SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] StS 第四話
Name: Fath◆282e9af7 ID:bc950141 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/03/28 17:25


「ホテル?」
「うん。警備するってことらしいけど」
「へー」

龍野は気の無い振りで頷いた。
だが頭の中では色々なことが現れては消えた。
ホテル・アウグスタ。
ティアナにとっての正念場である。

後藤 龍野、ミッドチルダ。
最初の山場が来ました。




余生におけるある世界との付き合い方 StS 第四話




「大丈夫だよね?」

龍野は目の前の人物に確認する。
問題はないはずなのだ。
ティアナは前ほど力を得ることに焦っていない。
だから誤射するようなこともないと龍野は信じていた。
――それでも心配してしまうのは、自分に何も出来ないから。
もやもやする心のうちを龍野はそう思っていた。

「龍野ちゃんが心配するなんて珍しいなぁ」

へぇと小さく感心したような吐息を漏らす。
はやては含み笑いをしつつ答えた。
龍野がこういう事をはやてに尋ねるのはとても珍しい。
珍しすぎて思わず目を疑ったほどだ。

今日この店に寄ったのはたまたまだった。
龍野の店の売り上げに貢献できるよう、はやては知り合いにここを勧めている。
効果も実証済みなので評判はうなぎ上りである。
疲れたときは、はやて自身足を運ぶことも珍しくはない。
しかし龍野に引き止められるのは珍しいことだった。

「……はやて」

茶化すような言葉に龍野は顔を顰めた。
この友人の癖のようなものだとわかっていたが今の龍野は付き合える気分ではない。
人をからかって遊ぶ癖があるのは良くないことである。少なくとも龍野には。
イラつきやら不安やらを込めてはやてを見つめる。
じっと自分を見つめる視線にはやては苦笑した。

「わかっとるよ」

ひらひらとはやては掌を返す。
龍野が何を聞きたいのか、はやてにも分かっている。
ティアナを猫かわいがりしていた龍野のことだ。心配するのも当然である。
今度の任務は危険度がとくに高いわけではない。
あくまでもオークションの護衛のようなものである。
来ない可能性もある。しかし、はやての勘では十中八九来るとも思っていた。

「まぁ、何があるかわからんのが本音やけど」

管理局の任務で油断は大敵である。
だから気を緩める事はできない。
何時でも、何にでも対応できるように備えておかなければならない。
それは一種の心構えであった。

はやては飾られている写真に視線を移す。
そこにあるのは海鳴で撮った一枚とティアナと龍野の写真であった。
どちらも笑顔で幸せそうな写真である。
龍野の表情は相変わらず薄いが、前に比べれば大分表に出ている。
変化は少なくとも確実に訪れているのだ。

「でも私は信じとる」

なのはと、なのはの鍛えた子達を。
まして今度の任務はフェイトとはやても一緒に行く。
余程の事で無ければ大丈夫だろうというのがはやての考えだった。

「龍野ちゃんは違うんか?」
「わかってる。それに信じてもいる」

はやては半ば分かっていながら問いかけた。
返ってきた答えはやはり考えていた通りのものであった。
龍野は困ったような、戸惑っているような難しい顔を浮かべていた。
その表情にはやては滲み出る嬉しさを隠そうとせず笑う。

「それでも心配やって?」

はやての言葉に龍野は小さく頷いた。
不安を隠しきれない行動はティアナがいるからだろうか。
それともなのはかフェイトか。はやてには決めることができない。
龍野の感情はわかりづらい。
だがこの頃はやてはなのはが言う龍野が優しいという事をわかり始めていた。

「ふふ、そか」

はやてが小さく子供のような純粋な笑みを浮かべる。
仕事の時には見ることのできないものであった。
龍野はそれに気付き、僅かに首を傾げる。

「何?」
「何でもないで」

じっとこちらを見る視線に微笑む。
それから小さく肩を竦めて何でもないと表す。
龍野は良い方向に変わり始めている。
きっとなのはやフェイトが望んだ方向へと。
それが嬉しいのだとはやては思った。





いくら心配していようと月日は確実に過ぎる。
もう少し足踏みをして貰いたい気分だったが時間は待ってくれなかった。
大丈夫、と龍野は確信している。
任務へ行くティアナの姿に別段変わったところはなかった。
精神面も特に追い詰められているわけではないようだ。
龍野の存在が六課におけるティアナの疎外感を和らげていた。

