SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第二十八話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/06/06 23:54


あれ、私、どうしたんだっけ。
龍野ちゃんと喧嘩して。
あぁ――お仕事、してたの。確か。
また、怒られちゃうかなぁ。
……怒ってくれると、いいな。


後藤 龍野、予感的中。
はやてからの連絡に心臓が止まりそうになりました。



余生におけるある世界との付き合い方 第二十八話




荒々しく扉を開ける音がしてはやては振り向いた。
そこには息を切らした同級生の姿。
余り見ない様子にはやては内心目を丸くする。

連絡をしたのは先ほどと言って良い。
なのはが仕事中に倒れたのではやてが連れて帰ってきたのだ。
網を張っていたとはいえ余り欲しくない連絡であった。
こちら―地球―に着きそれから心配していた龍野に連絡をした。
フェイトも一緒にいるとはやては考えていた運悪く入れ違いになったようだ。

「なのはの様子は?」

ある程度息が整ってから龍野は口を開いた。
つーっと汗が額を滑っていく。
走ってきたのだろうとはやては思った。
龍野の言葉にはやてはベッドで眠る親友に目を移す。
穏やかに眠る表情がそこにはあった。

「疲労が溜まったことによる失神……のはずなんやけど」

龍野がなのはの側により、その頬にそっと触れる。
優しい触れ方だった。その表情はとても心配そうである
やはり龍野はなのはのことをとても大切にしている。
なのはが気にするフェイトと同じくらい、下手したらそれ以上に。
――この顔を見せれたら、そんな想いがはやての頭を掠めるができないものは仕方ない。
現実的に考えて仲直りするというのが今のなのはには一番嬉しいことだろう。

「起きないの?」
「そういうこっちゃ。多分、急に増やした仕事の分、疲労が多いんやろって話でな」

はやては小さく肩を竦める。
なのはの家へはまだ移していない。
彼女の家が忙しい商売なのは知っている。
何よりなのはは家族に心配をかけるのを嫌がる。
診断名が過労なだけにその内起きるだろうというのがはやての考えだった。

「それでな」
「うん?」

一つ息を吸う。
倒れた親友を前にこれを言うのは薄情かもしれない。
だがはやて自身も仕事であっちに渡っていたのだ。
無理をしているなのはをヴィータに頼んだのは正解だった。
素早く行動できたし、解決法も用意できたのだから。

「私、まだ仕事があるんよ」

なのはが無理する原因は間違いなく龍野である。
だから元のなのはに戻ってもらうには仲直りしてもらうほかない。
そしてそれは彼女が気付いたときに一番素直に行われるだろう。
なのはちゃんも頑固やからなぁと少しはやては苦笑する。

「わかった。私が側にいる」

そして勘の良い友人は一言で分かったらしい。
相変わらずの鋭さにはやては微笑を浮かべる。
同時にこの鋭さを少しでもなのはやフェイトに向けてやればいいのにと思ったりもしなかった。
なのはもフェイトもはやてからすればとても分かりやすい。
それは親友という事も関係していたが、彼女達が素直な性分である事の方が大きな理由である。
つまり普通の感性なら気付くのだ。

「話が早くて助かるわぁ。悪いけどお願いな」
「うん」

言葉少なに部屋を去る。
本当は側にいてやりたかった。
だが仕事ではそれは出来ない相談だ。
何よりこの二人が仲直りするにははやては邪魔だろう。

「フェイトちゃんはとりあえず、どうにかなったし」

なのはが倒れたと聞いて仕事を放り投げ出しそうになったのはフェイトも変わらない。
それを押し留めたのは他ならぬはやてだった。
たとえ喧嘩していようとなのはのことで冷静になどなれない――それが親友の性格である。
龍野との事故があってから少々関係性は変わったがはやてにしてみれば、フェイトは未だ“なのはちゃん馬鹿”なのである。





はやての足音が遠ざかるのを聞く。
その音を聞きながら龍野はベッドで眠る幼馴染に視線を向けた。
息はやっと普段どおりに吸えるようになっていた。
龍野の家からはやての家までは少々距離がある。
全力で走る分にはきつかった。

「なのは」

今の龍野の胸にあるのは後悔だった。
何故もう少し早く仲直りをしなかったのだろうか。
何故無理しているのを止めなかったのだろうか。
――こうなる可能性が僅かでもあると知っていた。
そしてその可能性を潰すことができたのにと胸を責め立てる。

龍野は握っていた拳を解く。
その掌には爪の痕が強く付いていた。
大きく深呼吸をし、ベッドサイドへと歩み寄る。
一週間しか経っていないのにその寝顔を見るのは随分久しぶりな気がした。

