SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第二十七話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/05/30 07:11


なのはと喧嘩して一週間が経った。
未だに彼女は臍を曲げている。
これほど話さなかったのは久方ぶりと言ってよい。
フェイトも釣られてか、元気が無い。


後藤 龍野、喧嘩中。
どうにも嫌な予感がします。




余生におけるある世界との付き合い方 第二十七話




昼休み、なのはが席を立つ。
龍野はそれを少し離れた位置から見ていた。
いつもならそのまま龍野の机に来て、お昼ご飯へと突入していただろう。
フェイトの目が気遣わしげに動く。
なのはの姿を見つめる姿は痛々しくて、龍野は見ていられなかった。

「なのは、早退?」
「うん。ちょっとね」

フェイトが目の前を通り過ぎようとした親友に声をかける。
僅かに足取りが鈍るが止まりはしない。
そのままなのはは教室から出て行ってしまった。
元気そうな彼女が早退する意味は一つしかない――任務である。
同じ管理局で仕事についている分フェイトにそれは良く分かった。

そんな親友同士の少し気まずげな様子を龍野は脇目で見る。
どうやら喧嘩したことは知っている。
それも龍野となのはが口論になった日のようだ。
恐らく機嫌が悪いまま仕事に行ったなのはとフェイトがぶつかったのだろう。
それくらいは容易く推理が出来た。
元々自分に突っかかってきた理由もフェイトだったのだから。
責任を感じないわけでもないが、なのはが怒った理由が理解できない龍野にアドバイスはできない。

「はやて」

なのはを追うように歩く同級生を龍野は呼び止めた。
振り返った顔は苦笑いを浮かべていて、手の掛かる友人に苦労しているのを示している。
龍野は椅子から立ち上がるとはやての側によった。
ちらりと確認したフェイトの様子はまだなのはの出て行った扉を見ていて、こちらに気付く様子はない。

「龍野ちゃん」

教室の真ん中で話すには少し気まずくて、移動する。
はやてはなのはを早く追いたいようでそわそわしているのが見えた。
それを手で押し留める。
龍野が言いたいことは一言なので、直ぐに済む。

「なのはは仕事?」
「そや。この頃八つ当たりのように仕事増やしてなぁ」

頷く姿に龍野は眉を顰めた。
なのはは元々働くのが嫌いではない性格だ。
仕事に打ち込む理由-この場合は龍野との喧嘩だ-があれば傾倒するのは目に見えていた。
良くない傾向だ――たとえ自分のせいだとしても龍野はそう思った。
だが何も知らないことになっている龍野にできることはない。
それもまた事実だった。

「なのはのことお願い」

従って龍野は口に出す。
なのはが墜ちるのは一度きりのはずだ。
その記憶に間違いはない。ただ世界の修正力が働かないとは言い切れない。
鳴りっ放しのアラートは、それでも多少の変動を龍野に伝えるのだ。

「わかっとるよ、親友やからね」

龍野の言葉にはやては快く頷いた。
彼女に言われるまでもなく、なのはのことは見守るつもりだ。
自棄になったように仕事を増やしたのは龍野やフェイトと一緒に居る時間が欲しくないからである。
かといって仕事以外のことでそれを埋めることも出来ず、この結果になったのだろう。
はやてはそう見ていた。また無理を突き通してしまう親友の性格も理解している。

それにしても――はやては目の前で心配そうな表情を浮かべる龍野を見る。
なのはは彼女がこんなにも心配していることを知っているのだろうか。
詳しいことを聞いたわけではない。だがはやてはあの場に居た。
口論の内容は声の大きさも相俟って充分耳に入る。
龍野がフェイトに“甘い”。
それがなのはの中心で、嫉妬の原因で、あの怒りの始まりだ。
フェイトに龍野が最初から甘かったのははやても認める所である。
しかし、龍野が日常的に心配するのはむしろなのはであるのも知っていた。
だからこの三人の喧嘩がどれもすれ違いなのも分かっていた。

「はよう仲直りしてな」
「……わかってる」

言い淀む龍野が微笑ましい。
相変わらず変なところで素直に感情が出る友人だ。
はやてがフェイトを見れば不思議そうに首を傾げていた。
あの喧嘩のあとも彼女は龍野の側にいた。
離れなければと思っても結局離れられないのだろう。
何もおかしくはない。素直な親友達が好ましくて仕方ない。

