SS投稿掲示板




No.16056の一覧
[0] 余生におけるある世界との付き合い方(百合、転生・TS)[Fath](2011/03/14 20:35)
[1] 第一話[Fath](2010/04/29 11:36)
[2] 第二話[Fath](2010/04/11 13:10)
[3] 第三話[Fath](2010/02/25 23:38)
[4] ~何でもないある日の話~[Fath](2010/04/11 13:12)
[5] 第四話[Fath](2010/05/30 07:14)
[6] 第五話[Fath](2010/04/11 13:13)
[7] 第六話[Fath](2010/02/25 23:39)
[8] 第七話[Fath](2010/03/14 13:10)
[9] ~前世と現世~[Fath](2010/05/05 13:00)
[10] 第八話[Fath](2010/03/14 13:14)
[11] 第九話[Fath](2010/03/14 13:15)
[12] ~真夏の大決戦!…なの?~ 前編[Fath](2010/02/25 23:41)
[13] ~真夏の大決戦!…なの?~ 後編[Fath](2010/03/14 13:17)
[14] 第十話[Fath](2010/05/30 07:18)
[15] 第十一話[Fath](2010/05/05 13:01)
[16] 第十二話[Fath](2010/05/30 07:21)
[17] 第十三話[Fath](2010/03/04 15:16)
[18] 第十四話 ~風邪引き龍野ちゃん、なの?~[Fath](2010/03/14 13:18)
[19] 第十五話 ~父親との邂逅、です~[Fath](2010/03/08 15:33)
[20] 第十六話[Fath](2010/05/30 07:26)
[21] 第16.5話[Fath](2010/04/11 13:24)
[22] 第十七話[Fath](2010/03/14 13:20)
[23] 第十八話[Fath](2010/03/14 13:06)
[24] 番外編 ~ある一つの未来~[Fath](2010/04/11 13:32)
[25] 第十九話[Fath](2010/03/31 01:43)
[26] 第二十話[Fath](2010/04/11 13:08)
[27] 第二十一話[Fath](2010/04/29 11:37)
[28] 第二十二話 ~滑りすぎ注意、なの?~[Fath](2010/05/05 13:10)
[29] 第二十三話[Fath](2010/05/05 16:47)
[30] 第二十四話 ~テストは嵐、なの……~前編[Fath](2010/05/16 11:41)
[31] 第二十五話 ~テストは嵐、なの……~後編[Fath](2010/05/30 07:40)
[32] 第二十六話[Fath](2010/05/30 07:42)
[33] 第二十七話[Fath](2010/05/30 07:11)
[34] 第二十八話[Fath](2010/06/06 23:54)
[35] 第二十九話[Fath](2010/07/28 22:09)
[36] 第三十話[Fath](2010/08/11 21:15)
[37] 第三十一話[Fath](2010/09/17 23:01)
[38] 幕間 ss1[Fath](2011/03/14 20:33)
[39] 幕間 ss2[Fath](2011/03/14 20:33)
[40] StS 第一話[Fath](2011/03/14 20:31)
[41] StS 第二話[Fath](2011/04/03 15:58)
[42] StS 第三話[Fath](2011/03/24 15:13)
[43] StS 第四話[Fath](2011/03/28 17:25)
[44] StS 第五話[Fath](2011/04/03 15:54)
[45] StS 第六話[Fath](2011/04/17 19:18)
[46] StS 第七話[Fath](2016/11/03 03:02)
[47] StS 第八話[Fath](2016/11/18 15:45)
[48] StS 第9話[Fath](2016/12/25 07:03)
[49] STS 第10話[Fath](2017/01/01 22:10)
[50] STS 11話[Fath](2017/01/11 20:14)
[51] 最終話[Fath](2017/03/19 22:17)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[16056] 第二十六話
Name: Fath◆282e9af7 ID:ab7b77f0 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/05/30 07:42


「ずるいの!」
「ずるくない」
「ずるいと思うの!」
「ずるくない」

はぁと龍野が溜息を吐く。
それでもなのはは仁王立ちの姿勢を解かなかった。


高町 なのは、怒り中。
フェイトちゃんの気持ちは応援するけど、それとこれとは別です。




余生におけるある世界との付き合い方 第二十六話




なのはは暴れていた。
そう言っても器物破損などを起こすものではない。
暴れるというより拗ねて駄々を捏ねている。
理由は先日のフェイトが足を滑らせたことによる接触事件だ。