「ごめん」

自責するように呟く。
それからそっとその手に触れた。
はやてが言うには過労で寝ているだけ。
それならば龍野にもできることがある。

「起きて、なのは」

力を練る。
自分の中にあるものを意識して動かす。
なのはの疲れを治す事はできない。だがその回復を手伝うことは龍野にもできる。
恐らく、泣きそうになりながら仕事を続けているだろうもう一人の少女のためにも頑張らなければならない。
龍野は久しぶりに内気功を行った。





なんか温かい、というのがなのはの正直な感想であった。
視界は暗い。ここがどこかも分からない。
ただ先ほどまでの底冷えするような寒さは消えていた。
一人の世界に、まるで誰かが触れたように。

「誰か、いるの?」

この感覚をなのはは知っている。
温かくて、安心できて、気持ちよくなってしまうもの。
だが何だったかまでは思い出せない。

“一人は嫌い”
この世界にいて思い出すのは遠い、幼い頃の自分だけだった。
何も出来ない自分も、何もさせてくれない家族も、家族に必要とされない自分も全てなのはは嫌いだった。
はっきりとした想いが確かにこの胸にはあるのに誰にも届かない。
そんなもどかしいことはもう嫌なのだ。

「ねぇ!」

ただ闇しかない世界になのはは叫ぶ。
何か返って来ることをただ祈りながら。
――帰らなければならない。
その気持ちだけが今のなのはを支えていた。今の自分には待っている人がいる。
フェイトに、はやてに、アリサにすずか、魔法で知り合った全ての人――それに龍野。
一人だったなのはの背中を押してくれた人。
今のなのはの始まりとなった人に逢いたかった。

「返事、してよ」

ぽつりと呟いた声は闇に吸い込まれる。
自分の泣きそうな声がなのはの記憶を揺さぶった。

最後に見たのは冷たい顔だ。
いや、それからも学校でその顔をみることは出来た。
それでも自分へと向けられたはっきりとした表情はあれが最後なのだ。
悲しくないといったら嘘になる。
だって大好きなの――なのはは自然と想っていた。
彼女がフェイトに甘いと知っていても、それに妬いてしまっても、結局なのはは龍野から離れられないのだ。

「龍野ちゃん」

暗闇に彼女はいない。
先ほどまでの冷たさはなのはに何も齎さなかった。
黒は黒で、この場所が何処なのかも分からない。
だがこの温かさは違う。家族や友達のことを思い出してしまう。
何だか急に寂しくなってなのは龍野の名前を呟いた。

「なのは」

返ってきた声になのはは顔を上げる。
しかし其処に見えるのはやはり何処までも続く黒だけであった。
なのはは僅かに落胆する。だが諦めることなどできない。
この世界にも龍野の声があるというのを知ってしまったから。

「龍野ちゃん?」

もう一度確認するように呟く。
何となくこの温かさが何なのか分かった気がした。
気付いてみればそれはいつもなのはが感じていたものだった。

「なのは」

返ってきた声になのはは確信する、龍野がいることを。
この世界、ではないかもしれない。だが確かに側に彼女はいるのだ。
そうなればこんな所で立ち止まってなどいられない。

なのはは大きく息を吸った。
静かに目を閉じる。やはり音は何も聞こえない。
いや、耳を澄ませばきちんと聞こえた――自分の音が。
トクントクンと動く鼓動を聞きながらなのはは彼女の姿を思い浮かべる。

「会いに行かなきゃ、なの」

目が覚めたらきっと龍野は側にいる。
会えたら言いたいことがある。
仲直りだってしたいし、彼女の笑った顔を見たい。
冷たい顔が最後に見た表情なんて嫌なのだ。

「待ってて。龍野ちゃん」

なのはは静かに世界を飛び出した。
白に溢れる世界へと。





「つっ――」

龍野は額の汗を拭った。
室温が高いというわけではない。
内気功を長時間操るのはどうにも体力を消耗する。
元々龍野自身にしか使われない能力だからそれも仕方ないのかもしれない。

自分に出来ることはしたと龍野は思った。
内気功がどれだけ効くかは分からないが疲労は大分軽くなったはずである。
あとはなのは自身に残っている体力の問題だ。
はやてから命に問題は無いと聞いていても心配に変わりはない。
何より世界に修正力があるならば一番割りを食うのはなのはに違いない。

「なのは」

静かに名前を呼ぶ。
それは確かな刺激となってなのはに伝わる。

「…っ…んぅ…」

静寂に包まれていた部屋に声が漏れる。
龍野は伏せていた顔を上げた。
じっと卵が孵るのを待つようにその顔を見つめる。
出会った頃より大人びた顔立ちが時の流れを感じさせる。
長い睫に今更ながらに“女の子”なのだと龍野は想った。