「――でないと、こっちが持たんわ」

だから、はやては最大限の好意をもってそう返した。
早く仲直りしろという意味を暗に強調する。
龍野もそれが分かったのか苦笑しつつ頷いた。

「ありがとう。……お願い」
「はやてさんにお任せや」

ひらひらと手を振ってはやては教室を出る。
龍野はその頼もしい背中をその場で見送っていた。





家に帰って、粗方のことをし終え本を読んでいた。
なのはと口論になったときのものではない。
あれは既に読み終わり図書室に返却していた。

「たつの?」

きぃと小さな音がして、部屋の扉が空く。
ベッドに座り本を読んでいた龍野に声がかけられる。
其処に立っていたのは枕を持ったフェイトだった。
その姿を確認した龍野は本から顔を上げ、栞を挟む。
明らかに自分に話があるのは間違いない。

「どうしかした、フェイト?」

もじもじと枕を持ったまま話し出さない。
龍野と床の間をフェイトの視線は何回も移動していた。
余り自分の意見を主張しない彼女らしい動きだ。

「あの……」
「ん?」

フェイトが顔を上げた。
踏ん切りがついた様子に龍野は苦笑しつつ尋ね返す。
時計の針が進む音が聞こえる。
二人しか居ない家は相変わらず静かだった。

「一緒に、寝ていい?」
「あー」

もうこんな時間かと思っていた龍野の耳にフェイトの言葉が入る。
ぎゅっと枕を抱く手に力が入る。その姿は客観的に可愛いといえるだろう。
龍野は言葉を濁した。一緒に寝るのは嫌じゃない。
何だかんだでフェイトが泊まりにくると同じ布団になっていることが多い。
ただこの状態の彼女を最初から布団に入れるのは違う気がした。

「だめ?」

上目遣いに覗き込まれる。
どうにもこの視線には弱い――こういう所がなのはに甘いといわれたのかもしれない。
今更ながらにそう思うも、あの時と今は状況が違う。
説明されなければ分からないことは五万とある。

龍野は息を吐いた。
それからフェイトに向けて笑顔を作る。
こんなに自分の意見を言う彼女は珍しかった。
その意思を尊重したかったのかもしれない。

「いいよ、こっちおいで」
「っ……ありがと」

龍野は身体の位置をずらした。
二人で寝るのに充分とは言えないベッドに空間が出来る。
フェイトは少し緊張した様子で龍野の隣に滑り込んだ。
その姿に何となく理由が分かってしまう。
彼女の心優しい性格は分かっている――周りを気にする世話焼きな面も。
幾らなのはと喧嘩したとはいえ、気になることには違いない。

「なのは、ね」

フェイトが龍野の隣に座る。
一人分、少しベッドが沈み込んだ。
寝る前の綺麗な金糸が白に映える。
とても綺麗な光景―フェイトに対してはそう思うことは多い―だと龍野は思った。

「うん」
「この頃、凄く頑張ってる」

ゆっくりとした口調でフェイトが話す。
龍野はそれを静かに聴いていた。
内心、内容に少し苦笑していたが顔には出さない。

なのははあれ以来家に来ていない。
学校ではあの調子だし、きっと働きすぎなほど働いているのだろう。
それは充分予想の範囲内だ。幼馴染の思考を理解すればおかしなことではない。
ただ一つだけ気になるとすれば働きすぎるということで。
はやてに頼むといったものの心配は消えない。

「そうなの?」
「うん。たつのと顔合わせるの気まずいからだと思う」

龍野は仕事のことなど知らない振りで答える。
フェイトはそんな様子に気付かず話を進めた。

「無理してるって?」
「無理かは分からない。たつのの事故までと同じだから」

力なくフェイトは首を振った。
何となく予想できていた答えである。
はぁと大きなため息を一つ吐く。フェイトがそれに肩を跳ねさせた。
――事故の前と同じ仕事量というのは充分無理に入る。
少なくとも龍野の中ではそうなっていた。
内気功もしていないためこの分だと直ぐにでも疲労は蓄積され、再び墜ちるなんてこともあるかもしれない。
それほどなのはの仕事量は多いのだ。