任務から帰ってきたなのは達を龍野は六課で待っていた。
なのはとフェイトの体調管理という名目を持っている龍野はある程度自由に出入りが利く。
その権限を活用する事は余りなかったが、この時ばかりは感謝した。
心配はいらないはずだった。
自分自身でも、はやてと話しても分かっていたことだ。
それでも心配が募って、今日ばかりは六課に待機することにした。

「ティアナ」

遠くから歩いてくるのが見え、龍野は壁から背を離した。
どこにいようと落ち着かなかった。
ならばいっそ、ということでこの場所にいたのだ。

「あ、タツノさん」

龍野の姿を見つけたティアナが小さく微笑む。
その身体に大きな傷も、落ち込んだ様子も見えなくて。
やはり杞憂だった、とほっとしながら手を挙げ答える。
駆け寄ってくる姿は幼いときから変わらず、龍野は頬を緩めた。

「おかえり」
「うん、ただいま」

穏やかな龍野の声にティアナは嬉しそうに返した。
龍野が六課にいるのは珍しい。
特にこうやって任務終わりに待っていてくれるのは初めてで、ティアナは微笑まずにいられなかった。

手を伸ばせば触れられるほどの距離になって、龍野は改めてティアナを注視した。
その顔にあるのは任務前に見たのと変わりない表情。
――どうやら誤射は起きなかったようだ。
安心したのも束の間、近くで見ればやはり細かな傷がついている。
諦めていた事とはいえ嫌な気持ちは拭えず、少しばかり機嫌が下降した。

「……怪我はない?」
「大丈夫だって」

そっと撫でるように龍野の手がティアナの頬に触れる。
くすぐったい感覚にティアナは小さく肩を竦めてみせる。
龍野の手が触れている部分は仄かに温かくて、顔が勝手に緩んでしまうのだ。
それをスバルやエリオ、キャロに知られるのは気恥ずかしかった。

「なんや、ティアナには心配性なんね」

いつから見ていたのか、はやての茶化すような声が聞こえた。
龍野は余計な事を言うなという感じではやてを見つめる。
こういうテンションの時、この部隊長は碌な事をしないのである。
中学からの付き合いである龍野はなのはやフェイトを通して、それを嫌になるほど経験した。

「タツノさんはいつもこんな感じですよ?」

不思議そうな声音でティアナが言った。
小首を傾げる姿は、龍野の行動に微塵も違和感を覚えていない。
ティアナにとって龍野が心配性なのは小さい頃からで。
出会った時から常に心配されていたに等しいのだ。
だから今更、任務帰りに傷の心配をされることくらい慣れていた。

「ティアナに甘いのは知ってたけど……」

はやてがいれば当然彼女もいる。
ティアナの言葉になのはは苦笑を堪えきれない。
龍野が心配性なのには全くもって同意する。
ある意味なのはが一番そのことを身をもって知っていた。
小学生時代から叱られた回数は群を抜いているのだから。
そう、叱られた回数である。
ティアナのように不安気に尋ねられたことなどほとんどない。
それが少しだけ気に入らなかった。

「でも贔屓が過ぎるんじゃないかな、たつの」

フェイトにいたっては完全に拗ねが入ってきている。
執務官がそんな顔を職場でしていいんだろうか、と思いながら回りを見れば、ちらほら驚いた顔が。
やっぱり、ここでもフェイトは冷静で完璧な執務官振りを発揮しているようだ。
その事実に龍野は少しばかり呆れつつ二人に言った。

「ティアナは年下」

同い年の二人と同じ対応になるわけが無い、と追撃をかける。
正論すぎる言葉になのはとフェイトは押し黙る。
それでもなのははむぅっと唇を尖らせていたし、フェイトは八の字眉になっていた。
はぁと溜息を吐き、ティアナの側から離れ二人の下へと歩く。

「お疲れ、なのはも、フェイトも」

手を伸ばし頭を撫でる。
滑らかな髪の感触が両手に広がる。
同時になのはとフェイトの表情も花が咲くように柔らかくなった。
龍野は、仕方ないなぁ、と口の中で呟くも、表情は微笑んでいる。

