SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 幕間 ss2
Name: Fath◆995c8f6d ID:a6103bee 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/03/14 20:33


家族の定義は難しい。
ただ家族と思ったら、家族と親友が言うようならば。
きっと自分の家族に彼女は含まれるんだろうなと思った。

後藤 龍野、お茶中。
ティアナはいい子です。




余生におけるある世界との付き合い方 ss2




ふぅっと声を出す。
今日は久しぶりに外での会食になっていた。
ティアナの要望で中心部からは少し外れた場所に来ていた。
新しい店が出来たらしく行ってみたかったと説明され、それを拒む必要が龍野にはない。

「へぇ、じゃあ、もうすぐこっちに来るのね?」
「顔を出しやすくなるだけ」

「似たようなもんじゃない」とティアナは返す。
その姿に龍野は苦笑した。その通りだ。
移住こそしないが来る回数を増やすならば同じことだろう。
そういう意味ではティアナの言葉は全くの正論だった。

「友人が移住する」

龍野は抑揚の少ない声で答える。
ティアナもそれを受け、なるほどと頷いた。
その顔には明るい色があり嬉しさが滲んでいる。
龍野と一緒にいる時間は知らないことを知れる。
ましてや家族を失ってしまった彼女にとってその代わりだった。
会える回数が増えるというのは純粋に嬉しくなることなのだ。

「その友達に会いに来るわけだ」

龍野の友人想いの性格を知っている。
特にその魔導師だという友人の話は良く出ていた。

「そう。だからティアナともっと会える」

自然な話の流れで龍野がそう口にする。
意味を理解する前に目と目が合ってティアナは頬を赤らめた。
直情的な言葉は苦手とするものだ。

「そ、そうね」

相手のことを気にしていたのは龍野も同じである。
なのはやフェイトは側にいる。その上、無茶をする所は大方過ぎ去ってしまった。
だから気にかけてはいるがそこまで心配はしていない。
だがティアナは違う。今からが彼女にとっての正念場なのだ。
加えてティアナの居場所はミッドで、側にいれるわけでもない。
はやてに言ってこっそりミッドに来るのにも限界がある。

フェイトは勘が良い。
龍野が前より家を空けるのを不審がっている。
その心中にあるのは龍野を慮る気持ちであった。
他人の好意を無碍にできない龍野が取れる行動など決まってしまう。

「友達の力になりたいんだ」

そう言って龍野は少し目を細める――はやてから聞いていた。
なのはとフェイトが中学を卒業すると同時に移住する予定だと。
最初はなぜそんなことを自分に言うか龍野には分からなかった。
しかし少し考えればすぐに分かった。
龍野のことを気にして二人が移住を渋る可能性が出てきているのだ。
だからこそ結べた契約だった。

「魔導師なのよね?」
「うん。二人とも働きすぎ」

働けるというのはそれほど優秀だという事だ。
それをこの世界――ミッドチルダだ――に住むティアナはよく知っている。
兄も忙しそうにしていた。
働いて、その合間にティアナに会いにきて、プレゼントまでくれた。
幾ら罵る者がいようとも最高の兄だった。

「心配?」

少々悪戯な顔でティアナが尋ねる。
そうすると龍野はきょとんとした顔をした後、柔らかく微笑んだ。
出会った時より大人びた顔はこの人と過ごした年月を確実に感じさせる。
家族がいなくなってから、その代わりになろうとしてくれたのは彼女だけだった。
ティアナにとって週に一回の会合はとても大切なものなのだ。

「心配だから、来るんじゃない」
「それもそうね」

龍野は小さく肩を竦める。
カランと二人の間に置いてあったグラスが音を立てる。
外では強い風に吹かれて木々が揺れていた。

この人に心配される友人とはどんな人なのだろうとティアナは考える。
龍野は二つしか違わないとは思えないほど確りとした人物だった。
そして少し過度なほど心配性である。
だからティアナからすれば心配する必要が無い位の人なのかもしれない。
微かに顔を伏せる――龍野に心配してもらえるその人が羨ましかった。