「……なのは」

龍野はゆっくりとその名前を口に出した。
少し怖かった。
しかし望んでいた答えは返ってきた。

「たつ、のちゃん?」
「うん」

起きた、と小さく呟く。
それはなのはに言ったとも独り言とも取れる大きさだった。
ぼんやりと天井を見つめる幼馴染を龍野は見ていた。
まだ思考がはっきりしていないのだろう。
その瞳はいつもより弱いように感じた。

「やっぱり、いてくれたんだ」

すっとなのはの顔が動く。
龍野を視線が射抜き、それから微笑んだ。
まるでそこにいるのを最初から知っていたかのように驚きはない。
龍野はそれに少し首をかしげながら疑問を口にした。

「やっぱり?」
「龍野ちゃんが名前呼んでくれたんだよ」

暗い世界で、となのはは口にする。
龍野は要領を得ないが幼馴染の言葉を聞いていた。

「会いたいなぁって、戻ってきたの」

ふわりと微笑む顔は見たことが無い位、綺麗だった。
なのはの手が伸びベッドサイドに立つ龍野の手を握った。
嬉しそうになのはが笑う。
固まった思考が、龍野に動くのを許さない。

「喧嘩したままはやっぱり、ヤダよね」

何があったのかは分からないが、なのはに変化があったのは分かった。
それが喧嘩したという大きな壁を全て取り払ってくれたようだ。
龍野は止めていた息を大きく吐き出す。
仲直りをしたかったのはなのはだけではない。
龍野自身もそう思っていた。

「フェイトに甘いのは、確かにそうかもしれない」

こくりと小さく頷いてから龍野はなのはを見る。
なのはにそう言われてから少し考えた。
フェイトに甘いのは自覚している。はやてにも言われるからだ。
だがなのはに言われて認められなかったのには理由がある。
それが何かが喧嘩の時は曖昧だった――だから冷たい態度しかとれなかった。

「龍野ちゃん?」

とられた手を始点にしてベッドに座る。
なのはの方に顔を向ける。正面きって言うのは恥ずかしかった。
龍野の行動に今度はなのはが不思議そうな表情をする。
それを見て龍野は一つ咳払いをした。

「私は、フェイトに甘いのと同じくらいなのはにも甘いつもりだった」
「え……?」
「だから、なのはが怒る意味が分からなかった」

龍野は苦笑する。
なのはは間違いなく一番長い付き合いだ。
そして事故まで龍野に構ってくるのは彼女だけだった。
自分に出来る範囲のことで助けられることはしてきたつもりだった。
フェイトに甘い――なのはのその言葉を否定することは出来ない。
ただ同じくらいなのはには甘いつもりで龍野はいたのだ。
はやてだけではなく、アリサやすずかにもなのはに甘いというのはよく言われる。
だから龍野にはフェイト“だけ”に甘いつもりはなかった。

「でもなのはがそう感じていたなら、謝る。ごめん」
「え……あ、ううん!いいの、私も悪かったしっ」

素直に頭を下げる龍野になのはの身体を熱が伝っていく。
いつの間にか欲しかった特別は手に入っていたのだろうか。
そこまでは分からない。ただフェイトと同じくらいには想っていてくれたらしい。
それが嬉しくて、嬉しくて、訳が分からなくなるほど体が熱くなった。

「だから――」
「龍野ちゃん?」

龍野の顔が伏せられる。
なのははそれを覗き込むようにしてみた。
元よりベッドに寝ていた為視点は低いのだ。

「心配させんな、ばか」

零れたのは涙か、言葉か。
それは龍野自身にも分からなかった。
なのはは唐突な事態に目を丸くする。
長い付き合いではあるが、龍野が泣く所をなのはは見たことがない。
それに加え“ばか”と言われるのも初めてかもしれなかった。
しかしその効果は抜群で――なのはは可愛いと震える唇で囁いた。

「無理、しないで」
「っ、うん!」

ぷいと顔を逸らされる。
なのははそれに何度も大きく頷いた。
幼馴染の恥ずかしがり屋な性格は知っていた。
好きだなぁなんて想いが溢れそうになっていた。

「仲直り、だよね?」

確認するように言ったなのはの言葉に龍野は頷く。
なのはは再び嬉しそうに笑った。
やっと、元の生活に戻れそうだった。




第二十八話 終












視点がコロコロ変わってすみません。
そして筆が暴走しました。
えー、色々反省すべきものがありますが、後悔はしてません。
楽しかったとしか言えないです。

感想・指摘・誤字報告、ありがとうございます。
とりあえずこんな風になりました。
はやてとなのはが大活躍な感じです。
少々忙しくて来週は更新できないかもしれません。
では。






前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023538827896118