「ずーるーい!」

本を読む龍野の裾を掴む。
腕を掴んだりしないのは本格的な邪魔はしたくないかららしい。
それでもなのはは構って欲しくて離すことはしない。
そんな幼馴染の姿に龍野は辟易していた。

フェイトにとってこの間の事は良くも悪くも切欠になった。
あの後、色々考え込んでいた親友の姿をなのはは見ている。
彼女が龍野を好きなのは何となく分かっていた。そうでなければ仕事を減らしたりはしない。
責任感の強くて優しい彼女だから龍野の側に居るのと同じくらい事件の解決を望んでいた。
償いだけなら、最初で充分だ。フェイトが龍野の側を離れず看病したのを知っている。
一日おきでは会ったがそれでも親友の仕事量を知っているなのはからすれば凄い事だ。
かなり大変だったのだろうと思う、執務官という仕事上。
その後も龍野の側にいたのはフェイト自身が側に居たかったからなのだ。
それ位、鈍いと言われがちななのはにも分かっていた。

「あれは不可抗力」

服の裾を握って揺する。
僅かな力で揺らされているとしても、文字を読む作業をするには邪魔だった。
邪魔だと思いながら振り切れないのは彼女の甘さなのか、優しさなのか、判断は微妙な所である。

はぁと龍野は溜息を吐いた。
意味が分からないというのが率直な感想だ。
何故、完璧な事故で起きた接触をそこまで羨ましがるのだろうか。
これが怒るというまだ動作だったら理解できた。
だが幼馴染が先ほどから訴えるのは“ずるい”という言葉だけで。
怒っている者が言う言葉ではないのは明白である。

「むー……」

それでもなのはの機嫌は直らない。
何が原因かも分からない。意味も分からない。
何よりこの機嫌の悪さが龍野には一番分からなかった。
とりあえず本を閉じる。
なのはの状況が良くならない限り続きを読むことは難しい。

閉じた本を机の上に置く。
そしてなのはの方へ少しだけ身体をむき合わせた。
服を捕まれているので大きな動きは出来ないのだ。
なのはは龍野の動きに何も言わない。
ただ一挙手一投足をじっと見つめていた。

「前から、思ってたんだけど」
「なに?」

服を握ったままだった手を解く。
余り力を入れていなかったらしく、直ぐに服は開放された。
そのまま手を離そうとしたのだがなのはがそうさせてくれなかった。
きゅっと手を握られる。膝の上に落とされ温もりが龍野の手に伝わった。

俯いた顔から表情は読めない。
だが声の色が明らかに先ほどまでとは違った。
子供が急に大人になったような違和感が生じる。
何かしただろうか、と龍野に疑問が湧く。
下手に予備知識があるせいで何か仕事で大変な事でも起こったのではないかと心配になる。

「龍野ちゃんって、フェイトちゃんには甘いよね」

龍野はその言葉に首を傾げる。
ずるいと騒ぎ立てた事も分からないがそれがフェイトに甘いということに繋がるのも分からない。
そしてその口調が今までに無い程、棘に満ちていて困惑した。
好意に疎い割りに龍野は敵意に敏感だった。
それは孤児院に育ったことや周りの目を感じてしまう性格に由来する。

「フェイトには色々面倒をかけているから」
「それだけ?」

龍野の言葉になのはは瞳を細めた。
何かを探る目つきだ。なのはには似合わないと思う。
怒りではないが何か気持ちが冷めるような気がした。
フェイトへの対応の何が気に障ったのか分からない。
ただその遠まわしな聞き方が、その目が龍野の何かに触れた。
なのはには普通に笑っていて欲しかっただけなのだ――せめて自分の前でだけは。

「何が言いたい」

声のトーンが落ち、下から素っ気無いといわれる口調がぶっきら棒になる。
その変化になのはは僅かに勢いを落とした。
龍野がこういう顔をするのを見るのは初めてではない。
昔、それこそ小学校の出会った頃、彼女はこういう拒絶の顔をしていた。
それを崩してきたのはなのは自身だ。
だからこの頃とんと見なくなったことになのはは嬉しさを感じていた。

