨む友人に龍野は掌を振ってみせる。

「冗談だから。目が怖い、フェイト」

半分は本気である、ということを龍野は胸に留めた。
しかしフェイトには既に見破られていたようで。
龍野を見る視線には心配な色が見えた。
小さく口元を緩める。こういう所が、この少女は優しい――甘いのである。

「たつのが言うと冗談に聞こえないから」

それは、龍野の事を知っているからこそ出るセリフである。
なのはに引っ張られて、嫌々付き合っていた頃を知っているから。
冗談と言う事が出来るのは、その後に和らいだ龍野の態度があるからこそである。

「なんで、わたしを助けてくれたの?」

くるくるとフェイトが金の髪を弄る。
その指先の動きを龍野は目を細めながら見つめる。
龍野の髪は短いため、フェイトのそういった仕草を好んでいた。

胸に去来するのは、なぜ今更こんな事をフェイトが言い出したか。
その一転だけだった。彼女が一人でこういうことを考えるのは少ない。
誰かに突っつかれたんだろうな、と考えるまでも無くわかった。

「今更だね」
「そうだね」

ふぅと息を吐き出す。
乾いた言葉は、真直ぐな視線に跳ね返される。
こういう類のお節介を焼くのはアリサか、はやてである。
すずかは見守るスタンスを崩しはしない。

「前も言ったと思うけど、偶然」
「じゃ、わたしじゃない人が、同じような状況だったら?」

フェイトじゃない人が、フェイトのような状態だったら。
そう言われて、その場面を構成して、その状況に身を置いて、龍野は動けなくなる。
フェイトは魔導師だ。龍野はそれを知っていながら助けた。
しかし、そのフェイトじゃない人物が、魔導師かはわからない。
その場合、結局自分はその腕を引っ張ったんじゃないだろうか。

事故に遭う前の龍野ならば、即座に「助けない」と言っていただろう。
助けた、助けないは別にして、口に出す答えは一つだっただろう。
それが出来なくなったのは性格が丸くなったのか。
はやてが口に出すように確かな変化が見え始めているのか。
どちらにしろ、龍野は事故当時とは変化し始めていた。

「――――」

押し黙る龍野の姿をフェイトは静かに見つめていた。
何を考えているかなんて分からない。
彼女の事を完全に分かりたい、と思いつつ、そうすることが最善でない事も何となくわかっていた。
ただ、龍野がいつまでも自分の優しさを自覚しないのはマズイと思う。
やっぱり、とフェイトは軽く溜息を吐いて、最後の一口を口に運ぶ。

「きっと、それが答えなんだよ」

龍野は怖さと紙一重の優しさを持っている人だった。
それに気付いたのは、フェイト自身、割と最近だった。
その考えはアリサとの会話で背中を押される。

龍野は答えられなかった手前、何も言う事が出来ず。
ただフェイトの言葉を聞いていた。
ゆっくりと視線が絡まり合う。
一瞬、泣いているのかと思うほど、潤んだ瞳だった。

「龍野は優しいね。怖いくらい」

そう言って、泣いてる瞳で微笑むフェイトが、とても、とても印象的だった。
少し様子が違うことに龍野も気付いていた。
しかし、なぜ、そんな顔をするかまでは分からなかったのである。


StS 第五話 終















少し遅れましたが五話です。
甘く甘くと呟きながら書くのは難産でした。
次らへんでヴィヴィオが登場すると思います。

感想、指摘、誤字報告、ありがとうございます。
次から龍野が唯一原作と絡んでる時期の話になります。
ちょっと甘さは控えめになるので、今のうちに補給してくださると。
百合のためにざっくざっく原作を飛ばした自分ですが、さすがにヴィヴィオは飛ばせません。
では、ここまで読んでくださり感謝します。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026642084121704