「ティアナも」

テーブルに引かれた白いクロスを見ていたティアナの耳に音が入る。
名前を呼ばれ龍野を見るとそこには先ほどとは逆に悪戯が成功したかのような顔の彼女がいた。
その顔と名前を呼ばれた事が繋がらない。
聞き返すように自分を見返すティアナに龍野はもう一度笑った。

「え?」
「ティアナもこの頃大変そうだから、心配」

きちんと繋げられた文章はすぐに効果を表す。
顔に熱が集まってくるのが分かる。
それを誤魔化すようにティアナはグラスのジュースに口を付けた。

「そ、んなこと、ないわよ」

ティアナの目が泳ぐ。
実際この頃は少し忙しかった。
魔法学校を卒業する時期が近づいてきているためだ。
希望として士官学校に行きたいのだがどうにも難しい。
空を飛ぶということが出来ないに近いのだ。兄は空士で執務官を目指していた。
兄弟ならばある程度魔法資質も似るはずだと思い、訓練を重ねている。
そしてその分の疲労は確実に蓄積されている。
龍野がそういうものに敏感だとティアナは長い付き合いの中で知っていた。

「嘘つくとわかる」

そっと手が伸ばされて額に手が当てられる。
すぐに温かい何かが流れ込んでくるのが分かった。
「んっ」と小さな声が漏れる。それに龍野は小さな笑いを漏らすだけだった。
温かいものが全身を巡る。
龍野の手が離れる頃にはティアナはとろんとした目をしていた。

「ほら、疲れてる」
「ずるい……眠くなる、じゃない」

龍野との付き合いも長いものになった。
その間に彼女の能力についてティアナも少しは知ることが出来た。
特によくお世話になる内気功は仕組みはともかく効能は身に沁みている。
疲れていると、この力は気持ちよすぎて眠くなってしまうのだ。

「ちょっと出ようか」

龍野の言葉に従って店を出る。
眠さに瞳をまどろませながら手を引かれる。
自分より少しだけ大きい背中は安心感をティアナに齎す。
ぼんやりしている間に龍野の足は止まっていた。
それと一緒にティアナの足も止まり顔を上げる。
目立たない建物だった。
一人でここに来いと言われたら確実に迷ってしまうくらい。

「ここは?」

何も知らないティアナは龍野に尋ねる。
すると彼女は少し困ったように笑いながら、そっと壁に触れた。
ぽんぽんと感触を確かめるようにしてからティアナに答える。

「こっち用の拠点みたいなもの」

複雑そうなのは分かった。
もともとこの世界が好きでないのは何となく感じていた。
それでもこっちに顔を出すのは自分のせいだとティアナは自惚れ交じりに思う。
幾ら魔導師の友人が居ても龍野がミッドまで訪ねてくる必要は無いのだから。

「いつの間に」
「お節介な友人がちょっと、ね」

龍野が扉の鍵を開け、中に入る。
ティアナはそれについていった。
中は必要最低限のものしかない部屋で、特に目に付くものはない。
何だかとても彼女らしくてティアナは心の中でくすりと笑みを零した。

「寝ていいよ?」
「でも……」

龍野の言葉にティアナは渋った。
龍野と会っていられる時間はあまり無いのだ。
幾ら疲れているからといって寝て過ごすのは勿体無さ過ぎる。

「大丈夫、また直ぐ会える」

渋るティアナに龍野は優しい表情で言った。
柔らかく頭を撫で、ベッドへと誘導する。
そこに座らせるとティアナは諦めたかのように自ら横になる。
龍野を見上げる顔は何処か幼くなっていた。

「うん」

ティアナが小さく頷いた。
龍野は上掛けを肩までかけて、ベッドから離れようとした。
くんと自分の服の裾を引っ張る感覚があった。
龍野が振り返るとティアナが顔は反対方向に向けたまま服をつかんでいた。
ティアナは何も言わない。だけど龍野にはわかった。
困ったなという顔をしつつ、その顔は微笑んでいる。
そしてそのままベッドの端に座り、そっとティアナの頭を撫でる。
優しい時間がそこには確かに流れていた。



ss2 終













バレンタインでー記念ということで。
ホワイトデーにはsts編を始められると思います。
こんなに更新の無い話を見てくださったり、感想を下さった方、本当にありがとうございます。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025435924530029