なのはは唇を噛む――やっぱり、龍野はフェイトに甘い。
少し言っただけでこの変わりようだ。
自分は駄目でフェイトが良いという境が分からない。
事故がなかったとしたら、あったとしても自分だけではこの状況に持ってこられなかったかもしれない。
そんな意味の無い思考がなのはの胸を責め立てる。
IFを考えることに意味はない。この世界でIFが起こることはないのだから。
だからこそなのははいつも多少の無理をしてでも自分の思うままに進んできたのだ。
それでも考えてしまう。

「龍野ちゃん、気付いてない」
「何が?」

小さく零れた声が龍野の耳に届く。
だがそれに答えるものをなのはは持っていなかった。
冷たい声はこの頃、聞くことの無かったものだ。
まるで振り出しに戻ったような気がしてなのはは悲しくなる。

フェイトに甘いことを教える気にはならない。
無意識に特別扱いしていることを感づかせるわけには行かない。
それは自分を苦しめる結果しか生まなくなる。

「……別に」

なのはに出来たのはただそう返すだけだった。
それは聞いたことが無い位、暗い響きを持ったものだった。

この時点で二人の意識は完全にすれ違っていた。
龍野がフェイトに甘いのは事実かもしれない。
ただ自分もそうして欲しいなら言えばよかったのだ。
また龍野が敵意に敏感なのもマイナスに働いた。
普通の状態のなのはだったら彼女の敏感な性格に気付けたかもしれないが、何も見えなくなった状態では無理な話だ。
好意という魔物が生み出す産物に気付かなかった龍野と初めての感覚に戸惑うなのはがすれ違うのは仕方ない結果かもしれなかった。





はやてはこっそりと額に手を当てる。
頭が痛い。端的にそういう動作だった。
目の前に居るのは、今まで見たことが無いくらい機嫌の悪そうな親友だった。

「機嫌悪いなぁ」
「そんなこと、ないの」

漏れた言葉はなのはに聞こえていたらしい。
返ってきた答えにはやては小さく肩を竦める。そして溜息を吐いた。
何があったかは知らない。
なのはは自分のことに-特にマイナスのことは-口に出さない性質だからだ。
だが親友がここまで機嫌を悪くする理由をはやては一つしか知らなかった。

「一回鏡見てから言った方がいいで、その言葉」

龍野ちゃんやなぁ、とここにいない友人を恨む。
こんな状態のなのはを仕事に寄こされても困る。
たまたまアースラへ行く用事で三人一緒だったが、そうでなかったら問題が起こったかもしれない。
いや、とはやては思考を切り替える。
そもそも龍野はなのはのことは良く考えている。
良くないコンディションで仕事に行かせるなんてしないはずだ。
喧嘩でもしたんかな、とはやての思考は自然とそこにたどり着いた。
同時に視線を動かし、一人でぼんやりと立っているもう一人の親友を見る。
その姿は心ここに在らずを体現している。

「フェイトちゃんも、あんなんだし、何かあったんか?」
「ううん。フェイトちゃんは関係ないよ……っていうかどうしたの?」

三人で喧嘩とはやては推測した。
しかしなのはの言葉でそれは崩される。
また、人の様子を気にかけるなのはがフェイトの状態に気付いていなかったのにはやては驚いた。
しかしそれを押し留め、フェイトの状況を説明する。

「龍野ちゃんから離れんといけんって悩んでるらしいなぁ」
「離れないと……?」

はやての言葉になのはは首を傾げた。
離れないといけないとはどういうことだろう。
何か長期任務になる問題でも発生したのかとなのはは思う。

「フェイトちゃん、執務官やから。移住の方向で話が進んでたし」

不思議そうななのはの視線を受け、はやては苦笑した。
やはりなのはには“離れる”という発想自体が無かったらしい。
事情が少々違うが離れないといけないと悩む辺り、フェイトの方がまだ冷静だ。
今の言葉でハッキリした。なのはに移住する気はゼロに近い。
それはそれで仕方ない気もする――はやてに親友の意志を曲げてまで移住させる気はないのだから。
だが、龍野が知ったとしたらまた違う結果を引っ張ってくるだろう。
彼女はなのはやフェイトの進路の邪魔をする自分を一番嫌がる。
そんなことをつらつら考えていたはやては目の前で進行している事態に気付いていなかった。

「何で、そうなるの」

はやての言葉になのはは不機嫌な顔を露にした。
長い付き合いになるがここまで怒っている彼女の顔を見たのはない。
地雷を踏んだらしいことに今更ながら気付く。

座っていた場所から窓際でぼんやりとしていたフェイトに近づく。
確かに物思いに耽っている様子だった。
はやてに言われるまで気付かなかった――いつものなのはなら直ぐに気付いただろう。
それほどなのはの中は切羽詰っていた。