「違ったわ」

三人の姿にはやては大げさに肩をすくめ、やれやれと手振りをふった。
見慣れない光景に目を点にした六課のメンバーが立ち尽くしていた。
いつも凛々しい顔しか見たことのないフォワードの面々である。
ある意味仕方ない事であろう。

「――龍野ちゃんはなのはちゃんとフェイトちゃんにも甘いんやった」

くすりと微笑む顔はからかいと親愛を織り交ぜたものだった。
中学時代から変わらないやり取りにはやては胸が温かくなるのを感じる。
ぴくりとはやてのことばに肩を跳ねさせた人物がいた。





「あのっ、なのはさん」
「ん、どうしたの? ティアナ」

たたたたっと走り寄ってきたのは今の教え子。
実力も十分だし、教え甲斐もあるとなのはは聞いていた。
実際にその話に嘘は無く、教導も順調に出来ている。
一つだけ不満があるとすれば、龍野の知人だと知らされなかったことだ。
もっとも、はやてには苦笑されたし、龍野に至っては無反応だった。


仕方ないことだと分かっていたから理解はしている。

「タツノさんのこと、なんですけど」

見上げられた視線に含まれているのは、こちらを伺う感情である。
なのはやフェイトが龍野の話に敏感なのは知れたこととなってしまった。
もちろん、ティアナも分かっており、それがこの表情に繋がっている。
それを別にしても上司に対して私的なことを言うのは緊張するものである。

「龍野ちゃんの?」
「はい」

ティアナの言葉になのはが小さく首を傾げると、さらりと茶色の髪が揺れた。
龍野の、と言われてしまえば、なのはに聞く以外の選択肢はなくなってしまう。
それが良くも悪くも意志の強い性格を表していた。
聞く姿勢のなのはに気付いたティアナは、大きく息を吸い込んで。
それからはっきりと言葉を発してきた。

「タツノさん、たぶん」

しかし、その言葉はすぐに尻すぼみになる。
言葉を探しているとも、言って良いのか戸惑っているとも。
どちらにも取れる態度であった。

「たぶん?」
「一番心配しているのは、なのはさんたちのことだと思います」

促すなのはにティアナは言葉を続けた。
凛々しい瞳がなのはを見る。
龍野の事を理解しているのがわかる、優しい瞳だった。

素直な心配がそこには含まれていた。
龍野となのはの関係を考えてくれているのだろう。
年下の部下に気を回されていることに苦笑が浮ぶ。
それでもするりと言葉が出てしまうのは、ティアナが龍野の家族だからなのだ。

「そうかな?」
「昔から、タツノさんは言ってました。心配な友人がいるって」

なのはにとって、龍野と心配という言葉は余り結びつかない。
心配されないというわけでは決して無い。
ただ龍野がなのはに面と向かって心配と言う言葉を口に出す時は、大抵怒っているような表情で。
叱られているという雰囲気はあっても、心配されているという感じにはならないのだ。

「だから大丈夫です」
「ティアナ……」
「フェイトさんにも言っておいてください」

にこりと笑ってティアナは話を締めた。
フェイトにも、と付け加えた辺り、先ほどの場面を見ていたのだろう。
――出来た子だ。龍野が可愛がるのも分かる。
なんとなく、そう思い、なのはは頬を緩めた。

「それだけです。出すぎた真似をして、すみませんっ」

勢いよくティアナが頭を下げる。
床に平行になるほど深く身体を折り曲げる。
清々しいと言えるほど、綺麗な謝意の表れ。
元々気にしていなかったなのはは、ふるふると首を横に振る。

「ううん。ありがとう、フェイトちゃんにも伝えとくよ」
「はい!」

顔を上げたティアナの表情は明るい。
元気の良い返事に、なのははうんと一つ頷いた。
フェイトはきっと喜ぶだろう。
親友の、龍野絡みのときだけ見せるふにゃりとした笑顔を思い出す。
それはとても心が温かくなるものだった。


StS 第四話 終













余裕があるうちに、ぽんぽん載せておこう。
そういう考えの下投稿してます。
そろそろ甘い話が見たいので、次は甘くなる予定です。

感想・誤字報告・指摘ありがとうございます。
ざっくり飛ばし進んでいく話です。
本編は管理局が大体舞台なので、余り関われません。
後半はそうも言ってられなくなりそうですが、今のところ影もないという。
では、ここまで読んでくださり感謝します。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025686979293823