「でも、このままは良くないと思うんだ」

おずおずと切り出された一言はとてもフェイトらしかった。
なのはのことが心配なのだろう。
そしてその原因は自分と親友の喧嘩ときている。
その後彼女が取ろうとする方法など龍野には分かりきったことだった。

「だから」

綺麗なルビーの瞳が龍野を見る。
枕を持っていた手に力が入った。
その瞳だけで、龍野は自分の考えが大方あっていることが分かる。
同時にそれは間違っているとも思った。

「フェイトが離れればいいとかいう問題じゃない」
「っ」

龍野の口からフェイトの言葉を遮るように音が出る。
まさに言おうとしていたことを言われフェイトは息を呑んだ。
なのはが龍野の所に来ないのは喧嘩をした自分が居るせいだ。
まして龍野となのはの喧嘩の原因はどうみも自分のせいらしい。
そして、なるべく顔を合わせたくないから任務を増やしている。
それなら自分が離れればいい――そんな風にフェイトは考えていた。

「なのはは、フェイトに離れて欲しいわけじゃないと思う」

困ったように龍野は少し首を傾げる。
なんと言って伝えればよいかが分からなかった。
あの幼馴染がフェイトを大切にしていないかといえばそれは否だ。
離れて欲しいなんて思っているはずもない、と龍野は思っていた。

そっと手を伸ばして俯くフェイトの顔の輪郭をなぞる。
その感触にフェイトは僅かに肩を跳ねさせた。
だがすぐに身を預けるように頬を摺り寄せる。
甘えた猫のような仕草に龍野の表情が緩む。

「でも、喧嘩したんでしょ?」
「それは対応を間違った」

細められていた瞳が開かれ龍野を見上げる。
龍野は言葉に詰まる。喧嘩をした、しないで言えばした方に入ってしまう。
それくらいは充分に理解している。だが同じくらいその喧嘩がフェイトのせいではないのも理解していた。

「フェイトのせいじゃない、私が原因」

心配そうな顔に龍野は微笑んでみせる。
それから手を離して布団を叩く。
もう寝ようと合図しているのがフェイトには分かった。
最初にコロンと龍野が寝転がる。無防備なその動きにフェイトは一瞬戸惑った。
ベッドに潜り込んだことはあるが最初から寝るのは初めてに近い。
どうしていいか分からず、動きを止める。

「たつの……」

心細い声音で呟かれた自分の名前に龍野が反応する。
ん、と首を傾げる視線がフェイトを貫いた。
かわいいと胸の奥で何かが感じ、痺れてしまう。
そんな様子をまだ考え込んでいると思ったのだろう。
龍野が余り上手くない作り笑顔で言う。

「仲直り、必ずするから。フェイトは気にしなくていい」
「ありがとう」

大好きだよ、とフェイトは心の中で呟いた。
少しだけ顔を俯けて返事をする。
今自分の顔は真っ赤だろうから見られたくなかった。
抱いている枕と一緒に龍野の隣に飛び込む。
ふわりと彼女の香りがした。

「フェイトも仲直りして」
「うん」

明かりが落とされた部屋に龍野の声が沁みる。
優しい音に眠気が誘い込まれる。
――安心しすぎて、なぜか涙が出てきた。
すぐに拭おうとしたのだが龍野がそれを止める。

「いい子」

龍野の手が再び優しくフェイトの頬を撫でる。
瞳に溜まっていた雫も同時に掬われる。
これが零れてしまったら龍野はおろおろしてしまうことが分かっていた。
すぐにフェイトの顔が緩んで、えへへと幼い声が漏れる。

久しぶりに幸せな夜を過ごしたフェイトと龍野。
その元に、なのはが倒れたという一報が入ったのは翌朝フェイトが任務に立ってからだった。
龍野の嫌な予感は的中したことになる。


第二十七話 end











感想・誤字報告・指摘、ありがとうございます。
少し短いですがupしてみます。
次がとりあえずの正念場です。
甘えん坊なフェイトに自己満足してたりしますw
では、あとがきまでいつも読んでくださり嬉しく思います。





前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024194955825806