「……なのは?」

近づく人影に気付いてフェイトは顔を上げる。
するとそこには見たことのない顔の親友がいた。
いぶかしむ気持ちより怖いという気持ちが大きくなる。
なのはが一杯一杯のように、フェイトも龍野のことで限界だった。

「フェイトちゃんは龍野ちゃんと離れたいの?」

告げられた言葉に表情が固まる。
それは悩みの中心であり、それでいて直ぐに否定できる言葉だった。
離れたいわけが無い。ただ離れなければならないとは思っている。
親友のために、龍野のために。

「そんなこと、ない」

首を横に振り答える。
空気の違いに悲しそうにバルディッシュが光った。
フェイトが悩んでいるのを一番見ていたのは間違いなく彼である。
何回か点滅する様子はまるで涙を流しているようだった。

「じゃあ、何でそんな事で悩んでるの?」

今のなのはにフェイトは羨ましすぎた。
龍野に特別扱いされて、気にかけてもらって、一番近くにいる権利を貰って――なのに、離れる離れないで悩む?
それは贅沢なことだ。選択という権利を持った人物のすることだ。
全部、なのはが欲しくて、でも事故まで手に入れられなかったものなのだから。
フェイトの事情は理解している。何もかも分け合って来たのだから。
いつものなのはであったら親友が出生のことを気にして悩んでいるといわれれば納得できた。
その証拠に前この話をした時は背中を押す余裕もあった。だが今は違う。
何となく分かってしまったから、自分ではフェイトと同じ場所に立てないことに。

「――そんな事?」

そして、フェイトにしても悩みを“そんな事”扱いされるのは我慢ならなかった。
なのはは良い――フェイトは龍野がなのはのことをきちんと気にしているのを知っていた。
例えミッドに行っても、何の衒いもなく帰ってきて龍野を訪ねられるだろうから。
だが自分は違う。一度離れたらきっと中々戻って来られない。
何故なら龍野が自分を側においてくれるのは事故のことがあるからだ。
それを返し終えたと彼女が判断したら、多分今までのようにはいかない。

なのははフェイトが羨ましい。龍野の一番近くに立てるから。
フェイトはなのはが羨ましい。龍野と一番長く居られるから。
つまりこの親友達はお互いの事が羨ましくて正常な判断が難しくなっていた。

「離れたくないなら、離れなきゃいいの」
「それはなのはだから言えることだよ」

かちんと頭に来たのが擬音化できそうなほど表情が変わる。
なのはにとってそのセリフをフェイトが口にする事は我慢なら無い。
この場に龍野がいたら、今までで最大級のアラートに冷や汗を流していただろう。
空気が軋んでいるような感覚が部屋を満たす。
気持ちの高ぶりに合わせて魔力が暴走しだしてるんじゃないかとはやては思った。

「龍野ちゃんはフェイトちゃんが離れたくないって言えば許してくれるよっ」

気持ちのままなのはは言った。
叫びに近いような声の強さだった。
フェイトが望めば龍野はきっとそれに合わせてくれる。
家に来るのだって、リストバンドだって、全部受け入れてくれたのは誰だ。
なのはの時にしてくれなかったことを全部して貰っていたのは目の前の親友である。
その事実がこんなになるまで嫉妬の炎を燃え上がらせたのだ。

ぐっとフェイトが何かを堪えるような表情をする。
親友と喧嘩したくないのは間違いなかった。
なのはの言葉は尤もだった。
確かに龍野はフェイトのいう事を受け入れてくれる。
離れたくないといえば、家に居させてもくれるだろう。
ただそれとは別の懸案事項が彼女にはあった。

「だって、たつのは知らないんだよ?」

フェイトの声が震える。
人は自分と違うものを嫌う。
それは違う方にだって当てはまる。
何故他人と同じではないのかと思い悩むのだ。
ましてや、生まれは一生変えられない。
フェイトがこれからずっと付き合っていかなければならないものなのだ。

「何を?」
「魔法を、わたしがどうやって生まれたかを!」

結局フェイトの中にあるのはそれだけだった。
龍野が好きだから彼女に拒絶される事が怖い。
なのはのように諦めずにぶつかる事なんて出来そうに無い。
最初から優しく受け入れられてしまったから、態度が変わるのが怖いのだ。

「龍野ちゃんが、受け入れてくれないって思ってるの?」

思わずフェイトの腕を掴む。
細い彼女の身体が壁にぶつかる。
その振動で綺麗な金の髪が揺れた。
間近で覗き込んだ瞳には水の膜が張っていて、泣きそうなのだと分かる。
我慢強い親友が泣くのを見るのは珍しい。
撃墜され、心配を掛けたとき以来だと変に冷めた思考が考える。
だが気持ちは少しも止まりそうに無かった。

今のは龍野を馬鹿にしているとなのはは思った。
自分が好きになったのはそこまで懐の浅い人じゃない。
魔法も、フェイトの出生もきちんと全て受け入れてくれる。
それを一番分かってないといけないのは、一番近くに居る彼女のはずなのだ。
それなのにこの親友は自分が受け入れられないと思っている。
率直に言えば、妬ましかった。特別な場所に居るのに気付いていない彼女が。
何よりなのはは龍野が以前言った言葉を覚えていた。
――「助けられなくても受け止めるだけならできる」
その時の優しい顔が浮んで、すぐに今日の冷たい顔が思い出される。
温度差に胸が詰まる。

「龍野ちゃん、ちゃんと言ってくれたよ?何でも受け止めるって……」

怒っているのに情けないような気持ちに包まれる。
フェイトの涙を見たからだろうか。
なのはの瞳にもいつの間にか雫が溜まってきていた。
腕を掴む力も弱くなる。

「……言ってくれた」

親友の言葉にぽつんと小さく呟く。
フェイトの方にも思い当たることは幾らでもある。
半年、側で見てきたのだから性格だって分かっている。
表情を読むのだってなのはより得意になったほどだ。
だからフェイトは龍野が自分を拒絶する可能性が1%も無いことを知っているに近い。
それでも尚心配になってしまうのが恋という普通ではない状態なのかもしれない。

「なら信じようよ!フェイトちゃんでしょ、龍野ちゃんを、信じてるって言ったの」

なのはの脳裏にお見合いの光景が蘇る。
そして未だ分からない“たつのぶ”という名前について話したときのこともである。
あの時、フェイトは確かに言った――龍野を信じていると。
だから心配なんてしないんだと、確かに口にしたのは彼女だった。
その時の表情まではっきりと思い出せて、なのははまた悲しくなった。

「信じてる」

小さな声だった。
フェイトは少しだけ顔を上げてなのはを見た。
その瞳は真っ直ぐで、強くて、それでいてやっぱり自信が無いようだった。
――龍野のことは信じている。でも自分のことは別だ。
そんな事を言っているようになのはには感じられた。

「信じてないじゃん」

するりと腕が解かれる。
解いたというより力が入らなくなったような動きだった。
親友の顔を見ていられなくなったなのはが顔を背けると雫が一粒、宙を舞った。
フェイトは苦しげに唇を噛む。
沈黙が二人を覆った。

「はい、そこまでや!やめぃな、二人とも」

気まずい雰囲気にはやてが割り込む。
この二人の喧嘩-しかもこれだけ激しいもの-は初めて見た。
お互いを思いやる二人にしては“らしく”ないのかもしれない。
しかし原因が龍野という辺りとても“らしい”様なきもした。

「はやて」
「……はやてちゃん」

はやての声に、二人の視線が動く。
二人ともほぼ泣いているような状態だった。
こんな風になるなんて、龍野は何をしたのだろうと頭を抱えたくなる。
またこの状態を改善できるのも彼女だけだった。

「何があったのかは知らんけど」

はやてはなのは、フェイトと顔を見る。
そして一息吐いてから、ゆっくりとしたテンポではやては言った。

「とりあえず、龍野ちゃんは二人に笑ってて欲しいと思うんよ」

何があったかは知らない。
だが龍野がこの状況を望んでいたとは思わない。
そうはやては考えていた。だからそのまま言葉にする。
龍野は泣かれるのは嫌だと口に出していた。

はやての言葉に黙り込む二人。
その姿を見ながら、難儀やなぁとはやては一人呟いた。




第二十六話 end











感想・誤字報告・指摘、ありがとうございます。
とりあえず続きます。
龍野を大きく動かすのは初めてかもしれない。
喧嘩は必要だと思う自分です。
はやて頑張ってーと若干彼女に負担を投げてます。
では。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.048421859741211